【2022年】おすすめのスパウトマグ人気ランキング26選!ストローマグとの違いも解説 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【2022年】おすすめのスパウトマグ人気ランキング26選!ストローマグとの違いも解説

【2022年】おすすめのスパウトマグ人気ランキング26選!ストローマグとの違いも解説

スパウトマグは、赤ちゃんがコップ飲みやストロー飲みの練習をするのにぴったりのアイテムです。離乳食が始まるタイミングで購入するとよいでしょう。この記事では、おすすめのスパウトマグのほか、選び方のポイントなども解説しますのでぜひ参考にしてくださいね。
スパウトマグは、赤ちゃんがコップ飲みやストロー飲みの練習をするのにぴったりのアイテムです。離乳食が始まるタイミングで購入するとよいでしょう。この記事では、おすすめのスパウトマグのほか、選び方のポイントなども解説しますのでぜひ参考にしてくださいね。

スパウトマグとは?

スパウトマグは、ママのおっぱいや哺乳瓶を卒業して、コップを使って飲みものを飲めるようになるための第一歩にぴったりのアイテムです。傾けるだけで飲みものが出てくるので、吸う力が弱い赤ちゃんでも無理なく自分で飲みものが飲めるんですよ。

スパウトマグで飲ませるものは何でも構いません。まずは赤ちゃんが慣れているミルクや白湯、麦茶などから飲ませてみるとよいでしょう。馴染みがある味・においの飲みものなら、赤ちゃんも安心して飲めるはずです。

果汁などは赤ちゃんがスパウトマグに慣れてきてから与えてくださいね。

ストローマグとの違いは?

スパウトマグとストローマグの違いは、飲み口の形です。

スパウトマグの吸い口は、哺乳瓶のようにやわらかく幅広で、先端に穴が開いています。強く吸わなくても、マグを傾けるだけで飲みものが口の中に入ってくるのが特徴です。

くわえるだけで飲みものが出てくる新しい形のスパウトや、飲み口を挟む力を調整することで口の中に入る飲みものの量を調整できるタイプもあります。

一方、ストローマグは吸い口がストローになっているので、ある程度吸う力がないと飲みものが口に入ってきません。多くの赤ちゃんは吸う力がまだ弱いため、最初からストローで上手に飲みものは飲めません。

まずはスパウトマグを使って自分で飲む練習をさせましょう。

いつからいつまで使えるの?

スパウトマグを使い始める目安は、生後5~6ヶ月とされています。離乳食がスタートすると、歯がためやスプーンといったママのおっぱいや哺乳瓶の吸い口以外のものも口にするようになるので、スパウトにも慣れやすいですよ。

赤ちゃんは生後8ヶ月頃になるとストローで飲みものを吸う力がついてきます。

赤ちゃんがスパウトで上手に飲めるようになり、ストロー飲み・コップ飲みの練習を始める頃にはスパウトマグは卒業しましょう。

赤ちゃんの成長や発達の様子を見ながら、少しずつストローマグにステップアップできるとよいですね。

スパウトマグは必要?必ず使わないとダメ?

スパウトマグは生後5~6ヶ月か2~3ヶ月ほどしか使わないため、「必要ないんじゃないの?」と思っている人もいるかもしれません。

赤ちゃんによってはスパウトマグを嫌がる・スパウトマグから飲みものを飲まないこともあるでしょう。しかし、いきなりコップ飲みから始めると上手に飲むことができずこぼしてしまったり、むせてしまったりします。

離乳食に慣れて、唇や口の筋肉を上手に使えるようになるまでは、傾けるだけで飲めるスパウトマグがあったほうが便利です。

また、スパウトマグで飲むことは赤ちゃんが自分でコップを持ったり、ストローで飲んだりする練習になります。飲み口を交換してストローマグに切り替えられるタイプもあるので、ひとつは用意しておくとよいでしょう。

