男の子に使われる名前まとめ|古風・珍しい・おしゃれな名前 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
男の子に使われる名前まとめ|古風・珍しい・おしゃれな名前

男の子に使われる名前まとめ|古風・珍しい・おしゃれな名前

この記事では男の子におすすめの名前と、名付けの際に注意したいポイントをまとめています。男の子の名前を決める際「何から考えればいいのか分からない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ぜひ記事を読んで、自分の子どもにぴったりの名前を贈ってくださいね。
この記事では男の子におすすめの名前と、名付けの際に注意したいポイントをまとめています。男の子の名前を決める際「何から考えればいいのか分からない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ぜひ記事を読んで、自分の子どもにぴったりの名前を贈ってくださいね。

男の子の名前ランキング上位は?

毎年、「赤ちゃんの名前ランキング」というものが明治安田生命から発表されています(*)。2021年、男の子に人気の名前はどのようなものだったのでしょうか?

2021年生まれの「男の子の名前ランキング」を見てみると、全体的に前向きな名前が多いことが分かります。さらに「陽」の漢字が多く使われていることから「子どもに明るく心の温かい人になって欲しい」というママとパパの願いを感じ取ることができますね。

このように、人気の名前がどのような傾向にあるか知ることで、名前を選ぶ際の参考にすることができるでしょう。また流行を知ることで、ほかの子と名前が被らないように考えることができますよ。

*:「名前ランキング2021」明治安田生命

名前ランキング1~10位

2021年の「男の子の名前ランキング」は以下の通りです。

1位:蓮(れん)13画

2位:陽翔(あきと・はると・はるひ・ひかる・ひなた・ひなと・ひびと・ひろと・やまと・ひゅうが)24画

3位:蒼(あお・そう・そら・あおい)13画

4位:湊(そう・かなた・かなで・みなと)12画

5位:樹(みき・いつき・いづき・たつき)16画

6位:朝陽(あさひ)24画

7位:大和(だいと・だいや・なごみ・ひろと・やまと)11画

8位:悠真(ゆま・はるま・ゆうま・ゆうしん)21画

9位:颯真(そうま・ふうま)24画

10位:陽向(はるた・ひなた・ひゅうが)18画

漢字一文字の名前は毎年人気で、2021年のランキングでも多くランクインしており、引き続き人気があります。

読み仮名ランキング1~10位

こちらは同じ2021年の「男の子の読み仮名ランキング」です。読み仮名だけで見ると、3音で「と」で終わる名前が半数を占めており、流行していることが分かります。

1位:はると

2位:みなと

3位:りく

4位:そら

5位:そうた

6位:はるき

7位:ゆうと

8位:あおと

9位:ひなた

10位:かいと

この中で好きな響きがあれば、その響きの名前を選んでもいいでしょう。そしてその響きに合った漢字の中から気に入った意味の漢字を選ぶことで、人気の響きかつオリジナリティがある名前になりそうですね。

男の子におすすめの古風な名前

日本古来から伝わる「漢字」の意味を大切に考えて、名付ける人も多いでしょう。また、昔の人の名前に使われる漢字や音を取り入れ、古風な名前をつけるママやパパも多いです。

古風・和風な名前は、名前に込められた想いや由来がわかりやすい名前になります。

ここでは、古風でかっこいい男の子の名前を、一文字、二文字、三文字に分け一覧にしてまとめています。

子どもの名前におすすめな古風な名前を紹介します。古風でも古臭く感じない、名前に使いやすいものをまとめました。漢字の文字数別や、季節を感じる古風な名前など、さまざまな古風な名前を紹介するので参考にしてみてくださいね。
この記事では、男の子、女の子それぞれのかっこいい名前を、「爽やか」「古風」といったイメージ別に紹介します。漢字一文字や、中性的なかっこいい名前なども紹介するので、子どもにかっこいい名前をつけたいと考えている方は、参考にしてみてくださいね。

一文字の名前

漢字一文字の名前が古風なものだと、男らしい印象になります。漢字の印象がそのまま子どものイメージに繋がりやすいため、意味をしっかり調べて選びたいですね。また同じ漢字一文字でも、読み方が二音か三音かで印象が変わります。

苗字と繋げて読んだときにスムーズに耳に入ってくるような、バランスのいい音数を選ぶといいでしょう。

  • 史(ふみ・あや・ちかし)5画
  • 和(かず・やまと)8画
  • 悠(ゆう)11画
  • 晶(あきら・しょう)12画
  • 智(さとし・とも)12画
  • 湊(みなと)12画
  • 圭(けい)6画
  • 剛(つよし)10画
  • 弦(げん・ゆづる)8画
  • 匠(たくみ)6画

生まれてくる赤ちゃんのために、素敵な名前を探している時間は楽しいものですよね。最近は、漢字一文字の名前も人気です。この記事では、男女のどちらにも使える漢字一文字の名前を紹介します。かっこいい、かわいい、などのイメージ別に見ていきましょう。

