【2023年2月】オーガニックシャンプーおすすめ人気ランキング14選!口コミ人気の市販品や安い商品 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【2022年11月】オーガニックシャンプーおすすめ人気ランキング32選|口コミ人気の市販品や安い商品も

【2023年2月】オーガニックシャンプーおすすめ人気ランキング14選!口コミ人気の市販品や安い商品

頭皮や髪に良いというイメージがあるオーガニックシャンプーですが、実際にはどうなのでしょうか?

この記事では、オーガニックシャンプーの定義や、良いオーガニックシャンプーを選ぶときのポイントをまとめています。

成分や口コミなどさまざまな視点から厳選した、おすすめのオーガニックシャンプーを紹介していますよ。

ぜひあなたにぴったりのオーガニックシャンプーを見つけてくださいね。

頭皮や髪に良いというイメージがあるオーガニックシャンプーですが、実際にはどうなのでしょうか?

この記事では、オーガニックシャンプーの定義や、良いオーガニックシャンプーを選ぶときのポイントをまとめています。

成分や口コミなどさまざまな視点から厳選した、おすすめのオーガニックシャンプーを紹介していますよ。

ぜひあなたにぴったりのオーガニックシャンプーを見つけてくださいね。

【2023年1月】オーガニックシャンプーおすすめ人気ランキング14選!口コミ人気の市販品や安い商品

オーガニックシャンプーとは?

オーガニックシャンプーとは?