スパウトマグを選ぶ5つのポイント

ここからはスパウトマグ選びのポイントをお伝えします。赤ちゃんがスムーズに1人飲みに移行できるよう、スパウトマグを選ぶときの参考にしてくださいね。

ハンドルの形や滑り止めの有無をチェックする

スパウトマグを選ぶときは、ハンドルの形や滑り止めの有無をチェックしましょう。ハンドルがコップの両脇についているものなら、握ったものを支える力が弱い赤ちゃんでも安定して持てますよ。

持ち手に角度が付いているかどうかもチェックしましょう。角度が付いているものは、マグを大きく傾けなくても飲みものが飲めます。ハンドルに滑り止めが付いていれば、よだれや食べ物で汚れた手でもしっかり持てるでしょう。

飲み口の硬さをチェックする

スパウトの飲み口の硬さもチェックしてください。

硬すぎるものよりも、やわらかく弾力がある素材のほうが赤ちゃんが慣れやすいです。特にシリコンなどの素材は、哺乳瓶の吸い口にも使われているので、赤ちゃんが違和感を覚えにくいですよ。

普段、哺乳瓶を使っているのであれば、スパウトマグも同じメーカー・似ているデザインのもので揃えると、吸い口の違和感が少なく赤ちゃんが嫌がりにくいです。

漏れにくさをチェックする

スパウトマグを選ぶときは漏れにくさも大事なチェックポイントです。

赤ちゃんは、コップを倒したり、振り回したり、落としたりするのが常ですよね。逆さにしても漏れにくい作りのスパウトマグなら、赤ちゃんが倒したり落としたりしても安心ですよ。

外出先に持っていくときも、漏れにくいスパウトマグならバッグの中で漏れる心配がありません。ふたがしっかり閉まる・パッキンが付いているなど隙間から漏れにくいものを選びましょう。

洗いやすさ・消毒のしやすさをチェックする

赤ちゃんが使うものは、いつも清潔にしておきたいですよね。スパウトマグを選ぶときは、洗いやすさ・消毒のしやすさもチェックしましょう。

パーツを取り外して、分解して洗えるものは、細かい部分までしっかり洗えます。洗ったあとの組み立てが面倒な人は、できるだけパーツが少ないものを選ぶとよいでしょう。

消毒する場合は、電子レンジを使って煮沸消毒できる・薬液消毒ができるものを選ぶと、簡単に消毒できます。

替えパーツの有無をチェックする

スパウトマグを選ぶときは、替えパーツの有無もチェックしましょう。汚れてしまったり、裂けてしまったり、飲み口の交換が必要になることもあります。

スパウトマグによっては、穴の大きさが違う複数種類の飲み口が付いていることもあります。

最初は穴の大きな飲み口から始め、徐々に飲み口の穴を小さくしていくことで、スムーズにストロー飲みに移行できるでしょう。

長く使いたいならセットを選ぼう

スパウトマグのなかには、ストローやコップ飲み用のパーツが付属しているセット商品もあります。マグ本体を買い替える必要がないため経済的で、長く使えるのが魅力です。

同じメーカー・ブランドの場合、飲み口の素材や穴の大きさが同じだったり、パーツに互換性があることもあります。できるだけ同じメーカー・ブランドのアイテムで揃えてあげると、コップ飲みまでのステップアップもスムーズでしょう。

できるだけ同じものを長く使いたいママ・パパだけでなく、スムーズにステップアップさせたいママ・パパにもセット商品はぴったりです。

おすすめのスパウトマグ人気ランキング25選

ここからは、おすすめのスパウトマグ人気ランキングをご紹介します。商品選びに迷ったときの参考にしてみてくださいね。

コンビ テテオ teteo マグ バルーン Neo

哺乳瓶感覚で吸えるから飲みやすい!

吸い口が哺乳瓶やおっぱいのような形をしているのが特徴のスパウトマグです。軽いため、赤ちゃんでもしっかりハンドルを握って持てます。薬液・煮沸・電子レンジでの消毒に対応しているのもポイント。

簡単に消毒できて、お手入れも簡単です。飲み口パーツだけ購入することもできるので、いくつかスペアを持っておくと重宝します。

ダッドウェイ PMCラーナーボトル

やわらかい吸い口で飲みやすい

哺乳瓶のように柔らかな吸い口が付いているスパウトマグです。赤ちゃんが握りやすいハンドルの形なので、自分で持って飲みたい赤ちゃんにぴったり!

