「葵」を使った女の子の名前|葵の由来や可愛い名付け例は? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
「葵」を使った女の子の名前|葵の由来や可愛い名付け例は?

「葵」を使った女の子の名前|葵の由来や可愛い名付け例は?

この記事では、女の子におすすめの「葵」の漢字を使った名前をご紹介します。2021年の女の子の名前ランキングでは「陽葵」が2位になるなど、「葵」を使った名前は近年の流行です。「葵」を使ったかわいい名前をつけたい」と考えるママやパパは、ぜひ参考にしてくださいね。
この記事では、女の子におすすめの「葵」の漢字を使った名前をご紹介します。2021年の女の子の名前ランキングでは「陽葵」が2位になるなど、「葵」を使った名前は近年の流行です。「葵」を使ったかわいい名前をつけたい」と考えるママやパパは、ぜひ参考にしてくださいね。

「葵」の漢字が入った女の子の名前が人気

漢字一文字の「葵」はもちろん、「葵」という漢字が入った名前を女の子に付けるママやパパが増えています。

たとえば、明治安田生命の「女の子の名前ランキング2021年(※)」では、漢字一文字の「葵」が「詩」「心春」と並んで15位にランクイン。「名前ランキング2021年・女の子に人気の漢字ベスト25」でも「葵」は18位にランクインしています。

ほかにも「あおい」と読める漢字には「蒼」「碧」などがあり、男の子の名付けにも人気です。

同じ「あおい」でも漢字でイメージが変わりますが、花の名前でもある「葵」という名前はどこか女の子らしくてかわいいイメージもありますね。実際に、女の子の名前には「葵」の漢字が多くつけられています。

※:「名前ランキング2021」明治安田生命

「葵」という字の意味や由来など、基本情報はこちらの記事に詳しくまとめているので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事では「葵」の漢字の意味や由来、名前に込められる思いなどを実際の名付けの例とともに紹介します。「あおい」は、明治安田生命が行なった名前ランキング2021で、男の子で15位、女の子で17位にランクインしている人気の名前の一つです。ぜひ参考にしてくださいね。

「葵」の名前の由来は?

「葵」は、部首のくさかんむりと「キ(癸)」という漢字を組み合わせてできた形成文字です。

日本では、古くから神聖な植物と考えられており、京都の賀茂御祖神社では賀茂別雷神社の神事(葵祭)にも「葵」が用いられています。

また、「葵」は、徳川家の家紋としても有名です。徳川家の家紋である「三つ葉葵」は、水戸黄門の印籠で1度は見たことがある人も多いのではないでしょうか。

「葵」の名前にはどんな思いが込められる?

「葵」という名前は、その由来などのイメージから「偉大な人になってほしい」「誠実な人になってほしい」などの思いが込められています。

また「葵」の花は太陽に向かって咲くことから、「前向きな人になってほしい」「すくすく育ってほしい」という思いを込めて名づける人もいます。

「太陽に向かって咲く花」といえば、「向日葵(ひまわり)」が有名ですね。

「葵」を使った名前は、「明るく前向きに育ってほしい」という女の子にぴったりの素敵な名前です。

「葵」はアオイ科の花の総称

「葵」とはアオイ科の花の総称のことをいいます。アオイ科で知られている花の「タチアオイ」をはじめ、「ゼニアオイ」「フヨウ」なども有名です。

しかし「葵」という花の名前に、「ピンとこない」「どんな花かわからない」という人も少なくないでしょう。

同じくアオイ科である観葉植物の「ハイビスカス」や、食用の「オクラ」のほうが親しみがあり、わかる人も多いかもしれませんね。

日本では知っている植物が限られているアオイ科の植物ですが、実は世界に75属1,000種もの種類があるといわれています。「葵」の花は、日本だけでなく世界中でたくさんあるんですね。

「葵」の花の時期

「葵」は梅雨入り頃、茎の下のほうについた花から徐々に上に向かって咲いていき、梅雨が明ける頃にてっぺんの花が咲くといわれています。

花の色は、白・赤・黄・紫・黒・ピンク・オレンジなどさまざまで、虹のようにカラフル。梅雨が明ける頃に咲き切るというのも「明るい未来」を感じることができて素敵ですね。

「葵」の花は梅雨時期から夏にかけて咲くため、6〜8月生まれの女の子にもおすすめの名前です。

「葵」の花言葉

「葵」という名前を付ける際は、アオイ科の中でも知られている花である「タチアオイ」の花言葉を参考にするといいでしょう。タチアオイの花言葉は前向きなものが多く、どれも女の子の名付けにぴったりですよ。

たとえば、タチアオイには大きな望みを意味する「大望」や「野心」という花言葉がありますが、これは「葵」がたくさんの実をつけることに由来しています。「豊かな実り」という花言葉もある「葵」という名前は、子どもに「志の高い大人になってほしい」「たくさんの宝物に恵まれてほしい」と願うママやパパにもおすすめ。

またタチアオイには、「気高く威厳に満ちた美しさ」や「温和、優しさ」などの花言葉もあり、「強さと優しさを兼ね備えた女の子に育ってほしい」という願いを込めることもできます。

