【2022年】ベビーチェアのおすすめ人気ランキング40選!折りたたみ式や長く使えるものも紹介 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【2022年】ベビーチェアのおすすめ人気ランキング40選!折りたたみ式や長く使えるものも紹介

【2022年】ベビーチェアのおすすめ人気ランキング40選!折りたたみ式や長く使えるものも紹介

離乳食がはじまる時期に必要になってくるのがベビーチェア。ハイチェアやローチェアなどさまざまな種類があり、商品ごとに機能も違うためどれを選んでいいか悩みますよね。そこで今回は、赤ちゃんに合ったベビーチェアの選び方と、おすすめのベビーチェアを紹介します!
離乳食がはじまる時期に必要になってくるのがベビーチェア。ハイチェアやローチェアなどさまざまな種類があり、商品ごとに機能も違うためどれを選んでいいか悩みますよね。そこで今回は、赤ちゃんに合ったベビーチェアの選び方と、おすすめのベビーチェアを紹介します!

ベビーチェアを使うのはいつからいつまで?

ベビーチェアを使うのはいつからいつまで?

ベビーチェアを使い始めるのは、赤ちゃん腰がすわり、一人でお座りができるようになってから

多くの商品で使用開始時期が生後6ヶ月頃からとなっていますが、これはあくまでも目安です。転倒などの事故につながることもあるので、赤ちゃんの成長に合わせて腰がしっかりすわってから使用するようにしてください。

ベビーチェアは一般的には3~4歳頃まで使うことが多く、何歳まで使えるかはベビーチェアの種類によって変わります。キッズチェアやダイニングチェアとして使える商品もあるため、長く使いたいママ・パパはそのような商品を選びましょう。

ベビーチェアの選び方

ベビーチェアの選び方

ベビーチェアは各メーカーからさまざまな商品が販売されているため、どの商品を選んでいいのか迷ってしまいますよね。

ベビーチェアを選ぶ際には、種類、材質、使用期間、安定性、機能性をチェックすることが大切です。それぞれのポイントについて解説します。

ベビーチェアの種類

ベビーチェアの種類は、以下の3つのタイプがあります。

  • 座面が低いローチェアタイプ
  • 座面が高いハイチェアタイプ」
  • テーブルに固定して使うタイプ

それぞれの種類について詳しく解説します。

ローチェア

ローチェアタイプのベビーチェアは座面が低いため、ローテーブルやちゃぶ台での使用に向いています。転倒によるケガの可能性が少なく、比較的コンパクトなので場所をとりません

また、価格が安い商品が多いところも魅力です。

高さ調節ができないため、使用期間が短くダイニングテーブルでは使用できませんが、ローテーブルで食事をしている家庭やなるべく費用をおさえたいママ・パパにはローチェアタイプがおすすめです。

ハイチェア

ハイチェアタイプのベビーチェアは座面が高く、ダイニングテーブルでも大人と同じ目線で食事をすることができます。

成長に合わせて高さを調節することで、離乳食の時期だけでなく長期間わたって使用できます

ほかのタイプに比べると大きくて持ち運びが大変で、座面が高いため立ち上がって落下してしまわないように注意が必要です。。

ダイニングテーブルを使用している家庭やできるだけ長く使用したいママ・パパにはハイチェアタイプが向いています。

テーブルチェア

テーブルタイプのベビーチェアはテーブルに直接固定して使用するため、高さ調節をすることなく適度な高さで座れます。

コンパクトにたためるものもあり、収納や持ち運びがしやすいのが特徴です。

テーブルによっては固定できないことがあったり、耐荷重に制限があるので使用期間が短かかったりする点を理解した上で検討しましょう。また、取り付けをしっかりしないと転落につながるため、設置する際はきちんと固定できているか必ず確認してくださいね。