スパウトパーツだけ購入できるだけでなく、スパウトで上手に飲めなかった場合はニップルタイプの吸い口に交換もできます。スパウトマグの感触が苦手な赤ちゃんにおすすめしたいアイテムです。

OXO Tot グロウハンドル付ソフトスパウトカップ

逆さにしてもこぼれない!

あごにフィットして飲みやすいアーモンド形の飲み口が特徴のスパウトマグです。ふたがしっかり閉まるうえに、飲み口には逆流を防ぐ弁がついているので、逆さにしたり、倒したりしてもこぼれにくいのがポイント。

ハンドルは取り外しできるので、自分でコップを持って飲めるようになってからも長く使えます。漂白剤・食洗器対応で、お手入れが簡単なのもママ・パパにはうれしいですね。

別売りで飲み口だけ購入することもできます。

ピジョン マグマグコロン スパウト

ななめハンドルで持ちやすい

まだお座りができない赤ちゃんもスムーズに飲めるよう、ハンドルに角度が付いているスパウトマグです。マグ部分は広口なので、底まで洗いやすく清潔に保ちやすいのがポイント。

消毒も、煮沸・電子レンジ・薬液に対応しています。飲み口は、赤ちゃんが違和感を感じにくい、ママのおっぱいに近い感触です。

飲み口にクロスカットを施すことで、赤ちゃんが自分で口の中に入れる飲みものの量を調整できる作りになっています。

コンビ マグスパウト くまのプーさん

キャラクターが好きな赤ちゃんに!

かわいらしいくまのプーさんが描かれたスパウトマグです。キャラクターが好きな赤ちゃんにおすすめします。スパウトマグとしての機能も充分で、ママのおっぱいに近い感触の飲み口が特徴。

持ちやすく傾けやすいように斜めハンドルを採用しており、初めて自分でコップを持って飲む赤ちゃんも持ちやすいです。飲み口パーツだけ購入することもできます。

Mushie「シリコン スパウトマグ」

おしゃれなスパウトマグならこれ!

食品グレードのシリコンで作られたスパウトマグです。食洗器・電子レンジに対応しています。滑りにくく、赤ちゃんの小さな手でも持ちやすいのがポイント。

また、飲み口が硬すぎないので、赤ちゃんが違和感を覚えにくいです。同シリーズのストローカップと同じサイズなので、ふただけ付け替えればストローマグとしても使えます。

おしゃれな育児用品が好きなママ・パパにおすすめです。

レック スパウトマグ

シンプル構造でお手入れ簡単!

やわらかいシリコン製の飲み口でスムーズに飲めるスパウトマグです。ボトルが透明なので、赤ちゃんがどれくらい飲んだか簡単にチェックできるのもポイント。分解してもパーツ数が多くなく、お手入れ・組み立ても簡単です。

ハンドル・スパウトは電子レンジ・煮沸・薬液消毒が可能。ボトル部分は電子レンジ・食洗器に対応していませんが、広口で底まで手を入れてラクに洗えます。

リッチェル「トライ ストローレッスンマグSD」

パーツを付け替えて長く使える

自然な唇の動きを覚えて、スムーズにステップアップできるスパウトマグです。幅広でやわらかい飲み口は、ストローなし・ストローありの2通りの使い方ができるのもポイント。

ストローをつけて吸い上げる力を鍛えることで、ストロー飲みへの移行もスムーズです。パッキン・ストロー&飲み口だけ別売りで購入できるので、ひとつのスパウトマグを長く使いたいママ・パパにおすすめです。

西松屋チェーン SmartAngel 2WAYマグ

スパウト・ストロー2通りの使い方ができる!

スパウトとストロー、2通りの使い方ができるスパウトマグです。シンプルな構造とリーズナブルな価格で、サブのスパウトマグとして持っておくのにぴったり!

