【2022年】低刺激シャンプーおすすめ人気ランキング18選!ドラッグストアで買える市販品も | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
AdobeStock_175282111(1)

【2022年】低刺激シャンプーおすすめ人気ランキング18選!ドラッグストアで買える市販品も

この記事では、低刺激シャンプーの特徴やドラッグストアで買える市販品をご紹介します。優しい洗浄力が魅力の低刺激シャンプーは、乾燥肌・敏感肌・アトピー肌の人にもおすすめ。頭皮への刺激を最小限にする髪の洗い方なども解説しているので、ぜひ最後まで目を通してくださいね。
この記事では、低刺激シャンプーの特徴やドラッグストアで買える市販品をご紹介します。優しい洗浄力が魅力の低刺激シャンプーは、乾燥肌・敏感肌・アトピー肌の人にもおすすめ。頭皮への刺激を最小限にする髪の洗い方なども解説しているので、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

低刺激シャンプーとは?どんな時に使用すればよい?

低刺激シャンプーとは?どんな時に使用すればよい?

低刺激シャンプーは、無着色・無香料・防腐剤フリーなどシンプルに作られたシャンプーのことで、マイルドな洗浄力が特徴です。

普通のシャンプーに比べて頭皮や髪への刺激が少ないので、普通のシャンプーがしみる人・乾燥肌の人・頭皮の荒れに悩んでいる人におすすめです。

低刺激シャンプーの選び方

低刺激シャンプーの選び方

髪や頭皮を優しく洗える低刺激シャンプーですが、どのように選んだらいいか悩む人も多いのではないでしょうか?まずは、低刺激シャンプーを選ぶときに気をつけたいポイントを4つ紹介します。

皮脂を落としすぎないマイルドな洗浄力のものがおすすめ

低刺激シャンプーは、頭皮の皮脂を落としすぎないマイルドな洗浄力のものを選びましょう。洗浄力の強いシャンプーは刺激が強いため、頭皮トラブルの原因になってしまう可能性があるからです。

下記のような低刺激でマイルドな洗浄力の洗浄成分が配合されたものがおすすめですよ。

  • ココイルグルタミン酸Na
  • ココイルアラニンTEA
  • ラウロイルメチルアラニンNa

シャンプー本体の成分表でも入っている洗浄成分を確認できるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

シャンプー本体の成分表でも入っている洗浄成分を確認できる

かゆみやフケには有効成分配合の薬用シャンプー

かゆみや痛みといった頭皮の炎症やフケなどに悩んでいる人は、有効成分に注目して選びましょう。

「グリチルリチン酸ジカリウム」などの抗炎症成分には炎症を抑える効果が、「ミコナゾール硝酸塩」などの抗菌・殺菌成分にはフケ・かゆみなどの原因菌の増殖をおさえる効果が期待できます。

これらの有効成分が配合された医薬部外品の「薬用シャンプー」は、フケやかゆみに悩んでいる人におすすめですよ。

仕上がり重視ならシリコン・ナチュラル派ならノンシリコン

「シリコン成分は頭皮の負担になる」とも言われていますが、肌に残らなければ問題ありません。シリコンには、ドライヤーの熱や摩擦から髪を守り、指通りをなめらかにする効果が期待できるので、髪が絡まりやすい人や髪の仕上がりをよくしたい人におすすめです。

ただし、頭皮にシリコンが残ったままの状態は肌トラブルの原因になるので、頭皮に残らないようにしっかりとすすぐようにしましょう。

添加物に神経質になる必要はない!

添加物と聞くと「よくなさそう」「避けたほうがいいのかな?」など、マイナスに考えてしまう人も多いのではないでしょうか。

防腐剤や香料などの添加物は肌への刺激になる場合もありますが、それぞれ目的があって配合されているため、一概に「入っているとよくない」「フリー処方がいい」とは言い切れません。

特定のアレルギー成分がある場合は、その成分を避けるようにしましょう。

刺激になりやすい成分

特定の成分にアレルギーがある場合や、今までに使用したシャンプーで刺激を感じたことがある人は、同じ成分が入ったシャンプーを選ばないように注意が必要です。

その場合は「防腐剤フリー」「硫酸系界面活性剤フリー」などの「〇〇フリー」という表記があるものを選びましょう。刺激になりやすい成分は以下の通りです。

  • 防腐剤
  • タール色素
  • 紫外線吸収剤
  • 硫酸系界面活性剤

低刺激シャンプーおすすめ人気ランキング18選

低刺激シャンプーおすすめ人気ランキング18選

ここからは、おすすめの低刺激シャンプーをランキング形式でご紹介します。口コミ・評判がいい商品を集めたので、「どんな低刺激シャンプーがいいか分からない」という人はぜひ参考にしてくださいね。