「外出先でも使いたい」「使わないときは収納したい」というママ・パパには、テーブルチェアタイプがおすすめです。

使用期間・対象年齢

ベビーチェアは商品によって対象年齢や使用期間が違います。年齢や期間はあくまで目安のため、赤ちゃんの成長に合わせた商品を選ぶことが大切です。

商品によっては大人になっても使用できるものもあります。買い替えをするとそれだけ費用がかかるので、いつまで使いたいのかを考えて長期的な視点で選びましょう。

現在はローテーブルで食事をしているものの、近い将来ダイニングテーブルを購入する予定があるなど、ライフスタイルの変化も想定しておくとよいでしょう。

材質・素材

ベビーチェアは材質・素材によって、耐久性や使用感が変わってきます。

  • 頑丈で耐久性が高い木製
  • 軽くて汚れが落ちやすいプラスチック製
  • クッション性が高いポリウレタン製

ここでは素材の特徴を解説します。

木製

ハイチェアで一般的なのが木製のベビーチェアです。

安定感があり耐久性も高いため、長く使用することができます

デメリットは、水や湿気に弱く丸洗いができないこと。食べこぼしたら汚れをすぐに拭き取り、定期的にお手入れすることで長くきれいな状態を保つことができるでしょう。インテリアにもなじみやすく、木のあたたかみを求めるママ・パパにもおすすめです。

プラスチック製

プラスチック製のベビーチェアは木製と比較すると、軽くて持ち運びしやすいのが特徴です。汚れても拭けばきれいになるので、離乳食などで汚れやすい時期にぴったりです。カラーバリエーションが多い点も魅力です。

また、比較的リーズナブルでお財布に優しい価格です。

木製と比べて耐荷重が低く使用期間が短いことや、軽いため安定性は劣ります。

食べこぼしが多い時期に使いたい、ポップなカラーなどいろんなデザインから選びたいというママ・パパにはプラスチック製が向いているでしょう。

ポリウレタン製

ポリウレタン製のベビーチェアの特徴は、やわらかくクッション性に優れているため座り心地がいいこと。軽量で持ち運びしやすく、お手入れやすいというメリットもあります。

ただ、ポリウレタンは使ううちにクッション性がなくなり、擦れやすい箇所は変色したり欠けたりしやすいため、失われ使用期間は長くありません。

とにかく赤ちゃんの座り心地にこだわりたい家庭や短期間で買い替える予定がある場合は、ポリウレタン製をおすすめします。

安全性

ベビーチェアを選ぶときは安全性も重要です。

赤ちゃんはベビーチェアに座っているときもじっとしているわけではなく、のけぞったり立ち上がろうとしたりします。

動いたときに転倒や転落のリスクがあるため、ガタツキがなく安定感があるベビーチェアを選びましょう。

そのほかにも、すべり止めがあるもの、立ち上がりを防止するベルト付きのものがおすすめです。

ベルトが付いていないベビーチェアの場合は、別売りのベルトやベビーシートの購入も検討しましょう。

機能性

ベビーチェアには、パーツの取り外しができたり、折りたたみができたり便利な製品があります。ます。

使い勝手が変わってくるので、用途や使用環境に合わせて機能面もチェックしてみてくださいね。

高さが調整できる

ベビーチェアを長期間使いたい場合は、高さ調節ができるベビーチェアを選びましょう。。

高さ調節ができないと姿勢が悪くなり、子どもの成長に影響を与えることもあります。いい姿勢で使用し続けるためには、成長に合わせて座面や足置きの位置を調整してあげることが大切です。

商品によって調整できる部分や調整可能な範囲が違います。

また、子どもが成長すると好みも出てくるので、長期間使用したい場合はなるべくシンプルなデザインを選ぶといいでしょう。

折りたたみできる

折りたためてコンパクトにできるベビーチェアもあります。ダイニングテーブルからほとんど移動することがない場合は必要ない機能ですが、「使わないときは収納したい」「帰省先や外出先で使用したい」という人はチェックしておきましょう。

