【2023年】おねしょシーツのおすすめ人気ランキング23選!使い方や洗い方も解説 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【2022年】おねしょシーツのおすすめ人気ランキング23選!使い方や洗い方も解説

【2023年】おねしょシーツのおすすめ人気ランキング23選!使い方や洗い方も解説

おねしょシーツは、おもらしからベッドや布団を守ってくれる子育て中のママ・パパには育児の負担をへらすお助けアイテムです。この記事では、おねしょシーツの選び方のポイントやおすすめのおねしょシーツを紹介します。おむつを卒業する前にチェックしてくださいね。
おねしょシーツは、おもらしからベッドや布団を守ってくれる子育て中のママ・パパには育児の負担をへらすお助けアイテムです。この記事では、おねしょシーツの選び方のポイントやおすすめのおねしょシーツを紹介します。おむつを卒業する前にチェックしてくださいね。

おねしょシーツと防水シーツの違いは?

おねしょシーツとは、おねしょ対策として防水加工やはっ水加工が施されている吸水性があるシーツのこと。

育児中のおねしょ対策やミルクなどの吐き戻しから敷布団やベッドのマットレスを汚れから守る目的で使用されています。おむつを卒業しても一定の期間はおねしょが続くため欠かせないアイテムのひとつです。

おねしょシーツを探していると「防水シーツ」との違いが気になるかもしれません。

防水シーツは子育て用のおねしょシーツのほかに、医療用として使われるものも含んだ防水・汚れ対策用のシーツの総称です。

おねしょシーツも防水シーツも同じ目的で使用されるものなので、どちらを選んでもおねしょ対策では問題ありません

おねしょシーツの選び方

おねしょシーツは、さまざまな種類の商品が販売されています。購入する際には、使用感や機能性をチェックしながら選びましょう。

ここではおねしょシーツ選びで押さえておきたいポイントを紹介します。

おねしょシーツの種類をチェック

おねしょシーツの種類には、ボックスタイプとフラットタイプがあります。タイプによって特徴や使い勝手が違うので、特徴を踏まえて選びましょう。

ボックスタイプ

ボックスタイプは、シーツのふち全体につけられているゴムでマットレスや敷布団を覆うように取り付けます。

覆う部分全体に防水加工が施されており、フィットしやすくズレにくいのが特徴で、布団・マットレス全体をしっかりカバーしたい人におすすめです。

全面が防水仕様になっているので、端に水が溜まりやすく乾きにくいため、干す際は工夫しましょう。

フラットタイプ

フラットタイプ

フラットタイプは、四隅のゴムでマットレスや敷布団に取り付けます。付け外しがしやすく、ボックスタイプに比べて乾かしやすいのが特徴で、おねしょが多く頻繁に洗濯する家庭におすすめです。

ただし、マットレスの厚みやゴムのサイズによっては、取り付けられなかったり、ズレやすいので注意してください。

サイズ・大きさをチェック

おねしょシーツには、ベビー布団・シングル・セミダブル・ダブルなどさまざまなサイズがあります。

サイズによってカバーできる範囲が決まってくるので、寝る環境に合わせてサイズを選びましょう。

全面タイプ

全面タイプは、シングル・セミダブル・ダブルといったマットレスのサイズに合わせて表面全体をカバーしてくれます。

マットレス全体を守ってくれるので、寝ている間に転がっても広範囲をカバーできますね。

子どもは睡眠中に移動しがちなため、まずは全面タイプがおすすめです。

部分タイプ

部分タイプは、腰やお尻付近のみをカバーするシーツです。

寝ているときに動きが少ない場合や、お昼寝場所のカーペットなど一時的に使いたいときに向いています。おむつ替えシーンでも活躍するでしょう。

全面タイプに比べサイズも小さいため、交換やお手入れがしやすいのもポイントです。

防水タイプをチェック

防水タイプには、おもにラミネートとコーティングの2つの加工方法があります。

コーティング加工はある程度の厚みがあり洗濯したときに劣化しにくく、ラミネート加工は生地が薄くムレにくいのが特徴です。

おしっこの量が多い場合や長く使いたい時はコーティング加工、寝心地を重視したい人はラミネート加工がしてあるおねしょシーツを選ぶとよいでしょう。

素材をチェック

おねしょシーツの素材によって、寝心地や吸水性が変わってきます。生地ごとに特徴が違うので、使用感やお手入れのしやすさなど目的や寝る環境に合った素材を選びましょう。

コットンパイル(綿)

