Q.妊娠前には喫煙や飲酒もよくしていたが、 子どもへの影響が心配 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
Q.妊娠前には喫煙や飲酒もよくしていたが、 子どもへの影響が心配

Q.妊娠前には喫煙や飲酒もよくしていたが、 子どもへの影響が心配

 妊娠前の喫煙の影響については、はっきりわかっていませんが、妊娠中の喫煙は、流産・早産の危険性を高めます。子宮の出口を胎盤が覆う「前置胎盤(ぜんちたいばん)」、胎盤が子宮から剥がれる「常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)」などのリスクも高くなります。無事出産に至っても、赤ちゃんの体重が軽い、乳幼児突然死症候群の危険性、将来的に高血圧・肥満・糖尿病などの生活習慣病にり患する割合が高い、などのリスクも指摘されています。タバコの副流煙はさらに毒性が強く、服などについたタバコの残留有害物質も悪影響を及ぼしますので、妊娠をきっかけにご夫婦で禁煙し、出産後も継続するべきでしょう。

 お酒に含まれるアルコールはすぐ代謝されるため、連日の過剰摂取でなければ心配しなくてよいでしょう。妊娠中も1日1杯程度の飲酒は母児ともに影響はないとの意見もありますが、アルコールは胎盤通過性がよく、赤ちゃんの体内へ入ることになりますので、妊娠中の飲酒も控えるにこしたことはありません。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当