<体験レポート>今話題のプログラミング教室を無料で体験してみた | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
1080×1080

PR: MAMADAYS編集部

<体験レポート>今話題のプログラミング教室を無料で体験してみた

MAMADAYS限定/無料体験完了でAmazonギフト券3,000円分ももらえる!
※キャンペーン主催:株式会社エブリー
Amazon、Amazon.co.jpおよびそれらのロゴはAmazon.com,Inc.またはその関連会社の商標です。
MAMADAYS限定/無料体験完了でAmazonギフト券3,000円分ももらえる!
※キャンペーン主催:株式会社エブリー
Amazon、Amazon.co.jpおよびそれらのロゴはAmazon.com,Inc.またはその関連会社の商標です。

プログラミング無料体験って...?

最近話題のプログラミング!

話題なのは知っているけどよく分からない……という人も多いと思います。

今回はLITALICO社が開催するプログラミングの無料体験教室を、MAMADAYS編集部が実際に体験してみました。

プログラミングってズバリどうなの?!が知りたいママ必見です!

しかも!無料体験できる上に、

MAMADAYSユーザー限定で体験完了した方<全員>Amazonギフト券3,000円がもらえるWチャンス!!この機会に体験してみてください♪

この記事でわかること

①プログラミング教室でどんなことを学べるか?

②プログラミング教室で子どもが何ができるようになるか?

③MAMADAYS限定のお得な体験プログラム情報

①プログラミング教室でどんなことを学べるか?

基礎をしっかりと組み立てよう!

もし1つでも当てはまれば、この機会に無料体験会に参加してみるのがオススメ。

今回取材した「LITALICOワンダー」は、子どもの創造力を解き放つ、IT×ものづくり教室です。

はじめてパソコンに触るお子さんでも、ゲームやロボットなどをつくることができます。

体験会はオンラインかオフライン(教室)の2つから選べて全国から参加でき、お子様の好きなことやITスキルを確認した上で、体験授業の教材や課題を、スタッフがカスタマイズして提供しているので安心して参加できますよ♪

しかも!無料体験できる上に、MAMADAYSユーザー限定で体験完了した方<全員>Amazonギフト券3,000円がもらえるWチャンス!!ぜひこの機会に体験してみてください♪

②プログラミング教室で子どもが何ができるようになるか?

MAMADAYSスタッフの吉住とたいちくん(6)が実際に無料体験してくれました!

4

〜当日の流れ〜

(1)19:00〜19:05スタッフとたいちくんの自己紹介タイム

(2)19:05〜19:10ママとスタッフのお話タイム(たいちくんが得意なこと、ママが少し心配なことなどヒアリング)

(3)19:10〜19:58早速プログラミングデビュー!

(4)19:58〜20:02教室のご案内やママの気になることの質問タイム

スタッフとたいちくんの自己紹介タイム

当日、ZOOMに入ると最初は他のお友達と同じ部屋(ルーム)に案内されます。

その後すぐに、それぞれのお部屋(ブレイクアウトルーム)に分かれてスタッフとマンツーマン※での体験授業が始まります。

(※実際の体験授業では、ご検討状況に合わせて1~5名の少人数でのレッスンとなります。)

今回プログラミングを教えてくれる、くみー(大友拓海さん)とたいちくんの自己紹介タイム。

図1

ちょっと緊張気味のたいちくんだったけど、くみーが「今日は何するか知ってる??」「たいちくんはゲーム好きかな??」と優しく質問してくれるので「僕はマインクラフトが好き!!」とどんどん笑顔に!

くみーの「たいちくんはパソコン触ったことある??」の質問に「うん、学校でやってるよ!!」と答えるたいちくん。パソコンを触ったことがないと思って心配していたママがびっくりする場面も(笑)

ママとスタッフのお話タイム

自己紹介のあとは、少しだけママとスタッフがお話する時間があります。

ここで、たいちくんが得意なことやママが心配なことをヒアリングして、たいちくんの性格に合わせて授業の内容をカスタマイズしてくれるみたい。

2

たいちくんはこんな性格ということが分かりました!今回も熱中して楽しんでくれたらいいな…というママの思いも聞いた上で、いよいよ体験がスタート!

早速プログラミングデビュー!

まずは画面操作に慣れるために、たいちくんが画面共有をし、マウスを操作できるようにくみーが色々と誘導してくれます。

画面には、くみーが文字をかけるようになっており、たいちくんが迷った時も文字を書いて誘導してくれるので安心です。

図2

画面操作に慣れてきたらいよいよプログラミング体験スタート。

たいちくんがプログラミングでどんなゲームを作りたいか尋ねたところ…

たいちくん「石像を壊される前に敵を全員倒す!!!」

な…難解!笑

くみーが詳しく聞いた結果、【とっても大事な石像を壊しにくる敵を、主人公が守るゲーム】を作りたいみたい。

まずは”敵”を作ることに。

図3

たいちくんが敵として選んだ「ドラゴン」を、用意された”命令”を組み合わせて動かしていきます。

この「”命令”によってドラゴンを動かすこと」をプログラミングっていうみたい。(へー!!)

「ずっと」「動く」

「端に当たったたら」「跳ね返る」

「180度回転させる」

など、自分で命令を組み立てどんどんドラゴンを動かしていくたいちくん。

実験好きのたいちくんにあわせて「じゃあたいちくん、次の実験してみよっか!」とくみーがリードしてくれるので、たいちくんもどんどん乗り気に。

約45分かけてゲームの主人公も作り上げて、

・右に左に動きながら石像を壊そうとするドラゴンを

・主人公が追いかけて攻撃して

・攻撃できたらドラゴンが”赤”に変わって倒れる

というゲームを、くみーと一緒にたいちくんが作り上げることができました!

図5

熱中しすぎて前のめりになるたいちくん。笑

図6

図7

最後はくみーともお友達みたいに仲良しに!

図8

くみーがお子様の性格をみながら丁寧に教えてくれたのでたいちくんもどんどん引き込まれて、60分の体験会の間、ママの心配をよそにプログラミング体験を思う存分楽しんだたいちくん。

「石像も作りたかったー!」と少し時間が足りなくて残念そうでした。笑

お風呂でママが感想を聞いたら「僕は将来ゲーム会社に入ってめっちゃすごいゲーム作るんだ!!」と目を輝かせていたそう…!すごい!

教室のご案内やママの気になることの質問タイム

最後に、くみーから教室のご案内と、ママの気になることを質問する時間があります。

・今回はオンラインだったが、オフラインの教室だとどんな授業になるのか?

・実際に何歳くらいの子が受講しているか?

など、プログラミング教室について不明な点があればここで質問して解消できます。

また、無理な勧誘などなく、あくまでママやたいちくんの意向に任せるスタイルで、体験会の日に何かを申し込むような場面もないため「その場で何かを契約する必要があるのかな..」と心配なママも安心です。

この記事を読んでプログラミング教室に興味がわいたなら、ぜひ無料体験会に参加してみてください!

③MAMADAYS限定のお得な体験プログラム情報

この記事を読んでいただき、是非無料体験会に参加したいと思ってくださったママさん!

MAMADAYSから応募いただいた方は、無料体験できる上に、MAMADAYSユーザー限定で体験完了した方<全員>Amazonギフト券3,000円がもらえるWチャンス!!

ぜひこの機会にプログラミング無料体験会にご参加ください♪

提供 : MAMADAYS編集部