コットンパイルはおもにタオルに使われていることから「タオル地」ともいわれます。

肌触りがよく寝心地もよいのが特徴で、吸水性も高いため単品でも使えます

コットンパイルには、ロングパイルとショートパイルの2種類があり、ロングパイルは引っかかったり、糸くずが出やすかったりするためショートパイルがおすすめです。

ポリエステル

ポリエステル素材のおねしょシーツは、一般的に広く使用されていて価格もお手頃なのが特徴です。

洗濯しても乾きやすくお手入れが楽なところは魅力ですが、吸水性にはやや不安があるため、ベッドシーツと併用して使うとよいでしょう。

デザインをチェック

おねしょシーツはカラーバリエーションも豊富なので、ベッドや部屋の雰囲気に合わせた色合いのものを選ぶとよいでしょう。

また、キャラクターやかわいいデザインのものだと子どもが喜んでくれますよ。

機能性をチェック

おねしょシーツの機能性もチェックしておきたいポイントです。使い勝手や快適さが変わってくるので、必要な機能を備えているか確認しましょう。

おねしょシーツの特徴的な機能をご紹介します。

抗菌・防臭・防ダニ

おねしょシーツも使い続けると、おしっこや汗、皮脂などで不衛生な状態になってしまいます。

清潔に保つためには抗菌・防臭・防ダニ加工がされているものを選びましょう

防ダニ加工はアレルギー対策にもおすすめです。

ズレ防止

子どもは布団を蹴ってしまうのでシーツもズレやすいため、おねしょシーツのズレ防止も大切な機能のひとつです。

おねしょシーツを付けていても、寝返りなどでズレてしまえばおねしょをカバーできません。

部分タイプは特にズレやすいので、ズレにくさもチェックしておきましょう。

洗濯機対応・乾燥機対応

おねしょシーツは手洗いだと手間も負担もかかるため、洗濯機対応のものを選ぶのがおすすめです。

脱水が可能なものや乾燥機対応のものだと負担はさらに減りますよ。

子どものおねしょは避けられないもの。おねしょの回数が多くなるとお手入れの頻度も増え、ストレスも溜まってしまうものです。

洗濯機や乾燥機が使用できるものを選び、洗い替え用のシーツも準備しておくのもひとつの手ですよ。

冷感仕様・あったか仕様

おねしょシーツには、夏や冬でも快適に過ごせるような工夫がなされているものもあります。

夏には吸湿・放湿に優れた冷感仕様、冬はあたたかい空気を逃さない、ふんわりとした肌触りのよいものを選びましょう。季節によって種類を変えることでより快適に過ごせますよ。

使い捨てられる

おねしょシーツには使い捨てのタイプもあります。ゴミとして出すだけなので、後片付けが楽なのが特徴です。

毎回新しいシートに付け替えるので、いつも清潔に使うことができます。

日常的に使うとお金もかかってきますが、旅行先のホテルや帰省でおねしょが心配なときに便利です。

子どもサイズのおねしょシーツのおすすめ人気ランキング

おねしょ対策で悩んでいる子育て中のママ・パパに、機能性や使い勝手からおすすめのおねしょシーツをご紹介します。

おねしょ後の後片付けが楽になるので、購入する際の参考にしてくださいね。

イクズス 綿100%パイル地 防水おねしょシーツ

少し長めのサイズでしっかりカバー!洗濯機・乾燥機対応でお手入れも簡単

一般的なおねしょシーツよりも5cm~10cm長く、布団やマットレスをしっかりカバーできるおねしょシーツです。

第三者機関に認められた確かな防水性と吸水性抜群の綿100%で水分を通しません。

洗濯機・乾燥機対応でお手入れが簡単なのもうれしいポイント。乳幼児基準の安全性試験に合格しており、子どもにも安心して使うことができますよ。

ナイスデイ mofua しっかり防水フラットシーツ

1年中快適に使えてお部屋に馴染むカラーが魅力のおねしょシーツ

肌触りがよく年中快適に使えて、部屋に馴染む全5色のカラーラインナップが魅力のおねしょシーツ。

綿100%の吸水性とラミネート加工された安心の防水性で布団やマットレスを守ってくれます。フラットタイプとボックスタイプから選択可能で、シングル~ワイドキングまで豊富なサイズが揃っているのもポイント。

