作り置きできる! 授乳中の和食献立(おとな/授乳中)【管理栄養士監修】 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)

作り置きできる! 授乳中の和食献立(おとな/授乳中)【管理栄養士監修】

作り置きもできる授乳中の献立をご紹介します!
下処理済みの野菜パックなどを使うと食事の準備が楽になりますよ。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

作り置きできる! 授乳中の和食献立(おとな/授乳中)【管理栄養士監修】

作り置きもできる授乳中の献立をご紹介します!
下処理済みの野菜パックなどを使うと食事の準備が楽になりますよ。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

切り干し大根の炊き込みごはん

材料(作りやすい分量)

  • 米 2合
  • 切り干し大根 20g
  • にんじん 1/4本
  • ツナ缶(水煮) 1缶
  • 塩昆布 10g
  • A酒 大さじ2
  • Aみりん 大さじ1
  • A醤油 小さじ2

作り方

  1. 切り干し大根は水で戻し、水気を絞ってから食べやすい大きさに切る。
  2. にんじんは千切りにする。
  3. 炊飯器に洗米した米・A・水を2合の目盛りまで入れて混ぜる。ツナ缶を汁ごと加え、塩昆布・1・2を上に乗せて通常炊飯する。
  4. 炊けたら混ぜて完成。おにぎりにして冷凍保存しておくと便利です。

豚汁 

材料(作りやすい分量)

  • 豚汁の具(水煮) 1袋(250g)
  • 豚こま切れ肉 100g
  • 豆腐(お好みの種類のもの) 150g
  • 細ねぎ(刻み) 適量
  • 水 600cc
  • 和風顆粒だしの素 小さじ1
  • 味噌 大さじ3(味を見て調節)

作り方

  1. 鍋に水と和風顆粒だしの素を入れて中火にかける。
  2. 沸いてきたら豚こま切れ肉を入れて火を通す。
  3. 軽く洗って水気を切った豚汁の具・さいの目に切った豆腐を加えて約2〜3分煮る(アクが出てきたら取り除く)。
  4. 味を見ながら味噌を溶き入れる。器に盛り付けて、細ねぎ(刻み)を散らして完成。

さつまいもの塩バター蒸し

材料(作りやすい分量)

  • さつまいも 1本(約200g)
  • 砂糖 大さじ1
  • 塩 ひとつまみ
  • 有塩バター 10g
  • 黒いりごま 適量

作り方

  1. さつまいもは食べやすい大きさに切る。水に約5分さらし、水気を切る。
  2. 耐熱容器に1・砂糖・塩を入れて混ぜ、バターを加えてふんわりラップをかけて600wのレンジで約3分加熱する。
  3. 取り出して混ぜ、再度600wのレンジで約2分加熱する。黒いりごまをちらして完成。

しらすとねぎの卵焼き

材料(2〜3人分)

  • 卵 3個
  • しらす 大さじ3
  • 細ねぎ(刻み) 10g
  • 砂糖 小さじ1
  • 和風顆粒だしの素 ひとつまみ
  • 水 大さじ1
  • サラダ油 適量

作り方

  1. 容器にサラダ油以外の材料を入れて、よく混ぜる。
  2. 卵焼き器にサラダ油を染み込ませたキッチンペーパーで油を引き、弱めの中火で加熱する。卵液を1/3流し入れて、半熟状になったら奥から手前に向かって巻き、巻いた卵を奥に寄せる。
  3. 空いたフライパンにサラダ油を引き、同様に卵液がなくなるまで繰り返す。
  4. 食べやすい大きさに切って完成。

対象

・おとな(授乳中のママ向け)が召し上がっていただけます。

※ツナ缶は水煮を使用していますが、油漬けを使用する場合は油を切ってから使用してください。
※子どもが食べる場合は年齢に合わせて食材の大きさや味付けを調節してください。
※妊娠中の方や子どもが召し上がる場合は、卵は完全に火を通してください。
※砂糖はきび砂糖を使用しています。

保存する場合

冷蔵保存:できるだけお早めにお召し上がりください。食べる前に電子レンジなどで再加熱してください。
冷凍保存:炊き込みごはん・さつまいもの塩バター蒸し・ねぎとしらすの卵焼きは冷凍保存可能です。
冷凍保存用容器やラップに包んで冷凍保存用フリーザーバッグに入れて冷凍保存する。
約2週間以内を目安に食べきるようにし、食べる前は電子レンジなどで再加熱してください。

(期間の記載は目安となっております。環境によって保存期間に差が出る場合があります。匂い、味、色、食感が少しでもおかしいと感じたら廃棄してください。)

注意事項

  • 作ったものは常温のまま長時間放置しないでください。雑菌が増える原因になります。
  • 清潔な保存容器を使用してください。
  • 解凍したものの再冷凍はしないでください。雑菌が増える原因になります。

料理を楽しむにあたって下記もご確認ください。

料理を楽しむにあたって