【2022年】ベビーバスおすすめ人気ランキング18選!折りたたみ・エアーなどタイプ別の選び方も解説 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【2022年】ベビーバスおすすめ人気ランキング18選!折りたたみ・エアーなどタイプ別の選び方も解説

【2022年】ベビーバスおすすめ人気ランキング18選!折りたたみ・エアーなどタイプ別の選び方も解説

赤ちゃんが産まれると必要になるベビーバス。たくさんの種類があって、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。この記事では、ベビーバスの種類や選び方、おすすめ商品をご紹介。家庭や産後の生活に合わせてベビーバスを選ぶポイントをご紹介します!
赤ちゃんが産まれると必要になるベビーバス。たくさんの種類があって、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。この記事では、ベビーバスの種類や選び方、おすすめ商品をご紹介。家庭や産後の生活に合わせてベビーバスを選ぶポイントをご紹介します!

MAMADAYSイチオシはこちら!

STOKKE(ストッケ) フレキシバス

4,950円

ベビーバスは必要?いつまで使うもの?

一般的に出産から1ヶ月前後は沐浴が必要になるためベビーバスが必要です。

赤ちゃんグッズはさまざまなものを揃える必要があるので、なるべく買うものを減らしたいもの。

「ベビーバスって必要?一緒にお風呂に入っちゃダメなの?」と思う人もいるのではないでしょうか。

大人のお風呂と分けた方がいい理由は主に2つあります。

まずはママの体調です。産後のママの体調はとっても不安定。悪露(おろ)という出血が続くため、ママも産後すぐには湯船に浸かることができません。

また、赤ちゃんのへその緒は産まれてすぐはじゅくじゅくしている状態です。

衛生面からも、へその緒が乾いてとれるまでは、大人と別で沐浴をさせてあげましょう

ベビーバスの選び方

いざベビーバスを購入しようと思ったときに、「種類が多すぎてどれを選んだらいいか分からない!」という方もいるのではないでしょうか。

ベビーバスは、さまざまな形や大きさがあるので、どこで沐浴するのか、収納場所はどこにするのかを踏まえて選びましょう

ここではベビーバスを選ぶ際にチェックしたいポイントを紹介します。

置き場所・使う場所にあったものを選ぼう

ベビーバスは形や置き方で種類が異なるため、置き場所や使う場所にあったものを選ぶことで、ぴったりのものを選ぶことができます。

使う場所はシンクや洗面台、テーブルや床の上、お風呂場などがあります。

また、誰が入れるのかもポイントです。ワンオペで1人で入れることが多ければ、沐浴後に服を着せやすいリビングなどで使い、1人でも入れやすいタイプを選ぶ必要があります。

一方で、複数人で沐浴させられるのであれば、大きめのサイズやお風呂場で使えるものと選択肢が広がります。

使う場所が決まれば、シチュエーションに合ったベビーバスを選ぶことができるので、まずはどのような状況で使用するかをイメージしておきましょう。

ベビーバスの種類は5タイプ

ベビーバスの種類は大きく分けて5つのタイプあります。

シンプルな床置き型タイプをはじめ、コンパクトにたためるタイプや持ち運びに便利な軽量のものも。

それぞれのタイプについて詳しく解説していきます。

床置き型タイプ

床置き型タイプは安定感があり、置き場所を選ばない定番のベビーバスです。

お風呂だけでなく、床やテーブルに置いて使うこともできるため、お風呂場が寒い時期にも安心して使用することができます。

形状がしっかりしており、シンクに入るコンパクトサイズもあるので1人でも入れやすいタイプです。

一方で、折りたたむことはできないため、収納スペースの確保が必要です。

折りたたみタイプ

折りたたみタイプは、安定感がありながらコンパクトに収納できるいいとこどりのタイプ。

洗濯機のスキマに入るものが多いので、お風呂場でさっと取り出すことができます。コンパクトでありながら、広げれば十分な大きさになるので、赤ちゃんもゆったり浸かることができます。