洗濯機対応で簡単に洗えるのでいつでも清潔に保てます。

タックコーポレーション 防水シーツ

防水性と吸収速乾性が高くおねしょからしっかり守ってくれる

タックコーポレーションのおねしょシーツは、表面が綿100%のパイル生地で裏面にポリウレタンラミネート加工が施されており、防水性と吸水速乾性に優れています。

70×120cmのサイズでベビー布団やベビーベッドに最適。四隅にゴムが付いているのでズレることなく安心です。洗濯機対応でお手入れも簡単にできます。

LASOLL おねしょシーツ 2枚入り

洗い替えに便利な2枚セット

かわいい動物柄のデザインで、洗い替えに便利な2枚セットのおねしょシーツ。防水性・通気性・やさしい肌触りを兼ね備えた3層構造になっています。丈夫な素材で耐久性も高く、洗濯機で丸洗いも可能。

おむつ替え時やベビーカー、ベビーベッドでの使用に最適な50✕70cmのサイズ感で、使い勝手が抜群です。

BRILBE 呼吸できる おねしょ防水シーツ

天気が悪い日でも大丈夫!洗濯機・乾燥機対応でいつでもお手入れ可能

洗濯機・乾燥機どちらにも対応しているお手入れ簡単おねしょシーツ。天気が悪い日でも洗濯から乾燥までできるので、いつでも洗うことができます。

ポリウレタンラミネート加工で通気性と防水性を両立します。100×210cmのサイズ感で四隅にゴムがついているので敷き布団にぴったりフィット。

シンプルな全4色のカラーから選べて、洗い替えにも便利な2枚セットとなっています。

kerata(ケラッタ) ベビー 防水 おねしょシーツ

ベビーベッドやお昼寝布団にぴったりサイズのおねしょシーツ

70×120cmのサイズでベビーベッドやお昼寝布団にぴったりのおねしょシーツです。

表側は赤ちゃんの肌にもやさしい柔らかいコットン生地で寝汗も吸収し、裏側はポリウレタンコーティングが水分をしっかりガードします。

2枚セットでおねしょしても洗い替えの心配もなく、ネットを使用すれば洗濯機での丸洗いOK。小さく畳めるので持ち運びも楽で旅行先でも活躍してくれます。

kerata(ケラッタ) 防水 おねしょシーツ

機能性も高くやわらかいコットン素材で寝心地抜群

綿100%ふわふわのパイル生地で寝心地抜群のおねしょシーツ。四隅にはズレ防止のゴムバンドが付いていて、100cm×200cmサイズなので寝返りをうっても安心です。

