​​洗濯したのに臭いのはなぜ?ニオイ対策と脱臭アイテムをご紹介 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
​​洗濯したのに臭いのはなぜ?ニオイ対策と脱臭アイテムをご紹介

​​洗濯したのに臭いのはなぜ?ニオイ対策と脱臭アイテムをご紹介

洗濯をしたのに洗濯物が臭くて困ったことはありませんか?何回洗ってもニオイが取れないことも。この記事では洗濯物が臭くなってしまう原因や、ニオイ対策について解説していきます。ニオイを抑えて日々の洗濯を快適にしましょう!
洗濯をしたのに洗濯物が臭くて困ったことはありませんか?何回洗ってもニオイが取れないことも。この記事では洗濯物が臭くなってしまう原因や、ニオイ対策について解説していきます。ニオイを抑えて日々の洗濯を快適にしましょう!

MAMADAYSイチオシはこちら!

セイエイ 洗濯槽快2包組(ネットつき)

1,320円

洗濯物が臭い!その原因は?

普段と同じように洗濯しているのに洗濯物が臭くなってしまうのは、衣類の雑菌が原因です。

まずは雑菌が増えてしまう原因をチェックしていきましょう。

汚れが残っている

衣類やタオルなどに汚れが残っていると雑菌が増えてニオイの原因となります。

雑菌が増える原因となる汚れは、食べこぼしや黒ずみ、汗や皮脂などです。特に体から分泌された汗や皮脂は、衣類の繊維の奥に入り洗濯しても落ちづらいという特徴があります。

皮脂には雑菌に必要なタンパク質などの栄養が豊富に含まれているので、雑菌は繊維にたまった皮脂を栄養分として増え、汚れを分解することでニオイが発生してしまうのです。

濡れた洗濯物を放置したまま

洗濯機で洗濯してからすぐに取り出さず、濡れたまま放置すると雑菌が繁殖しニオイの原因となります。

雑菌は、湿度、温度、汚れの3つの条件が揃うそろうと急激に増殖します。そのため、洗濯物を濡れたまま放置することは、雑菌が増える好条件になりニオイが出やすくなります。

夏場は汗をかきやすいため汗や皮脂の汚れも多くなり、気温も湿度も高いため雑菌が増えやすい季節です。短時間放置するだけでも雑菌が増えてしまうので注意しましょう。

洗濯物が生乾きの状態

洗濯物がしっかり乾いていない生乾きの状態も、雑菌が繁殖しニオイの原因になります。

気温が低い冬の時期や、高温多湿の梅雨の時期は生乾きになりやすい季節です。

干す場所や干し方を工夫し、生乾きを防ぐ工夫が必要です。

洗濯機が汚れている

洗濯槽が汚れていると洗濯物が臭くなる原因となります。

洗濯槽の裏側はカビが発生しやすく、カビが生じると洗濯物のニオイの原因になります。また、ほこり取りフィルターも雑菌が増えやすい環境です。

洗濯槽やフィルターが汚れていると、洗濯してもニオイが残るだけでなく、新しい衣類が臭くなってしまうため定期的に洗浄しましょう。

洗濯物のニオイを防ぐための対策

洗濯物のニオイの原因となる雑菌は、温度・温度・汚れの条件が揃うと増殖します。

ニオイを発生させないためには、原因となる雑菌の繁殖を防ぐことが大切です。

ここでは、ニオイを予防する洗濯方法や洗濯のポイントをご紹介します。

すぐに洗濯物を干す

洗濯機にうっかり洗濯物をそのままにしてしまった、ということはありませんか?

洗濯物を濡れたまま密閉された状態で放置すると、雑菌が繁殖しニオイの原因になります。

洗濯が完了したらすぐに洗濯機から取り出し、できるだけ早く干すことが大切です。干すときは、生乾きを防ぐため風通しがよい環境で干しましょう。

洗濯機に濡れたまま置いておくとシワになりやすいので、すぐに干すとシワ対策にも効果的です。

洗濯物の正しい干し方をご存知ですか?なんとなく干していると、ベランダや室内ではうまく干せず、生乾きにもなります。基本の干し方から、乾きやすくするための裏技、パーカー、ズボン、スニーカー、カーテンなどアイテム別の干し方のコツまで詳しくて解説していきます。
仕事や育児で忙しい家庭では、日中に洗濯ができず夜に洗濯せざるを得ないこともありますよね。洗濯は昼間に行うイメージがありますが、生活に合わせて夜洗濯するという人もいます。今回は夜間に洗濯するメリットや注意点、干し方や乾かし方のコツなどを紹介します。