沐浴卒業後は洗濯桶としても使えるので、汚れ物のつけ置き洗いなどにも便利ですよ。簡単に広げることができるものを選ぶことがポイントです。

ビニール・エアータイプ

ビニール・エアータイプは、柔らかく軽いことが特徴。

ふわふわしているので、赤ちゃんがぶつかってケガをする心配がありません。沐浴に慣れないママやパパも安心して使うことができますね。

また、空気を抜くと折りたたむとコンパクトに。軽いので、里帰り先や旅行にも簡単に持ち運ぶことができます。自宅だけでなく、他の場所でも使いたい方にはおすすめです。

ビニール・エアータイプは空気を入れる必要があるので、空気が入れやすいか、空気入れが付いているかどうかも選ぶときのポイントです。

マットタイプ

マットタイプは、シンクや洗面台にさっと敷いて使える手軽さがポイント

準備や片付けも簡単に行うことができるので、ワンオペになりがちな家庭でも手間なく沐浴させることができます。

折りたたむとコンパクトになるので、収納場所が少ないご家庭にもおすすめ。

マットタイプは可愛いデザインのものもあり、寝相アートに使う人も。

素材は、中綿のものとビニール素材のものがあります。

中綿はふわふわしていて赤ちゃんの寝心地が抜群、ビニール素材は撥水性がよく手入れが楽ちんです。

沐浴卒業後も、お風呂場でちょっと寝かせておきたいときに使えます。

バケツタイプ

バケツタイプは、赤ちゃんがお座りした体勢で入ることができ、比較的少量のお湯で沐浴できることが特徴。

ママのお腹の中のように足がM字になるデザインのものもあるので、赤ちゃんの居心地も抜群です。

赤ちゃんの首がすわれば両手を使って身体を洗うことができます。

沐浴卒業後は、水遊びやおもちゃ入れ、つけ置き洗いにも使えるものがあるので、長く使えることもポイントです。

新生児はずり落ち防止がついたものがおすすめ

産まれたばかりの赤ちゃんに使う場合には、ずり落ち防止ストッパーが付いているものがおすすめ。

片手で首を支えながら、赤ちゃんの顔に水がかからないように身体を洗うのは大変です。

赤ちゃんの足の間にずり落ち防止ストッパーがあると、赤ちゃんの身体を支えるのがグッとラクになります。

また、ベビーバス内で赤ちゃんが滑り落ちを防いでくれるので、安心感がありますよ。

初めてベビーバスを使う家庭や、1人で沐浴をする家庭には、ずり落ち防止ストッパーがあるものを選ぶとよいでしょう。

お湯を抜く水抜き栓がついたものが便利

赤ちゃんが浸かる量といっても、ベビーバスに水を入れると意外と重いもの。

毎回お湯の入ったベビーバスを移動させたり、ひっくり返して水を流すのは身体に負担がかかります。

水抜き栓が付いているタイプを選べば、栓を抜くだけで排水ができるので、とっても便利

赤ちゃんが大きくなってからもベビーバスを使う場合、ためる水の量が増えるので、水抜き栓のありがたみがより実感できますよ。

準備・片付け・収納がしやすいものがおすすめ

ベビーバスは準備や片付け、収納がしやすいかどうかも大事なポイント。

毎日使うものなので、さっと準備できて、コンパクトに片付けられることも重要です。

新生児のお世話はただでさえバタバタなので、ひと手間だけでも減らしたいですよね。

エアータイプは、空気を膨らませる手間があるので、空気を入れやすいかどうかがポイントになります。

床置きタイプは、コンパクトにならないので、収納場所があるか事前に確認を!