収納に場所をとらないので、下の子のために保管しておきたい、実家に行ったときに一時的に使いたいといった場面で便利ですよ。

テーブル付き

ベビーチェアを使う時期は、まだ体が小さく大人と同じテーブルでは手が届かないので、テーブル付きだと便利です。

テーブルが近くなることで、床にこぼすことが減り後片付けが楽になります。

テーブルが取り外せるタイプは、丸洗いすることも可能なのでお手入れがしやすいですよ。

ベルト付き

赤ちゃんはベビーチェアに座っている間もじっとしていられないことが多く、転倒や転落のリスクがあります。

特にハイチェアは座面が高いので大きなケガにつながることもあり、安全のためにも「ベルト付き」がおすすめです。

ベルトで固定すること絵立ち上がりが防止でき、腰がすわり始めの不安定な時期でもしっかり支えてくれます

ベルトは食事中に汚れやすいので、取り外して洗えるタイプだとお手入れがしやすくなります。

シートクッション付き

クッション付きのベビーチェアは、座り心地をよくするのに加えて、お尻を優しく包み込んで支えてくれるため、ずり落ちるのを防止してくれます。安定して座ることができ、クッションの厚みで高さを調節できるメリットがあります。

また、クッションがあると、座面が冷たくなる冬場に寒さをやわらげてくれる効果もあります。

夏場は熱がこもりやすくなってしまうので、クッションをメッシュ素材にするなど工夫することで、快適な環境を整えることができますよ。

ベビーチェアのおすすめ人気ランキング

ベビーチェアのおすすめ人気ランキング

ここからはベビーチェアのおすすめ商品を紹介します。赤ちゃんや家庭環境にあった使いやすいベビーチェアを見つけてくださいね。

Richell(リッチェル) 2WAYごきげんチェアK

軽くて使いやすい!イスに取り付け可能な2WAYタイプ

床置きのローチェアとしてだけではなく、大人用のイスに取り付けるとダイニングテーブルでの使用も可能なベビーチェア。重さが1.3kgと軽いので持ち運びしやすく、取り付けも楽にできます。

座面の高さは成長に合わせて2段階で調節でき、汚れてもお手入れがしやすいのもうれしいポイント。カラーは「ホワイト・ピンク・ブルー」が用意されています。

Stokke(ストッケ) トリップトラップ

飽きがこない北欧デザインで成長に合わせて長く使える

座面と足のせ板のどちらも高さと奥行きを調節でき、子どもが成長しても長く使い続けることができます。人間工学をもとに設計されており、正しい姿勢をサポートしてくれます。

ベルトが付いていないため、まだ腰がすわっていない赤ちゃんは、オプションのニューボーンセットやベビーセットの購入も検討してくださいね。

Bumbo(バンボ) マルチシート

成長やシーンに合わせて3段階の変化に対応

成長やシーンに合わせて3段階の変化に対応した商品です。「床置きのローチェア」「イスに取り付けての使用」「子どもの補助イス」と成長に応じて長く使うことができます。

対象年齢は、腰がすわってから3歳(適応体重:15㎏)まで。安定した座り心地で、つなぎ目のない1枚構造であるため、お手入れが楽なところも魅力です。

Stokke(ストッケ) クリック

シンプルで多機能!ハーネス・トレイなど付属品も充実

ストッケのクリックは、1分で組み立てができるハイチェア。しっかり固定できる5点式のハーネスは洗濯機対応、取り外し可能なトレイは食洗機に対応しており、お手入れも簡単です。

成長に合わせた3パターンの座面、フットレストは2段階の調整が可能で最適な姿勢をサポート。対象年齢は離乳食が始まる生後6ヶ月~3歳頃と長く使えます。

アビー Beyond Junior(ビヨンド ジュニア) ハイチェア

すべてのパーツが標準装備で大人まで使えるベビーチェア

オプションを追加購入することなく、必需品がすべて標準装備されているうえに、お手頃価格なベビーチェアです。汚れてもお手入れが簡単で、いつでも清潔に保つことができます。

座面と足置きの高さを細かく調節でき、ベビーチェアだけでなくダイニングチェアとしても使用可能。耐荷重が90kgもあるので、大人でも使える仕様になっています。

Inglesina(イングリッシーナ) ファストブルーレーベル

日本オリジナルデザインのおしゃれなテーブルチェア

上質でインテリアに馴染むおしゃれなイタリア発祥ブランドのテーブルチェアで、ブルーレーベルシリーズは日本オリジナルデザイン。

コンパクトに折りたたむことができ、収納袋も内蔵されているので気軽に持ち運べます。

ドリンクホルダー搭載のテーブルや背面ポケット付きで機能性も充実しており、使い勝手のいいベビーチェアです。

KATOJI(カトージ) プレミアムベビーチェアmamy

工具不要で高さ調節が簡単にできる累計6万台売れたベビーチェア

たったの5秒、しかも工具不要で、子どもの成長に合わせて最適な高さに簡単に調節できます。高さ調節は座面が3段階、足置きが5段階まで変えられるので、ぴったり合った高さで姿勢よく座ることができます。