オーガニックシャンプーは、有機栽培による植物成分が原材料として使われているシャンプーのことです。

有機栽培とは、化学肥料や化学農薬を使わない栽培方法のこと。環境負荷をできるだけ減らした自然にやさしい方法です。

オーガニックシャンプーを選ぶことは、身近な環境配慮の1つと言えますね。

天然由来成分で髪や頭皮をケアできる

オーガニックシャンプーには、環境に配慮した製法で作られた天然由来成分が含まれています。

天然由来成分とは、植物エキス・オイルなどの自然の成分です。

オーガニックシャンプーは、化学成分や石油由来成分ではなく自然由来の成分で髪や頭皮をケアすることができますよ。

ただし、かならずしも化学成分・石油由来成分が含まれていないという意味ではないので、アレルギーなどを持っている人は注意しましょう。

オーガニック認証機関に認められているものが代表的

オーガニックシャンプーを選ぶときに参考になるのが、オーガニック認証機関に認められているかどうかです。

日本国内には、化粧品向けの公的なオーガニック認証機関はありませんが、海外にはいくつかのオーガニック認証機関があります。

海外の機関に認定されている商品の中には、日本で購入できるものも多くありますよ。

オーガニックシャンプーはこんな人におすすめ

オーガニックシャンプーがおすすめの人

  • 有機栽培の植物由来成分で頭皮や髪を健やかに保ちたい人

  • 環境保全・SDGsなどに関心があり、環境にやさしい製造方法の製品を使いたい人

  • ナチュラル志向・サステナブル志向の人

オーガニックシャンプーの選び方のポイント3つ

オーガニックシャンプーの選び方のポイント3つ

オーガニックシャンプーを選ぶときに目安になる3つのポイントを紹介します。

髪や頭皮の悩みに合わせた成分を選ぶ

オーガニックシャンプーに含まれる天然由来の成分には、頭皮や髪の悩みを解決できるものも多くあります。悩みに合わせた成分に注目してみましょう。

パサつきやダメージには保湿成分と補修成分

仕上がりの滑らかさやつるんとした手触りにこだわるなら、保湿成分と補修成分が入ったものを選びましょう。

保湿成分や補修成分には天然由来の成分もあります。

保湿成分が配合されたものを選ぶ

補修成分で選ぶ

しっとりまとまる仕上がりにしたいならオイル入り

髪にしっとりとまとまりが欲しい人は、オイル入りのオーガニックシャンプーがおすすめです。

オイルインシャンプーは、植物オイルが配合されたシャンプーのことです。

植物オイル配合の有無をチェックする

髪の乾燥が気になる人はもちろん、ダメージが気になる人や広がりやすい髪のボリュームを抑えたい人、髪が太くて量が多い人におすすめです。

かゆみやフケがある場合は有効成分が配合された薬用シャンプーを

頭皮に炎症がある場合は、薬用シャンプーが適しています。

薬用シャンプーにはグリチルリチン酸ジカリウムなどの抗炎症成分や、ミコナゾール硝酸塩抗菌成分といった有効成分が配合されています。

症状が重い場合は薬用シャンプーを選ぶ

肌質に合った洗浄力を選ぶ

シャンプー選びで重要となるのが洗浄成分です。

オーガニックシャンプーは、植物由来のアミノ酸系洗浄成分が使われていることが多いのですが、洗浄力が高い高級アルコール系が配合されていることもあります。

マイルドな洗浄力のアミノ酸系・ベタイン系が多い

オーガニックシャンプーには、頭皮や髪への刺激が少ないアミノ酸系やベタイン系の洗浄成分が配合されているものが多いです。

アミノ酸系は、頭皮や髪と同じアミノ酸の成分のため、負担をかけずに洗えます。

アミノ酸系洗浄成分を選ぶ

ベタイン系はやや洗浄力が控えめですが、ベビーシャンプーにも使われるほどの優しい成分です。どちらも自然由来成分であることがほとんどです。

乾燥肌や敏感肌の人はもちろん、身体への優しさにこだわりたい普通肌の人まで、幅広くおすすめします。

皮脂やスタイリング剤が気になる人には高級アルコール系も

高級アルコール系は石油から作られる洗浄成分です。洗浄力が高くて泡立ちがよく、低コストといった特徴があります。

皮脂が気になる脂性肌の人・スタイリング剤をしっかりとつける人・すっきりした洗い上がりを求める人には、高級アルコール系もおすすめです。

しかし、乾燥肌や敏感肌の人には刺激が強い成分です。乾燥肌や敏感肌だけれど汚れをしっかり落としたい人は、アミノ酸系のシャンプーで2度洗いするとよいでしょう。

オーガニック認証がついているものを選ぶ

オーガニック認証は、環境や生物への負荷を最小限に抑えた有機栽培の植物を使った製品の証明です。現在世界統一の基準はなく、認証団体ごとに基準が設けられています。

基準を満たしたブランドや製品だけが「オーガニックコスメ認証」を受け、マークを表示することができるので、製品を選ぶときの参考になります。

コスパを求めるなら「原材料のみ」に認証があるもの

オーガニックシャンプーの中には「原材料のみ」オーガニック認証されているシャンプーがあります。

これは、含まれている成分単体がオーガニックであることが認められた製品です。製造方法や、その他の成分に制限はありません。

製造コストが抑えられ、目指す仕上がりのための成分を豊富に配合することも可能です。

低コストで可能な範囲でオーガニックなものを使いたいという人におすすめです。

製造工程までこだわるなら「商品そのもの」に認証があるもの

「商品そのもの」が認証されているシャンプーは、開発から原材料の栽培、製造、販売までの全てがオーガニック認証の基準をクリアしたものです。

製造方法にも制限があるため、コストが高くなる傾向にあります。コストよりも、成分や環境への負荷を気にする人におすすめです。

環境にも自分にもやさしく!オーガニックシャンプーおすすめ人気ランキング14選

環境にも自分にもやさしく!オーガニックシャンプーおすすめ人気ランキング14選

ここからは、編集部おすすめのオーガニックシャンプーを紹介します。

洗浄成分や仕上がりの感触、ブランドにこだわって、自分に合ったシャンプーを選びましょう。環境にも人にも優しいシャンプーで、美しい髪を目指しましょう。


  • 1位
    nijito

    haru(ハル)kurokamiスカルプ

    ¥3,168

    100%天然由来成分!リンス不要のオールインワンスカルプシャンプー

    髪にうるおいと、ハリ・コシを与えるオールインワンシャンプーです。

    泡立ちもよく、ココイルグルタミン酸TEAやココイルメチルアラニンNaなど、ヤシ由来のアミノ酸系洗浄成分が、頭皮の汚れを優しくスッキリ落とします。

    さらに、頭皮の角質層や髪を保湿するグルタミン酸・グリシン・アラニンの3種類のアミノ酸も配合。

    頭皮を健やかに保つホップエキスやリンゴ果実培養細胞エキスなども配合された、10の無添加処方です。

    別サイズ詰め替えボトルの有無
    シリコーン成分保湿成分 BG ・グリセリン
    補修成分抗炎症成分

  • 2位
    カラーズ

    THE PUBLIC ORGANIC(ザ パブリック オーガニック)スーパーポジティブ 精油シャンプー

    ¥1,770

    98%以上が天然由来成分

    濃密な泡が特徴のアミノ酸系洗浄成分で、ダメージを受けて絡まる髪も優しく包んで洗浄します。

    補修力に優れたジラウロイルグルタミン酸リシンNaが、髪表面を潤いで満たし、滑らかな指通りに整えてくれます。フランキンセンスとイランイランのウッディ調の香りも人気です。