中には怖い花言葉もあるので注意

前向きな意味の花言葉が多い「葵」ですが、中には怖い意味の花言葉を持つものもあるので注意が必要です。

その花の名前は「ゴジアオイ」。この花は、「私は明日死ぬだろう」という意味の花言葉を持っています。

また「トロロアオイ」も「知られぬ恋」や「恋によって身が細る」の花言葉を持っており、名付けにはふさわしくありません。

名付けの際には、あまりいい意味でない「葵」があることもあらかじめ知っておきましょう。

このように、少し怖い意味の花言葉を持つ「葵」もありますが、大半は前向きな花言葉を持つものばかり。「葵」という名前は、いい意味の花言葉を持つ「タチアオイ」をイメージして名づけるのがおすすめです。子どもに「明るく、可愛い女の子に育ってほしい」と願う、たくさんのママやパパに選ばれています。

女の子で「葵」を使う名前

苗字が一文字の場合など、「2文字以上の名前をつけたい」と考える人も多いのではないでしょうか。「葵」にほかの漢字を組み合わせることで、たくさんの願いを込めることができそうですね。

ここでは、「葵」を使った名前をいくつかご紹介します。一文字の「葵」以外にも、ほかの漢字と組み合わせたたくさんの名前が女の子に名付けられています。

頭文字に「葵」が付く女の子の名前

女の子におすすめの頭文字に「葵」に使った名前と、その読み方を紹介します。

  • 葵月(はづき・あづき)
  • 葵子(きこ・きっこ)
  • 葵衣(あおい)
  • 葵花(きっか)
  • 葵祢(あおね)
  • 葵実佳(きみか)
  • 葵美恵(きみえ)
  • 葵以(あおい・あい)
  • 葵梨(まもり)
  • 葵巴(あおば)
  • 葵江(あおえ)
  • 葵由歌(あゆか)
  • 葵真音(あまね)
  • 葵咲子(あさこ・きさこ)
  • 葵耶佳(あやか)

中間に「葵」が付く女の子の名前

「葵」を中間に使った名前を紹介します。「葵」を中間に持ってくる場合は、「き」と読ませることが多いようです。3文字の名前は、苗字が一文字の場合や「名前にたくさんの意味を込めたい」と考えるママやパパにもおすすめですよ。

  • 有葵乃(ゆきの)
  • 津葵子(つきこ)
  • 斗葵子(ときこ)
  • 亜葵子(あきこ)
  • 友葵子(ゆきこ)
  • 和葵葉(あきは)
  • 七葵咲(なぎさ)
  • 陽葵乃(ひなの)
  • 愛葵衣(あおい)

止め字に「葵」が付く女の子の名前

「葵」を止め字に使った名前と、その読み方をご紹介します。中でも陽葵(ひまり)は、2020年「明治安田生命女の子の名前ランキング」で1位、2021年には2位にランクインした人気の名前です。

  • 陽葵(ひまり)
  • 美葵(ひまり・みき)
  • 和葵(あおい・かずき)
  • 紗葵(さき)
  • 向日葵(ひまわり)
  • 実都葵(みつき)
  • 夏葵(なつき)
  • 美葵(みき)
  • 由葵(ゆき・ゆい)
  • 愛葵(めい)
  • 優葵(ゆき・ゆうき)
  • 千紗葵(ちさき)
  • 紬葵(つむぎ)

名前に「葵」を含む有名人は?

ここでは、「葵」の漢字が付く有名人をご紹介します。ママやパパが「こんな風に人生を歩んで行ってほしい」と思う有名人がいれば、その人の名前を参考に名付けるのもおすすめですよ。

  • 宮崎向日葵(みやざきひまわり):タレント
  • 三浦 葵(みうら あおい):モデル
  • 手嶌 葵(てしま あおい):歌手
  • 小野 友葵子(おの ゆきこ):音楽家
  • 尾屋 葵(おや あおい):女優
  • 古泉 葵(こいずみ あおい):女優
  • 原田 葵(はらだ あおい):タレント
  • 岩田 陽葵(いわた はるき):声優/女優
  • 増田 葵(ますだ あおい):水泳選手

女の子の名前に「葵」を使って可愛い名前にしよう

「葵」は「大望」「豊かな実り」「気高く威厳に満ちた美」など、たくさんの素敵な花言葉を持っています。そんな「葵」を使った名前は太陽に向かって咲く向日葵を連想させ、すくすく元気に大きく育ってくれそうですね。また、ママやパパが「みんなに愛される人になってほしい」と願う女の子にもおすすめです。

「葵」を使って2文字以上の名前を付ける場合は、「どんな人になってほしいか」を考え、ほかの漢字を選ぶのがポイント。

子どもが大きくなったら、「名前にどんな意味が込められているのか」ぜひ話してみてくださいね。

  • 「葵」は、アオイ科の花の総称をいう
  • 「葵」の花の見頃は梅雨入りから8月頃
  • すべての花が咲く頃に梅雨が明けるといわれている
  • 葵の花言葉は前向きなものが多いので、女の子の名付けにおすすめ
  • 「葵」の中には、怖い意味の花言葉を持つものもあるので注意が必要