【2022年】産後におすすめの骨盤ベルト人気ランキング15選!使うメリットや選び方を解説 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【2022年】産後におすすめの骨盤ベルト人気ランキング15選!使うメリットや選び方を解説

【2022年】産後におすすめの骨盤ベルト人気ランキング15選!使うメリットや選び方を解説

骨盤をサポートしてする骨盤ベルトは、産後のママにおすすめのアイテムです。ボディラインを整えるだけでなく、産後の骨盤ケアや腰への負担軽減などにも使えるんですよ。この記事で選び方のポイントやおすすめ商品を紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
骨盤をサポートしてする骨盤ベルトは、産後のママにおすすめのアイテムです。ボディラインを整えるだけでなく、産後の骨盤ケアや腰への負担軽減などにも使えるんですよ。この記事で選び方のポイントやおすすめ商品を紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

骨盤ベルトとは?

骨盤ベルトとは、骨盤の位置を整え、サポートしてくれるアイテムです。

妊娠・出産のタイミングにかかわらず使えるものと、妊娠・出産後の骨盤ケアに特化したものがあります。

ベルトの幅や締めつけの強さ、着脱のしやすさなどが商品によって大きく異なるので、購入前に商品の性能を比較して、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

骨盤ベルトにはどんな効果があるの?

骨盤ベルトには、主に3つの役割が期待できます。

  • 腰の筋肉のサポート
  • 骨盤をサポートし支える
  • 姿勢・体型の維持をサポート

骨盤ベルトを装着すると、腰周りの筋肉が支えられるため腰への負担を軽減します。

同時に、骨盤が正しい位置に収まるように支えることで、歪みによる身体の負担をサポートします。出産後の骨盤は大きく開き歪みやすいため、骨盤ベルトが活躍します。

一度開いた骨盤が自然と元の状態に戻ることは難しく、放っておくと骨盤の歪みやズレから腰痛や下半身太りの原因になることも。

ベルトで骨盤を支えることで、姿勢や体型の維持をサポートします。

骨盤ベルトの5つの選び方

ここからは骨盤ベルトの5つの選び方をご紹介します。

素材の伸縮性・通気性をチェックする

骨盤ベルトは長時間装着するものなので、適度な伸縮性・通気性があり、快適に装着し続けられるものを選びましょう。

綿やポリエステルといった伸縮しにくい生地を多く使ったベルトは、サポート力にはすぐれていますが、身体の動きを妨げてしまうことがあります。

ポリウレタンやスパンデックスなどを多く使用したベルトなら、適度な伸縮性があって体にフィットするので、長時間でもラクに付けていられるでしょう。

装着中のムレが気になるときは、メッシュ素材など通気性のよい素材を使用しているものを選ぶとムレが気になりにくいですよ。

ベルトのタイプで選ぶ

骨盤ベルトを選ぶときは、ベルトのタイプにも注目してみましょう。

しっかり固定できるダブルベルト

2本のベルトからなるダブルベルトの商品は、サポート力に優れています。

動いてもズレにくいので、日中装着するのにぴったりです。上下のベルトの締めつけ具合を調節することで、自分の身体にぴったりフィットさせられるというメリットもあります。

身体を支える力が強い立体構造ベルト

立体的な構造になっているものや、ベルトにカーブが付いているものは、身体にぴったりフィットします。動いてもズレにくく安定感があるため、常に骨盤をしっかりサポートしたい人にぴったりです。

