初正月祝いには何をすればいいの?祝い方や贈り物の相場を解説! | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
初正月祝いには何をすればいいの?祝い方や贈り物の相場を解説!

初正月祝いには何をすればいいの?祝い方や贈り物の相場を解説!

赤ちゃんがはじめて迎えるお正月には、初正月祝いを贈ります。初正月祝いは「小さい頃に買ってもらったけど、自分が買うのははじめて」という人も多いのではないでしょうか。この記事では孫の初正月祝いを考えている人に向けて、初正月祝いの相場や贈るタイミングをご紹介します。
赤ちゃんがはじめて迎えるお正月には、初正月祝いを贈ります。初正月祝いは「小さい頃に買ってもらったけど、自分が買うのははじめて」という人も多いのではないでしょうか。この記事では孫の初正月祝いを考えている人に向けて、初正月祝いの相場や贈るタイミングをご紹介します。

初正月とは?

日本では古くから、赤ちゃんの無事に感謝し、これからの無病息災を願って節目ごとにお祝いをしていました。初正月もそのうちのひとつですが、どのような行事なのでしょうか。

生まれて初めて迎えるお正月

初正月とは、赤ちゃんが生まれてはじめて迎えるお正月のことです。

昔は今ほど医療が発達していなかったので、成人することはおろか、赤ちゃんが無事成長することも難しかったといわれています。

また、お正月を迎えるときにひとつ年をとる「数え年」が一般的だった時代は、初正月が赤ちゃんにとって「はじめて歳を重ねる日」でもありました。

そのため昔は、赤ちゃんの無事に感謝し、これからの健やかな成長を願い、初正月を盛大にお祝いしていたといわれています。

破魔矢や羽子板を飾るのが伝統的

初正月の祝い方として、男の子には破魔矢(はまや)、女の子には羽子板を贈ります

そして破魔矢や羽子板は、母方の祖父母が贈るのが古くからの習わしです。

現代でも母方の祖父母が用意する場合が多いですが、父方の祖父母が用意してはいけないというわけではないので、話し合ってどちらが贈るかを決めるのもよいでしょう。

どうして破魔矢や羽子板を飾るの?

「どうして初正月に破魔矢や羽子板を飾るの?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

破魔矢や羽子板を贈る前に、飾る意味を理解しておきましょう。

男の子に「破魔矢」を飾るのはなぜ?

その昔、弓矢には「邪気から身を守る力がある」と考えられ、お正月には「射礼(じゃらい)」と呼ばれる儀式が行われていたといわれています。

そこで使われる「的」を「ハマ」、「矢」を「ハマ矢」といい、「ハマ」には「魔を破る」という意味の「破魔」という漢字がつけられました。

やがて、破魔矢は「魔除け」として初正月の男の子に贈られるようになったそうです。

その風習が残り、現在も初正月を迎える男の子には、「魔除け」や「無病息災」を願い、破魔矢が贈られます

女の子に羽子板を飾るのはなぜ?

江戸時代から、宮中の女の子の間で親しまれていたお正月遊びの羽根つき。

羽根には黒くて固い「無患子(ムクロジ)」の植物の実がついていることから、「子が患うことのないように」という意味が込められています。また、この羽根が、疫病を運ぶ蚊を食べてくれるトンボに見えることから、無病息災の願いも込められているそうです。

羽子板は、男の子に破魔矢を贈るようになったときと同時期に、初節句を迎える女の子に贈られるようになり、現在もその風習が続いています。

破魔矢・羽子板を買うなら11月中旬がねらい目!

破魔矢や羽子板は、日にちに余裕を持って購入しましょう。

お店には11月中旬頃から商品が並びはじめますが、人気の商品から売り切れてしまうため、「より素敵な破魔矢・羽子板を贈りたい」と考える場合は11月中旬頃の購入がおすすめです。

また贈り先には、お正月飾りを飾りはじめる12月13日の「正月事始め」に間に合うように、12月上旬に届くのが理想です。12月に入ってしまうと、「正月事始め」に間に合わない可能性が高いので注意しましょう。

初正月祝いの相場

破魔矢や破魔弓は素材や大きさによって金額が異なりますが、相場はいくらなのでしょうか?

破魔矢や羽子板をはじめて買うという人は、買う前に相場を知っておきましょう。

破魔矢飾りの相場は4~6万円

破魔矢飾りは4〜6万円が相場です。破魔矢の値段は、大きさや使われる素材で異なります

サイズの大きいものは製作費や保管費が多くかかるため、素材が同じであれば、より大きいほうが値段が高いです。

一方、小さいものでも、檜などの高級な素材で作られているものは高く売られています。

羽子板の相場は3~9万円

羽子板の相場は、3〜9万円です。

製法のひとつである「押絵羽子板」は、羽子板の最高峰。手作業での高い技術と制作時間を必要とし、素材や技術、細やかな装飾などの違いで値段が異なります。

また、ケースの有無で金額が異なりますが、年中飾りをする場合は、美しく保つことのできるケース入りがおすすめです。

飾りやすさも考えて選ぶことが大切

せっかく破魔矢や羽子板を贈っても、飾ってもらえないと寂しいですよね。

破魔矢や羽子板は、大きさや奥行など、飾りやすさを考えて選びましょう。たとえば、奥行きが薄いものや壁掛けタイプであれば、玄関や飾り棚などのちょっとしたスペースでも飾ることができます。

ママ・パパと一緒に買いに行くことができればベストですが、難しい場合は「どのくらいのスペースに置くのか」、「置き型か壁掛け型か」などの希望をあらかじめ聞いておくといいでしょう。

健やかな成長を願ってお祝いを贈りましょう!

破魔矢や羽子板は、お店に並びはじめる11月中旬に購入するのがおすすめです。

大きさやデザインなどさまざまな種類があるので、飾りやすさを考え気に入ったものをママ・パパが選び、祖父母に伝えるのもよいでしょう。

ぜひ赤ちゃんの初正月には厄除けと無病息災を願い、破魔矢や羽子板を贈ってくださいね。

  • 初正月とは、赤ちゃんがはじめて迎えるお正月のこと
  • 初正月祝いには「破魔矢」や「羽子板」を贈る
  • 破魔矢や羽子板の購入は、11月中旬がおすすめ
  • 大きさや奥行を考え、飾りやすいものを選ぶ