お弁当や子どもの食事に! 1個の卵で2個の目玉焼きを作る裏技 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)

お弁当や子どもの食事に! 1個の卵で2個の目玉焼きを作る裏技

小さい目玉焼きを作りたいとき、うずらの卵を使っていませんか?
そんなとき、いつもの卵を冷凍することで1つの卵から2つのミニ目玉焼きを作る技を紹介します!
お弁当や子どもの食事にぴったりです。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

お弁当や子どもの食事に! 1個の卵で2個の目玉焼きを作る裏技

小さい目玉焼きを作りたいとき、うずらの卵を使っていませんか?
そんなとき、いつもの卵を冷凍することで1つの卵から2つのミニ目玉焼きを作る技を紹介します!
お弁当や子どもの食事にぴったりです。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

冷凍卵

用意するもの

  • 生卵  適量
  • 冷凍保存用フリーザーバッグ

作り方

1.固く絞ったふきんで生卵の殻を吹き汚れを取る。

2.冷凍保存用フリーザーバッグに卵を入れ、冷凍庫で保存する。

ミニ目玉焼きの作り方

材料

  • 冷凍卵  1個
  • サラダ油 適量

作り方

  1. 少し水につけて、茹で卵の殻をむく要領で冷凍卵の殻をむく。
  2. たて半分に切る。
  3. サラダ油をひいたフライパンに断面を下にしておく。弱火でフタをしてお好みの焼き加減になるまで焼く(水を入れて蒸し焼きにしても良い)

注意事項

  • 卵は24時間以上凍らせてください。
  • お弁当に入れる際には中までしっかりと火を通してください。
  • 冷凍した卵は約2週間以内を目安に食べきってください。
  • (期間の記載は目安となっております。環境によって保存期間に差が出る場合があります。 匂い、味、色、食感が少しでもおかしいと感じたら廃棄してください。)
  • 清潔な保存容器を使用してください。
  • 解凍した食品の再冷凍はしないでください。雑菌が増える原因になります。
  • 料理を楽しむにあたって下記もご確認ください。
    ※料理を楽しむにあたって
お気に入り

関連する記事