三輪ベビーカーのメリットとデメリットって?先輩パパママの体験談も紹介 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
三輪ベビーカーのメリットとデメリットって?先輩パパママの体験談も紹介

三輪ベビーカーのメリットとデメリットって?先輩パパママの体験談も紹介

最近よく見かけるようになった三輪ベビーカー。ただ「気になっているけれど購入に踏み切れない」という方もいるかもしれません。四輪ベビーカーとの違いは何なのか、どんなメリットがあるのか…。おすすめの商品と合わせてご紹介します。
最近よく見かけるようになった三輪ベビーカー。ただ「気になっているけれど購入に踏み切れない」という方もいるかもしれません。四輪ベビーカーとの違いは何なのか、どんなメリットがあるのか…。おすすめの商品と合わせてご紹介します。

三輪ベビーカーの特徴は?

前輪1つ・後輪2つと全部で3つのタイヤで走行

四輪ベビーカーとの違いは、タイヤの数です。
三輪ベビーカーは、前輪が1つ、後輪が2つの3つのタイヤで走行するようになっています。
三輪車をイメージするといいですね。

タイヤのサイズが大きい!

三輪ベビーカーは、タイヤのサイズが大きいのも特徴です。
そのため、「重そう」「大きくて扱いづらそう」というマイナスイメージを持たれることも多いです。
しかし四輪のベビーカーよりも三輪ベビーカーの方が優れていることもあります。

三輪のベビーカーのメリットは?

操作がスムーズで小回りが利く

扱いづらい印象の三輪ベビーカーですが、実は方向転換しやすいのが特徴です。
前輪が一つのため小回りも利くので、曲がり角もスムーズに曲がれます。

安定性に優れている

重量があり、非常に安定しているのででこぼこ道も問題ありません。
後輪に重心を乗せやすいので、四輪ベビーカーだと引っかかってしまう段差も乗り越えられます。

タイヤが大きく振動が少ない

三輪ベビーカーのタイヤは大きいので、振動が少なくなっています。
車輪の数が四輪と比べて少なく振動を受けにくいという理由もあります。
ベビーカーを押すパパママだけでなく、乗っている赤ちゃんも快適です。

三輪ベビーカーのデメリットは?

重量が重い

安定している分、重量が重いのがデメリットです。
バスや電車に乗り降りする際に、ベビーカーを持ち上げることがありますが、ママひとりでは大変なのでサポートが必要です。

サイズが大きく、場所をとってしまう

三輪ベビーカーも折り畳みはできますが、タイヤが大きいのでどうしても場所を取ってしまいます。
購入する前には、置き場所のスペースに合うかどうかをチェックしましょう。

対面式タイプの製品がほとんどない

四輪ベビーカーは、対面式タイプや切り替えができるタイプのものが多いです。
しかし三輪ベビーカーには、基本的に対面式タイプがありません。
赤ちゃんの顔を見ながらお散歩したいという方にはデメリットですね。

先輩パパママに聞いた!三輪ベビーカーの体験談

一度友人の三輪ベビーカーを押させてもらったときに、スイスイ曲がるからびっくり!我が家は四輪だったので、「こっちにしておけばよかった!」と思いました。

上の子のときは四輪だったんですが、公園までの道に段差が多くて苦労していました。下の子が生まれてから思い切って三輪に変えたら、とってもラクに。段差に引っかかってドキッとすることもなくなりました。あとはもうちょっとコンパクトだといいなぁ…と思います。

でこぼこ道には強いが安定性には注意を!

三輪ベビーカーは、操作性がよく、でこぼこ道もラクに走行できるのがメリットです。
ただ、どんなに安定していても転落する危険性はあります。
ベルトは必ず装着し、安全に楽しく赤ちゃんとお出かけしましょう。

A型、B型、AB型のベビーカーについてはこちらの記事で紹介しています。

赤ちゃんとお出かけをしようとベビーカーを探していると「A型」や「B型」と種類が分けられていて、何が違うのかわからないと悩まれている方も多いのではないでしょうか。今回はA型ベビーカーの特徴や使うときのメリット・デメリットについてご紹介していきます。
赤ちゃんとお出かけをするときの必需品「ベビーカー」。B型とA型のどちらを購入すればいいのか迷ってしまいますよね。今回は、B型ベビーカーの対象年齢や、どんな人に向いているかをご紹介していきます。メリット・デメリットもまとめましたので、参考にしてみてください。
ベビーカーにはA型とB型の2種類のタイプがありますが、最近はAB型というタイプも販売されています。どんな違いがあって、いつ頃から使えるのでしょうか。購入を検討するときに知っておきたいベビーカーのことをご紹介しましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当