「莉」の意味や由来は?名前に込められる思いや名付けの例を紹介 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
「莉」の意味や由来は?名前に込められる思いや名付けの例を紹介

「莉」の意味や由来は?名前に込められる思いや名付けの例を紹介

この記事では「莉」の意味や成り立ち、イメージなどを紹介しています。「莉」はジャスミンの漢字「茉莉花」に代表されるように花のイメージがあったり、漢字に含まれる「利」の文字から利口さのイメージもあります。ぜひ、赤ちゃんの名付けの参考にしてくださいね。
この記事では「莉」の意味や成り立ち、イメージなどを紹介しています。「莉」はジャスミンの漢字「茉莉花」に代表されるように花のイメージがあったり、漢字に含まれる「利」の文字から利口さのイメージもあります。ぜひ、赤ちゃんの名付けの参考にしてくださいね。

「莉」の基本情報

まず「莉」の基本情報をみていきましょう。

~「莉」の基本情報~

  • 画数:10画
  • 部首:くさかんむり
  • 音読み:リ・レイ
  • 訓読み:-
  • 名乗り:-

※名乗りとは、人名に用いられたときに限った読み方です。例えば「那」は「ナ・ダ」と読むほか「とも・ふゆ・やす」とも読めます。莉に名乗りはありません。

「莉」の意味や由来は?

「莉」は、植物を表す「くさかんむり」に、リ・レイという音の「利」が組み合わさってできました。

莉の漢字は、茉莉花(まつりか。ジャスミン)のようにモクセイ科の常緑小低木の名前に用いられます。

ジャスミンの原産国インドでは、ジャスミンのことを「マリカ」と呼びます。

それが中国にわたり、「マリカ」に漢字を当てはめて「茉莉花」と書くようになりました。

茉莉花は、7〜9月頃に小さな白い花を咲かせる可憐な植物です。とても香りがよく、お茶の香りづけにも用いられています。

名前のときの「莉」の読み方は?

「莉」を名前に用いるときは、「リ」または「レイ」と読みます。

人名でだけ用いられる読み方(名乗り)はありません。

「レイ」とも読めますが、「リ」と一音で読むほうが止め字や添え字として使いやすいため、「リ」と読む名前の方が多いです。

「レイ」と読ませる名前の場合、初めて会った人は正しく読めない可能性があります。

「莉」にはどのようなイメージがある?

「莉」はジャスミンの花の漢字に用いられていることから、次のようなイメージがあります。

  • 優美
  • 可憐
  • かわいらしい
  • 美しい
  • 清楚
  • 気品
  • 明るい
  • 健やかな成長

女の子の名前にはぴったりなイメージがありますが、男の子の名付けでもう少し男らしさを持たせたい場合は、ほかの漢字と組み合わせて使うとよいでしょう。「勝」や「雄」、「仁」といった男の子の名前に用いられることが多い漢字や、勇ましい・元気なイメージの漢字と組み合わせるとよいでしょう。

茉莉花(ジャスミン)の花言葉は?

茉莉花(ジャスミン)といっても様々な種類があります。ここでは、アラビア・ジャスミンの花言葉をご紹介します。

~茉莉花の花言葉~

  • 清浄無垢
  • 愛想がよい

白い花の場合はこれに「柔和」や「温順」、黄色い花の場合は「優美」「優雅」といった花言葉が加わります。

白や黄色のジャスミンをイメージして名前を付けるのであれば特に問題はありませんが、ピンクのジャスミンは「官能的」や「肉欲」という花言葉もあるので、注意が必要です。

また、ジャスミンは一晩で花が散ってしまうことから「一夜花」とも言われ、短命や儚さをイメージさせることがあります。

ジャスミンをイメージして「莉」の字を名前に入れるのであれば、花言葉や花の持つイメージも調べたうえで、その名前に込める意味や思いを整理してみましょう。

名前に使う「莉 」にはどんな思いが込められる?

名前に使う「莉」には、次のような思いや願いが込められます。

ジャスミンの花のイメージから

  • かわいらしく育ってほしい
  • 上品な人になってほしい
  • 多くの人に愛される人になってほしい

ジャスミンの花言葉から

  • 清廉な人に育ってほしい
  • 愛嬌のある人になってほしい
  • 柔和な人になってほしい
  • 温厚な人になってほしい

また、「莉」という漢字の下部分が「利」であることから

  • 利発な子に育ってほしい
  • 利口な子になってほしい
  • 人の役に立つ子になってほしい

などの願いを込めるママ・パパもいます。

男の子で「莉」を使う名前

男の子の名前に「莉」の漢字を使う場合の名付けの例を紹介します。

  • 莉人(りひと)
  • 勝莉(しょうり)
  • 真莉仁(まりと)
  • 莉玖(りく)
  • 愛莉(あいり)
  • 莉々斗(りりと)
  • 伊央莉(いおり)
  • 修莉(しゅうり・しゅり)
  • 一莉(いちり)
  • 万莉(ばんり)
  • 英莉弥(えりや)
  • 莉王(りおう)
  • 莉温(りおん)
  • 快莉(かいり)
  • 歌莉夢(かりむ)
  • 貴莉斗(きりと)
  • 空莉(くうり)
  • 摩莉雄(まりお)
  • 宗莉(しゅうり)
  • 守莉(しゅり・まもり)
  • 信莉(しんり)
  • 珠莉也(じゅりや)
  • 翠莉(すいり)
  • 総莉(そうり)
  • 天莉(てんり)
  • 透莉(とうり)
  • 智莉(ともり)
  • 真都莉(まつり)
  • 弥玖莉(みくり)
  • 那莉(だいり)
  • 有莉(ゆうり)
  • 由莉人(ゆりと)
  • 遊莉也(ゆりや)
  • 莉庵(りあん)
  • 莉逸(りいち)
  • 莉吉(りきち)
  • 莉宇(りう)
  • 莉羽人(りうと)
  • 莉樹(りき)
  • 莉々太(りりた)
  • 莉倶丸(りくまる)
  • 莉来(りくる)
  • 真莉敏(まりとし)
  • 江莉丞(えりすけ)
  • 莉意斗(りいと)

