【管理栄養士監修】離乳食のカリフラワー|いつからはじめる? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
離乳食のカリフラワー|いつからはじめる?

【管理栄養士監修】離乳食のカリフラワー|いつからはじめる?

産地によって旬の時期が違うので、1年を通して比較的手に入りやすいカリフラワー。
栄養面ではビタミンCやカリウムを多く含んでいます。
今回は、離乳食でカリフラワーを食べられる時期や、下ごしらえのコツなどをご紹介します。
産地によって旬の時期が違うので、1年を通して比較的手に入りやすいカリフラワー。
栄養面ではビタミンCやカリウムを多く含んでいます。
今回は、離乳食でカリフラワーを食べられる時期や、下ごしらえのコツなどをご紹介します。

カリフラワーはいつから食べられる?

カリフラワーは離乳中期からOK!ただし苦味があるものには注意

カリフラワーは離乳中期(生後7〜8ヶ月頃)から食べられる野菜です。

離乳中期(生後7〜8ヶ月頃)まではやわらかい穂先の部分だけを使いましょう。

味にクセがなく、旬のものは甘味もあるので離乳食向きの食材ですが、中には苦味があるものもあるので注意が必要です。

苦味がある場合は、たっぷりのお湯で下ゆですることでアクを抜くといいでしょう。

どのくらいの量を食べさせたらよい?

離乳食でカリフラワーを初めて食べる場合は、他の食材と混ぜずにごく少量を与えます。

子ども用スプーンのひとさじから始め、徐々に量を増やしていきましょう。

カリフラワーの固さや量の目安

子どもの成長に合わせて、食材の固さや量を変えます。

カリフラワーの時期別の固さ・量の目安

離乳食テンプレカリフラワー

© 2015 every, Inc.

下ごしらえのコツは?

カリフラワーは鮮度が落ちやすい食材です。購入したら早めに下ごしらえをしましょう。

・たっぷりの水を入れたボウルの中で房の部分を振り洗いして汚れを落とします。

・包丁やキッチンはさみで小房にカットし、沸騰したお湯でやわらかくゆでます。

たっぷりのお湯でゆでることでアブラナ科の植物のほろ苦さ(えぐみ)を抜くことができ、食べやすくなります。

ゆでたものは冷凍保存することもできます。

・茎は皮が固いので厚めにむいてからゆでます。スティック状に切ると、離乳後期(生後9〜11ヶ月頃)からの手づかみ食べにもぴったりです。

調理方法

初期

この時期の赤ちゃんにはまだ与えません。

中期

作り方を動画でチェック

味にクセがなく赤ちゃんでも食べやすいカリフラワー。
離乳食中期のカリフラワーの調理方法をご紹介します。
冷凍ストックしておくと便利ですよ。

後期

作り方を動画でチェック

真っ白なカリフラワーは味にクセがなく離乳食に取り入れやすい食材です。
離乳食後期になるとやわらかくゆでれば茎の部分も食べられるようになります。
冷凍ストックしておくと便利ですよ。

完了期

穂先や厚く皮をむいた茎をやわらかくゆで、子どもが食べやすい大きさにカットします。

食物アレルギーについて

カリフラワーは、まれに食物アレルギーを発症する危険性があります。

初めて食べる際は少量から始めましょう。

また、万が一食物アレルギーを起こした場合すぐに病院へ行けるよう、平日の午前中など医療機関を受診できる時間に与えるようにしましょう。

注意事項

食材は、特定のアレルギー体質を持つ場合に、アレルギー反応を引き起こすおそれがあります。

初めての食材を食べる子どもには十分注意が必要です。様子を見ながら少量から食べさせてください。

[特定原材料]

卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生

[特定原材料に準ずるもの]

アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、 ごま、カシューナッツ

離乳食を調理する前に、「料理を楽しむにあたって」の「乳幼児への食事提供について」を事前にご確認の上ご利用をお願いいたします。

料理を楽しむにあたって

誤飲や誤嚥による事故を予防するポイント

  • 離乳食は月齢の目安のサイズを参考に、食べやすい大きさにして与えましょう。

  • 一口の量は子どもの口に合った無理なく食べられる量にし、自分で手づかみ食べや、スプーンで食べる場合は、量が多くないか、咀嚼して飲み込んでいるか、様子をみましょう。

  • ミニトマト、豆類は、そのままの大きさだとのどに詰まる危険があります。カットして安全な大きさにしましょう。のどに張り付く餅、噛むことが難しいこんにゃくや野菜、固い食材も飲み込むことが難しくなります。

  • 誤って気管支に入りやすいピーナッツなどの固い豆・ナッツ類は、5歳以下の子どもには与えないでください。

  • 年長の子どもが、乳幼児にとって危険な食品を与えないよう注意しましょう。