脚には安定感アップやキズ防止のためのスタビライザー付き。取り外し可能なテーブルトレイ付きで機能面も充実していますよ。

Richell(リッチェル) あんよがブラブラしないテーブルチェア

フットレスト付きで安定した姿勢が保てるテーブルチェア

「あんよがブラブラしない」という名前の通り、フットレスト付きで足がぶらつかず、安定した姿勢で座ることができるテーブルチェア。テーブルにしっかり固定できるため、安全性が高いところもポイント。

コンパクトに収納でき持ち運びが簡単で、背面にハンカチなどを収納できるメッシュポケットがついているのも便利です。生後5ヶ月~3歳頃まで使用可能です。

大和屋 アッフルチェア

食卓を彩るキュートなカラーが目を引くベビーチェア

木目の見えるナチュラルなカラーと、マカロンをイメージしたカラー5色の全6色から選べる、かわいいベビーチェア。座り心地や安全面もバッチリで、6段階の高さ調節ができるうえに耐荷重は70kgのため、大人になっても使用できます。

オプションでアッフル専用のチェアクッションと組み合わせることで、さらにかわいらしさと座り心地がアップしますよ。

Bumbo(バンボ) ベビーソファ

世界中で愛されている座り心地抜群の定番ローチェア

発売以来、世界中で愛されているバンボ。かわいらしい見た目だけではなく、やわらかい素材で座り心地抜群、お手入れもしやすいなど機能性にも優れたローチェアです。

対象年齢が生後14ヶ月頃までと短いのがネックですが、離乳食が始まる時期のベビーチェアデビューにはぴったりです。

アイリスプラザ KARIBU(カリブ) ソフトチェア

ゆったりとした余裕のある作りで優しくフィットするローチェア

首がすわる生後3〜4ヶ月頃から使用でき、赤ちゃんが座るトレーニングにもなるベビーチェア。足を入れる幅が145mmと余裕のある作りになっており、優しくフィットしながらもゆったりとしたデザインになっています。

対象年齢が生後14ヶ月(適応体重:約10kg)までなので、使用期間が短い点には注意が必要です。豊富なカラーから選ぶことができるところはうれしいポイントですね。

インジェニュイティ ベビーベース3.0

トレーが収納できて邪魔にならないコンパクトなベビーチェア

床置きのローチェアにも、ダイニングのイスに取り付けてブースターシートにもなるベビーチェア。付属のトレーは使用しないときは本体に収納できるので、邪魔にならず便利です。

ポリウレタン製クッションは座り心地がよく、丸洗いができて清潔に保てるのも魅力。軽量なので持ち運びも楽々です。

大和屋 すくすくチェアプラス テーブル付

高さだけでなく前後にも位置調節可能で正しい姿勢をキープできる

発売から20年以上の歴史がある、大和屋(やまとや)でいちばん売れているベビーチェア。座面は6段階の高さ調節ができるだけでなく、正しい姿勢をキープするため前後にも調節ができるところがポイント。

付属のテーブルは簡単に後ろに回せて、取り外すこともできます。全6色のカラーから選べるところも魅力です。

大和屋 たためる ベビーハイチェア

シンプルな作りで収納に便利な折りたたみ式ハイチェア

全3色のシンプルなカラーとデザインで使い勝手がいい、どんなお部屋にも馴染むハイチェアタイプのベビーチェア。使わないときは折りたたむことが可能で、収納に場所をとりません。