女の子で「莉」を使う名前

女の子の名前に「莉」の漢字を使う場合の名付けの例を紹介します。

  • 真莉花(まりか)
  • 恵莉奈(えりな)
  • 莉衣菜(りいな)
  • 美莉(みり)
  • 愛莉(あいり)
  • 菜莉子(なりこ)
  • 絵莉花(えりか)
  • 茉莉(まり・まつり)
  • 実莉奈(みりな)
  • 世莉子(よりこ)
  • 勢莉奈(せりな)
  • 桂莉那(かりな)
  • 沙莉菜(さりな)
  • 莉緒(りお)
  • 千莉子(ちりこ)
  • 莉歩(りほ)
  • 莉津(りつ)
  • 莉都歌(りつか)
  • 夢莉(ゆうり)
  • 佑莉那(ゆりな)
  • 杏莉(あんり)
  • 莉佐(りさ)
  • 莉依紗(りいさ)
  • 紬莉(つむり)
  • 朱莉(あかり・しゅり)
  • 樹莉(じゅり)
  • 珠莉奈(じゅりな)
  • 陽莉(ひまり)
  • 莉子(りこ)
  • 莉絵子(りえこ)
  • 莉衣子(りいこ・りえこ)
  • 光莉(ひかり・みつり)
  • 瑠莉(るり)
  • 琉莉歌(るりか)
  • 志桜莉(しおり)
  • 志穂里(しほり)
  • 茉莉花(まりか)
  • 優莉(ゆうり)
  • 笑莉(えみり)
  • 由莉乃(ゆりの)
  • 真莉乃(まりの)
  • 莉々(りり)
  • 莉々華(りりか)
  • 莉望(りの)
  • 芽莉乃(めりの)
  • 美乃莉(みのり)
  • 夢莉(ゆめり)
  • 彩莉(あやり)
  • 亜佑莉(あゆり)
  • 莉緒奈(りおな)
  • 千莉(せんり)

名前に「莉」を含む有名人は?

名前に「莉」を含む有名人を紹介します。

  • 原英莉花(ハラ エリカ。プロゴルファー)
  • 河本茉莉花(カワモト マリカ。俳優)
  • 小島亜莉沙(コジマ アリサ。俳優)
  • 城戸愛莉(キド アイリ。俳優)
  • 川口莉奈(カワグチ リナ。声優)
  • 武田莉奈(タケダ リナ。俳優)
  • 三井莉穂(ミツイ リホ。俳優)
  • 秋山莉奈(アキヤマ リナ。タレント)
  • 有村莉彩(アリムラ リサ。タレント)
  • 森茉莉(モリ マリ。小説家)
  • 川上麻莉亜(カワカミ マリア。バスケットボール選手)
  • 木原万莉子(キハラ マリコ。フィギュアスケート選手)
  • 登坂絵莉(トウサカ エリ。レスリング選手)
  • 渋谷莉孔(シブヤ リク。総合格闘家)
  • 田中マルクス闘莉王(タナカ マルクス トゥーリオ。元サッカー選手)
  • 西村碧莉(ニシムラ アオリ。スケートボード選手)

「莉」に悪い意味はある?

莉という漢字自体に悪い意味はありません。

ですが中には「莉」はジャスミン(茉莉花)という花の名前に使われていることから、名付けに使わない方がいいとする考えがあります。花はすぐに散ったり、枯れたりすることから「短命」を連想させるからです。

花の名前を子どもの名前に用いる人は多くいますので、あまり気にしすぎることはないでしょう。莉という字を使った名前を付けるのであれば、美しく咲く花の様子や、植物がのびのびと枝を伸ばし成長する様子をイメージして、ポジティブな意味を込めて名付けるようにしましょう。

「莉」という漢字の名前の意味や、名前に込めた思い・願いを子どもにしっかり伝えられるよう、自信を持って名付けられるとよいですね。

「莉」の意味を正しく理解してから名付けよう

名付けで最も大切なことは、子どもの名前にどんな思いや願いを込めたかです。

子どもに「どうしてこの名前にしたの?」と聞かれたときに、自信をもって「それはね……」と話せるように、漢字の意味や成り立ちなどを調べて、慎重に決められるとよいですね。

この記事では子どもの名前を決め方について紹介します。名前を考えるときに注意したい決まりごとや先輩ママやパパの名付けエピソードなども紹介します。ぜひ名前を決めるのに悩んでいるママやパパは参考にしてみてくださいね。
  • 「莉」を名前に用いるときは、「リ」または「レイ」と読む
  • 「莉」はジャスミンの漢字表記に用いられ花のイメージがある
  • 「莉」には優美・可憐・かわいらしいなどのイメージを連想させる

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当