【2022年】抱っこ紐おすすめ人気ランキング20選!新生児から使える抱っこ紐の種類や選び方も紹介 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【2022年】抱っこ紐おすすめ人気ランキング20選!新生児から使える抱っこ紐の種類や選び方も紹介

【2022年】抱っこ紐おすすめ人気ランキング20選!新生児から使える抱っこ紐の種類や選び方も紹介

抱っこ紐の購入を考えている方の中には「おすすめの商品を知りたい」「種類や使い方がよくわからない」という人も多いでしょう。この記事では、抱っこ紐の利用場面や種類から、人気の商品まで詳しくご紹介します。抱っこ紐選びのポイントを踏まえ、失敗しない抱っこ紐を見つけましょう。
抱っこ紐の購入を考えている方の中には「おすすめの商品を知りたい」「種類や使い方がよくわからない」という人も多いでしょう。この記事では、抱っこ紐の利用場面や種類から、人気の商品まで詳しくご紹介します。抱っこ紐選びのポイントを踏まえ、失敗しない抱っこ紐を見つけましょう。

MAMADAYSイチオシはこちら!

エルゴベビー オムニブリーズ

31,900円

抱っこ紐は必要?どんな時に便利なの?

育児中にあると便利なグッズのひとつ、抱っこ紐。子どもを抱っこすると、肩や腕、腰に負担がかかります。ベビーカーが使えない屋内や、眠ってしまった子どもを抱っこする場合、長時間子どもを抱えることになるので大変です。

抱っこ紐は、子どもの体重を支え、抱っこで負担を軽減します。

外出先での移動時はもちろんですが、寝かしつけといった家の中で長時間抱っこする際にもシーンでも大活躍。「家事をしていて、手が離せない」というときも、抱っこ紐があれば赤ちゃんと一緒に行動できるので安心です。赤ちゃんとのコミュニケーションが増える点も、抱っこ紐のメリットといえるでしょう。

抱っこ紐の種類と特徴

抱っこ紐はおもに3つの種類に分けられます。

スタンダードな抱っこ紐は「キャリータイプ」「スリングタイプ」「ラップタイプ」の3種類

どの抱っこ紐を買うか迷っているという人は、この3種類から選ぶのがおすすめです。抱っこ紐はそれぞれのタイプによってメリットや使い方などの違いがあります。ここからは、抱っこ紐の種類別の特徴を詳しくご紹介します。

キャリータイプ:しっかりとホールドして疲れにくい定番抱っこ紐

抱っこ紐の中でも定番のタイプといえる、キャリータイプ。

キャリータイプの抱っこ紐は、パパやママの肩と腰を使ってしっかりと赤ちゃんを支え設計になっています。

「がっちり抱っこを支えられるものがいい」「体にかかる負担の軽減も重視したい」という人におすすめの抱っこ紐です。キャリータイプの抱っこ紐は、さまざまな抱き方ができるのもメリットです。