第一三共ヘルスケア ミノン薬用ヘアシャンプー

フケ・かゆみ・乾燥が気になる人に

『ミノン薬用ヘアシャンプー』は、植物性アミノ酸系の優しい洗浄成分が配合された低刺激シャンプーです。

弱酸性でアレルギーの原因となる物質を極力カットしているため、頭皮に負担をかけずに洗うことができます。

また、抗炎症作用がある「グリチルリチン酸2K」や保湿成分である「BG」を配合。

頭皮のバリア機能を守りながら洗うことができるので、フケやかゆみなどの頭皮トラブルに悩む人におすすめです。

花王 キュレルシャンプー

保湿成分「セラミド」配合で、潤いのある髪に

『キュレルシャンプー』は使うことで潤いをキープし、髪をなめらかな状態に導いてくれます。

これは、保湿成分である「セラミド」が配合されているためです。

また抗炎症成分である「グリチルリチン酸ジカリウム」配合で、フケ・かゆみなどの頭皮のトラブルを防ぐ効果も期待できますよ。

しっかりと汚れを落としつつ、赤ちゃんのデリケートな肌にも使うことができるので、家族みんなで使いたい人におすすめです。

haru kurokamiスカルプ

100%天然由来のオールインワンシャンプー

『haru kurokamiスカルプ』は、100%天然由来のオールインワンシャンプーです。頭皮に優しいヤシ由来の洗浄成分は、泡立ちもよく、頭皮の汚れをすっきりと洗い流してくれますよ。

「プロパンジオール」「グリセリン」「加水分解シルク」などたくさんの保湿成分が配合されているので、シャンプーだけでもハリ・コシのある髪に。

リンスの手間がないので、時間をかけずに美髪を手に入れたい人におすすめです。

マー&ミー ラッテ シャンプー

ママと子ども、それぞれの髪のダメージに対応

『マー&ミー ラッテ シャンプー』は、マイルドな洗浄成分と抗炎症作用のある「グリチルリチン酸2K」を配合したシャンプーです。

保湿成分には2つのミルクプロテイン「ラクトフェリン」「ホエイ」を配合。

それぞれのタンパク質の大きさが異なるので、子どもと大人、それぞれのダメージに合わせてケアすることができます。

泡が立ちやすくつぶれにくいので、ひとりでシャンプーすることに慣れていない子どもにもおすすめできます。

ピュアナチュラル『シャンプーL〈サラサラタイプ〉』

髪をサラサラに仕上げたい人に

『ピュアナチュラル シャンプーL〈サラサラタイプ〉』は、とことん低刺激処方にこだわって作られたシャンプーです。

優しい洗浄成分ですが、サラサラな髪に仕上がるのがポイント。

また植物性アミノ酸保水成分「ヒマワリ油」「ホホバエステル」を配合しているので、髪のうるおいを逃さず洗うことができます。

合成香料・合成着色料・紫外線吸収剤・鉱物油などの添加物が入っていないので、肌が敏感な方にもおすすめですよ。

牛乳石鹸共進社 カウブランド『無添加シャンプー さらさら』

無添加処方にこだわった弱酸性シャンプー

『カウブランド 無添加シャンプー さらさら』は、優しい洗浄力が魅力の弱酸性シャンプーです。

無添加にこだわって作られているので、防腐剤・品質安定剤の着色料・香料・パラベンはもちろん、アルコールも使用されていません。保湿成分には「ベタイン」が配合されています。

髪が傷んでいる人にはおすすめできませんが、無添加なのでデリケート肌の人は検討してもいいでしょう。

花王 キュレル 泡シャンプー[医薬部外品]

医薬部外品の泡で出てくるシャンプー

『花王 キュレル 泡シャンプー』は、泡タイプの医薬部外品シャンプーです。弱酸性の泡が髪と頭皮を優しく包み込み、健康な頭皮に必要な「セラミド」を守りながらさっぱりと洗い上げます。

抗炎症成分として「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合されているので、フケ・かゆみに悩む人におすすめですよ。

香料・着色料・アルコールフリーで赤ちゃんにも使えるのがうれしいですね。

常盤薬品工業 ノブ ヘアシャンプー DS

毛髪保護成分配合でしっとりとした髪へ

『ノブ ヘアシャンプー DS』は頭皮への負担を一番に考えて作られた、しっとりタイプの低刺激シャンプーです。

敏感な髪や頭皮に優しい毛髪保護成分「ポリクオタニウム-10」配合で、傷んだ髪もなめらかに洗い上げます。洗浄成分はマイルドで低刺激。防腐剤には、刺激の弱い「メチルパラベン」を使用しているのもうれしいポイントです。

