「紬」の意味や由来、名前に込める思いや例は? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
「紬」の意味や由来、名前に込める思いや例は?

「紬」の意味や由来、名前に込める思いや例は?

「紬」は女の子に人気がある名前で、明治生命の名前ランキングでも1位に選ばれています。紬という字にはどんな意味が込められているのでしょうか?赤ちゃんに紬を使った名前を名付けようと考えているママ・パパに向けて、この記事では紬という漢字の読みや意味をご紹介します。
「紬」は女の子に人気がある名前で、明治生命の名前ランキングでも1位に選ばれています。紬という字にはどんな意味が込められているのでしょうか?赤ちゃんに紬を使った名前を名付けようと考えているママ・パパに向けて、この記事では紬という漢字の読みや意味をご紹介します。

「紬」の基本情報

まずは「紬」の基本情報をご紹介します。

  • 画数:11画
  • 部首:いとへん
  • 音読み:チュウ
  • 訓読み:つむぎ・つむ-ぐ
  • 名乗り:つ・つむ・むぎ

※名乗りとは、人名に用いたときのみ用いられる読み方です。紬は「つむぎ」「チュウ」のほか「つ」や「つむ」「むぎ」とも読めます。

「紬」の意味や由来は?

続いて「紬」の意味や由来をみていきましょう。

「紬」には

  1. 丈夫な織物。大島紬や結城紬など
  2. 繭や綿から糸を引き出す

という意味があります。

織物の紬は、丈夫なことから長く日常着として愛されてきた織物です。

織られた土地の個性が色濃く反映されたさまざまな紬は主に着物などの生地で使われています。普段から着物に親しんでいる方は、馴染みがあるかもしれませんね。

「紬」には、繭や綿から糸を引き出すという意味もあります。

糸を細く長く引き出して、糸によりを掛けることから、比喩的に「物事の糸口をつかむ」という意味で使われることもあります。

織物の名称としての「紬」の意味

紬とは、紬糸を使って織られた丈夫な布地のことをいいます。

「結城紬」や「大島紬」など全国各地に有名な紬の織物があり、それぞれ「大島で作られた紬織物」「結城地区で作られた紬織物」という意味です。

「紬」という名前を付ける際は、名字との組み合わせによっては工芸品と同じ名前になってしまうので注意しましょう。

「大島 紬」や「結城 紬」など工芸品と同じ名前になってしまうと、せっかく名前に込めた意味や願いが伝わりにくくなってしまうおそれがあり、子どもが名前でからかわれたりする可能性もないとは言い切れません。

「つむぎ」と名付けると有名な工芸品と同じ響きになってしまい、どうしても気になる場合は、あてる漢字を変えるか、名前を変えるかするのがおすすめです。

「紬」と1文字で表すのではなく「紬貴(つむ-ぎ)」や「紬夢紀(つ-む-ぎ)」などとすると工芸品とかぶらずに済みますし、名前に意味や願いも込めやすくなります。

名前に使う「紬」にはどんな思いが込められる?

ここからは紬という字を使った名前に込められる意味や願い、思いをみていきましょう。

紬は丈夫な織物を指し、名前にそのイメージや意味を反映させることもできます。

思いや願い

紬という字を使った名前には次のような思いや願い、意味を込めることができます。

  • 美しい人に育ってほしい
  • 個性を大切にしてほしい
  • 丈夫に育ってほしい
  • 物事に根気強く取り組める人になってほしい
  • 多くの人に愛される人になってほしい
  • 自分の夢に向かって進んでいってほしい

いずれの思い・願いを込める場合でも、赤ちゃんの性別を問わずに使える漢字です。

「紬」と「紡」の違い

紬(つむぐ・チュウ)と紡(つむぐ・ボウ)は、音読みが違うだけでなく、漢字の持つ意味も異なります。

紬は、丈夫な絹織物や、繭や綿から糸を引き出すという意味があります。

一方、紡は綿や麻の繊維をより合わせて糸にするという意味です。

紬ができあがった織物・糸を指すのに対し、紡は繊維をより合わせて作った木綿糸や麻糸を指します。

名前に「紬」の字を使う場合、繭から糸を引き出すことにかけて「問題解決の糸口をつかめるような賢い人になってほしい」などの意味を込めることもあるようです。

一方、複数のものをより合わせて糸にする「紡」の字を使う場合は「いろいろな人と仲良くできる人になってほしい」とか「物事を取りまとめる力やリーダーシップがある人になってほしい」という願いを込めることができます。