洗濯機を清潔に保つ

洗濯槽自体が汚れていると洗濯しても衣類に雑菌が移り、洗濯物が臭くなることがあります。

可能であれば2ヶ月に1度以上の頻度で洗濯槽クリーナーを使用して洗濯槽を掃除しましょう。

洗濯槽クリーナーで洗うと、カビなどの汚れを取ると同時に、雑菌の増殖を防ぎニオイの原因を取り除いてくれます。

また、ドラム式洗濯機の場合はドアの内側のゴムの部分などにつきやすい髪の毛やほこりもしっかりふき取ることも大事です。

洗濯機に「槽乾燥」機能がある場合、洗濯後に洗濯槽を乾燥させることでカビの発生を予防することができますよ。

お湯を使う

お湯を使うことで、洗濯物の汚れが落としやすくなります。洗濯では、水温が高いほど汚れ落ちがよくなります。

洗剤に含まれる酵素は35〜40℃の温度が効果が出やすいとされているので、しっかり洗いたいときは40℃くらいの温度がおすすめです。

お風呂の残り湯を利用するのも方法のひとつですが、洗濯槽が汚れる原因となるため、「すすぎ」では残り湯は使わないようにしましょう。

お湯での洗濯が難しい場合は、熱湯に浸けたり煮沸したりするとニオイのもとを除去することもできます。(火傷に注意)

お湯と洗剤につけ置きしてから洗濯を回すのも効果的です。

つけ置きの時間は、基本的に5〜10分、汚れがひどい場合や厚めの衣類は15〜20分を目安にしましょう。衣類には、高温に弱い素材もあるので、洗濯表示を確認しておきましょう。

洗濯表示

© every, Inc.

たっぷりの水ですすぐ

洗濯物に対して水の量が少なかったり、洗濯物をぱんぱんに詰め込んだ状態で洗濯をすると汚れがしっかり落ちにくくなります。

汚れをしっかりと落とすためにはたっぷりの水で洗濯・すすぎが必要になります。ドラム式は水量が少ないため洗濯物を入れすぎないように注意しましょう。

基本的には洗濯機の目安量で問題ありませんが、汚れが気になる場合はすすぎを念入りにおこなったり、洗濯物の量を減らしたり調節するとよいでしょう。

洗剤や柔軟剤は使いすぎない

洗剤や柔軟剤を使うときは、目安量を守りましょう。

洗剤は量を増やしても汚れ落ちがよくなるものではありません。洗剤の量が多いと、洗剤や柔軟剤がしっかりすすぎきれず、洗濯物や洗濯機に残ってしまう可能性があります。

残った洗剤は雑菌を増殖させてニオイの原因になってしまうので、洗剤や柔軟剤は洗濯物や水の量に合わせて適正量を使いましょう。

洗剤や柔軟剤の量は水の量や洗濯物の質量によって決まります。

汚れやすい素材を避ける

汚れが落ちやすい素材を選ぶことで、雑菌の繁殖を防ぎニオイ対策にもなるでしょう。

ポリエステルは丈夫で乾きやすい一方、吸湿性が低いため汚れが落ちにくい特徴があります。

一方で、綿や麻などの天然素材は、化学繊維に比べると耐久性は低くなりますが、ニオイは発生しづらいとされています。

ニオイが気になる人は、天然素材の綿や麻などの衣類を選んでみてはいかがでしょうか。

部屋干しでは除湿機・扇風機を使う

部屋干しは外干しよりも乾きにくいため、ニオイが出やすいのでは?と心配な人もいるでしょう。

部屋干しのニオイを防ぐには、洗濯物を早く乾かすことが大切です。そのためには、できるだけ風通しをよくし、室内の湿度を下げることがポイントです。

扇風機やサーキュレーターを使って空気を流すようにしたり、除湿機を使い湿度を下げたりすることでニオイを抑えられるでしょう。

洗濯物を干すときは、密着しないように間隔をあけ、扇風機の風が直接洗濯物にあたるように干しましょう。

梅雨時期はどうしても室内の湿度が高くなるので、浴室乾燥機もおすすめです。洗濯物も乾き、浴室のカビ防止もできますよ。

洗濯物のニオイ防止アイテム

洗濯物のニオイ対策には、重曹や漂白剤も有効です。

どのようなタイミングで使うとよいのか、使用方法をおさらいしておきましょう。

重層

洗濯や掃除の万能アイテムとして「重曹」を使っている人もいるかもしれません。

皮脂などの汚れは酸性なので、弱アルカリ性の重曹を使うと中和され汚れが落ちやすくなります

重曹は雑菌の繁殖を抑えるため、嫌なニオイが発生しにくくなります。野菜のアク抜きにも使われるため、洗濯で使う分には安全性が高く、環境にもやさしいのが特徴です。

ニオイが気になる衣類は40℃前後のお湯に重曹を溶かしてつけておくことで、ニオイを抑えることができますよ。重曹は水に溶けにくいので、使用時はお湯でしっかりと溶かしてください。