    石油由来原料では、鉱物油、パラフィン、カルボマー、PGを不使用です。

    シリコンは環境配慮型の「エコシリコン」のみを使用し、ナノ粒子原料は使用しないなど、人と地球に配慮して作られているシャンプーです。


  • 3位
    Lebena organic(レベナオーガニック)

    Lebena organic(レベナオーガニック) リファイニングスカルプ シャンプー

    ¥3,630

    もこもこ泡できしまず洗ってしっとり仕上がる

    天然成分由来96%で、そのうち10%以上がオーガニック成分のシャンプーです。

    アミノ酸とタウリン系の優しい洗浄成分ですが、植物のヒアルロン酸と呼ばれるシロキクラゲが泡立ちをサポートしているため、もこもこの泡で洗えます。

    オーガニックのシャンプーはきしみが気になるという人にもおすすめです。

    リンゴ果実培養細胞エキスやアルガン幹細胞エキスなど地肌をケアする植物成分が、しっとり潤う髪をサポートしてくれます。容器はリサイクルPET100%使用で、環境に配慮しています。

    別サイズ詰め替えボトルの有無
    シリコーン成分保湿成分 BG ・グリセリン
    補修成分抗炎症成分

  • 4位
    b.risビーリス

    オーガニック スパークリング シャンプー

    ¥3,960

    病みつきになる泡パックシャンプー!

    エコサート認証を取得したオーガニック成分配合の炭酸シャンプーです。5,000ppmの高濃度でもちもちの炭酸泡が頭皮にいきわたります。

    低刺激なグルタミン酸やベタイン系の洗浄成分に、毛穴の汚れを吸着して浮き上がらせる炭酸が組み合わさって、すっきり汚れを落としてくれます。

    泡立ての必要がないので、時短でツヤ髪を手に入れたい人に嬉しいシャンプーです。


  • 5位
    ソーシャルテック

    Bio Lucia - from chap up -(ビオルチアフロムチャップアップ) ビオルチアシャンプー

    ¥4,380

    配合成分にこだわりふんわりした洗い上がりが特徴

    10種類のオーガニック成分に加え、43種類の植物由来成分や頭皮の炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムなども配合されています。

    洗浄成分は5種類のアミノ酸系・植物系のみで、頭皮と同じ弱酸性にこだわっています。シリコンやサルフェート、パラベン、鉱物油、石油系界面活性剤、合成着色料も無添加処方。

    頭皮への優しさや成分、品質にこだわる人におすすめのシャンプーです。ふんわりとした仕上がりになるので、髪のボリュームが気になる人にも!

    別サイズ詰め替えボトルの有無
    シリコーン成分保湿成分 グリセリン・BG
    補修成分抗炎症成分

  • 6位
    アンファー

    スカルプDボーテ ナチュラスタースカルプシャンプー

    ¥3,258

    フケやかゆみ、頭皮の乾燥に

    オーガニック認証機関ECOCERTの認証を受けた原料を配合しているスカルプシャンプーです。

    水を含む90%以上が植物由来成分で、シリコン・パラベン・鉱物油・合成着色料・サルフェートの5つの無添加設計が特徴です。

    濃密な泡が毛穴の汚れやべたつきをすっきり優しく洗い上げます。カラーやパーマ、紫外線などのダメージを受けやすい頭皮を、優しくケアしたい人にぴったりです。


  • 7位
    ソーシャルテック

    Bio Lucia - from chap up -(ビオルチアフロムチャップアップ) ビオルチアシャンプー

    ¥4,380

    10種類のオーガニック保湿成分配合でツヤ髪をサポート

    Bio Luciaのシャンプーは、厳選した10種類のオーガニック成分と6つの無添加処方で、するんとなめらかなツヤ髪に導いてくれるシャンプーです。

    ほどよい洗浄力と肌に優しいアミノ酸系洗浄成分100%で、リッチな泡がうるおいを残しながらすっきり洗い上げます。

    水も純水に近いRO水を採用するなど品質にこだわりがあります。ドライヤーの熱により植物由来成分が毛髪と結合する処方で、うるおいを保ってくれます。

    別サイズ詰め替えボトルの有無
    シリコーン成分保湿成分 グリセリン・BG
    補修成分抗炎症成分

  • 8位
    ZACC(ザック)

