ハーフバースデーとは?知っておきたい由来やお祝いの仕方を紹介! | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
ハーフバースデーとは?知っておきたい由来やお祝いの仕方を紹介!

ハーフバースデーとは?知っておきたい由来やお祝いの仕方を紹介!

ハーフバースデーは、生後6ヶ月の成長をお祝いするイベントとして広く知られるようになりました。ママ・パパにとっても記念すべきひとつの節目。ハーフバースデーについて知り、これから紹介するお祝いの仕方を参考に、赤ちゃんの成長を感じられる素敵な記念日にしましょう。
ハーフバースデーは、生後6ヶ月の成長をお祝いするイベントとして広く知られるようになりました。ママ・パパにとっても記念すべきひとつの節目。ハーフバースデーについて知り、これから紹介するお祝いの仕方を参考に、赤ちゃんの成長を感じられる素敵な記念日にしましょう。

MAMADAYSイチオシはこちら!

ミルキートイ メモリービスケット

3,300円

ハーフバースデーとは?

ハーフバースデーは、赤ちゃんの生後6ヶ月をお祝いするひとつの節目として日本でも定着しつつあります。ハーフバースデーは、もともと海外で生まれた文化であり、日本のものと意味合いが異なります。どういう違いがあるのでしょうか。

欧米ではポピュラーなお祝いの習慣

アメリカやイギリスで生まれたハーフバースデーとは、広くこどもたちをお祝いするイベントです。夏休みなどの長期休暇に誕生日を迎える場合、学校で友達にお祝いしてもらうことができません。

そのため、本来の誕生日の半年前や半年後などに時期をずらして学校でお祝いするという習慣ができ、これがハーフバースデーと呼ばれるようになったのです。

日本におけるハーフバースデー

ハーフバースデーは、もともと日本にはない文化でしたが、インターネットやSNSの普及により日本でもだんだんと広まっていきました。

日本では、ハーフバースデーのそのままの英語の意味から、赤ちゃんの生後6ヶ月をお祝いするイベントとして定着しつつあります。

赤ちゃんの成長は早いからこそ、この時期の成長をお祝いしたい、記録として残したい、そんなママ・パパにとって赤ちゃんの成長を祝うひとつの節目となっているのです。

ハーフバースデーの祝い方は?

生後6ヶ月の赤ちゃんは、産まれてきたころに比べると、体がしっかりしてきて、いろんな表情をみせてくれるようになります。

うつ伏せや寝返りができるようになったり、お座りできたりする子もいるでしょう。離乳食も食べ始め、心も体も日々めまぐるしく成長しています。

そんな赤ちゃんの成長をお祝いするハーフバースデー、どのようにお祝いしている家族が多いのでしょうか。

写真を撮る

SNS上などでもハーフバースデーを祝う写真をたくさん見かけるようになりました。

ドレスや蝶ネクタイつきの洋服などでおめかしした写真、赤ちゃんらしさ溢れるはだかんぼ写真、天使の羽やキューピーハーフの衣装を身に付けた写真、どれも可愛いらしいですよね。この時期ならではのうつ伏せやおすわり写真もおすすめ。

また、「1/2」「6 months」などの文字と一緒に寝ている赤ちゃんを撮影する寝相アートも人気があります。

自宅の部屋をデコレーションして撮影するのも、赤ちゃんの自然な表情をおさめられて素敵ですが、フォトスタジオでプロに撮影してもらうのもおすすめです。

写真集が作れるサービスも活用して!

最近は自分で撮った写真を使って、ネットで簡単に写真集を作れるサービスを利用する人が増えてきています。生後6ヶ月は人見知りが始まっている赤ちゃんもいるため、ママ・パパだからこそ、赤ちゃんの笑顔や自然な表情を引き出せることもあるでしょう。

自宅の壁面をキャンバスにしてガーランドやウォールステッカー、風船などで飾り付ければ、簡単に自宅スタジオの出来上がり。

自宅だからこそ、赤ちゃんのリズムに合わせてゆっくり撮影できます。

産まれてからハーフバースデーまでの写真集を数冊作って、祖父母にプレゼントしても喜ばれますね。

■フジフォトアルバムで世界に1つだけのアルバムを

■スタジオ撮影ならスタジオマリオ

手形・足形をとる

生後すぐのころ、赤ちゃんの手形や足形を記念に取ることが多いですよね。ハーフバースデーにも、手形や足形を取り、見比べてみることで、より赤ちゃんの成長を実感できるでしょう。

ハーフバースデーをスタートとし、1歳、2歳と年齢を重ねるごとに手形・足形を取って、成長の足あとを残すのも素敵です。大きくなった我が子が、昔と今の手足の大きさを比べる姿を想像するだけで、微笑ましい気持ちになりますね。

お祝いプレートを用意する

生後6ヶ月になると、離乳食を始めている赤ちゃんもいるでしょう。ハーフバースデーには、普段から食べている離乳食でお祝いプレートを作ったり、離乳食ケーキを作ったり、いつもと違う豪華な食事時間を演出してみてはいかがでしょうか。

ハーフバースデーの素敵な思い出になるはずです。例えば、とろみをつけた野菜ペーストでお皿に名前や文字、キャラクターを描いてみたりと、楽しみながらお祝いしましょう。

生後6か月の成長をお祝いするハーフバースデー。
手軽にできるものから少し凝った離乳食プレートを3つ作ってみました!
ぜひ参考にしてみてください。

プレゼントを贈る

赤ちゃんへハーフバースデーのプレゼントとして、これから使えそうな月齢に合わせたおもちゃを選んであげるのも記念になります。

生後6ヶ月ごろは、興味があるものに手を伸ばすようになる時期。触ると音が出たり動いたりして、探究心や五感を刺激するものがおすすめです。

また、乳歯が生え出す時期でもあり、歯固めも人気です。離乳食の食器やスプーンなども良いでしょう。

赤ちゃんのプレゼントだけでなく、ママとパパがお互いをねぎらう意味を込めて、プレゼントを贈り合うのも素敵な思い出になりますね。

ハーフバースデーにおすすめのプレゼントはこちらの記事で紹介しています。

これから赤ちゃんのハーフバースデーを迎えるママにプレゼントを贈りたいとき、どんなプレゼントがよいか悩みますよね。ここでは、生後6ヶ月を迎える赤ちゃんやママに喜ばれること間違いなしのおすすめのプレゼントを紹介していきます。なかなか会えず、出産祝いの機会を逃してしまっている人も、ぜひ参考にしてみてください。

赤ちゃんの成長をお祝いしよう!

ハーフバースデーが思い出に残る楽しい記念日となるよう、無理のない範囲で計画しましょう。赤ちゃんがここまで健やかに育ってきたのも、愛情を込めて大切に育てられているからこそ。

ぜひ子育てを日々頑張っている自分や家族にもねぎらいの言葉をかけてあげてくださいね。

  • 日本のハーフバースデーは生後6ヶ月を祝うイベントである
  • 本来のハーフバースデーは長期休暇中の子どもの誕生日を祝うイベント
  • ハーフバースデーには、赤ちゃんの写真を記念に残す家族が多い

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当