シンプル処方なので、できるだけ添加物を避けて選びたい人におすすめ。

ビューティーエクスペリエンス ピュアナチュラル シャンプー しっとりタイプ

植物性の保湿成分配合で、柔らかくまとまる髪へ

『ピュアナチュラルシャンプー しっとりタイプ』は、髪と頭皮に優しい植物由来の洗浄成分が特徴です。

保湿成分「グリセリン」に加えて、植物オイル「ヒマワリ油」「ホホバエステル」を配合することでしっとり感アップ。くせ毛や剛毛も柔らかく扱いやすい髪に導きます。洗浄力が弱いのでスタイリング剤を使う人やオイリー肌の人には不向きですが、優しく洗い上げたい人にはおすすめです。

サラヤ 泡せっけんシャンプー

ふわふわの泡で、髪と頭皮の汚れもさっぱり

『アラウ 泡せっけんシャンプー』の洗浄成分は強めの石けん系ですが、保湿成分「グリセリン」が配合されているのでマイルドに洗い上げることができます。

抗炎症作用のある「シソ葉エキス&カミツレ花エキス」も配合されています。

合成界面活性剤・リン酸塩・エデト酸塩・合成香料・ 着色料・保存料不使用と、シンプルな処方が特徴です。ふわふわの泡が汚れを吸着してくれるので、頭皮の汚れをしっかりと落としたい人におすすめですよ。

太陽油脂 パックスナチュロン シャンプー

主成分にひまわり油を使用した、植物性石けんシャンプー

『太陽油脂 パックスナチュロン シャンプー』は、ヒマワリ油を主に作られた植物性石けんシャンプーで合成香料・合成着色料・防腐剤・合成界面活性剤がフリー処方です。石けん系の洗浄成分なので刺激は強めですが、保湿成分「グリセリン」や抗酸化作用のある「トコフェロール」が入っているためケアにも期待できます。ホイップクリームのような泡が髪と頭皮をさっぱりと洗い上げるので、地肌のベタつきが気になる人におすすめ。

ベルーガ プレミアムアミノ シャンプー

アミノ酸美容液成分が髪を補修

『ベルーガ プレミアムアミノ シャンプー』は、アミノ酸成分がたっぷり配合された贅沢なシャンプーです。マイルドな洗浄成分に加え、18種類のアミノ酸系美容液成分がダメージを受けた髪の内側を補強し、表面のキューティクルを補修。

さらに補修成分「生ケラチン」「生コラーゲン」配合で、髪をハリとコシのある髪に導いてくれます。

髪をより美しく保ちたい人におすすめです。

ボタニスト ボタニカルシャンプー モイスト

豊富な保湿成分配合で、指通りなめらかな髪へ

『ボタニスト ボタニカルシャンプー モイスト』は、グリセリンをはじめたくさんの保湿成分が配合されているのが特徴です。

ダメージケアができる毛髪補修成分「加水分解野菜タンパク」が配合されているので、指通りよく仕上がります。

優しい洗浄成分と、低刺激で洗浄力の高い洗浄成分が配合されており、頭皮に優しいのにさっぱりと洗い上がるのもうれしいポイント。髪のパサつき・広がりが気になる人にぴったりの商品です。

AFC 薬用アミノ酸シャンプー 爽快柑

天然由来成分94.7%以上、保湿成分34種類配合のノンシリコンシャンプー

『薬用アミノ酸シャンプー 爽快柑』は、94.7%以上が天然由来成分で作られているノンシリコンシャンプーです。有効成分である「グリチルリチン酸ジカリウム」には、ふけ・かゆみ・頭皮の匂いを防ぐ効果が期待できます。

アミノ酸15種類に加えて、「サクラ葉エキス」「海藻エキス」など合計34種類の保湿成分が髪に潤いを与えてくれるので、リンスは必要ありません。しっとりと潤う髪を目指したい人におすすめですよ。

バンインターナショナル イオ二ート エッセンスVシャンプー

無添加にこだわる人におすすめの優しい洗浄力

『イオニート エッセンスVシャンプー』は、水・ミネラル・無添加にこだわって作られた優しいシャンプーです。優しい洗い上がりで無添加処方なので添加物を気にしている人にはおすすめです。「モイスト」はしっとり「ライト」はサラサラに仕上がるので、なりたい髪質に合わせて選びましょう。

