秋に作りたい さんまの炊き込みごはん(2歳頃から/おとな)【管理栄養士監修】 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)

秋に作りたい さんまの炊き込みごはん(2歳頃から/おとな)【管理栄養士監修】

秋の味覚代表のさんまを豪快に使った炊き込みごはん。
さんまを焼いてから炊き込むことで、臭みが気になりません!
おにぎりにすると子どもも食べやすいですよ。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

秋に作りたい さんまの炊き込みごはん(2歳頃から/おとな)【管理栄養士監修】

秋の味覚代表のさんまを豪快に使った炊き込みごはん。
さんまを焼いてから炊き込むことで、臭みが気になりません!
おにぎりにすると子どもも食べやすいですよ。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

材料(作りやすい分量)

  • さんま 2尾
  • 塩 適量
  • にんじん 40g
  • しめじ 50g
  • 米 2合
  • Aみりん 大さじ1
  • A醤油 大さじ1/2
  • A塩 小さじ1/4

作り方

  1. にんじんは1cm角の色紙切りにする。しめじは食べやすい大きさに切る。
  2. さんまは内蔵を取り半分に切る。塩を両面にふる。
  3. フライパンに魚焼き用のアルミホイルを敷き(またはサラダ油を引く)、弱めの中火で片面約3〜4分ずつ焼く(魚焼きグリルで焼いても良い)。
  4. 炊飯器に洗米した米とA・水を2合の目盛りまで入れて混ぜる。
  5. 1と3をのせて通常炊飯する。
  6. 炊けたら、さんまを取り出す。真ん中の中骨に沿って箸を入れて骨を取り除く。小骨や腹骨も取り除く。
  7. 身を炊飯器に戻し入れ、身をほぐしながら全体を混ぜて完成。

対象

2歳頃から/おとなが召し上がっていただけます。

※子どもの年齢に合わせて食材の大きさや味付けは調節してください。
※さんまの小骨が取り切れない場合があるので、しっかり噛むように声をかけて与えてください。

保存する場合

冷蔵保存:できるだけお早めにお召し上がりください。食べる前に電子レンジなどで再加熱してください。
冷凍保存:冷凍保存用容器やラップに包んで冷凍保存用フリーザーバッグに入れて冷凍保存する。
約2週間以内を目安に食べきるようにし、食べる前は電子レンジなどで再加熱してください。

(期間の記載は目安となっております。環境によって保存期間に差が出る場合があります。匂い、味、色、食感が少しでもおかしいと感じたら廃棄してください。)

注意事項

  • 作ったものは常温のまま長時間放置しないでください。雑菌が増える原因になります。
  • 清潔な保存容器を使用してください。
  • 解凍したものの再冷凍はしないでください。雑菌が増える原因になります。

料理を楽しむにあたって下記もご確認ください。

料理を楽しむにあたって