マグ部分には目盛りが付いており、赤ちゃんが飲んだ量をひと目で確認できます。最大目盛り容量は240ml。たっぷり水分補給させたいときに便利です。

赤ちゃんの城 マグセット トリコロール

ギフトにもぴったりのマグセット

月齢に合わせてベビーマグ・トレーニングマグ・ストローマグと3通りの使い方ができるスパウトマグセットです。

かわいらしいトリコロールカラーのくまさん柄は性別を問わずに使えるので、出産祝いやハーフバースデーのギフトにもぴったりです。

煮沸・電子レンジ消毒に対応しているので、お手入れが簡単にできるスパウトマグセットを探しているママ・パパにおすすめですよ。

オーエスケー ハローキティ トレーニングマグ

クロスカットの飲み口を採用!

やわらかな口当たりの飲み口を採用したスパウトマグです。飲み口にはクロスの切れ込みが入れられており、赤ちゃんが自分で口に入れる飲みものの量を調整しやすいのがポイント。

飲み口やふたを別売りの乳首パーツやストローマグキャップセットに交換することで、長く使えるのも魅力です。熱湯で煮沸消毒のほか、電子レンジでの加熱にも対応しています。

リッチェル ピーナッツ コレクション ステップアップマグセットR

スタイがセットになったマグギフト

成長に合わせてカスタマイズできるマグとスタイがセットになったアイテムです。マグはシンプルな構造で、お手入れしやすいのがポイント。

吸う力が弱いうちはストローパーツをつけずに、吸う力が付いてきたらストローパーツをつけて、最後はストローマグとして使える3Way仕様です。しっかりふたが閉まるので、おでかけに持っていってもカバンの中で漏れにくいですよ。

ミキハウス「トレーニングマグセット」

生後3~8ヶ月頃まで使えるマグセット

乳首タイプの吸い口・スパウト・ストローのパーツがセットになったマグセットです。生後3ヶ月頃から8ヶ月頃まで長く使えるので、出産祝いのギフトにもぴったり。

スパウトパーツはやわらかいシリコン製で、唇の力が弱い赤ちゃんでもラクに形が変えられます。ビタミンカラーのアニマルデザインは、性別を問わずに使えるのもポイント。食洗器対応でお手入れも簡単です。

イノマタ化学 ベビーマグ スパウト

手頃な価格のシンプルなスパウトマグ

1個あたりの価格がとてもリーズナブルなスパウトマグです。パーツの数が少ないので、お手入れ後もあっという間に組み立てられます。

スパウトマグにあまりお金をかけたくない・まずは安いスパウトマグで飲めるかどうか試したいママ・パパはチェックしてみてください。

スケーター 折りたたみスパウトマグ

ハンドルが折りたためて持ち運びに便利!

両手のハンドルを前後に折りたためるスパウトマグです。ハンドルを折りたたむとコンパクトになるので、おでかけ先に持っていくのにぴったり!

ボトルは軽くて丈夫なPET素材で、口が広いため氷などもラクに入れられますよ。ふたは後ろに倒すと固定でき、赤ちゃんの口元の邪魔になりにくいのもポイント。

おでかけ先に持っていけるコンパクトなスパウトマグを探している人におすすめします。

コンビ「ラクマグ はじめてストロー 240」

くわえるだけで出てくる新形状のスパウトマグ

飲み口をくわえるだけで飲みものが出る、新しい形のスパウトマグです。生後4ヶ月頃から使えます。

ハンドルには角度が付いていて、赤ちゃんがマグを傾けなくてもスムーズに飲めるのもポイント。ふたをぴったりしめれば、逆さにしても漏れにくいので、おでかけにも持っていきやすいです。

これまでパッキンと飲み口は別パーツだったのが、こちらのマグでは一体化しているのでお手入れがしやすいのも魅力。付け忘れによる漏れの心配もなくなりますよ。

Done by Deer「スパウトカップ」

コップ飲みへスムーズに移行できるスパウト

メラミン製の軽くてシンプルなスパウトマグです。ふたと飲み口が一体化しているので、ラクに洗えるのがポイント。

ふたを外せば、普通のベビーマグとしても使えます。おしゃれなスパウトマグを探しているママ・パパにおすすめです。

日本トイザらス ベビーザらス限定 スパウトカップ

丈夫なトライタン製のスパウトマグ

落としても割れたり傷がついたりしにくい、丈夫なトライタン製のスパウトマグです。飲み口はやわらかいシリコン製のカバーで覆われており、飲みものを吸い込みやすいのがポイント。