    ZACC(ザック) パールリッチシャンプー

    ¥4,400

    パサつかずつるんとまとまるノンシリコンシャンプー

    低刺激でノンシリコンながらも髪がパサつかないシャンプーです。

    保湿作用に優れたブラックパールが、ダメージでパサついた髪にうるおいを与えて、天然由来成分がハリ・コシを与えます。

    洗浄成分は優しいアミノ酸系です。9種類のエッセンシャルオイルが配合されており、シトラス&フローラスの香りに包まれます。

    別サイズ詰め替えボトルの有無
    シリコーン成分保湿成分 グリセリン
    補修成分抗炎症成分

  • 9位
    ALLNA ORGANICオルナ

    オルナ オーガニック シャンプー

    ¥3,870

    適度な洗浄力に保湿成分を組み合わせた、サラツヤ髪へ導くシャンプー

    低刺激のベタイン系に、高級アルコール系のスルホン酸をブレンドし、適度な洗浄力があるシャンプーです。

    保湿成分として7種類のオーガニック成分やヒアルロン酸、コラーゲンが配合されており、髪のからまりが気になる人やパサつきの気になる人におすすめです。


  • 10位
    QUATTRO BOTANICO(クワトロボタニコ)

    QUATTRO BOTANICO(クワトロボタニコ) ボタニカル スカルプ&ヘアシャンプー

    ¥2,310

    天然クレイが皮脂や汚れを吸着&フルーツ由来成分で頭皮をスキンケア

    アミノ酸系の中では比較的高い洗浄力を持つココイルグリシンKと低刺激のベタイン系の洗浄成分が、すっきり汚れを落とします。

    さらにミネラルを豊富に含む天然クレイが汚れを吸着してくれるので、男性や皮脂が多い人、さっぱり汚れを落としたい人におすすめです。

    また、フルーツ由来有機酸のエッセンスが古い角質を柔らかくして、頭皮の生まれ変わりをサポートしてくれるのも特徴です。

    香りはフレッシュなベルガモット&ローズマリーと、元気が出るレモングラス&ブラックペッパーの2種類。

    別サイズ詰め替えボトルの有無
    シリコーン成分保湿成分 -
    補修成分 - 抗炎症成分 -

  • 11位
    THREE(スリー)

    THREE(スリー) スキャルプ&ヘアリインフォーシングシャンプーR

    ¥3,220

    毛量が多い人も軽やかに洗い上げる、天然由来成分 95%のシャンプー

    毛量の多さや髪の太さが気になり、天然成分にこだわる人が使いやすいシャンプー。

    洗浄成分はアミノ酸とベタイン系で、なめらかな泡が頭皮まで広がってすっきり皮脂や汚れを落とします。

    保湿成分として、ラベンダーやベルガモットなどの精油、オリーブ油やホホバ油などの植物油、オレンジ果実水などを配合。

    天然の植物オイルが潤いのあるツヤ髪に導いてくれます。ただし毛量の少ない人や髪が細い人にはやや重たく感じるかも。

    別サイズ詰め替えボトルの有無
    シリコーン成分保湿成分
    補修成分抗炎症成分

  • 12位
    Diane-bonheur(ダイアン ボヌール)

    Diane-bonheur(ダイアン ボヌール) ダメージリペア&シャインシャンプー

    ¥1,540

    天然由来成分で、ふんわりエアリーな仕上がり

    水を含む98%が天然由来成分の、ダメージケアシャンプー。ダイアンボヌールシリーズの中でも、ツヤとふんわりとした仕上がりにこだわったシャンプーです。

    オーガニックマル―ラオイルやオーガニックウチワサボテンオイルなどの保湿成分が髪に潤いをツヤを与え、しっとりまとまる仕上がりに。

    空気を含んだような軽やかな毛先を両立させる独自処方も採用しています。洗浄成分が低刺激ですが、やや洗浄力の高いスルホコハク酸も含まれています。

    ダメージケアよりエアリー感を重視したい人におすすめです。香りの聖地グラース産のフランキンセンスにジャスミンを合わせた香りです。

    別サイズ詰め替えボトルの有無
    シリコーン成分保湿成分 -
    補修成分 - 抗炎症成分 -

  • 13位
    john masters organics(ジョンマスターオーガニック)

    john masters organics(ジョンマスターオーガニック) L&RシャンプーN

    ¥1,980

    水分と油分のバランスを整えるデイリーシャンプー

    オーガニックでナチュラルな成分を使用しているjohn masters organics。そのラインナップの中で、ベーシックケアとして位置づけられているシャンプーです。