スムーズに準備ができると、ママ・パパの負担が少ないだけでなく、赤ちゃんがご機嫌なうちにお風呂タイムを済ませることができますよ。

ベビーバスおすすめ人気ランキング

ここからはおすすめのベビーバスをご紹介します。

安定感があるもの、コンパクトで収納しやすいもの、デザインがかわいいものなど商品によって特徴があります。

商品ごとのおすすめポイントも分かりやすく解説するので、家庭に合ったものを見つけてくださいね!


  • 1位
    STOKKE(ストッケ)

    STOKKE(ストッケ) フレキシバス

    ¥4,950

    海外のデザイン賞受賞のシックなデザイン。コンパクト&軽量設計で持ち運びもラクラク

    コンパクトで軽量な折りたたみタイプのベビーバス。海外のデザイン賞を受賞していて、シックでご家庭にもなじみやすいデザインです。水抜き栓付きなので、排水も簡単。排水プラグの色でお湯の温度が熱いか冷たいか分かるので、赤ちゃんの火傷や冷え防止に便利です。新生児用のアクセサリーを追加すると、沐浴がより快適になりますよ。

    本体サイズ 34*66*24 cm タイプ 床置き
    折りたたみ可否栓の有無
    ストッパーの有無

  • 2位
    Swimava(スイマーバ)

    Swimava(スイマーバ) マカロンバス

    ¥3,960

    安定感がありながら、お座りの姿勢で入ることができる

    お座りの姿勢で入ることができる、バケツタイプのベビーバス。縦長の形なので、少ない湯量で入ることができ、節水にもなります。1人でお座りできるようになってからは、ベビーバスに浸かって待っててもらうことができることもポイントです。大きくなってからは、水遊びやおもちゃ入れに使うことができます。見た目もかわいいので、お風呂タイムが楽しくなりますね。

    本体サイズ 48*25*48 cm タイプ 床置き
    折りたたみ可否栓の有無
    ストッパーの有無

  • 3位
    KARIBU(カリブ)

    KARIBU(カリブ) ベビーバス

    ¥3,299

    コンパクトで多機能!あったらいいなを叶えるベビーバス

    簡単に広げられてコンパクトにもなる折りたたみタイプのベビーバス。安定性が抜群なのが特徴です。フチにはベビーソープなどが置けるトレイが付いていて、便利に使うことができます。軽い力で広げることができると評判のベビーバスです。

    本体サイズ 82*47*22.5 cm タイプ エアー
    折りたたみ可否栓の有無
    ストッパーの有無

  • 4位
    Richell(リッチェル)

    Richell(リッチェル) ふかふかベビーバス プラス

    ¥2,467

    エアポンプ内蔵で空気ポンプなしで簡単に膨らませることができる

    ふかふかな使い心地のエアータイプのベビーバス。エアポンプ内蔵で、空気ポンプを使わずに膨らませることができるのが特徴。簡単に準備をすることができます。ずり落ち防止ストッパー付きなので安心感があり、水抜き栓があり排水もラクラク。フックが付いているので乾かしやすいこともポイント。初めての沐浴でも使いやすいベビーバスです

    本体サイズ 69×47×28 cm タイプ 床置き
    折りたたみ可否栓の有無
    ストッパーの有無

  • 5位
    Shnuggle(シュナグル)

    Shnuggle(シュナグル) ベビーバス 300668962

    ¥2,475

    シンクで使えてリビングにもなじむデザイン

    シンクで使えるコンパクトな床置きタイプのベビーバス。立ったまま沐浴することができるので、腰が痛くなりづらいことがポイントです。背中部分にパットが付いていてひんやりしづらいので、赤ちゃんの寒さ対策にもなります。ずり落ち防止ストッパーが付いているので、慣れていないママでも安心。1回あたり湯量2Lという節水タイプで、水抜き栓も付いています。