食洗機にも対応しています。分解してラクに洗える、丈夫なスパウトマグを探している人にぴったりです

リッチェル「トライ ステップアップマグセット プレミアムSD」

保冷ボトルもついた便利なセット

おうちで使えるプラスチック製のマグのほか、おでかけに便利なステンレス製のボトルも付いたプレミアムなスパウトマグセットです。スパウト・ストロー・コップの3Way仕様で、長く使えます。

ふたとボトルは自由に組み合わせられるので、赤ちゃんの成長や使うシーンに合わせて組み合わせてみましょう。

フロントップ ポップでおしゃれなベビースパウトマグ

ビビッドなカラーが目を引くスパウトマグ

ポップなビビッドカラーが目を引くスパウトマグです。

ハンドルあり・なし2つのタイプがあるので、月齢が低い場合には両手で持てるハンドルあり、ハンドルがなくても自分で支えられるようになったらハンドルなしを選びましょう。

デザインは、ユニコーンやコアラ、カンガルー、ロボットなど全5種類。ハンドル付きの容量は250ml、ハンドルなしの容量は350mlです。

Done by Deer 2WAYスパウトマグ

スナックカップとしても使える2Way仕様!

ボーロなど小さなお菓子を入れてスナックカップとしても使えるスパウトマグです。ふたはスパウトマグ用・スナックカップ用どちらもやわらかいシリコンで作られていて、噛んでも歯・歯茎を痛めにくいのがポイント。

軽くてコンパクトなので、おうちはもちろん、お出かけ先で使うのにもぴったりです。北欧デザインの雑貨や育児用品が好きなママ・パパにおすすめします。

EDISON Mama 「ごくごくトレーニングコップセット」

スパウトからコップまで長く使える

スパウトマグとしてだけでなく、ストローマグやコップとしても使えるシンプルなマグです。ワンタッチでしっかりはめられるキャップはシリコン製で、着脱だけでなくお手入れも簡単。

スパウトの飲み口の反対側には、目線の目印になるりんごのマークがついています。おうちで長く・気軽に使えるスパウトマグにぴったりです。

ピジョン マグマグ セット

5ヶ月頃から使えるマグセット

生後5ヶ月頃から使えるスパウト・ストローマグセットです。

スパウトのほか、ストロー付け替え用ハンドルやコップ付け替え用ハンドル、ストロー飲み口、替え用パッキンがセットになっています。このセットを購入すれば、スパウトからコップ飲みまで長く使えるでしょう。

スパウトはおっぱいに近い太さ・形・やわらかさで作られているため、赤ちゃんが違和感を覚えにくいのもポイントです。

リッチェル トライ ステップアップマグセット

マグパーツを付け替えてスムーズに移行できる

成長に合わせてパーツを替えることで、スムーズにコップ飲みに移行できるマグセットです。

スパウト飲み口のほか、ストローマグパーツ・コップレッスンマグパーツがセットになっています。容量は200mlと、赤ちゃんの水分補給にちょうどよい容量。食洗器対応で、お手入れも簡単です。

b.box(ビーボックス)「ステップアップマグパック」

哺乳瓶からコップまでこれひとつでOK!

生後4ヶ月頃から、コップ飲みができるようになるまで長く使えるマグセットです。スパウトマグとしてはもちろん、哺乳瓶としても使えるのがポイント。

ひとつのアイテムを長く使いたい人におすすめします。スパウトはスリット付きで、赤ちゃんの歯にやさしい設計。食洗器対応で、お手入れが簡単なのも魅力です。

スパウトマグの使い方

ここからはスパウトマグの使い方・飲み物の飲ませ方を解説します。最初は慣れないため、嫌がって泣き出してしまう赤ちゃんもいるかもしれません。そんなときは、次のポイントが大事です。