ただし、人によっては体型に合わなかったり、ベルトそのものにボーンが入っていたりして硬く感じることがあります。

産後の身体に負担がかかりにくい細身のベルト

産後に装着するなら、できるだけ身体に負担のかかりにくい、細身のベルトを選ぶとよいでしょう。

幅広のベルトだと、おなかが圧迫されて違和感や痛みを感じることがあります。また、腹部まで固定することで、動きが制限されてしまうこともあるので注意が必要です。

ベルトの巻きやすさをチェックする

ベルトの巻きやすさも、骨盤ベルトを選ぶ際の大切なポイントです。トイレやおでかけ時など、サッと外して巻き直せるものを選びましょう。

1人では巻きにくい骨盤ベルトは、装着に時間がかかるだけでなく、正しい位置で固定しにくいです。

正しい位置で使用できなければ骨盤ベルトを装着するメリットが大きく損なわれてしまうので、骨盤ベルトを選ぶ際は次のポイントをチェックして選んでくださいね。

  • 自分1人でラクに着脱できるか
  • 正しい位置にしっかり固定できるか

骨盤ベルトのサイズをチェックする

産後に骨盤ベルトを使うのであれば、サイズもしっかり確認しましょう。

妊娠中に体重が増加していたり、身体のラインが変わっていたりするため、妊娠前の感覚で産後に使う骨盤ベルトを選ぶと、身体にフィットしないことも珍しくありません。

産後に使う骨盤ベルトは、サイズ調整がしやすいもの・適応サイズに幅があるものを選ぶと使いやすいですよ。

妊娠中から産後も使えるものを選ぶ

どれくらいの期間使えるかもチェックしましょう。骨盤ベルトは産後に使うものというイメージがありますが、妊娠初期から産後2ヶ月程度まで装着するのが望ましいとされています。

妊娠中から産後まで使えるものなら、買い替える手間とコストが省けるでしょう。

骨盤ベルトのおすすめ14選

ここではおすすめの骨盤ベルトをご紹介します!使いたい時期や目的に合わせて、体にぴったりの商品をみつけてくださいね。

ピジョン「妊娠中から使える骨盤ベルト」

2段階でしっかり締められる!

本体ベルトで固定した後、外側ベルトでさらにしっかり締められる、サポート力の強い骨盤ベルトです。しっかり締めつけてくれますが着脱はとても簡単で、おしりにフィットさせたら前で留めるだけ。

妊娠初期から産後まで長く使えます。伸縮性のあるやわらかな素材で、身体にしっかりフィットするのもポイント。おしり部分はメッシュになっているので、汗ばむ季節もムレにくいですよ。

ワコール マタニティ「産後骨盤ベルト」

助産師さんと共同開発!

(公社)日本助産師会と一緒に開発した骨盤ベルトです。産後のママの身体のことを考えて、骨盤をおしりの下から斜め上に向かって支える構造になっています。

デリケートなおなかを押さえつけないので、ラクに装着していられますよ。おなかをできるだけ締めつけたくない、ラクな着け心地の骨盤ベルトを探している人はチェックしてみてくださいね。

おしりの形に合わせた立体設計でズレにくいのもポイント。幅広ゴムが身体にぴったりフィットして、骨盤とおしりをしっかりサポートしてくれます。

ワコール マタニティ「産前&産後 骨盤ベルト」

フィット感が高くズレにくい!

身体にぴったりフィットして、骨盤をしっかり支えてくれる骨盤ベルトです。

おしりに引っかけるようにして装着することで、骨盤周りにある3つの関節・筋肉をサポートしてくれます。はさむようなY字構造と滑りにくい肌側テープでズレにくいのもポイント。

通気性のよい素材を使用しているためムレにくく、快適に着けていられますよ。とにかくズレにくい骨盤ベルトを探しているママにぴったりです。

犬印本舗「産後すぐニッパー」

さらしよりも巻きやすい産後ニッパー

出産直後に巻くニッパータイプの骨盤ベルトです。

さらしと違ってフロントのベルトをクロスして引っ張り留めるだけなので、サッと簡単に装着できます。ベルトはやわらかく伸縮性のある素材でできており、適度な締めつけで身体にフィットするのもポイント。

出産前に購入する場合は妊娠後期のヒップサイズで、産後に購入する場合は現在のヒップサイズでサイズを選んでくださいね。

オオサキメディカル dacco(ダッコ)「キュッとベルト」

シームレスな作りでラインが響きにくい!

