【管理栄養士監修】授乳中のママが生ハムを食べても大丈夫? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
授乳中のママが生ハムを食べても大丈夫?

【管理栄養士監修】授乳中のママが生ハムを食べても大丈夫?

妊娠中は生ハムを控えていたけれど、授乳中は食べても大丈夫?と疑問に思っているママも多いのではないでしょうか。この記事では、「授乳中に生ハムを食べてもいいの?」「食べるときの注意点は?」といったママの疑問にわかりやすくお答えします。
妊娠中は生ハムを控えていたけれど、授乳中は食べても大丈夫?と疑問に思っているママも多いのではないでしょうか。この記事では、「授乳中に生ハムを食べてもいいの?」「食べるときの注意点は?」といったママの疑問にわかりやすくお答えします。

授乳中のママは生ハムを食べてもOK

授乳中のママは生ハムを食べても大丈夫です。

妊娠中は食べるのを控えていた食品が多いママも、産後は色々な食品を食べることで食事を楽しんでくださいね。

妊娠中は生ハムを控えた方がよいといわれていた理由

妊娠中のママは免疫機能が低下しているため、通常よりも食中毒の原因となる菌に感染しやすいといわれています。

特に気をつけたいのが、生ハムなどの加熱していない食品に付着している可能性があるリステリア菌という細菌です。

妊娠中のママがリステリア菌に感染すると、まれにおなかの中の赤ちゃんも感染してしまうことがあります。

赤ちゃんがリステリア菌に感染すると、流産のリスクが高まったり、産まれてきた赤ちゃんに影響がでることがあるため、妊娠中は生ハムを控える必要がありました。

授乳中はなぜ生ハムを食べてもOKなの?

妊娠中に控えていた食品は、授乳中も母乳に何か影響を与えるのではないかと不安に思うママもいるかもしれません。

ですが、リステリア菌などの食中毒の原因となる菌は、ママの母乳を通して赤ちゃんへ移ることはありません。

母乳を飲んだ赤ちゃんが食中毒を起こす心配はないため、授乳中は生ハムを食べることができます。

授乳中のママが生ハムを食べるときの注意点

授乳中のママは生ハムを食べても問題ありませんが、安心して美味しく食べるために注意したいことが2つあります。

衛生面に配慮しよう

リステリア菌は、加熱により死滅する菌ですが(65℃で数分以上または、同等の条件以上で死滅)、生ハムは加熱せずに食べることが多いと思います。

そのため、購入後は速やかに冷蔵庫に保管して開封後は賞味期限にかかわらず早めに食べる、調理の際はしっかりと手を洗うなど衛生面には十分に配慮をしましょう。

また、リステリア菌は冷蔵庫で保管していても増殖するといわれています。体調がすぐれないときなど体の抵抗力が落ちている可能性がある場合は、生ハムをパスタやグラタンに入れるなどして十分に加熱してから食べると安心です。

ママの健康のためにも、塩分の摂りすぎを防ぐため食べ過ぎに注意

手軽に食べられて美味しい生ハムですが、加工の際にたくさんの塩を使っています。一般的に、塩分を摂りすぎると、むくみの原因となったり、習慣的な塩分の摂りすぎは高血圧症などにつながることもあります。

塩分の摂りすぎを防ぐためにも、生ハムの食べるときは食べる量が極端に多くならないように注意しましょう。

参考

リステリアによる食中毒 (厚生労働省)