対面での抱っこや前向き抱っこ、おんぶなど、さまざまな抱っこのサポートをしてくれる製品がほとんど。

赤ちゃんの成長や場面に合わせて、抱っこの仕方を変えられるものがほしいという人にもおすすめの抱っこ紐ですよ。

スリングタイプ:コンパクトで持ち運びしやすく着脱もしやすい

スリングタイプは、たすき掛けのように使用する点が特徴的な抱っこ紐です。

ほかのタイプの抱っこ紐に比べて、大きな布を使ったシンプルな造りになっており、コンパクトでかさばりにくく持ち運びがしやすいのがメリット。

横向きでの抱っこもできる点もスリングタイプの特徴です。赤ちゃんが小さいうちから抱っこできるので、使い方によっては長く使用できますよ。

ラップタイプ:密着度が高く洗濯しやすい

「ベビーラップ」とも呼ばれる、ラップタイプの抱っこ紐もあります。

ママやパパの体に布を巻いて使用し、赤ちゃんを体に密着させた状態で抱っこできるという特徴があります。

ラップタイプの抱っこ紐には、負担がかかりやすい「肩や腰への食い込み」を軽減してくれる製品も多く、手軽に使えて体にもやさしい抱っこ紐といえるでしょう。

またラップタイプの抱っこ紐は、布を使ったシンプルな構造のものがほとんどです。お手入れしやすく洗濯の負担も少ないのが魅力です。

ヒップシート・おんぶ紐:子どもが大きくなったら便利

抱っこをサポートするアイテムにヒップシートがありますが、こちらは赤ちゃんがある程度成長してから活躍します。

ヒップシートは、腰ベルトをつけると子どものお尻を支えてくれるので、パパやママは子どもを手で支えるだけで、対面での抱っこができます。

おんぶ紐は、名前のとおりおんぶをサポートしてくれるもの。縦抱きの形になるため、赤ちゃんの首がすわってから活躍します。

ヒップシートとおんぶ紐は、基本的に新生児の赤ちゃんを抱っこする場面よりも、赤ちゃんが成長してきた時期に活躍するアイテムといえるでしょう。新生児期から長く使える抱っこ紐を探している人は、キャリータイプ・スリングタイプ・ラップタイプの3タイプから選ぶのがおすすめですよ。

抱っこ紐の選び方7つのチェックポイント

抱っこ紐を購入するときは、機能や素材、サイズ感など細かい点にも注目するのがおすすめです。

抱っこ紐を選ぶ際に押さえておきたい、ポイントをご紹介します。

対象の月齢・年齢と体重の目安

抱っこ紐を選ぶときには、対象となる年齢と体重の確認が欠かせません。

抱っこ紐は一般的に、「新生児期から2歳頃まで」「体重2kgから14kg程度」というように、月齢・年齢、体重が使用期間の目安となっています。

抱っこ紐を卒業する時期は、赤ちゃんによって個人差がありますが、使いたい期間と製品の対象年齢・体重が合っている抱っこ紐を選ぶようにしましょう。

コスパを考えるのであれば、使用できる年齢・体重の幅が大きい、ロングユースできる抱っこ紐がおすすめですよ。

対応している抱き方のバリエーション

抱っこ紐によって対応している抱き方に違いがあります。

縦・横の抱っこに加えて、前抱きやおんぶができる製品も抱っこ紐もあるので、どんなシーンで活用したいかに合わせて選びましょう。

キャリータイプの抱っこ紐なら、さまざまな抱き方に対応している製品が多いので、活躍の場面が広がるでしょう。

縦抱っこ:ほとんどの製品が対応!高さ調節できると便利

縦抱きは両手が開くため、買い物やちょっとした散歩などの場面で活躍します。

「外出時に使用したい」「自宅の中でも使用したい」という方は、縦抱きに対応した抱っこ紐を選ぶのがおすすめです。

ほとんどの抱っこ紐が縦抱っこに対応していますが、ヘッドサポートなどで高さが調節できるものであれば、より快適に使用できるでしょう。

横抱っこ:首が座らない時期や寝かしつけに便利

赤ちゃんの寝た状態を保ちながら抱っこできる横抱っこは、新生児期の赤ちゃんにも使用できるものが多いです。普段の寝かしつけにも活躍してくれます。また、お宮参りや1ヶ月健診といった新生児期に外出するシーンでは、横抱きできる抱っこ紐がおすすめです。

「出産後は早めに抱っこ紐を導入したい」と考えているパパ・ママは、新生児期の横抱きに対応している製品を選ぶとよいでしょう。

前向き抱っこ:子どももお出かけが楽しくなる

前抱っこは、赤ちゃんを前向きに抱いてママ・パパと同じ方向を向かせて抱っこするスタイルです。

腰が据わり始めてからのお出かけで、赤ちゃんに周りの景色を楽しんでほしいといったシーンで活躍します。

前抱っこに対応している抱っこ紐があれば、赤ちゃんもさらに外出を楽しめるでしょう。

おんぶ:家事をしたり荷物を持つときに活躍

赤ちゃんの首がすわってからは「おんぶ」ができるタイプの抱っこ紐もあります。

おんぶができると、ママやパパの前面・両手がフリーになり、前も見やすくなるため、荷物を抱えたり、家事をする場面で大活躍

「作業しながら赤ちゃんを抱っこしたい」という方は、おんぶに対応している抱っこ紐を選ぶのがおすすめです。

素材の通気性

抱っこではママ・パパの体と密着した状態になるため、赤ちゃんは汗をかきやすくなります。

蒸れにくい工夫がされたものや、メッシュ素材の抱っこ紐であれば、ママ・パパ、赤ちゃんともに快適に過ごせるでしょう。

体温を調節する機能が発達しきっていない赤ちゃんを暑さから守るためにも、通気性のよい素材を用いた抱っこ紐を選びましょう。

サイズ調節や装着がしやすさ

抱っこ紐選びで着目したいポイントとして、着脱のしやすさとサイズ調節のしやすさが挙げられます。赤ちゃんがぐずったときや、おむつを交換するときは、さっと着脱できる抱っこ紐があるとスムーズ。