キュッと引っ張り、ワンタッチテープで留めるだけで、誰でも1人で簡単に装着できる骨盤ベルトです。下腹部にあたる部分が一段低くなっているので、座ってもズレにくいのがポイント。

ベルトのフチがテープなどで縁取られておらず、服にベルトのラインが響きにくいのも魅力です。薄型の骨盤ベルトを探しているママにおすすめします。

エンゼル「骨盤ベルト」

幅広ベルトで安定感あり!

出産後2~3日後から使える骨盤ベルトです。

2枚の幅広ベルトが骨盤を包み込むように支えて、開いた骨盤が閉じるのをサポートするほか、骨盤を正しい位置に整えてくれます。骨盤を重点的に締めたい人におすすめです。

ラディアンヌ「骨盤マーメイドベルト」

寝ている間に骨盤ケアができる

寝ている間に大転子(太ももの付け根の骨が出っ張った部分)を引き締めてくれる骨盤ベルトです。骨盤をしっかり包みこみ、下半身をスリムに見せてくれます。

サイズはフロントホックで調整可能なので、自分がラクなサイズで装着できるのもポイント。就寝中も使える、サポート力の強い骨盤ベルトを探している人はチェックしてみてくださいね。

ローズマダム「新骨盤ベルト」

二重ベルトでぎゅぎゅっと引き締め!

内側と外側、2重のベルトでしっかり骨盤を引き締められる骨盤ベルトです。

骨盤周りだけを締めるシングルベルトなので、おしりにベルトが当たるのが嫌な人・トイレのたびに締め直すのが面倒な人にぴったり。

前面にはムレを軽減する通気口がついていて、汗ばむ季節も快適に着けられますよ。幅が狭く、服にラインが響きにくいので、外出時にも装着しやすいです。

犬印本舗「なが~く使えるマタニティベルト」

独自構造で簡単サイズ調整

独自のクロス構造で簡単にサイズ調整ができ、妊娠中から産後まで長く使える骨盤ベルトです。

着用したときもベルトが重なる部分がもたつきにくく、すっきり着用できますよ。体型の変化に合わせて柔軟に調整できる、着け心地のよい骨盤ベルトを探している人にぴったりです。

脚の付け根側がカーブしているため、ベルトの幅が広くても座ったときに食い込みにくいのもポイント。ひとつのベルトを長く使えるので、出産準備アイテムにかけるコストを気にする人にもおすすめします。

ピジョン「守って締める ふわキュット 産後の骨盤ベルト」

帝王切開になっても使える!

帝王切開になってもそのまま使える骨盤ベルトです。出産は何が起こるかわからないもの。急遽帝王切開で出産することになったとしても、この骨盤ベルトなら産後すぐから使えますよ。

おしり側はメッシュで通気性がよい一方で、おなか側はふんわり厚みがあるのがポイント。おしりを乗せるだけで骨盤の位置にきちんとフィットする立体設計で、ベッドに寝たままでも装着しやすいです。

プール・レ・ママン「骨盤ベルト 産後用 ピルビス・ホールド」

軽くてムレにくい薄型ベルト

重さ68g、厚み0.7mmと軽量・薄型の骨盤ベルトです。メッシュ素材でできているため、通気性が良くムレにくいのもポイント。ラインが響きにくいので、服装を選ばずに装着できます。

こちらの商品には、装着したときに骨盤周りを締めつけすぎないように、締めつけ目安を表すメモリが付いています。

メモリに合わせて締めつけ感を調整することで、血流やリンパの流れが滞ってしまうのを防げますよ。初めて骨盤ベルトを使う人・軽くて薄い骨盤ベルトを探している人におすすめします。