優れた防水性と高密度の素材を使用し、通過ダニ数0匹と確かな安全性も兼ね備えています。ネットに入れれば洗濯機での丸洗いも可能。

洗い替えに便利な2枚セットでお手入れも簡単です。

ネムライフ マモルくん 防水×防ダニシーツ α

防水×防ダニで衛生的!側面まで防水なのに蒸れずに快適

防水×防ダニ機能でダニ・寝汗の悩みが解消できます。側面まで防水加工が施されており、寝具を一切汚しません。

蒸れを逃がして汚れをガードするので衛生的。ハウスダスト抑制やアレルギー予防にも最適です。洗濯機・乾燥機対応で、自宅で丸洗いできます。

薬剤不使用なので、赤ちゃんから高齢の方まで幅広く使うことができます。

アイティーエスエス サラサラおねしょシーツ

夏にぴったり!冷感仕様でひんやりさわやか

夏にぴったりの冷感仕様でサラサラした肌触りが特徴のマットレス用おねしょシーツです。

マチの部分も防水加工が施されており、マットレスの側面までカバーできます。マットレスの角に合わせやすく、取り付けはスムーズ。

しっかりフィットするので、寝相が悪くてもズレる心配はありません。洗濯機・乾燥機対応で洗濯、脱水、乾燥が一連の流れでできるので、お手入れが簡単にできます。

プラスプラスマート ieeform 肌ごこち 防水シーツ

5層構造で防水性とやわらかい肌触りを両立したおねしょシーツ

四隅にゴムがついたフラットタイプで、5層の生地で防水性とやわらかい肌触りを両立したおねしょシーツ。

吸水性・速乾性・通気性に優れており、カビやニオイの発生を抑えてくれます。パイル生地にキルティング加工が施されており、敷きパッドのように使うことができます。洗濯機での丸洗いも可能です。

リレイション 防水アンダーシリーズ BOXシーツ用

防水に特化した薄手・軽量のおねしょシーツ

表面にコットンなどの吸水性のある素材を使わず、防水に特化した薄手・軽量タイプのおねしょシーツです。

普段使っているシーツや敷きパッドの内側にインナーとして使用するタイプのため、お部屋の雰囲気を変えずに防汚・防水対策ができます。

サイズはなんと29種類。どんな環境でもぴったりの1枚が見つかりますよ。

サンマドラ 防水ボックスシーツ

吸水速乾性に優れサラッと快適!側面までカバーできるおねしょシーツ

ピーチスキン加工で肌触りがよく、吸水速乾性に優れているのでサラッと快適なおねしょシーツです。

表面だけでなく側面部分も防水仕様で、横漏れした水分の染み込みを防ぎます。ズレ防止のゴム付きボックスタイプなので、取り付けが簡単で、寝相によってズレる心配もありません。