MIYOSHI(ミヨシ) 無添加 せっけんシャンプー

水と石けんだけのシンプル処方が特徴

『MIYOSHI 無添加 せっけんシャンプー』は、無添加処方でさっぱりと洗い上げるシャンプーです。

水と石けん成分のみのシンプル処方が特徴ですが、石けん系の洗浄成分はやや刺激が強いです。指通りをなめらかにする成分も配合されていないため、トリートメントを兼用するとよいでしょう。

シンプル処方なので、敏感肌でアレルギー成分を避けたい人におすすめです。

POLA グローイングショット グラマラスケア シャンプー

刺激を抑えてさっぱりと洗える、クレンジング発想のシャンプー

『POLA グローイングショット グラマラスケア シャンプー』は、頭皮の汚れをすっきりと洗い流すクレンジング発想のシャンプーです。

「セイヨウナシ発酵エキス」などの美容成分が髪にうるおいを与え、ハリ・コシのある美髪に導きます。洗浄力は強めですが、保湿成分「グリセリン」が配合されているため、刺激を抑えてさっぱりと洗うことができますよ。

すっきりと洗える低刺激シャンプーを探している人におすすめです。

いち髪 ナチュラルケアセレクト モイスト シャンプー

和草エキス配合で、保湿力に優れたシャンプー

『いち髪 ナチュラルケアセレクト モイスト シャンプー』は、天然由来成分を90%以上配合したシャンプーです。アミノ酸系の優しい洗浄成分が髪と頭皮を優しく包み込み、さっぱりと洗い上げます。米ぬか・ツバキ・ゆずなどの和草成分配合で保湿力に優れているため、潤い不足の髪や頭皮もしっとりとした状態に。

合成着色料・硫酸系界面活性剤不使用でパッチテスト済みです。

炎症や荒れの程度がひどい場合は皮膚科の受診を

頭皮のひどい荒れ症状には「頭皮がヒリヒリする」「ぶつぶつや湿疹ができている」「炎症を起こして赤くなっている」などがあります。「フケが多くなった」「痒みが続いている」など「頭皮の状態がいつもと違う」と感じたらすぐに対処することが大切です。個人では判断が難しいため早めに皮膚科を受診しましょう。

頭皮への刺激を最小限にする髪の洗い方・乾かし方

頭皮への刺激を最小限にする髪の洗い方・乾かし方

低刺激シャンプーの効果を十分に得るためには、正しい方法で髪を洗うことが大切です。ここからは、頭皮への刺激を最小限にする髪の洗い方・乾かし方をご紹介します。

ブラッシング

まずは、乾いた状態の髪をブラッシングして、大きいゴミやほこりをある程度取り除きましょう。

ブラッシングすることで、シャンプー時の絡まりや抜け毛を防ぐことができます。またシャンプーが地肌に届きやすくなるので、頭皮の汚れをしっかりと洗うことができる効果もありますよ。

髪がもつれている場合、無理やりブラッシングすると抜けてしまう恐れがあるので、髪の引っ掛かりを解きながら丁寧に行いましょう。シャンプー前のワンステップでたくさんのメリットがあるので、ぜひ試してみてくださいね。

ぬるま湯で予洗いをする

シャンプー前には、髪と頭皮を念入りに予洗いしましょう。

熱いお湯は頭皮の潤いを守る必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性があるため、お湯の温度は38℃程度のぬるま湯がおすすめです。

予洗いでほとんどの汚れを落とすことで、シャンプーの際に強くこする必要もなくなります。シャンプーの泡立ちもぐっとよくなりますよ。

予洗いの際は、髪や頭皮をゴシゴシこすらないよう注意しましょう。髪と頭皮を傷つけないよう、優しく洗うのがポイントです。

泡立ててから頭にのせてやさしくなじませて洗う

シャンプーはそのままの状態ではなく、泡立った状態のほうが頭皮にいいとされています。なぜなら、髪の毛で泡立てようとすると摩擦で必要以上に髪と頭皮を傷つけてしまったり、毛穴に詰まってしまったりするからです。

まずシャンプーを手のひらに取ってしっかりと泡立てましょう。髪と頭皮を包み込むように頭に乗せたら、頭皮のバリア機能を壊さないために、優しく馴染ませるように洗うのもポイントです。