使用期間は腰がすわった生後7ヶ月頃から5歳未満まで。ベルトを外してテーブルを後ろに回すことで、ダイニングチェアとしても使うことができます。

farska(ファルスカ) スクロールチェアプラス

成長とともに形を変えて一生使えるベビーチェア

ベビーチェアとしてだけではなく、ロッキングチェア、キッズチェア、ダイニングチェアと組み替えることができます。新生児期から大人になるまで、形を変えてずっと使える世界で唯一の製品です。

これひとつさえ持っていれば、成長しても買いかえる必要がない一生モノで経済的。大人になっても使い続けたいと思える洗練されたデザインも魅力です。

リトルプリンセス Little World テーブルチェア

ワンタッチで固定できて座り心地も快適なテーブルチェア

コンパクトに折りたためて持ち運びしやすいテーブルチェアです。ワンタッチでテーブルにしっかりロックでき、ずり落ち防止のベルトも付いているため安全性にもしっかり配慮されています。

シート部分にはクッションが入っていて座り心地も快適。鮮やかなレッドと落ち着いたネイビーの2色が用意されています。

澤田木工所 ティンバーローチェアクッションセット

折りたたみ可能なローチェアと丸ごと洗えるクッションのセット

木製でしっかりとした作りのローチェアと、綿100%で肌に優しいクッションがセットになった商品です。

ローチェアに付けるクッションは取り付けが簡単で、ズレ防止の滑り止め付き。丸ごと洗えるのでお手入れがしやすいですよ。ローチェアは3色、クッションは2色が用意されています。

錦化成 ミッキーマウスお食事ローチェア

ミッキーをモチーフにしたかわいいデザインのローチェア

ディズニーの人気キャラクターであるミッキーマウスをモチーフにした、かわいいデザインのテーブル付きローチェア。腰にはベルト、脚には滑り止めがついているので安心ですね。

テーブルは取り外し可能で、洗えるランチョンマットも付いているのでお手入れが簡単です。食事中の食べこぼしも気になりません。

大和屋 アーチ木製ローチェアⅢ

インテリアに馴染む折りたたみ式の木製ローチェア

インテリアに馴染みやすく、木製のあたたかみのあるデザインが魅力のローチェア。折りたたむことができて、取っ手が付いているので持ち運びもしやすく、車に乗せれば帰省先などでも使えます。

足置きは成長に合わせて2段階の高さ調節が可能で、正しい姿勢をキープできます。テーブルは簡単に後ろに回せるので、シーンに合わせて使い分けられますね。

タンスのゲン 折りたたみ ハイチェア 2WAY

ライフスタイルに合わせてハイチェアにもローチェアにも対応

脚を取り外すことができるため、ライフスタイルに合わせてハイチェアにもローチェアにもなる2WAY仕様。立ち上がり&ずり落ち防止のベルト付きで、安全性試験で認められている塗料が使用されている点も安心ですね。

折りたためば幅が約20cmになるため、使わないときも場所もとりません。傷や汚れがつきにくいウレタン塗装なのでお手入れも簡単です。

KATOJI(カトージ ) ベビーチェア ファニカ

低反発素材のクッションシートで座り心地抜群

低反発素材のクッションシートはふわもちの座り心地で長時間座っていても快適。高級車のシートにも使われている素材で、汚れに強くお手入れも簡単です。成長に合わせた高さ調節もあっという間にできて便利。

北欧家具で多く使用されているブナ材で作られており、お部屋に馴染みやすいベビーチェアとなっています。全4色から選べるシートもうれしいポイントですね。

RENNUO(レンノー) ベビーチェア

収納袋付きで持ち運びに便利なテーブルチェア

ワンタッチで簡単にロックできるテーブルチェア。収納袋が座面下に内蔵されているので、持ち運びに便利で外出先でも活躍します。

テーブルに取り付けるゴム製のアームは、滑り止めとしてだけではなくテーブルを保護する役割もあり、傷をつける心配がありません。シートは取り外し可能で洗濯機でも洗えるので、お手入れしやすいですよ。

KATOJI(カトージ ) テーブルチェア 洗えるシート New York・Baby

メッシュ素材のシートを取り外して洗えるテーブルチェア

食べこぼしなどで汚れやすいシートを取り外すことができ、手洗いできるのでいつでも清潔に保つことができます。シートはメッシュ素材で通気性抜群。ゆったり設計の包み込まれるようなカーブによって座り心地も快適です。