    本体サイズ 39*60*36 cm タイプ 床置き
    折りたたみ可否栓の有無
    ストッパーの有無

  • 6位
    リトルプリンセス

    リトルプリンセス ブルーミングバス

    ¥5,440

    シンクにさっと敷いて使える、インスタ映え間違いなしのふわふわマット

    シンクに敷いて使えるマットタイプのベビーバス。カラフルでお花に包まれているようなデザインが特徴です。厚みがあり、クッション性が抜群。沐浴マット以外にも、おむつ替えマット、プレイマットとしても使うことができます。さっと敷くだけで準備ができるので、赤ちゃんがご機嫌なうちに沐浴をさせてあげられます。お風呂タイムが楽しくなるベビーバスです。

    本体サイズ 83*83*3 cm タイプ 床置き
    折りたたみ可否栓の有無
    ストッパーの有無

  • 7位
    Richell(リッチェル)

    Richell(リッチェル) ふかふかベビーバスW

    ¥1,980

    赤ちゃんの背中にぴったりフィットする形状

    柔らかく赤ちゃんがケガをする心配がないエアータイプのベビーバスです。赤ちゃんの背中にぴったりフィットする形とずり落ち防止ストッパーの位置が絶妙と評判。

    新米ママでも安心して赤ちゃんを入れてあげることができます。空気を抜いてたたむとコンパクトになるので、里帰りや旅行に持ち運びたい方にもおすすめです。

    本体サイズ 69×47×29 cm タイプ 床置き
    折りたたみ可否栓の有無
    ストッパーの有無

  • 8位
    永和

    永和 ベビーバス(床置きタイプ)

    ¥3,493

    フチに滑り止めが付いていて、パパママも安心

    お風呂場やテーブルなど場所を選ばない床置きタイプのベビーバス。フチに滑り止めが付いていて、パパやママの手が滑りづらいように設計されています。新生児の首を支えるとつい力が入りがちなので、嬉しいポイント。底にも滑り止めが付いているので、濡れた場所でも安心です。ベビーソープなどが置ける小物入れ付き。水抜き栓が付いているため、簡単に排水することができます。

    本体サイズ 80*50.3*29 cm タイプ 床置き
    折りたたみ可否栓の有無
    ストッパーの有無

  • 9位
    Richell(リッチェル)

    Richell(リッチェル) ミッフィー ワン・ツーバス 47690-1

    ¥2,777

    ヘッドサポート付きで首を支えるのが楽に

    シンクでも使える床置きタイプのベビーバス。ヘッドサポートが付いているので、赤ちゃんの首を楽に支えることができます。ヘッドサポートはクッション性があるので、赤ちゃんの居心地も抜群です。ずり落ち防止ストッパー、ベビーソープが置けるトレー、水抜き栓が付いているので、安全・快適に使うことができます。ミッフィーのかわいいデザインで、お風呂タイムが楽しくなりますね。

    本体サイズ 60.5*40*21 cm タイプ 床置き
    折りたたみ可否栓の有無
    ストッパーの有無

  • 10位
    SKIP HOP(スキップホップ)

    SKIP HOP(スキップホップ) クジラのバスタブ

    ¥6,050

    メッシュの背もたれ付きで新生児も安心

    安定性抜群の床置きタイプのベビーバス。メッシュの背もたれが付いていて、新生児でも安心して沐浴することができます。柔らかい素材で背中にフィットする形なので、赤ちゃんも心地よく沐浴できます。3WAY仕様になっていて、沐浴卒業後はソファーのように座らせたり、ミニプールとして使うこともできます。水抜き栓付きで簡単に排水することができます。かわいいクジラ型なので、赤ちゃんも楽しくお風呂に入ることができそうですね。

    本体サイズ 48.3*29.5*69.9 cm タイプ 床置き
    折りたたみ可否栓の有無
    ストッパーの有無

  • 11位
    Richell(リッチェル)