泡立てるのが面倒な人は、はじめから泡で出てくるタイプのシャンプーや、シャンプーを泡立てるアイテムを使うと簡単ですよ。

しっかりすすぐ

洗い終わったら流水で十分に流しましょう。

これは、シャンプーの成分が頭皮に残ると強い刺激になり、髪のパサつきや頭皮が荒れる原因になる可能性があるためです。

ポイントは、髪をかき分けながら全体的にまんべんなくすすぐこと。自分ではしっかりと流したつもりでも泡が残っている可能性があるので、すすぎ残してしまいがちな前髪の生え際・首の側面・耳の後ろは、特に注意しましょう。

ただし、ある程度は皮脂を残すことも必要なので、あくまでも頭皮にシャンプー成分が残らないことを意識してくださいね。

タオルドライをしてから高温に注意して乾かす

ドライヤーで髪を乾かす前に、余分な水分をタオルドライしましょう。

タオルドライすることで、ドライヤーで乾かす時間を短縮することができますよ。

髪を痛めないように、柔らかいタオルを使って髪を挟むように優しく水分を吸収させるのがポイントです。

またタオルドライ後は、できるだけ早くドライヤーで乾かしましょう。生乾きの髪はダメージを受けやすく、放置することで雑菌が繁殖してしまうため、自然乾燥はNGです。ドライヤーは最低でも髪から20cm程度離し、同じところにドライヤーの温風を当てすぎないよう動かしながら使うといいでしょう。

低刺激シャンプーについてのよくある質問

低刺激シャンプーについてのよくある質問

アトピーでも試しやすい低刺激シャンプーはある?

  • シンプル処方のシャンプーがおすすめ

    アトピー肌の人には、できるだけ余分な成分が入っていないシンプル処方のシャンプーがおすすめです。シンプル処方のシャンプーでも十分に清潔な頭皮を保つことができますよ。
    シャンプーの中には洗浄力重視のものもありますが、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまうため、アトピー肌の人にはおすすめできません。アトピー肌にお困りの人は、抗炎症作用のある有効成分が配合された医薬部外品の「薬用シャンプー」の使用も検討したいですね。

低刺激シャンプーは子どもにも使える?

  • 子どもには子ども用がベター

    特に1歳未満の赤ちゃんには、ベビー用のシャンプーやベビー用の石けんを使うようにしましょう。
    大人用のシャンプーはベビー用に比べると洗浄力が高いため、たとえ「低刺激」であったとしても赤ちゃんの肌に負担をかけてしまうかもしれません。
    もし1歳以上の子どもと一緒に使いたいのであれば、「1歳ごろ〜大人まで使える」と明記された低刺激シャンプーを選ぶのがおすすめ。赤ちゃんの肌の状態によってはお湯で流すだけでいいケースもあるので、子ども用シャンプーは子どもの髪や成長に合わせて選びたいですね。

男性は男性用のシャンプーを使うべき?

  • 「男性用」に縛られる必要はない

    必ずしも『男性用』と強調されているシャンプーがいいという訳ではありません。
    洗浄力が強い男性用シャンプーで頭皮が荒れている人は、優しい洗浄成分のシャンプーに切り替えることで、頭皮環境を改善できる可能性もあるでしょう。シャンプーは性別にとらわれず、自分に合ったものを基準に選びたいですね。
    ただ、男性用シャンプーは、さっぱりとした使用感が男性に人気だったり、男性に多い悩みに対応していたりするものが多いのも事実です。男性特有の悩みがある人は、ぜひ検討してみてくださいね。

低刺激シャンプーで健康な頭皮へ!

低刺激シャンプーとは、無着色・無香料・防腐剤フリーなどシンプルに作られたシャンプーのことで、頭皮や髪への刺激が少ないのが最大の魅力です。

洗浄力がマイルドなので、普通のシャンプーがしみる人や乾燥肌の人、頭皮の荒れに悩んでいる人などにおすすめですよ。かゆみ・痛み・頭皮の炎症・フケなどに悩んでいる人は、有効成分に注目して選びましょう。

シャンプーする際は、ぜひ紹介した髪の洗い方を試してみてくださいね。

  • 低刺激シャンプーはシンプル処方でマイルドな洗浄力のシャンプー
  • 頭皮や髪への刺激が少ないのが特徴
  • 乾燥肌の人や頭皮の荒れに悩んでいる人におすすめ
  • かゆみ・痛み・頭皮の炎症・フケなどに悩んでいる人は有効成分に注目

※本記事に掲載する商品のランク付けは、(株)エブリーが独自に調査した複数の指標に基づき行っております。

※各商品について本記事内で記載する効果・効能があることを保証するものではありません。ご購入を検討する際には、商品の説明や内容等をご確認ください。

※本記事掲載の価格は記事公開日時点のものとなります。正確な商品の金額は、購入先でご確認ください。