コンパクトにたためるので、持ち運びが楽で外出先でも大活躍!5点式のベルトで安全面にも配慮されています。

KATOJI(カトージ) ベビーチェア Cozy(コージー) チェアクッション付き

丸みを帯びた座面が優しく包み込んでくれるベビーチェア

赤ちゃんが安心して座ることができるように、丸みを帯びたデザインで優しく包み込んでくれるデザインです。

本体はイエロー・ベージュ・カフェの3色で、専用のクッションも3色の中から好きなカラーを選べます。

IKEA(イケア) ANTILOP アンティロープ

簡単に分解して持ち運ぶことができるハイチェア

家具やインテリアが人気のIKEA(イケア)のハイチェアは、簡単に分解することができて持ち運べるので、自宅以外でも食事を楽しむことができます。

赤ちゃんの肌や健康を守るため、厳しい安全性の試験にも合格しているハイチェアです。価格がリーズナブルなのもママ・パパにとってはありがたいポイント。

People(ピープル) テディハグ プレミアムエア

話題の「泣かないイス」!5WAY設計で長く使えるローチェア

優しく包み込むボディフィット構造で「泣かないイス」と話題のローチェア。耐荷重が70kgで、生後1ヶ月から大人まで座れる5WAY仕様です。

ベビーチェアのほかにも、リクライニング機能でフラットになるため赤ちゃんのリビングベッドとしても使用可能。ママが授乳するときにもおすすめですよ。

HOPPL(ホップル) チョイスベビー

多段階高さ調節で家族全員が快適に座れるベビーチェア

2.5cm刻み、18段階の高さ調節が可能で、赤ちゃんから大人まで座り心地がいいハイチェア。組み立て簡単なシンプルデザインで、5種類のカラーバリエーションがあります。

ウレタンフォーム素材を使用した、オプションのチョイス専用クッションもおすすめです。より座り心地がよくなり、長時間座ってもお尻や膝裏が痛くなりにくいですよ。

日本育児 たためる 木製スマートハイチェア3

折りたたみ可能!赤ちゃんから大人まで使える木製ハイチェア

折りたたみが可能で、省スペースでも収納できるハイチェア。座面が5段階、足置きが8段階と細かく高さ調節ができて、成長に合わせてずっと正しい姿勢をキープできます。

北欧家具にも用いられる上質で丈夫な木材から作られているので、大人になるまで長く使えます。カラーは自然な色合いのナチュラルとブラウンの2種類から選べます。

大和屋 すくすくローチェアⅡ

しっかりとした安定性で正しい姿勢をキープできるローチェア

しっかりとした作りで安定性があり、ガード付きなので安心して赤ちゃんを座らせることができます。背もたれと座面の角度が90度に設定され、広い足置きで足の裏全体をしっかり支えるので、背筋が伸びていつも正しい姿勢をキープ。

座面は前後に4段階、足置きは上下に3段階調節でき、成長に合わせることで5歳頃まで長く使用できます。テーブルは簡単にロックできるので、指をはさんでケガをする心配がありませんよ。

HOPPL(ホップル) コロコロチェア&デスク

さまざまなシチュエーションで使用できる機能性抜群のベビーチェア

コロコロデスクとコロコロチェア2脚がセットになっていて、組み合わせ次第でベビーチェアのほかにも、ランドセルラックやリビングボード、ベッドサイドテーブルなどさまざまな用途で自由自在に使用可能。

子どもの机として使う場合は、「囲い」が集中力を高めてくれて、小さい頃から机に向かう習慣をつけるのに役立ちます。

INFANZIA ベビーチェア

カラフルな色合いが魅力の折りたたみ式ベビーチェア

ビビッドな5色のカラーがおしゃれで目を引くベビーチェア。折りたたみ可能で収納に場所をとりません。1.8kgと軽いので、外出先でも活躍します。

ローチェアとしてだけではなく、ダイニングチェアに取り付けてブースターシートとしても使用可能。脚部はアルミニウム・マグネシウム合金製のため丈夫で、国際安全認証も取得しているので安全性が高く安心できますね。