洗濯機対応で乾きやすくお手入れも簡単。お部屋に馴染む5色のカラーも魅力です。

ラック 防水シーツ

しっとりなめらかな肌触りが特徴のおねしょシーツ

繊維が細かくなめらかなポリスムース生地で、ペットの爪にも引っかからない肌触りが特徴のおねしょシーツ。

洗濯機対応で乾きやすいのも魅力。敷きパッドタイプやボックスシーツタイプなどさまざまな種類があり、やさしい色合いの4色のカラーから選べるのもうれしいポイントです。

あいスタイル本舗 thrive on 防水おねしょシーツ

かわいいデザインで蒸れずに快適に過ごせるおねしょシーツ

かわいいデザインで蒸れることなく快適に過ごせるおねしょシーツです。

やさしい肌触りと優れた防水性、通気性のよさを兼ね備えた3層構造で、赤ちゃんにも安心して使うことができます。

サイズは120cm×70cmでベビーベッドにぴったりのサイズ。幼稚園、保育園に持参するお昼寝シートとしても使用可能です。

バンダイ それいけ! アンパンマン パイル地おねしょシーツ

子どもが喜ぶアンパンマンの絵柄のおねしょシーツ

小さな子どものテンションがあがるアンパンマンの絵柄が可愛いおねしょシーツ。

しっかり防水してくれるので、おねしょ対策にはもってこいの商品です。ふんわりパイル生地なので快適な寝心地。

洗濯機対応で防ダニ加工も施されているので、清潔に保つことができますよ。

西松屋 防水シーツ 無地

付け外しがしやすくソフトな肌触りのおねしょシーツ

ベビー用品でおなじみ西松屋のおねしょシーツです。パイル生地でソフトな肌触りと防水加工でおねしょ対策にぴったり。

ベビー布団やお昼寝布団のサイズに合ったフラットタイプで、四隅のゴムでズレを防止してくれます。付け外しがしやすく洗濯機で洗えるのでお手入れも楽です。

Joyancejt おねしょシーツ

可愛い柄のデザインで裏表とも肌にやさしい素材でどちらも使用可能

可愛いデザインでプレゼントや出産祝いに人気のおねしょシーツ。

表面はオーガニックコットン、裏面はタオル生地でできているので、どちらも肌にやさしく両面ともおねしょシーツとして利用できます。

80x100cmのサイズ感で持ち運びしやすく、旅行先でも活躍してくれますよ。かわいいデザインと機能性がどちらも重視したい人におすすめです。

ニトリ 速効消臭防水シーツ

速効消臭でおしっこのイヤな臭いが続かないおねしょシーツ

ニトリで販売されている速効消臭が魅力のおねしょシーツです。

おねしょした時にも、ニオイのもとをしっかり消臭してくれるので、イヤな臭いが気になりしません。洗濯機で洗えるのでお手入れも簡単。

持ち運びしやすい部分タイプのおねしょシーツで、おむつ交換やお昼寝のときにさっと使えて便利です。

un doudou アン・ドゥ・ドゥ 防水おねしょシーツ

防水性と吸湿速乾性でしっかりガード

表面が綿100%のパイル生地と裏面にポリウレタンラミネート加工が施されているおねしょシーツ。

確かな防水性と吸水性に優れたパイル地が水分を素早く吸収するので、お布団やマットレスをしっかりガードしてくれます。

抗菌防臭加工を施しており、菌の増殖を抑え不快なにおいを軽減。ホルムアルデヒド含有量を抑え、赤ちゃんから大人まで安心して使用することができますよ。

La Kissa おねしょシーツ

8種類の可愛いデザインから選べる持ち運びに便利なおねしょシーツ

全部で8種類の可愛いデザインから選ぶことできて、毎日楽しい気持ちになることができるおねしょシーツです。

三層構造で赤ちゃんにもやさしい肌触り、蒸れずに快適な通気性、しっかりとした防水性と機能性の高さも魅力。

抗菌加工もしており、菌の増殖を抑えてくれて清潔な状態を保てます。2枚セットで洗い替えにも便利ですよ。

ニトリ 防水マルチすっぽりシーツ

すっぽり包んでズレにくいので安心して使える

ニトリが販売している「防水マルチすっぽりシーツ」は敷き布団とマットレスのどちらにも使えて、厚さ38cmまで対応できます。

全体をすっぽり包み込んでくれるのでズレにくく安心です。裏面にゴムがついているので取り付けも簡単。

表面は綿100%のパイル生地で肌触りがよく、洗濯機で洗えるのでいつでも清潔を保てます。

アペゼ 防水シーツ

側面まで完全防水なのに通気性抜群!汚れやカビからしっかり保護

側面まで完全防水になっており全方位からマットレスを守ってくれます。

防水なのに通気性がよいため、お手入れが大変なマットレスを汚れやカビからしっかり保護。

全周にゴムが入っているので付け外しが簡単で、フィット感がよくズレにくいのも特徴です。洗濯してもシワが付きにくいところもうれしいポイントですね。

アイリスオーヤマ 大判タイプ使い捨て防水シーツ ショート

両端までカバーできる!旅行先でも安心の使い捨てタイプ

マットレスの側面までカバーできる大きさが魅力のおねしょシーツ。旅行先でも活躍してくれる使い捨てタイプです。

おねしょや吐き戻しの後始末も手を汚さずに包んで捨てるだけなので、簡単でとても便利。