二文字の名前

日本人の名前には、漢字二文字の組み合わせがよく使われます。古風な名前は、ポピュラーである二文字の名前の中でもよく目立ち、個性をアピールすることができるのでおすすめです。また、日本の歴史に名を残した武将や偉人の名前も、現代では新鮮でかっこいいと人気ですよ。

  • 俊成(としなり):15画
  • 政宗(まさむね):17画
  • 謙信(けんしん):26画
  • 武蔵(むさし):23画
  • 泰造(たいぞう):20画
  • 道成(みちなり):18画
  • 寛太(かんた):17角
  • 源二(げんじ):15画
  • 純平(じゅんぺい):15画
  • 春一(はるいち):10画

三文字の名前

三文字で古風な名前を付けたいのであれば、長年男の子の名前として愛されている「◯太郎」や「◯之助」などの名前もおすすめです。一文字目には好きな漢字を当てはめて、ママやパパの願いを込めてみてはいかがでしょうか。

  • 新之助(しんのすけ)23画
  • 宗次郎(そうじろう)23画
  • 裕次郎(ゆうじろう)27画
  • 倫太郎(りんたろう)23画
  • 朔太郎(さくたろう)23画
  • 雪之丞(ゆきのじょう)20画
  • 清四郎(せいしろう)25画
  • 幸之助(こうのすけ)18画
  • 龍太郎(りゅうたろう)29画
  • 総一朗(そういちろう)24画

男の子におすすめの珍しい名前

珍しい名前は周りの子どもと被りにくく、初めて会った人にも覚えてもらいやすいメリットがあります。特によくある苗字の場合は、珍しい名前を付けるとより被りにくくなりますよ。

ただしあまりにも珍しい名前や、あまり使われない漢字は、将来生活していく上で不便を感じることもあるかもしれません。子どもの名前として違和感がないか、扱いづらい文字は含まれていないかを考え、名前を考えてみましょう。

大切な我が子が一生使う名前を決めるのは、本当に難しいものです。この記事では個性的で珍しい名前のうち、落ち着いた印象を与えるものを紹介します。かわいい・かっこいいなどのイメージ別に珍しい名前をあげました。珍しい名前を探しているママやパパは、ぜひ見てくださいね。

一文字の名前

一文字の名前が珍しいものだと、シンプルながらも強い印象を持つ名前になるでしょう。ただし、漢字の印象はストレートに子どものイメージに繋がります。一文字名前を選ぶ際はその漢字がどういった意味を持つのかよく調べて、よい意味を持つ漢字を選ぶようにしましょう。

  • 凌(りょう)10画
  • 旺(おう)8画
  • 魅(かい)15画
  • 珀(はく・たま)9画
  • 煌(こう・あきら)13画
  • 尊(みこと)12画
  • 楽(たの・がく)13画
  • 前(ぜん)9画
  • 天(てん)4画
  • 浬(かいり)10画

二文字の名前

二文字の名前は日本人にも多く一般的ですが、珍しい名前を付けることで周りの子どもと被らない名前にできるでしょう。

二文字の漢字が選べるので、ママとパパそれぞれが願いを込めた漢字を選ぶのも素敵ですね。

  • 阿蘭(あらん)27画
  • 醍醐(だいご)32画
  • 右京(うきょう)13画
  • 旅人(たびと)12画
  • 景虎(かげとら)20画
  • 醍醐(だいご)32画
  • 愛夢(あいむ)26画
  • 斗環(とうわ・とわ)21画
  • 礼音(れおん・れお)14画
  • 神楽(かぐら)22画

三文字の名前

「苗字が短くシンプルなので、名前もシンプルだとどこか物足りなく感じる」という方には、三文字で珍しい名前を付けるのもおすすめです。

  • 悠羽生(ゆうせい)22画
  • 雅楽彦(うたひこ)35画
  • 奏那汰(そなた)23画
  • 友之進(とものしん)18画
  • 亜土夢(あとむ)23画

また読み方はよくある名前でも、珍しい漢字を組み合わせることで、ポピュラーななかにも、オリジナリティを表現することができるでしょう。

「人気の名前もつけたいけど、周りとは被りたくない…」と考えるママやパパは、子どもへの願いを漢字に込めて表現してみてはいかがでしょうか。

  • 也真人(やまと)18画
  • 亜季良(あきら)22画
  • 真来都(まこと)28画
  • 比呂志(ひろし)18画
  • 夏那太(かなた)21画

男の子におすすめのおしゃれな名前

中には「キラキラネームは避けたいけど、今風のおしゃれな名前にしたい」と考える人もいますよね。ここでは、男の子におすすめのおしゃれな名前をご紹介します。

  • 瑛人(えいと)14画
  • 海里(かいり)16画
  • 大翔(ひろと)15画
  • 翔流(かける)22画
  • 雷人(らいと)15画

また近年では「性別にとらわれず、自由な生き方を尊重したい」と考えるママやパパも多く、中性的でおしゃれな名前も人気です。

男女どちらにも対応できる名前は、性別がわかる前からお腹の中の赤ちゃんに名前を呼びかけることができます。そして中性的な名前は、性別が分かってからゆっくりと漢字を考えることができるメリットもあります。