同じ「つむぐ」と読む場合でも、漢字が変われば込められる意味や願いも変わってきます。

ぜひ、漢字のもつ意味や成り立ちも踏まえて名前を考えてみてください。

最近人気の名前に「つむぎ」という名前があります。かわいらしい響きから、生まれてくる赤ちゃんに名付けようと考えているママ・パパも多いのではないでしょうか? この記事では、「つむぎ」と読める漢字や、名前に込められる意味・願いなどを解説します。

男の子で「紬」を使う名前

男の子に「紬」と名付ける際の、名前のアイデアをご紹介します。

・紬義(つむぎ)

・紬多(ちゅうた)

・紬斗夢(つとむ)

・紬太朗(ちゅうたろう)

・紬吉(ちゅうきち)

・紬(つむぐ)

・紬駆佐(つかさ)

・亜紬(あつ)

・阿紬志(あつし)

・利紬(りつ)

・嘉紬人(かつひと)

・多紬仁(たつと・たつひと)

・己紬希(みつき)

・太紬貴(たつき)

・紬流(つむる)

・紬仁(つむと)

・紬栄(ちゅうえい)

・太紬(たつ)

・太紬也(たつや)

・紬凪(つなぐ)

・紬貴人(つきと)

・紬奈志(つなし)

・那紬樹(なつき)

・奈紬雄(なつお)

・光紬緒(みつお)

・可紬男(かつお)

・多紬緒(たつお)

・永紬人(なつと)

・佐紬樹(さつき)

・吾紬夢(あつむ)

・結紬(ゆづ)

・夕紬流(ゆづる)

・汰紬琉(たつる)

・武紬己(むつみ)

・安紬郎(あつろう)

・理紬斗(りつと)

・紬也(ちゅうや)

・紬一郎(ちゅういちろう)

・紬吾(ちゅうあ)

・紬羽沙(つばさ)

・虎貞紬(こてつ)

・哲紬史(てつし)

・真紬留(まつる)

・礼紬(れつ)

・伊紬規(いつき)

女の子で「紬」を使う名前

女の子に「紬」と名付ける際の、名前のアイデアをご紹介します。

・紬(つむぎ)

・紬衣(つむぎ)

・奈紬歌(なつか)

・凛紬(りつ)

・璃紬子(りつこ)

・紬音(つむね)

・紬子(つむこ)

・紬希子(つきこ)

・美紬(みつ)

・実紬貴(みつき)

・沙紬希(さつき)

・恵紬子(えつこ)

・真紬梨(まつり)

・世紬歌(せつか)

・紬歌(つむか)

・紬穂(つむほ)

・奈紬(なつむ)

・凪紬奈(なつな)

・羽紬音(はつね)

・紬姫(つむぎ)

・紬華紗(つかさ)

・紬由貴(つゆき)

・知名紬(ちなつ)

・以紬妃(いつき)

・実紬香(みつか)

・志紬(しづ)

・南紬子(なつこ)

・里紬子(りつこ)

・知紬留(ちづる)

・亜紬美(あづみ・あつみ)

・勢紬(せつ)

・紬嬉(つき)

・瀬紬妃(せつひ)

・紬久実(つぐみ)

・紬鶴(つづる)

・紬葉早(つばさ)

・紬友梨(つゆり)

・紬悠乃(つゆの)

・那紬巴(なつは)

・葉紬重(はつえ)

・茉奈紬(まなつ)

・実紬莉(みつり)

子どもの名前に「紬」を取り入れてみては?

「紬」という字には、「丈夫な絹織物」や「繭や綿から糸を引き出す」という意味があります。そこから、「丈夫な子に育ってほしい」「物事に根気強く取り組める人になってほしい」「糸をよりあわせるようによいご縁に恵まれてほしい」という願いや思いを込めて使うことができます。

「つむぎ」と読むほか「つむ」や「つ」「ちゅう」とも読めるので、赤ちゃんの名前に取り入れてみてもいいかもしれません。

名前を付ける際は、記事中でご紹介した名前もぜひ参考にしてくださいね。

  • 「紬」とは、丈夫な絹織物のこと
  • 「丈夫に育ってほしい」「多くの人に愛されてほしい」など願いが込められる
  • 「つむぎ」と読むほか「つむ」や「つ」「ちゅう」とも読める
  • 名字によっては工芸品と同じ名前になってしまうので注意

参考:明治安田生命、名前ランキング 生まれ年別ベスト10 (2022年2月24日閲覧)

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当