車から乗り降りする場面でも、簡単に着脱できる抱っこ紐があれば、外出の負担も軽くなるでしょう。ママとパパが共有することを考慮して、サイズの調整がしやすい・幅広いサイズに対応している抱っこ紐を選ぶことも重要です。

サイズがフィットしていないと、赤ちゃんが不快になって抱っこ紐を嫌がってしまうことも。サイズ調整に優れた抱っこ紐を選ぶことが、赤ちゃんの安心感にもつながります。

赤ちゃんにやさしい姿勢で抱っこできるか

赤ちゃんにとって快適な姿勢で抱っこできるかどうかも、抱っこ紐選びには欠かせないポイントです。

たとえば首すわり前の赤ちゃんであれば、頭部をしっかりとサポートしてくれるものがおすすめです。

赤ちゃんはあっという間に成長するため、関節に負担がかかりにくいか、締め付け感が強すぎないかといったポイントにも注目したいですね。

赤ちゃんの体に負担をかけず、無理のない姿勢をキープできる抱っこ紐を選んで、快適に過ごせるようにしてあげましょう。

携帯性・持ち運びのしやすさ

外出先でも抱っこ紐を使用する場合は、持ち運びのしやすさで選ぶのもよいでしょう。折りたたんだときにリュックやベビーカーの荷物入れに入るような、持ち運びしやすいサイズの抱っこ紐がおすすめです。

ポケッタブル仕様でコンパクトに収納できる抱っこ紐もあります。収納にこだわった抱っこ紐ならかさばりにくく、外出時も快適に使用できます。

洗濯・手洗いできるか

抱っこ紐は汚れることも多いため、お手入れや洗濯のしやすさを考慮して選びましょう

抱っこ紐を使っている間は体が密着しているので、赤ちゃんにとって汗をかきやすい状態になります。場合によっては、抱っこ紐を使っている間に吐き戻やよだれで汚れることがあるかもしれません。

洗濯可能な抱っこ紐であれば、普段の使用で生じる汚れも気軽にお手入れできて使いやすいでしょう。

抱っこ紐おすすめ人気ランキング

「せっかく買うなら、人気の抱っこ紐を選びたい」というパパ・ママが多いはず。ここからは、おすすめの抱っこ紐をご紹介していきます。

多くのママやパパに支持される人気の抱っこ紐をピックアップしました。それぞれの機能やこだわりポイントを詳しくまとめたので、ライフスタイルに合った抱っこ紐を選んでみましょう。


  • 1位
    ergobaby(エルゴベビー)

    ergobaby(エルゴベビー) OMNI 360クールエア

    ¥31,900

    定番ブランド「エルゴベビー」の涼しい抱っこ紐でいつでも快適

    多くのパパママに支持されるブランド、エルゴベビーのおすすめ抱っこ紐です。涼しくて乾きやすいメッシュ素材を採用しているので、赤ちゃんを快適な環境で抱っこしてあげられます。首すわり前の新生児期から幼児期(3.2~20kg)まで対応しているので、ロングユースできるものをお探しの方におすすめです。

    洗濯可否 - 本体重量 - g
    タイプ キャリー 対象月齢・年齢 0~3歳
    体重目安 ~80 kg 対応する抱き方 対面 前向き 腰抱っこ おんぶ

  • 2位
    BABY BJORN(ベビービョルン)

    BABY BJORN(ベビービョルン) ベビーキャリア ONE KAI

    ¥25,850

    スライドで抱っこからおんぶに変更可能!忙しい毎日をサポート

    4通りの抱っこができて、新生児期から3歳頃まで長く使える抱っこ紐。スライドさせるだけで、簡単にだっこからおんぶの姿勢に変えられるところが特徴的。立ったまま一人で簡単におんぶできる設計も嬉しいですね。おんぶ紐と抱っこ紐を兼用したいとお考えの方にもおすすめです。

    洗濯可否 - 本体重量 1320 g
    タイプ キャリー 対象月齢・年齢 0~12か月
    体重目安 ~3.5 kg 対応する抱き方 縦 腰 おんぶ 前向き