  • ママ・パパがお手本を見せよう
  • まずはミルクから試してみよう
  • 慣れるまでは大人がサポートしよう

それでは順番にみていきましょう。

ママ・パパがお手本を見せよう

スパウトマグの練習をする際は、まずママ・パパがスパウトマグを使って飲みものを飲む様子を赤ちゃんに見せてあげましょう。

赤ちゃんが実際に飲むときは、抱っこしたりベビーチェアを少し傾けたりして、スパウトマグを傾ける感覚が得られるようにサポートしましょう。

無理に最初からスパウトで飲ませようとせず、少しずつゆっくり慣れさせていってくださいね。商品によっては、スパウトを哺乳瓶の吸い口のようなニップルタイプのパーツに付け替えられるものもあります。

ママ・パパがお手本を見せながら、ゆっくりと慣れさせてあげましょう。

まずはミルクから試してみよう

スパウトマグを使って最初に飲ませるものは、赤ちゃんが慣れているミルクや母乳がよいでしょう。慣れ親しんだ味・においの飲みものなら、赤ちゃんが嫌がることも少ないです。

最初からマグにたくさん入れて飲ませるよりも、まずはスパウトの先端に少しだけ付けて「ここから飲みものが出てくるんだよ」と教えてあげてくださいね。

慣れるまでは大人がサポートしよう

最初からスパウトマグを上手に使える赤ちゃんはいません。赤ちゃんが慣れるまでは、大人がサポートしてあげましょう。

赤ちゃんにハンドルを握らせた状態で、大人が少し傾けてあげることで、徐々にしっかり握って自分で傾けられるようになりますよ。

スパウトマグのよくある質問

スパウトマグのよくある質問にお答えします。

ストローマグにはいつ頃切り替える?

  • 8ヶ月頃を目安に切り替える家庭が多いです

    スパウトマグは生後5~6ヶ月頃から使えるようになります。生後8ヶ月頃になると、唇や口の筋肉の使い方も上手になって、自分で飲みものを吸う力が付いてくるので、ストローマグに切り替えましょう。
    しかし、赤ちゃんの発達・成長は個人差が大きいもの。8ヶ月になったからといって、いきなりストローマグに切り替えることはせず、スパウトマグとストローマグを交互に使うなどして、少しずつ切り替えていくとよいでしょう。

スパウトマグのパーツがカビたらどうする?

  • 買い替えましょう

    スパウトマグのパーツがカビてしまったときは、消毒・漂白して使い続けるのではなく買い替えるのが無難です。
    消毒・漂白で一見取り除けたように見えても、パッキンやパーツの奥深くまでカビが入り込んでいることがあります。赤ちゃんの健康のためにも、パーツがカビてしまったら買い替えてくださいね。

スパウトマグの洗い方・消毒方法は?

  • 専用のブラシや電子レンジを使って洗浄・消毒します

    スパウトマグは細かいパーツが多いもの。基本は中性洗剤を付けたスポンジで洗えばOKですが、細かいパ―ツは専用の細いブラシなどを使うとすみずみまできれいにできますよ。
    消毒方法は、電子レンジを使ったスチーム消毒が便利です。専用の容器に水とパーツを入れて電子レンジで加熱するだけなので、煮沸消毒や薬液消毒に比べて手間も時間もかかりません。
    ただし、商品によっては電子レンジが使えないこともあります。適した消毒方法は、取扱説明書などで確認しましょう。

離乳食が始まったらスパウトマグを使ってみよう!

離乳食が始まったら、スパウトマグを使って自分で飲みものを飲む練習をはじめましょう。

スパウトマグなら、吸う力が弱い赤ちゃんでも無理なくスムーズに1人飲みの練習ができますよ。商品選びに迷ったときは、記事中で紹介した商品や選び方のポイントを思い出してみてくださいね。

  • 赤ちゃんが使いやすいものを選ぼう
  • 洗いやすさや消毒のしやすさも忘れずにチェック!
  • セット商品なら長く使えて経済的!
  • まずはミルクや白湯、麦茶を飲ませてみよう
  • 離乳食開始のタイミングで購入するのがおすすめ