    Richell(リッチェル) ひんやりしないおふろマットR 551653608

    ¥2,210

    寝かせたまま身体を洗うことができる便利なマット

    お風呂場に敷いて沐浴ができるマットタイプのベビーバス。こだわりの「撥水ポリプロピレン」素材でひんやりしないので、赤ちゃんも快適。おしり部分にお湯を張れば、温かいまま沐浴ができます。とても軽く、水はけがいいので清潔。寝せたまま身体を洗うことができるので、両手を使えるのがポイント。沐浴に慣れていない人におすすめです。

    本体サイズ 68*47*29 cm タイプ 床置き
    折りたたみ可否栓の有無
    ストッパーの有無

  • 12位
    タミータブ

    タミータブ ベビーバス

    ¥2,699

    足が無理なくM字に開き、赤ちゃんが落ち着くデザイン

    コンパクトで安定性があるバケツタイプのベビーバス。赤ちゃんの足が無理なくM字に開くデザインになっているので、ママのお腹にいる体勢で沐浴できます。縦長な形状なので、少ない湯量で浸かることができ節水にもなります。お座りしながら入ることができるので、ワンオペになりがちな家庭にもおすすめ。ベビーバスを卒業した後は、バケツやおもちゃ入れとして使うこともできます。

    本体サイズ 38*38*33 cm タイプ 床置き
    折りたたみ可否栓の有無
    ストッパーの有無

  • 13位
    永和

    永和 ふんわりベビーバス

    ¥805

    簡単に膨らませることができ、シンクでも使える

    ケガの心配が少ない、ふわふわなエアータイプのベビーバス。膨らませやすいと評判です。エアータイプでありながら、シンクにぴったり入る便利なサイズ感。背もたれの角度を調整することもできます。フック付きで乾かしやすいのでお手入れも簡単。水抜き栓付きでシンクでも手軽に片付けができます。

    本体サイズ 30*20*6.5 cm タイプ 床置き
    折りたたみ可否栓の有無
    ストッパーの有無

  • 14位
    IKEA(イケア)

    IKEA(イケア) レットサム ベビーバス

    ¥2,680

    フチが丸く滑り止め付きで安心感がある

    置く場所を選ばない床置きタイプのベビーバス。フチが丸く、赤ちゃんもパパママも痛くなりづらい形状。ベビーバス内の底に滑り止めが付いているため、赤ちゃんのずり落ち防止にもなります。フック用の穴が空いているので、お風呂場などにかけて収納することができます。シンプルなデザインなので、テイストを選ばずなじむのもポイント。

    本体サイズ 71*43*20 cm タイプ 床置き
    折りたたみ可否栓の有無
    ストッパーの有無

  • 15位
    赤ん坊カンパニー

    赤ん坊カンパニー 安心やわらか沐浴マット

    ¥1,375

    メッシュ素材で肌触りがいいマット

    シンクで使えるマットタイプのベビーバス。表面がメッシュ素材になっていて、肌触りがいいため、赤ちゃんも快適に過ごすことができます。撥水性スポンジを使っているため、水切れ抜群。清潔に使うことができます。沐浴卒業後は、お風呂マットとして使えます。ちょっと寝かせたいときにとても重宝しますよ。

    本体サイズ 53*70*1 cm タイプ 床置き
    折りたたみ可否栓の有無
    ストッパーの有無

  • 16位
    リトルプリンセス

    リトルプリンセス フォールディング バス

    ¥4,258

    大きめバスタブで身体の大きいパパでも入れやすい

    コンパクトに収納できる折りたたみタイプのベビーバス。折りたたみタイプでありながら、広げると大きめなバスタブになります。ゆったりと身体を洗うことができるので、身体の大きいパパにもおすすめ。ベビーソープなどが置けるトレイ付きなのも嬉しいポイント。薄く折りたためてフックでかけられるので、とても収納しやすい形状です。