  • 3位
    konny(コニー)

    konny(コニー) コニー抱っこ紐 KO01

    ¥7,480

    軽量設計・不快な音にも配慮で赤ちゃんもグッスリ!ぴったりフィットのスリングタイプ

    新生児期から使えるスリングタイプの抱っこ紐です。成長に合わせて使いやすく伸びる生地で、赤ちゃんによって心地よい抱っこをサポートしてくれます。マジックテープやバックルなどがないので、寝ている赤ちゃんを起こしにくい点も魅力的。すっぽりかぶるだけ&200gの軽量設計で、着脱も簡単です。

    洗濯可否本体重量 200 g
    タイプ ラップ 対象月齢・年齢 3~36か月
    体重目安 ~20.41 kg 対応する抱き方 前向き

  • 4位
    Aprica(アップリカ)

    Aprica(アップリカ) 抱っこひも コアラ ウルトラメッシュ EX

    ¥23,900

    腰のサポートにこだわった体にやさしい抱っこ紐!長時間の抱っこにも

    赤ちゃんが成長とともに大きくなる、腰への負担に配慮された抱っこ紐です。腰部分に採用された、幅広パッドと2本のバックルでママやパパの体にもしっかりフィットします。横抱き可能で、新生児期の育児でも広く活躍してくれるでしょう。

    洗濯可否本体重量 938 g
    タイプ キャリー 対象月齢・年齢 0~36か月
    体重目安 2.5~15 kg 対応する抱き方 対面 前向き おんぶ 横

  • 5位
    ergobaby(エルゴベビー)

    ergobaby(エルゴベビー) ベビーキャリア ADAPT

    ¥24,750

    細かなサイズ調整が嬉しい!普段使いにぴったりの抱っこ紐

    シートのアジャスターやフロントのストラップで、抱っこ紐のサイズ・生地の幅を調整できる抱っこ紐。それぞれの赤ちゃんに合わせてサイズ感をカスタマイズできる点が魅力的ですね。肌ざわりと通気性にこだわったメッシュ素材を使用しています。お出かけから自宅での使用まで、普段使いの抱っこに取り入れたいモデルです。

    洗濯可否本体重量 800 g
    タイプ キャリー 対象月齢・年齢 -
    体重目安 3.2~20 kg 対応する抱き方 縦 腰 おんぶ

  • 6位
    kerätä(ケラッタ)

    kerätä(ケラッタ) ベビーキャリア 4WAY hps

    ¥3,580

    おんぶ&ヒップシートとしても使える4WAY仕様。収納ポケット付きでお出かけにも

    縦抱っこや前向き抱っこだけでなく、おんぶ&ヒップシートとしても使える抱っこ紐です。日常のさまざまなシーンで活躍してくれる4WAY仕様が嬉しいですね。正面には大容量サイズのポーチがついています。お出かけで活躍する、ウエストポーチのように使える抱っこ紐がほしいという方にもおすすめ。

    洗濯可否本体重量 500 g
    タイプ キャリー 対象月齢・年齢 6~36か月
    体重目安 ~15 kg 対応する抱き方 対面 前向き おんぶ 腰

  • 7位
    ボバラップ

    ボバラップ ベビーキャリア ‎BOBAW-GREY

    ¥6,719

    体に合ったフィット感が嬉しい!Tシャツのように使える抱っこ紐

    巻き付けて使用するラップタイプの抱っこ紐です。コットン95%の伸縮性に優れた素材を使用しているので、Tシャツのように気軽に身につけられます。巻き付け方でフィット感をカスタムできるので、パパ・ママと赤ちゃんにとって快適な抱っこに導いてくれます。シンプルなラップタイプの抱っこ紐を探している方におすすめ。

    洗濯可否本体重量 800 g
    タイプ ラップ 対象月齢・年齢 -
    体重目安 3~15 kg 対応する抱き方 対面

  • 8位
    日本エイテックス

    日本エイテックス サンクマニエル プレール

    ¥8,406

    生まれてすぐから使える!日本人の体形に合わせた設計でしっかりサポート

    新生児期から使える抱っこ紐。4つの抱っこに加えておんぶもできる、多機能な仕様が嬉しいですね。日本人の体形に合わせた造りで赤ちゃんの抱っこをしっかりサポートしてくれます。内側には吸水速乾生地を使用しているので、汗をかきやすい赤ちゃんも快適に過ごせるでしょう。