価格もお手頃で用途も幅広いので自宅に常備しておくとよいでしょう。

過炭酸ナトリウム

過炭酸ナトリウムは酸素系漂白剤のひとつです。

重曹よりも強いアルカリ性であり、酸性の汚れに強く、除菌・消臭効果があります。洗濯物に潜んでいる雑菌を除去してくれるので、洗濯物のニオイを防ぐことができます。

過炭酸ナトリウムは温度が高いほうが効果を発揮するので、嫌なニオイがする衣類は40℃のお湯に15~20分つけおきしてみましょう。

過炭酸ナトリウムは洗濯物だけではなく洗濯槽の洗浄にも使えるので活用してくださいね。

どうしても乾かないときはコインランドリーへ!

洗濯スペースや風通しの都合から、自宅ではどうしても生乾きになってしまうこともありますよね。

梅雨の時期や洗濯物の量が多いときは、コインランドリーで一気に乾燥させてしまうのもひとつです。

高温・大容量の乾燥機でまとめて乾燥させることでニオイを抑えることができるでしょう。自宅・コインランドリー問わず、乾燥機を使う時は洗濯表示を確認してくださいね。

毎日の洗濯の負担は代行サービスで軽減しよう!

子育て中や共働きの家庭にとって、毎日の洗濯は大きな負担ですよね。

  • 家事や仕事で忙しくて手が回らない!
  • 天気が悪い・花粉で洗濯物が溜まりがち……
  • たまには家事を休みたい!

こんな悩みがある人は1度宅配クリーニングを試してみてはいかがでしょうか。

宅配クリーニングは依頼も受け取りも自宅にいながらできてしまうので、子育てや共働きで忙しい家庭にぴったり。

たまに利用するだけでも家事の負担がぐっと軽くなるのでおすすめです

【リネット】会員数45万人を突破!宅配クリーニングのリネット

  • 当日集荷・全国対応!
  • 店舗と変わらない価格で自宅にいたまま利用できる
  • 業界最大級の宅配クリーニングサービス

【カジタク】100万件突破!保管付き宅配クリーニング

KAJITAKU(保管付き宅配クリーニング)
  • 安心のイオングループ
  • 販売実績100万件突破!
  • 最長9ヶ月保管!送料無料

【せんたく便】オトクに長期保管できる宅配クリーニング

「満足度ランキング2年連続No.1」の宅配クリーニング【せんたく便】
  • 会費・往復送料・シミ抜き無料
  • 最大11ヶ月の保管付き
  • 24時間いつでも依頼可能

【正直なクリーニング屋】毎日500点を仕上げる宅配クリーニング

300x250
  • 全国対応!創業70年
  • 往復送料・年会費・保管サービス対応無料!
  • 抗菌クリーニング加工無料!

自宅ではしっかりと洗いきれない、ニオイを防ぎたいときはプロのクリーニングを活用しましょう。

  • 梅雨時でカビ臭くなるのを避けたい
  • 防臭・ニオイ対策をしたい

しっかりと洗浄・乾燥してくれるので、お気に入りの衣類はクリーニングが安心です。オプションで防臭加工を施しているサービスもあります。

梅雨の時期や洗濯物が多くて困ってしまったときは利用してみましょう。

臭いの元となる雑菌をなくそう

洗濯物が臭くなる原因は「雑菌」です。

洗濯物のニオイを完全に防ぐことは難しいですが、日々の工夫で雑菌の繁殖を抑えることができます。

洗濯物は洗い終わったらすぐに干し、よく乾燥させるだけでもニオイ対策になります。臭くなってしまっても身近なアイテムでニオイ対策ができるのでぜひ活用してくださいね。

  • 洗濯物が臭う原因は「雑菌」
  • 雑菌の増殖を防ぐためにはすぐに乾かす
  • 洗濯機を清潔に維持し洗剤は適正量を使う
  • 部屋干しでは扇風機などを使って風通しをよくする
  • 重曹やお湯で汚れやニオイを抑えられる

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当