    ベタイン系の洗浄成分なので、洗浄力よりも優しい洗い上がりを求める人におすすめです。

    なめらかな髪に整える加水分解コメタンパクや肌荒れを防ぐコンフリー葉エキスなどが配合されています。

    乾燥が気になる頭皮や髪の水分・油分のバランスを整え、指通りのいいサラサラの仕上がりに。ほんのり甘さにあるラベンダーやローズマリーの香りで気分もリセット。

    別サイズ詰め替えボトルの有無
    シリコーン成分保湿成分 グリセリン
    補修成分抗炎症成分

  • 14位
    MY HONEY REMEDY(マイハニーレメディー)

    MY HONEY REMEDY(マイハニーレメディー) ハニーケアシャンプー

    ¥8,778

    生はちみつを20%。酵素の力で頭皮を洗浄して乾燥もケア

    食品としてはちみつを扱うメーカーが、はちみつに含まれる酵素に着目し、40年の研究を経て誕生したのがこの生はちみつシャンプーです。

    酵素は熱に弱いため温度管理を徹底し、はちみつの酵素やビタミンを壊さない製法を採用しています。

    しっかり洗浄して保湿もしてくれるので、乾燥に悩む人・毛穴の皮脂汚れが気になる人におすすめです。

    生はちみつには190種類以上の天然成分が含まれていると言われています。はちみつの泡パックで、よりしっとりを実感できます。


  • 15位
    シンスボーテ

    シンスボーテ オーガニック シャンプー

    ¥1,980

    日本人の髪質に着目した、100%植物由来の国産オーガニックシャンプー

    100%植物由来で、パラベンやラウレス硫酸、パレス硫酸など10の成分が無添加処方のオーガニックシャンプーです。

    メラニン色素が多い日本人の黒髪に着目し、頭皮環境を整えるアシタバエキスやザクロエキスが配合されています。

    刺激の少ないアミノ酸系の洗浄成分ですが、もこもこの泡で毛穴の汚れもきちんと落とせます。

    頭皮と髪を整え潤うことで、ハリ・コシやツヤなどエイジングにアプローチしてくれます。

海外の主なオーガニック認定機関を紹介

海外の主なオーガニック認定機関を紹介

ここまで海外のオーガニック認定機関に認められたシャンプーをたくさん紹介してきましたが、それぞれにはどんな違いがあるのでしょうか?

気になる人は、各機関のサイトをチェックしてみてくださいね。

COSMOS(コスモス:COSMetics Organic and natural Standard)

欧州の5つのオーガニック認証団体が世界統一のオーガニック基準を目指した設立国際NPO団体です。2013年からオーストラリアも加入しています。

https://www.cosmos-standard.org/

USDA(米国農務省:United States Department of Agriculture)

USDAは日本の農林水産省にあたる機関です。

3年以上農薬・化学肥料を使っていない耕地で栽培されたオーガニック原料を使っていることや、遺伝子操作を行っていないなどの基準が設けられています。

https://www.usdajapan.org/ja/

NATURE(ネイトゥルー)