    洗濯可否本体重量 380 g
    タイプ キャリー 対象月齢・年齢 0~3歳
    体重目安 3~15 kg 対応する抱き方 縦 横 おんぶ 前向き

  • 9位
    Combi(コンビ)

    Combi(コンビ) ジョイン EL-E

    ¥9,900

    やわらかい肩ベルトで着け心地バッチリ!パパとの共有にも

    首がすわる4ヶ月頃から使える、コンビの抱っこ紐です。専用のインファントシートを使用することで、生後1ヶ月頃から理想的なM字姿勢をサポートする抱っこ紐としても使用可能です。やわらかな素材の肩ベルトは厚みが約1.5cmあり、パパやママの体にフィットしやすいところが魅力的。パパとママで共有するのにもおすすめの抱っこ紐です。

    洗濯可否 - 本体重量 620 g
    タイプ キャリー 対象月齢・年齢 4~36か月
    体重目安 3.2~15 kg 対応する抱き方 縦 腰 おんぶ

  • 10位
    Aprica(アップリカ)

    Aprica(アップリカ) だっこひもコランハグライト

    ¥10,800

    退院後からすぐに使える!自然な横抱っこで安心姿勢をキープ

    新生児シートがセットになった抱っこ紐です。首すわり前の赤ちゃんも首や頭を安定させた姿勢をとりやすく、快適な横抱っこに。新生児の寝かしつけにもおすすめしたい抱っこ紐です。抱っこに加えておんぶもできる5WAY仕様なので、成長や場面に応じて使い分けできる点も魅力的ですね。

    洗濯可否本体重量 825 g
    タイプ キャリー 対象月齢・年齢 0~3歳
    体重目安 2.5~15 kg 対応する抱き方 横 縦 前向き 腰 おんぶ

  • 11位
    napnap(ナップナップ)

    napnap(ナップナップ) ベビーキャリー COMPACT(コンパクト)

    ¥8,881

    家族で使えるサイズ感!コンパクトな収納でお出かけにもぴったり

    サイズ調整の幅が広い抱っこ紐で、パパ・ママは「身長148~198cm「ウエスト61~125cm」と幅広い体系にフィットします。パパやママで共有できる、男女兼用の抱っこ紐をお探しの方におすすめのモデル。使わないときには、B5サイズのコンパクトなポーチのように収納できる点もうれしいですね。

    洗濯可否 - 本体重量 470 g
    タイプ キャリー 対象月齢・年齢 4~48
    体重目安 ~20 kg 対応する抱き方 おんぶ 縦

  • 12位
    kerätä(ケラッタ)

    kerätä(ケラッタ) ベビースリング

    ¥2,880

    ゆりかごのような抱っこが叶う!ファースト抱っこ紐にもピッタリ

    首すわり前の赤ちゃんにも安心な、横抱きができるスリングタイプの抱っこ紐です。暑さ2cmの肩パッドと2重のロック構造で、安全面にもこだわりが詰まっています。コアラ抱きやおくるみ抱きなど、さまざまな抱き方に対応する6WAY仕様で、生後1ヶ月からのはじめての抱っこ紐にもピッタリです。

    洗濯可否 - 本体重量 480 g
    タイプ - 対象月齢・年齢 1か月~1歳
    体重目安 4~13 kg 対応する抱き方 横 前向き

  • 13位
    BABY BJORN(ベビービョルン)

    BABY BJORN(ベビービョルン) ベビーキャリア MINI

    ¥9,350

    立ったままでもスムーズに抱き入れられる!片手で簡単に着脱できる

    肩ベルトと本体のピースが分かれた構造で、立ったままでも赤ちゃんを抱き入れることができます。「片手で赤ちゃんを支えて着脱できるように」と安全に配慮し、バックルはパパ・ママが片手だけで着脱できる仕組みになっています。いつでもどこでもスムーズに抱っこしてあげられるので、赤ちゃんも安心して過ごせるでしょう。

    洗濯可否 - 本体重量 500 g
    タイプ キャリー 対象月齢・年齢 0~36か月
    体重目安 3.2~11 kg 対応する抱き方 前向き たて

  • 14位
    スモルビ

    スモルビ 軽量すやすや抱っこ紐 SMC100000015

    ¥4,784

    肩全体で支える造りが負担を軽減。デザインにもこだわりたっぷり!