    本体サイズ 46*81*22 cm タイプ 床置き
    折りたたみ可否栓の有無
    ストッパーの有無

  • 17位
    まめいた

    まめいた お風呂用ねんコロマット

    ¥1,740

    温かく寝せたまま身体が洗えるマット

    お風呂場で使えるマットタイプのベビーバスです。赤ちゃんを寝せたまま沐浴ができるので、新生児でも安心して身体を洗うことができます。両手が空くので、慣れていない新米ママにおすすめ。スポンジが柔らかいため、赤ちゃんの寝心地も抜群です。お湯をかければ温かいまま身体を洗うことができますよ。

    本体サイズ 49*30*6 cm タイプ 床置き
    折りたたみ可否栓の有無
    ストッパーの有無

  • 18位
    ピープル

    ピープル お風呂育児をサポート!ラッコハグ

    ¥2,969

    大きなずり落ち防止ガードで安心

    柔らかく安心なエアータイプのベビーバスです。ポンプ付きで楽に膨らませることができます。大きなずり落ちガードが付いているので、新生児でも安心。2ヶ月頃から使える「ママ待ちサポートタブ」があり、温まりながらお風呂で赤ちゃんの居場所を作ることができることも大きな魅力。沐浴後もワンオペでお風呂に入れる方におすすめです。5WAY仕様で、お子さんの成長に合わせて水遊びやプールとして使うこともできます。

    本体サイズ 58*42*36 cm タイプ 床置き
    折りたたみ可否栓の有無
    ストッパーの有無

ベビーバスはレンタルも可能!

ベビーバスはレンタルすることも可能です。お手頃なものだと、1ヶ月1,000円代からレンタルできるものもあります。

  • 使わなくなったら返すことができるので、収納場所に困らない
  • 使いたいブランドのものをお手頃価格でレンタルできる

レンタルならではのメリットがあります。

ママ・パパにきょうだいがいて使いまわせそうだったり、2人目出産の予定があるなら購入し、使用後しばらく使う予定がなさそうならレンタルで済ませてもよいでしょう。

里帰りの場合も、レンタルが身軽でおすすめですよ。

ベビーバスは代用もできる

ベビーバスは代用することもできます。代用品を使う場合、お湯を入れて赤ちゃんを入浴させるものなので、安全に入れられることが条件です。

角が痛くないか、壊れないかなど気をつけて使うようにしましょう。代用アイデアとしては、下記のようなものがあります。

  • ランドリーバスケット
  • レジャーシートをシンクに広げる
  • 柔らかいポリエチレンケース
  • ソフトタライ
  • 大きな洗い桶
  • 衣装ケース

100均やニトリ、IKEA、無印良品などで揃うので、安全面に気をつけながら検討してみましょう。

便利な沐浴グッズも揃えよう!

ベビーバスと合わせて、便利な沐浴グッズがあると快適に沐浴することができます。

  • 入浴剤
  • ガーゼ
  • お風呂用の湯温計

赤ちゃんの肌はデリケートで乾燥しやすいため、入浴剤があれば、赤ちゃんのお肌を守りながら手軽に沐浴をすることができます。

ガーゼは、赤ちゃんのお顔や身体を洗ったり、お腹にかけて冷え対策をしたり、入浴中のモロー反射を防いだりと重宝します

また、大人の適温が赤ちゃんにとっては熱いこともあるので、湯温計があると安心です。

産後の生活をイメージしながらベビーバスを選ぼう

ベビーバスの選び方や種類、おすすめなどについてご紹介しました。

選び方のポイントは、どこで沐浴するのか、収納場所はどこにするのかを事前に考えること。その上で、ベビーバスごとの特徴を比べて、ご家庭に合ったものを選びましょう。

産後の生活をイメージしながら、快適なバスタイムが楽しめるベビーバスを見つけてくださいね!

※本記事に掲載する商品のランク付けは、(株)エブリーが独自に調査した複数の指標に基づき行っております。

※各商品について本記事内で記載する効果・効能があることを保証するものではありません。ご購入を検討する際には、商品の説明や内容等をご確認ください。

※本記事掲載の価格は記事公開日時点のものとなります。正確な商品の金額は、購入先でご確認ください。