抗菌ポリマーが水分をゼリー状に固形化するので逆戻りすることもなく、吸収力も抜群でいつでも清潔を保てます。

おねしょシーツの洗い方

おねしょシーツには洗濯機対応のものと非対応のものがあります。

おねしょシーツはサイズが大きく洗うのが大変なので、洗濯機対応のものを選びましょう。

洗濯機での脱水では完全に水気を取ることは難しく、洗濯機が転倒する事故も起きているので、脱水時間を短くするなど工夫が必要です。

洗濯する頻度

おねしょシーツは汚れていなくても定期的に洗濯するようにしましょう。洗う頻度は使い方によって変わってきます。

直に寝ている場合は週に1回、シーツと併用している場合は2週間に1回、敷きパッドと併用している場合は1ヶ月に1回は少なくとも洗濯するのがおすすめですよ。

脱水のコツ

おねしょシーツの洗濯で大変なのが脱水です。

洗濯機で脱水する前に一度出して絞っておくと、水気が切れて脱水がスムーズ。また、タオルと一緒に脱水することで、タオルが水気を吸収してくれるので時短できますよ。

漂白剤・柔軟剤の使い方

漂白剤や柔軟剤は、繊維を痛めてしまい防水効果が低下するのであまりおすすめしません。

どうしてもシミやニオイが気になる場合は、素材が対応しているかをチェックした上で酸素系漂白剤を薄めてつけおきするとよいでしょう。

干し方のポイント

乾燥する際には、風通しがよい場所で日陰干しをしましょう。直射日光に当てると劣化して防水効果が低下するので避けてください。

干すときは吊るし干しにしたり、洗濯物の間に隙間をつくり、風通しをよくしたりすることがポイントです。

乾燥機対応であれば大幅な時間短縮ができるのでおすすめですよ。

おねしょシーツに関するよくある疑問

ここではおねしょシーツに関するよくある疑問について解説します。

おねしょシーツはどこに売ってるの?

  • ベビー・子ども用品店や通販サイトで購入できます

    子ども用のおねしょシーツはベビー用品店で購入できます。ホームセンターでは防水シーツとして販売されているので、チェックしてみましょう。
    ネットでは品揃えも豊富で自宅に届けてくれるので忙しい育児中でも便利です。

赤ちゃん・幼児・大人用それぞれの違いは?

  • 用途の違いはありません

    赤ちゃん用・幼児用・大人用のおねしょシーツはサイズ以外では違いはなく、おねしょ(夜尿症)対策として使われる点では同じです。
    布団やマットレスのサイズに合わせて、大人用のサイズを幼児用として使用しても問題ありません。

おねしょシーツの表裏の見分け方は?

  • 表側はざらざら・裏側はつるつる

    おねしょシーツの裏表は触ったときの手触りで判断します。
    表側は吸収性のある素材のためソフト(ざらざら)な手触りで、裏側は防水性のあるツルツルした手触りです。ぜひ覚えておきましょう。

おねしょシーツの使い方・順番は?

  • 布団やマットレスとシーツの間に挟んで使用します

    おねしょシーツは基本的に敷き布団やマットレスに直接敷いて使います。
    おねしょシーツ自体の肌触りが気にならなければそのまま使用できますが、吸収性に不安があるポリエステル素材を使用していたり肌触りが気になったりする場合は、シーツや敷きパッドを上に重ねて使用します。

洗える敷き布団やマットレスにもおねしょシーツは必要?

  • おねしょシーツの使用がおすすめです

    洗える敷き布団やマットレスを使っていてもおねしょシーツを使うことをおすすめします。
    敷き布団やマットレスが洗えるといっても実際に選択するのはかなり大変です。おねしょシーツがあればおねしょシーツだけを洗濯でき、2枚以上おねしょシーツを持っていれば取り替えるだけでよいので洗濯の負担がぐっと減りますよ。

保育園用のおねしょシーツの選び方は?

  • 保育園に確認し複数用意しましょう

    保育園用のおねしょシーツを用意するときは、基本的には保育園のきまりに従って購入すると間違いありません。
    保育園でおねしょした際には、持ち帰って翌日に持っていかなけばいけないこともあります。洗い替えとして複数用意しておくとよいでしょう。乾燥機対応のものもおすすめです。

寝心地と機能性の両面からおねしょシーツを選ぼう

おむつを卒業したあとでも、子どもはおねしょをしてしまうもの。おねしょで布団やマットレスまで染み込んでしまうと、掃除や干すのも大変です。

おねしょシーツを使うことで、子どものおねしょから布団やマットレスを守り、育児の負担を軽減できるアイテムです。

毎日使うものなので購入する際には、寝心地と機能性の両面から選ぶとよいでしょう。

  • おねしょシーツで布団・マットレスをおねしょからガード!
  • 洗い替えのために複数枚用意しておくと安心
  • 洗濯機、脱水・乾燥機対応のものなら洗濯の負担も軽減できる
  • おねしょシーツ選びでは寝心地や機能性もチェックしよう