ピジョン「帝王切開におすすめ 骨盤ベルト」

傷口にやさしい作りの骨盤ベルト

帝王切開で出産したママのための骨盤ベルトです。傷口に当たるおなか側は綿100%で作られているので、肌あたりやわらか。厚みのあるクッション素材が、おなかをしっかり保護してくれます。

ベッドに寝たままでも着けやすいように前留めタイプです。おしり側がダブルベルトになっているのもポイント。

おしりにぴったりフィットするため、身体を動かしてもズレにくいですよ。

ピジョン「出産したら締める骨盤ベルト」

骨盤にフィットするパッド内蔵

骨盤の形にぴったりフィットするパッドが内蔵された骨盤ベルトです。内臓パッドを身体に密着させることで、初めてでも正しく装着できますよ。

仮留めベルトと本体ベルトのダブルベルトタイプなので、1人で簡単に装着できるのもポイント。入院中、ベッドに寝た姿勢でも着用できるので、出産準備アイテムのなかに入れておくと何かと重宝します。

犬印本舗「術後すぐ使える・帝王切開後の腹部保護帯」

手術後のおなかをやさしく保護

帝王切開の手術後すぐから使える腹部保護帯です。ほどよい厚みとクッション性のあるキルティング素材が、おなかをやさしく守ってくれます。

両脇部分にパワーネット素材を使用しているので、身体にしっかりフィットするのもポイント。デリケートな時期に使える保護帯・ベルトを探している人は、チェックしてみてくださいね。

骨盤ベルトのよくある質問

骨盤ベルトで気になる、よくある質問をご紹介します。

骨盤ベルトは妊娠中から使える?

  • 商品によります

    骨盤ベルトがいつからいつまで使えるかは、商品により異なります。妊娠中から使うのであれば、パッケージなどに「妊娠中から使える」などと書かれているものを選ぶとよいでしょう。

産後はいつからいつまで使うの?

  • 妊娠初期から産後2ヶ月程度までつけるのが望ましいです

    骨盤を緩めるホルモンは、妊娠初期から分泌されています。骨盤をサポートするために装着するのであれば、妊娠がわかった段階で骨盤ベルトを使い始めるようにしましょう。
    産後は、2ヶ月程度までつけるのが望ましいです。ただし、いずれの場合も装着しているのがつらい・体調が悪いときは外してください。
    体調のよいときに、無理のない範囲で装着するようにしましょう。

寝るときも装着していないとダメ?

  • 就寝中は外しましょう

    寝ているときは、骨盤ベルトは外したほうがよいでしょう。寝返りでズレたり、寝ている間に血行が悪くなってしまったりするリスクがあります。
    商品によっては寝ている間も装着できますが、パッケージに「寝ている間も使える」などと書かれていなければ、外して寝る方が身体への負担が少ないです。
    寝ている間も骨盤をサポートしたいのであれば、薄手で締めつけがゆるい就寝時用の骨盤ベルトを購入して使い分けるとよいでしょう。

骨盤ベルトで身体への負担を軽くしよう

骨盤ベルトは、妊娠中から産後のママの骨盤をサポートしてくれる頼もしいアイテムです。身体に大きな負担がかかる時期だからこそ、自分に合ったものを選んで装着してみてくださいね。

商品選びに迷ったときは、記事中で紹介した5つのポイントや、編集部のおすすめ商品を思い出してください。

  • 骨盤ベルトは妊娠中から産後のママを助けてくれるアイテム
  • 素材や伸縮性、通気性をチェックして選ぼう
  • 産後は体に負担の少ない細身のものがおすすめ
  • サイズ調整が利くものは長く使える
  • 寝ているときは外すか、就寝時用のものを使おう

※本記事に掲載する商品のランク付けは、(株)エブリーが独自に調査した複数の指標に基づき行っております。

※各商品について本記事内で記載する効果・効能があることを保証するものではありません。ご購入を検討する際には、商品の説明や内容等をご確認ください。

※本記事掲載の価格は記事公開日時点のものとなります。正確な商品の金額は、購入先でご確認ください。