Combi(コンビ) プルメアS

ベビーラックとベビーチェア、2つの役割をもったコンビのロングセラー

ゆりかごのようにやさしく揺れるロッキング機能付き。リクライニングが簡単にでき、新生児期はベッドとして、離乳食期はベビーチェアとしてなどいろんなシチュエーションで使用できます。

ワイドなテーブルは使い勝手がよく、すぐに取り外せるので大変便利です。シートは洗濯機で丸洗いできるので、いつでも清潔に保つことができます。

Beideli ベビーチェア 木製ハイチェア

耐荷重100kgでしっかりと受け止めてくれる丈夫なベビーチェア

耐荷重100kgの安定感のあるつくりで、赤ちゃんをしっかり受け止めてくれる丈夫なベビーチェア。成長に合わせて足置きの高さ調節が可能で、無理のない姿勢をキープできます。

ベルト付きで丸みを帯びたフォルムの座面は、ケガ防止のための面取り加工が施されています。食べこぼしも簡単に拭き取れるので、お手入れがしやすいのもうれしいポイント。

アイリスプラザ 木製ベビー用ハイチェア

自然な風合いの天然木を使用した安定感抜群のベビーチェア

赤ちゃんの成長に合わせた14段階の高さ調節が可能なベビーチェア。天然木を使用した自然な風合いが魅力です。安全ベルトや補助金具でしっかりサポートしてくれるので、安定感は抜群。

飽きのこない3色のナチュラルカラーから選ぶことができます。オプションの専用クッションを付ければ、さらに座り心地がよくなります。

Graco(グレコ) 7in1 フロアツーテーブル

驚きの7WAY仕様!いろんなシチュエーションに対応可能

Graco(グレコ)のベビーチェアはなんと7WAY仕様!ローチェア、ハイチェアどちらにも対応でき、さらにブースターシートとしても使用可能。

ハイチェアを組み替えることで、幼児用のテーブル&チェアになったり、乳児と幼児が同時に2人で使ったりすることもできます。リクライニングなどの機能も豊富で、ライフスタイルにあった使い方が必ず見つかりますよ。

大和屋 マテルナ テーブル&ガード

大和屋のこだわりが詰まった最上級モデルのベビーチェア

デザイン、素材、安全性すべてにこだわった大和屋の最上級モデル。上質なインテリアとしてお部屋を彩ります。

ガード・股ベルトにプラスして、立ち上がり防止のセーフティベルトが付属。日本のベビーチェア安全基準(SG基準)をクリアしており、安心して使用できます。クッションなどの豊富なオプションを追加することで、赤ちゃんがより快適に過ごせますよ。

Stokke(ストッケ) トリップトラップ+ベビーセット

トリップトラップチェアがより快適なハイチェアになるベビーセットをプラス

トリップトラップが快適なハイチェアになるベビーセットをプラスした商品です。ベビーセットをプラスすることで、腰がすわり、赤ちゃんが一人で座れるようになったときから使用できます。

背もたれとガードでしっかりと支えることで、お座りのトレーニングにもなります。ベビーセットは工具なしで簡単に取り付けることが可能です。

Aprica(アップリカ) ユラリズム

ベビーチェアとして使えるゆったり静かなスイングが魅力のハイローチェア

新生児用ベッドから食事用のイスにもなる使い勝手のいいハイローチェア。キャスター付きで移動が楽なので、家中どこでも赤ちゃんと一緒にいられます。

5段階のリクライニング機能と6段階の高さ調節で、成長に合わせて長く使えます。リバーシブルのクッションマットは洗濯機で丸洗い可能でお手入れしやすく、手動スイング機能であやしや寝かしつけにも活躍します。

Combi(コンビ) ネムリラFF

1台で2つのデザインが楽しめるリバーシブルシートの手動スイングラック

クッションがリバーシブルになっていて、気分に合わせて着せ替えることができます。足元ステップ連動の5段階リクライニング機能で、お昼寝用のベッドから食事用のベビーチェアまで対応しています。

