100均グッズで揃う!セルフマタニティフォトのアイデア&家できれいに撮るコツ | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
100均グッズで揃う!セルフマタニティフォトのアイデア&家できれいに撮るコツ

100均グッズで揃う!セルフマタニティフォトのアイデア&家できれいに撮るコツ

この記事では、マタニティフォトを自宅でセルフで撮るためのアイデアを紹介します。100均で揃えられる小道具のアイデアや、自宅できれいに写真を撮る方法などと合わせて解説します。
この記事では、マタニティフォトを自宅でセルフで撮るためのアイデアを紹介します。100均で揃えられる小道具のアイデアや、自宅できれいに写真を撮る方法などと合わせて解説します。

マタニティフォトをセルフで撮ろう

マタニティフォトとは、妊娠中のママのおなかを中心とした記念写真のことをいいます。赤ちゃんが生まれてくるまでのパパやママの思い出を写真として残せる貴重なものです。

赤ちゃんが生まれてくることを楽しみにしている様子を形に残せるだけではなく、数年後子どもと一緒に写真を見れるというのも魅力です。マタニティフォトをセルフで撮れば、パパやママの表情を自然体のまま残せるのでおすすめです。

100均で作れる小道具のアイデア

マタニティフォトを撮るには、ママのおなかだけ、パパママをそのまま写すだけではなく、小道具と一緒に撮るとよりよい写真に仕上がります。小道具というと、準備が大変そうと感じるかもしれませんが“100均”にあるものでも簡単にリーズナブルに用意できますよ。

おすすめの小道具5つを紹介するので、お気に入りのものでオリジナルティ溢れるマタニティフォトを作ってみてくださいね。

リボンを結ぶ

GettyImages-1340443963 2

おすすめの小道具1つ目は、“リボン”です。リボンはプレゼントに用いられることも多いことから、「赤ちゃんの誕生=プレゼント」とメッセージ性も表現できます。

100均にはさまざまなリボンがあるので好きな色や柄のリボンをチョイスするとよいでしょう。写真でもはっきりとわかるような少し幅が広いリボンを選ぶことがポイントです。

選んだリボンをママのおなかに結ぶだけでよい手軽さが魅力です。

英字オブジェ

GettyImages-183784777 2

おすすめの小道具2つ目は、“英字オブジェ”です。英字オブジェは赤ちゃんの名前や単語を並べメッセージにできます。オリジナリティを出したい場合は英字オブジェに色を塗ったり模様を描いたり工夫することも可能です。

レターボード

GettyImages-1313316173

おすすめの小道具3つ目は、“レターボード”です。レターボードは、メッセージボードにアルファベットのパーツをはめ込んで使います。

英字オブジェ同様英語でメッセージをそえたり、妊娠週数や赤ちゃんが生まれるまでの日数を並べて写真を撮るのもおすすめです。レターボードなら、文字の上手い下手を気にせず、何度でも文字を組み換えて使えて便利ですよ。

インスタなどのSNSで見かけるとおしゃれなレターボード。実は100均で揃えることができます。今回はママデイズ編集部で活用アイデアを考えてみました。アルファベットパーツをはめるだけで、簡単におしゃれなメッセージが完成。赤ちゃんの撮影にも使える優れものなんです!

マタニティサッシュベルト

おすすめの小道具4つ目は、“マタニティサッシュベルト”です。マタニティサッシュベルトとは、おなかに巻ける長さのリボンやレースなどに装飾を施した帯のようなものをいいます。

マタニティサッシュは、“生まれてくる赤ちゃんが幸せになれる”という意味も込められていて、赤ちゃんの幸せを願うパパママの想いともマッチしています。幅の広いリボンやレース、布などにフェルトや造花などを組み合わせてオリジナルのマタニティサッシュベルトを作ることもできます。

フォトプロップス

GettyImages-1000507980

おすすめの小道具5つ目は、“フォトプロップス”です。フォトプロップスは、写真撮影を盛り上げる小道具の1つとして人気です。

かわいいデザインやポップなデザインなどさまざまなフォトプロップスが100均で揃います。もつだけで写真を華やかにしてくれる手軽さも魅力です。

もちろん手作りも可能です。基本的な材料は厚紙と持ち手の棒部分に使える割り箸やストローなどです。

フォトプロップス用にデザインのデータを提供しているサイトもあるので、デザインや絵に自信がないママやパパでも、印刷して厚紙に貼れば気軽に作れます。

家できれいに写真を撮る方法

小道具を揃えたら写真の撮り方を意識すると、より見栄えのするマタニティフォトに仕上がります。家できれいに写真を撮るコツをそれぞれ押さえましょう。

自然光を取り入れよう

きれいに写真を撮るには、撮影時間や天候に注目するとよいです。撮影時間帯は夜よりも日中がおすすめです。

天候は雨よりも晴れていて明るい光が部屋に入るときがベスト。自然光を活かしてマタニティフォトらしい明るくやさしい雰囲気を演出できます。

背景はなるべくシンプルに

マタニティフォトを際立たせるには、背景にも注目。家で写真を撮ると生活感溢れるものが写りこんでしまうかもしれませんが、背景はなるべくシンプルにしたほうがよいです

背景がシンプルだと用意したグッズも映えます。日常生活が写りこむ場合は、マタニティフォトで写したいものが映えるように部屋を選んだり片づけるとよいでしょう。

自撮り棒でいろいろんな画角を撮ろう!

いろいろんな画角の写真を残すには自撮り棒を活用しましょう。自撮り棒を使えばパパママ2人で写真を撮れたり、遠くからの写真も撮れます。

自撮り棒を置きタイマー機能なども用いることで、ぶれない安定した写真を残すことも可能です。

マタニティフォトは手軽におしゃれになる

赤ちゃんの誕生を祝う思い出の1ページとしてマタニティフォトがおすすめです。マタニティフォトに使えるグッズは100均で揃うので簡単にお手頃に仕上げられます。

100均のセルフグッズでもかわいく温かみのあるマタニティフォトが撮れます。紹介したお気に入りのグッズで撮影したり、グッズを組み合わせてオリジナリティ溢れる写真が残せるでしょう。

  • マタニティフォトとは、妊娠中のママのおなかを中心とした記念写真のこと
  • マタニティフォトを飾る小道具は100均でも用意できる
  • 家で綺麗に撮るには自然光・シンプルな背景・自撮り棒があるとよい

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当