【管理栄養士監修】離乳食初期のブロッコリー|冷凍保存やレシピ | MAMADAYS(ママデイズ)

MAMADAYS(ママデイズ)

【管理栄養士監修】離乳食初期のブロッコリー|冷凍保存やレシピ

【管理栄養士監修】離乳食初期のブロッコリー|冷凍保存やレシピ

ブロッコリーの鮮やかな緑色は、離乳食の彩りをよくしてくれます。鉄やビタミンC、食物繊維などの栄養素が含まれ、栄養補給にも活躍します。今回は離乳初期(生後5〜6ヶ月頃)のブロッコリーのレシピや簡単な調理法、冷凍保存方法をご紹介します。
ブロッコリーの鮮やかな緑色は、離乳食の彩りをよくしてくれます。鉄やビタミンC、食物繊維などの栄養素が含まれ、栄養補給にも活躍します。今回は離乳初期(生後5〜6ヶ月頃)のブロッコリーのレシピや簡単な調理法、冷凍保存方法をご紹介します。

離乳初期のブロッコリーはいつから与えられる?

離乳食初期のゴックン期・生後5〜6ヶ月頃からOK

ブロッコリーは、離乳食初期のゴックン期・生後5〜6ヶ月頃から与えられます。離乳食を始めておかゆに慣れ、1週間ほど経った頃から始めましょう。

ブロッコリーの茎の部分は固いため、穂先のやわらかい部分を使います。離乳食後期(カミカミ期・生後9〜11ヶ月頃)になると、穂先以外も食べられるようになります。

苦みがなく赤ちゃんが挑戦しやすい野菜ですが、飲み込みにくい場合があるので、必要に応じてとろみをつけて与えましょう。

初めて与えるときは離乳食用スプーン1さじから

ブロッコリーを初めて与えるときは、ほかの食材と混ぜずに、離乳食用スプーン1さじの少量から与え始めましょう。様子を見ながら少しずつ量を増やしてください。

離乳食全期間を通したブロッコリーの調理方法など、詳しくはこちらの記事も参考にしてください。

ブロッコリーは、ビタミンCやカロテンが豊富なうえ、食物繊維も含みます。
味にくせが少なく、離乳食に取り入れやすい食材です。
今回は、離乳食のブロッコリーはいつから食べられるのかや、下ごしらえのコツなどをご紹介します。

離乳食初期のブロッコリーのレシピ

離乳食初期に使うブロッコリーは、花蕾(からい・穂先の部分)を加熱し、すりつぶしたり裏ごししたりして与えます。赤ちゃんが飲み込みにくそうにしている場合は、とろみをつけてあげましょう。加熱は鍋でも、電子レンジでも大丈夫です。

材料

  • ブロッコリー  
  • とろみの素 水またはだし汁(かつおだしまたは昆布だし)50cc+片栗粉小さじ1

作り方

  1. 小房に切り水でよく洗う。
  2. 鍋に湯を沸かし、ブロッコリーを入れてやわらかくなるまで約4〜5分ゆでる。水気を切る。電子レンジの場合は、耐熱容器に入れ水少量を加え、ふんわりとラップをかけて、600Wのレンジで2〜3分加熱する(量に応じて水分量や加熱時間は調節してください)。粗熱が取れるまでラップをしたまま冷ます。
  3. 包丁やキッチンはさみで穂先の部分のみを切る。
  4. 赤ちゃんの月齢に応じて、ハンドブレンダーやフードプロセッサー、すり鉢でペースト状にする(お湯を少量加えておくと撹拌しやすい)。
  5. 耐熱容器にとろみの素を混ぜ合わせて、600Wのレンジで20〜30秒加熱し、ダマができないようによくかき混ぜる(とろみがゆるい場合は様子を見ながら透明になるまで10秒ずつ加熱しよく混ぜる)。
  6. 赤ちゃんの月齢に合わせてとろみをつけて完成(冷凍保存する場合はとろみをつける前にする)。とろみの目安はポタージュ状。

こちらの記事では動画で紹介しています。ブロッコリーの基本の調理の仕方はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

ビタミンCやカロテンが含まれているブロッコリーは、味にくせがなく離乳食に取り入れやすい食材です。
ゴックン期のブロッコリーの調理のポイントをご紹介します!
冷凍ストックもできますよ。

離乳食初期のブロッコリーを簡単に調理するポイントは?