ナチュラルコスメブランド6社によって立ち上げられた、非営利認証団体です。

認証制度をビジネスにしないことを掲げており、星の数でオーガニック配合率を表示している特徴があります。

https://www.natrue.jpn.com/

これらの機関に認定されていないものでも、各メーカーの基準等でオーガニックを謳っている商品はあります。

オーガニックシャンプーを使う時の注意点

オーガニックシャンプーを使う時の注意点

オーガニックシャンプーは使用期限を守らなかったり、保管方法を間違えると、頭皮や髪に悪影響を与えてしまうこともあります。

また、植物成分が誰にとっても良い成分であるとは限りません。オーガニックシャンプーを使うときの注意点を知っておきましょう。

使用期限をしっかり守ろう

オーガニックシャンプーは、パラベンなどの防腐剤が含まれていないものが多くあります。

防腐剤が配合されているシャンプーの使用期限は、未開封で3年とされていますが、防腐剤を含まないオーガニックシャンプーはそれよりも期限の短い場合も多いです。

3年よりも短い場合はパッケージに表示されているので、必ず確認するようにしましょう。

期限を守らなければ、本来の機能が損なわれるだけでなく、酸化や腐敗した成分によって頭皮や髪に悪影響を与えることもあります。

高温多湿の場所での保存はできるだけ避けよう

シャンプーを期限内に使うことは重要ですが、これは未開封の場合です。開封すると空気に触れて酸化してしまいます。

さらに、高温多湿の環境に置いておくと、雑菌が繁殖して劣化の進行を早めてしまいます。

シャンプーはお風呂場にそのまま置いておきがちですが、乾燥した冷暗所に保管しておくのがおすすめです。

天然成分でも肌荒れする可能性がある

天然成分=肌に優しいというわけではなく、人によって合う合わないが異なります。

肌にいいと言われる植物成分やオーガニックの成分でも、自分に合っていなかったり、肌のコンディションが悪かったりすると、刺激になってしまうこともあります。

オーガニックシャンプーについてのよくある質問

オーガニックシャンプーについてのよくある質問

オーガニックシャンプーを使ってみたい・買ってみたいと思った時に気になること、よくある質問をまとめたので参考にしてみてください。

オーガニックシャンプーは髪がパサつくって本当?

  • パサつきを感じることもあります

    オーガニックシャンプーには、シリコンやカオチンなどの化学成分が配合されていないものが多くあります。

    これらの成分は、髪表面をコーティングして手触りを滑らかにしてくれる成分です。

    そのため、コーティング成分が入っていたシャンプーから切り替えた場合は、少しパサつきを感じることもあります。

    パサつきやきしみが気になる場合は、コンディショナー・トリートメントでケアすることができます。

ドラッグストアでも買える?

  • ドラッグストアでも購入できます

    オーガニックシャンプーはサロンや美容院、専門店、通販だけでなく、ドラッグストアでも購入できます。

    ドラッグストアの製品は価格も手頃なものが多いのが特徴です。

    気軽に使いたい人やまずは一度手頃なもので試していたいという人は、ドラッグストアのシャンプーはチャレンジしやすいでしょう。

無添加・ボタニカル・植物由来との違いは?

  • 無添加シャンプーとは

    無添加シャンプーは一般的には、旧表示指定成分103種(人体への有害性が認められている特定の成分)が使われていないシャンプーを指しますが、明確な基準はありません。

    髪や頭皮にダメージを与える成分や化学成分が一切入っていないという意味ではないので注意しましょう。

    特定の成分を配合したシャンプーを使いたくないという人には、参考になるでしょう。
    https://mamadays.tv/articles/6154

  • ボタニカルシャンプーとは

    ボタニカルシャンプーは、植物由来のオイルやエキスを使用したシャンプーのことで、特に明確な定義はありません。

    一般的には、植物由来の成分を多く配合し、植物のパワーで頭皮や髪を健康にするというコンセプトを掲げているものが多いです。

    添加物を少なくしたり、天然の香りでリラックスできるように成分を工夫している製品もあり、植物の成分でヘアケアをしたい人におすすめです。

  • 植物由来シャンプーとは

    植物由来シャンプーは、植物エキスや植物オイルを配合したシャンプーのことです。

    植物の力で頭皮や髪を健やかに整えるシャンプーという点では、ボタニカルシャンプーと大きな違いはなく、こちらも明確な定義はありません。

自分が納得できるオーガニックシャンプーを選ぼう!

ここまでオーガニックシャンプーの基本的な知識やおすすめのオーガニックシャンプーを紹介してきました。

ひと言でオーガニックシャンプーと言っても、内容成分はさまざまで、それぞれにメーカーのこだわりもあります。

自分がシャンプーに求めているのはどんな仕上がりで何にこだわって選びたいか考えてみましょう。

自分にぴったりのオーガニックシャンプーは、頭皮や髪をきれいにしてくれるだけでなく、暮らしを豊かにしてくれますよ。

  • オーガニックシャンプーは有機栽培の植物成分が原材料に使われているもの
  • 髪や頭皮の悩みに合わせた成分を選ぼう
  • 海外のオーガニック認定機関に認められたものも注目

※本記事に掲載する商品のランク付けは、(株)エブリーが独自に調査した複数の指標に基づき行っております。

※各商品について本記事内で記載する効果・効能があることを保証するものではありません。ご購入を検討する際には、商品の説明や内容等をご確認ください。

※本記事掲載の価格は記事公開日時点のものとなります。正確な商品の金額は、購入先でご確認ください。