ママの抱っこに近いスイング機能で、赤ちゃんを寝かしつけたりぐずりをなだめたりすることが可能です。シートは洗濯機で丸洗いできていつでも清潔に保てます。

JTC ハイローオートスイングラック

抱っこの揺れを再現した電動スイング付きのハイローチェア

電動式のオートスイング機能で抱っこの揺れを再現し、赤ちゃんの寝かしつけを手助けしてくれます。4段階の高さ調節と3段階のリクライニング機能でベッドからベビーチェアにもなり、新生児から4歳頃まで長く使えます。

キャスター付きで移動も簡単。ゆとりのある広々としたシートで自然な姿勢で過ごすことができます。

ベビーチェアのおすすめ人気ブランド4選

ここではベビーチェアのおすすめ人気ブランドを紹介します。「商品が多くてどれがいいか決めきれない」というママ・パパは、ブランドから選ぶのもひとつの手です。

ストッケ

ストッケは1932年に創業したノルウェーの家具メーカー。絆を深めるために親子の距離を近づける、というコンセプトでベビーチェアを始めさまざまな育児アイテムを開発しています。

ハイチェアのラインナップは、「トリップ トラップ」「ストッケ ステップス」「ストッケ クリック」の3種類があります。おしゃれな北欧デザインも魅力です。

カトージ

カトージは幅広いベビー用品を取り扱っている日本のメーカーです。「楽しいベビーグッズを。」というコンセプトのもとに、自社商品の開発だけではなく海外製品の輸入にも力を入れています。

ベビーチェアにおいても安全性にこだわり、楽しい食事や遊びの時間をしっかりサポートしてくれます。アフターフォローも充実しているため、購入後も安心ですね。

ニトリ

家具・インテリアでお馴染みのニトリもベビーチェアを販売しています。「お、ねだん以上。」というコンセプトの通り、ニトリのベビーチェアは高品質なのに価格がお手頃なところが魅力です。

ニトリのベビーチェアは、シンプルな「ハイチェア」と大人になっても使える「フリーチェア」の2種類があります。

大和屋(Yamatoya)

大和屋は、ベビーチェアのほかにもベビーベッドなどの子ども用家具を販売している日本メーカーです。子ども家具によって子育ての不便を解消し、「よりよくする」ことをコンセプトとして製造や開発をしています。

大和屋では多様なライフスタイルに対応するため、多くのベビーチェアを取り扱っています。

ベビーチェアはハイローチェアやバウンサーで代用できる?

ベビーチェアと「ハイローチェア」や「バウンサー」に違いはあるのでしょうか?

「ハイローチェア」はベビーチェアの中でも、背もたれを立てて食事で使うことができるほか、フルフラットになるので寝かしつけでも活躍します。

一方で、「バウンサー」は赤ちゃん自身の動きで揺れるのであやしたいときに使用します。ベビーチェアとも使えなくもないですが、揺れてしまうため食事には不向きです。

それぞれの商品によって強みが違うため、利用シーンにあったものを選ぶことが大切です。

ベビーチェアは購入以外にレンタルもできる

ベビーチェアは、購入ではなくレンタルすることも可能です。

実際に使用することで、使用環境にあっているか、使い勝手がよいか確認できます。また、里帰りの間だけ一時的に使用したいという場合は、購入するよりもレンタルしたほうが経済的です。

レンタル期間は、1週間や10日間などの短期間から、6ヶ月以上の長期間まで対応していることがほとんどです。

レンタルしている商品が気に入ったら、そのまま買い取ることができるサービスもありますよ。

ベビーチェアは安全性と使い勝手を踏まえて選ぼう!

ベビーチェアは離乳食が始まる生後5ヶ月頃までに用意しておくことをおすすめします。

ベビーチェアを購入する際には、安全性と使い勝手を踏まえてライフスタイルにあった商品を選びましょう。必要に応じてオプション品などの検討も忘れずにしてくださいね。

  • ベビーチェアは使用時期や環境によりぴったりの商品が異なる
  • 長期間使うなら木製のハイチェアがおすすめ
  • 選ぶ時はテーブルの有無や折りたたみできるかもチェックしよう