ポイント1:電子レンジで加熱時間を短縮

ブロッコリーの加熱は、電子レンジを使うと時間短縮できるうえ、洗い物も少なく済みます。水と一緒に加熱することで、しっとり仕上がりやすくなります。

ポイント2:ハンドブレンダーがあるとさらに便利

すり鉢や裏ごし器でブロッコリーをすりつぶしてもよいですが、ハンドブレンダーやフードプロセッサーを使うとあっという間になめらかなペースト状にできます。お湯やだし汁を加えながら、ちょうどいいゆるさにしましょう。

ハンドブレンダーは少量だと撹拌しにくいので、まとめて調理して冷凍保存しておくといいでしょう。

ポイント3:市販の冷凍ブロッコリーを使ってもOK

市販の冷凍されたブロッコリーも離乳食に使えます。ブロッコリーは1房15gほどなので、ちょうど離乳食初期の1食分のうちの野菜・果物の目安量です。

調理方法は生のものと大きく変わりませんが、冷凍のものは下ゆでが済んでいるため、加熱時間を調整しましょう。

離乳食初期のブロッコリーは冷凍保存できる?

離乳食用にペースト状にしたブロッコリーは、冷凍保存ができます。市販の冷凍ブロッコリーを加熱してペースト状にした場合でも、冷凍保存して問題ありません。

加熱してすりつぶしたあと、ラップに包んで冷凍保存用バッグに入れて保存するか、離乳食用の小分けトレーに大さじ1ずつ入れて冷凍し、凍ったら冷凍保存用バッグに移しましょう。

冷凍したあとは1週間以内に使い切ってください。

食べる前に電子レンジまたは小鍋などで再加熱します。1週間は目安の期間です。匂い、味、色、食感が少しでもおかしいと感じたら廃棄しましょう。

食物アレルギーについて

ブロッコリーは、まれに食物アレルギーを発症する可能性があります。そのため、初めて与える際は離乳食用スプーン1さじの少量から始めましょう。

また、初めて与えるときは平日の午前中など、万が一食物アレルギーを起こした場合すぐに医療機関を受診できる時間に与えるようにしましょう。

_______

ブロッコリーは市販の冷凍のものをストックしておくと便利です。ブロッコリーは赤ちゃんだけでなく、大人も摂りたい鉄やビタミンC、食物繊維などの栄養素が含まれています。離乳食作りと合わせて、大人の料理にも積極的にブロッコリーを活用できるといいですね。

注意事項

食材は、特定のアレルギー体質を持つ場合に、アレルギー反応を引き起こすおそれがあります。

初めての食材を食べる子どもには十分注意が必要です。様子を見ながら少量から食べさせてください。

[特定原材料]

卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生

[特定原材料に準ずるもの]

アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、 ごま、カシューナッツ

離乳食を調理する前に、「料理を楽しむにあたって」の「乳幼児への食事提供について」を事前にご確認の上ご利用をお願いいたします。

料理を楽しむにあたって

誤飲や誤嚥による事故を予防するポイント

  • 離乳食は月齢の目安のサイズを参考に、食べやすい大きさにして与えましょう。

  • 一口の量は子どもの口に合った無理なく食べられる量にし、自分で手づかみ食べや、スプーンで食べる場合は、量が多くないか、咀嚼して飲み込んでいるか、様子をみましょう。

  • ミニトマト、豆類は、そのままの大きさだとのどに詰まる危険があります。カットして安全な大きさにしましょう。のどに張り付く餅、噛むことが難しいこんにゃくや野菜、固い食材も飲み込むことが難しくなります。

  • 誤って気管支に入りやすいピーナッツなどの固い豆・ナッツ類は、5歳以下の子どもには与えないでください。

  • 年長の子どもが、乳幼児にとって危険な食品を与えないよう注意しましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当