    肩全体で支える造りが負担を軽減。デザインにもこだわりたっぷり!

    洗濯可否本体重量 830 g
    タイプ キャリー 対象月齢・年齢 0~
    体重目安 - kg 対応する抱き方 縦 おんぶ 前向き

  • 15位
    GRACO(グレコ)

    GRACO(グレコ) ルーポップ トゥインクルスター

    ¥9,342

    2ヶ所のバックルで簡単&しっかり抱っこ!コンパクトに携帯できてお出かけにも

    肩ベルトを掛けたら腰と肩のバックルを止めるだけで、しっかりとした抱っこが簡単にできる抱っこ紐です。付属しているメッシュのフードは、日除けや眠ってしまった時の首サポートとしても活躍します。コンパクトに収納できる仕様で、395gの軽量設計。お出かけ用にもおすすめの抱っこ紐です。

    洗濯可否 - 本体重量 395 g
    タイプ キャリー 対象月齢・年齢 4~36か月
    体重目安 ~15 kg 対応する抱き方 縦 おんぶ

  • 16位
    POGNAE(ポグネー)

    POGNAE(ポグネー) ステップワンエア

    ¥7,975

    腰ベルト付きのベビーラップ!コーディネートを選ばないシンプルデザイン

    赤ちゃんの体重を上半身全体で支える、ラップタイプの抱っこ紐です。腰ベルト付きの立体的なベビーラップが、安定と手軽さの両方を叶えてくれるでしょう。シンプルでスタイリッシュな見た目なので「抱っこ紐と服装がマッチしない」とお悩みの方にもぴったり。男女兼用デザインの抱っこ紐なので、パパママで共有するのにもおすすめです。

    洗濯可否 - 本体重量 620 g
    タイプ ラップ 対象月齢・年齢 1~11か月
    体重目安 ~11 kg 対応する抱き方 対面 前向き 縦 おんぶ

  • 17位
    tacmamy(タックマミー)

    tacmamy(タックマミー) 抱っこひも 綿100%

    ¥4,994

    100%綿素材で赤ちゃんを優しく包む!洗濯機での丸洗いでお手入れもラクに

    赤ちゃんとママ・パパにやさしい綿100%素材を採用した、対面抱き用の抱っこ紐です。柔らかくしっかりとしたカツラギデニム生地を使った、無駄を省いたシンプルデザインが特徴的。留め具は樹脂製で、ファスナーのコイルが赤ちゃんに当たらないように設計されています。安全面にもしっかりこだわった抱っこ紐をお探しの方におすすめです。

    洗濯可否 - 本体重量 - g
    タイプ ラップ 対象月齢・年齢 ~2歳
    体重目安 ~12 kg 対応する抱き方 前向き

  • 18位
    DAKKOLT(ダッコルト)

    DAKKOLT(ダッコルト) mamaito(ママイト)

    ¥7,920

    遊び疲れたときの抱っこをサポート!歩き始めからの時期にピッタリ

    自分で歩く楽しさを覚えた子どもも、まだまだ抱っこが必要。そんなときの片手抱っこをサポートしてくれる、斜め掛けタイプのおすすめ抱っこ紐です。12ヶ月頃から48ヶ月(4歳)頃まで、長く使える点もおすすめポイント。「子どもが10kgを超えて抱っこが大変になってきた」というパパ・ママにぴったり。コンパクトに折りたためるので、お出かけ時に常備しておくのにもぴったり。

    洗濯可否本体重量 160 g
    タイプ ヒップ 対象月齢・年齢 12~48か月
    体重目安 ~18 kg 対応する抱き方

LaNova 抱っこひも

幅が広い腰ベルトでばっちりサポート!ヒップシート単体としても使用できる

対面と前抱っこ、おんぶに加えてヒップシート単体での使用もできる抱っこ紐です。ヒップシート単体でも4通りの使い方が可能で、全部で8通りの抱っこをサポート。状況に合わせて柔軟に使い分けできる点が嬉しいですね。腰ベルトはきちんとフィットする幅広設計で、肩の負担にも配慮されています。マルチウェイ&負担軽減にこだわった抱っこ紐なら、毎日の育児を楽に導いてくれるでしょう。