  • 新(あらた)13画
  • 翼(つばさ)17画
  • 千秋(ちあき)12画
  • 優里(ゆうり)24画
  • 冬雪(ふゆき)16画

この記事では、男の子にも女の子にも使える中性的な名前を紹介しています。中性的な漢字一文字、二文字の名前、中性的で和風・古風な名前をピックアップしました。子どもの名づけに中性的な名前を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

受理されない漢字・名前があるので注意

名付けに使うことができる漢字は「常用漢字」「人名用漢字」、漢字以外では「ひらがな」「カタカナ」と決まっています。

漢字や名前には制限があるため、こだわりすぎてしまうと、役所で受理してもらえない可能性もあるので注意しましょう。一生懸命考えた名前が名付けられないのは避けたいですよね。

最終決定をする前に、名前に使っている文字が受理されるものか確認してみましょう。

一方、名前の読み方に制限はありません。ほかの子どもと差をつけたい場合は、名前に使える漢字を選んで名付け、読み方を工夫するといいでしょう。名付けは自由度が高い分、最終的に自分や家族以外の人が読めない・わかりにくい・間違えやすい名前にならないように注意しましょう。

この記事では子どもの名前を決め方について紹介します。名前を考えるときに注意したい決まりごとや先輩ママやパパの名付けエピソードなども紹介します。ぜひ名前を決めるのに悩んでいるママやパパは参考にしてみてくださいね。

男の子の名前選びで考慮したいポイント

ここでは、男の子の名付けの際に考慮したいポイントをまとめています。名前はほとんどの場合、同じ名前を使い続けるものなので、ママとパパの想いを込めて、子どもにも気に入ってもらえると嬉しいですよね。そのために、男の子の名付けではどのようなことに注意すればよいのでしょうか。

ひらがなも検討してみる

男の子には、ひらがなの名前もおすすめです。ひながなは漢字と比べて曲線が多いため、名前をひらがなにすることで柔らかく優しい印象を周りに与えることができるでしょう。名前の意味やイメージに優しさや柔らかさを重視したいと考えるママやパパは、ひらがなの名前も検討してみてはいかがでしょうか。

また、ひらがなを選ぶことで名前に込める意味を広く持たせることもできます。たとえば「じゅん」という響きをつけたいときは「潤」「純」「淳」などの漢字が思いつきますが、どの漢字も捨て難くて悩みますよね。無理に漢字を当てはめるのではなくひらがなで名付けることで、ママやパパが思う様々な意味合いを名前に込めることができるでしょう。

この記事ではひらがなの名前を、文字数やかっこいい・かわいい・中性的などの ジャンルに分けて紹介します。ひらがなの名前は自由度が高く、男の子女の子に限らず幅広く使いやすいので、これから名前を考えているママやパパにおすすめです。

名前を音読してみる

子どもの名前を考える際は名前を音読して、子どもが名前を言う場面や呼ばれる場面を想像してみましょう。

「苗字+名前」「呼び捨て」「〇〇ちゃん」「〇〇くん」……

色々な呼び方が考えられますね。子どもがクラスの同級生の前で自己紹介する場面や、ママやパパが子どもの名前を呼ぶ場面を想像して音読すると、より具体的にイメージできますよ。

また、苗字と名前の音が被っていないかチェックしてみましょう。フルネームを言う場面も多いので、苗字との音のバランスも大切にしたいポイントです。

名前に使う漢字の難しさ

子どもの名前は生涯、何百回、何千回と書いたり呼ばれたりすることになるでしょう。名前に使う漢字は難しくないか、読み書きしやすいかを考えてみましょう。

名前が難しいと、例えば名前を間違えられたり、電話口で名前の漢字を伝えるのが難しいなど、困る場面が多々訪れるかもしれません。また、名前に画数が多い漢字がたくさん使われてると、名前を書くのも大変ですよね。

そのようなことを避けるためにも、名前に使う漢字は難しすぎないものを使うか、使っても一文字だけにするなど子どもが将来困らないように気をつけましょう。

子どもにぴったりの名前を贈ろう

「願いを込めた名前を付けたい」「生まれてきた子どものイメージを名前に当てはめたい」など、男の子の名前を決めるまでに、家庭によってさまざまな思いや悩みがあるでしょう。

ほとんどの場合、ママやパパが決めた名前を使い続けるものです。名前を決める際は、本やネットで検索したり、姓名判断で占ってみたりして後悔のないように、子どもにぴったりの名前を贈りましょう。

この記事では、名前の画数にどんな意味があるのかについて紹介します。名前の画数には意味があるという考えは、画数からその名前の人がどんな運勢かを占う、姓名判断から由来しています。名前を考えるときの一つの指針として、ぜひ参考にしてみてください。
  • 男の子の名前で漢字一文字の名前は毎年人気
  • 2021年度では読み仮名三文字で「と」で終わる名前が流行している
  • 漢字の中には名前として受理されないものもあるので注意

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当