Combi(コンビ)『セオッテ ON-E』 ★抱っこ:首すわり~24カ月、おんぶ:首すわり~36カ月

赤ちゃんが安眠を助ける首サポート!おんぶしやすい設計も嬉しい

眠っている赤ちゃんの首のグラつきを予防してくれる「首カックンサポート」がついた抱っこ紐です。デリケートな首をしっかり守ってくれるので、赤ちゃんも安心して眠れそう。赤ちゃんを背負ってベルト類を止めるだけでスムーズにおんぶできるので、普段使いにもぴったりです。

抱っこ紐の気になるポイント

抱っこ紐を使用するにあたり、パパやママが疑問を持ちやすい点をピックアップしました。使用できる期間やベビーカーとの併用など、「抱っこ紐のちょっと気になるポイント」を解消していきましょう。

抱っこ紐はいつからいつまで使うの?

抱っこ紐の使用期間は、製品によって違いがあります。

一般的な抱っこ紐は新生児期から2〜3歳頃までの使用を目安としたものが多いです。規定の使用年齢・体重を守って使用しましょう。抱っこ紐を卒業するタイミングも家庭によってさまざまです。

子どもが歩きたがるようになった、子供の体重が増えて抱っこが大変になった、などのタイミングで使用をやめるパパ・ママもいるようです。

ベビーカーがあるのに抱っこ紐は必要なの?

ベビーカーがあっても、抱っこ紐が活躍するシーンは多くあります。

施設によってはベビーカーが使えないエリアがあるケースも少なくありません。

また、ベビーカーだと「階段を避けてエレベーターを探すのが大変だった」という声も。そんな場面で抱っこ紐があると、移動が楽になるでしょう。

ベビーカーと抱っこ紐は活躍するシーンが異なるので、どちらも揃えておくとお出かけがより快適になりますよ。

抱っこ紐は家事や寝かしつけにも使えるので、自宅でも活躍します。

抱っこ紐と一緒にあると便利なグッズは?

抱っこ紐と一緒に揃えることで、お出かけがより快適になるグッズがあります。抱っこ紐を選ぶ際は、便利グッズの併用も検討してみてはいかがでしょうか。

抱っこ紐用よだれカバー

抱っこ紐カバーは、抱っこ紐を汚れから守る役割を果たします。

赤ちゃんを抱っこしていると、抱っこ紐の肩ベルトやママ・パパの服が、赤ちゃんのよだれで汚れてしまうことは多いでしょう。

抱っこ紐用のカバーがあれば、抱っこ紐本体や、パパ・ママの服のお手入れが楽になりますよ。肩ベルトのみカバーするものや、パパ・ママの胸元までカバーするタイプなどさまざまあるので、お好みのものを選びましょう。

日除け・UVケープ

お出かけ時に役立つのが、抱っこ紐用の日よけやUVケープです。デリケートな赤ちゃんとのお出かけでは、抱っこ紐にUVケープを取り入れて、紫外線から守ってあげましょう。ワンタッチで簡単に着脱できるものや、遮熱機能にこだわったものなど、さまざまなケープがあります。

ベビーカーなど他の場所に取り付けられる製品もあるので、抱っこ紐と一緒にチェックしてみてはいかがでしょうか。

保冷・保温グッズ

暑さが苦手な赤ちゃんは、長時間の抱っこで汗をかいてしまうことも。寒い冬の時期は、赤ちゃんが冷えてしまわないか気になりますよね。

そんなときにあると便利なのが、抱っこ紐用の保冷・保温グッズです。

状況に応じて保冷・保温材を抱っこ紐に取り付けてあげると、赤ちゃんにとって快適な環境をキープしやすくなるでしょう。

おでかけにも自宅でも大活躍!抱っこ紐で負担を減らそう

抱っこの負担を軽減してくれる抱っこ紐は、お出かけや育児中の強い味方。抱っこ紐を購入するなら、お出かけはもちろん自宅での使用も想定して選ぶのがおすすめです。赤ちゃんとパパ・ママにぴったりな抱っこ紐が見つかれば、毎日の育児をより快適なものにできますよ。

※本記事に掲載する商品のランク付けは、(株)エブリーが独自に調査した複数の指標に基づき行っております。

※各商品について本記事内で記載する効果・効能があることを保証するものではありません。ご購入を検討する際には、商品の説明や内容等をご確認ください。

※本記事掲載の価格は記事公開日時点のものとなります。正確な商品の金額は、購入先でご確認ください。