【2023年】おむつ替えシートのおすすめ人気ランキング20選!選び方のポイントも解説! | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【2022年】おむつ替えシートのおすすめ人気ランキング20選!選び方のポイントも解説!

【2023年】おむつ替えシートのおすすめ人気ランキング20選!選び方のポイントも解説!

赤ちゃんのおむつを替えるとき、おむつ替えシートがあると便利です。しかし、どんな点を意識して選べばよいかわからないママ・パパもいるのではないでしょうか?この記事で選び方のポイントとおすすめ商品を紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。
赤ちゃんのおむつを替えるとき、おむつ替えシートがあると便利です。しかし、どんな点を意識して選べばよいかわからないママ・パパもいるのではないでしょうか?この記事で選び方のポイントとおすすめ商品を紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

おむつ替えシートとは?必要なの?

おむつ替えシートとは?必要なの?

おむつ替えシートは、赤ちゃんを寝かせておむつを替えるときに敷くととても便利なアイテムです。

赤ちゃんのウンチはゆるめなので、おむつからはみ出てしまいやすいもの。おむつ替えのタイミングでウンチやおしっこをする赤ちゃんもいますよね。

そんなとき、おむつシートを敷いておけば、まわりを汚しにくくなりますよ

おむつ替えシートは、衛生面が気になる場所でのおむつ替えにも役立ちます。赤ちゃんが産まれてすぐに使えるよう、出産前に他のアイテムと一緒に買い揃えておきましょう。

おむつ替えシートを選ぶ5つのポイント

おむつ替えシートを選ぶ5つのポイント

ここからは、おむつ替えシートを選ぶときのポイントをお伝えします。

おむつ替えシートのタイプで選ぶ

おむつ替えシートを選ぶときは、まずシートのタイプをチェックしましょう。

自宅で使うなら洗えるタイプがおすすめ

自宅で使うのであれば、洗って繰り返し使えるタイプがおすすめです。汚れたら都度洗う手間はかかりますが、一度購入すると長く使えるので経済的です。

さまざまな素材のものが売られているので、赤ちゃんの好みや季節に合わせて選んでみましょう。

使い捨てタイプはおでかけのときに便利

外出先で使う場合は、使い捨てタイプが便利です。

洗えるタイプに比べて薄手ですが、軽くコンパクトなので持ち運びやすく、使ったら捨てて帰れるので、汚れたおむつ替えシートを持ち帰る手間や衛生面の心配がありません。

ウンチの汚れはなかなか落ちにくいので、洗う手間を減らしたい人にもおすすめです。

おむつ替えシートの大きさで選ぶ

おむつ替えシートの大きさも忘れずにチェックしましょう。大きさは利用シーンに合わせて選んでくださいね。

おむつ替えシートの大きさによる違い

  • コンパクトサイズ

    バッグやおむつポーチのポケットにも収まりやすいので、外出時に使うのに適しています。サイズが小さすぎるとウンチがはみ出してしまうことがあるので、赤ちゃんの下半身がはみ出ないサイズを目安に選んでくださいね。

  • 大判サイズ

    赤ちゃんの全身が無理なく乗せられるサイズです。新生児から、赤ちゃんが少し大きくなるまで長く使えるのがポイント。ベビーベッドに敷いて使うのにもぴったりです。

    おむつ替えの際に十分なスペースが確保できるので、スムーズに交換できますよ。面ファスナーやスナップボタンが付いているものならコンパクトに折りたためて、持ち歩きやすいです。

おむつ替えシートの素材で選ぶ

おむつ替えシートを選ぶときは、赤ちゃんの肌にやさしい素材でできているかどうかもチェックしましょう。

肌触りがよいパイルやコットン素材

パイルやコットン素材は、吸水性や通気性に優れているのが特徴です。少し厚みがあるため、折りたたむとかさばり持ち運びにくいですが、ふんわりとしていて肌触りもよいですよ。

汚れた場合は、その都度洗濯や漂白が必要です。パイルやコットン素材のおむつ替えシートを使う場合は、洗い替え用に数枚揃えておくとよいでしょう。

お手入れが簡単なポリエステルやナイロン素材

薄手で持ち運びやすく、洗ってもすぐに乾くのがポリエステルやナイロン素材のおむつ替えシートです。

軽い汚れならサッと拭くだけで簡単にお手入れできますよ。

水を通しにくいので、ムレやすいのが難点ではありますが、肌触りや通気性が気になるときは表面が綿・裏面がポリエステルなど、異なる素材を組み合わせたものを選ぶとよいでしょう。

防水・撥水加工の有無で選ぶ

防水・撥水加工の有無もしっかりチェックしましょう。防水・撥水加工がされているものなら、汚れが繊維にしみこみにくいので、お手入れも簡単です。

おむつ替えシートのお手入れの手間をできるだけ省きたいのであれば、防水・撥水加工が施されているものを選びましょう。

ポーチの有無で選ぶ

おむつ替えシートをおでかけに持っていくなら、ポーチの有無で選ぶのもよいでしょう。

収納ポーチが付いているもののなかには、おむつや着替えなどもひとまとめに収納できるものがあります。おむつ替えに必要なアイテムをまとめて持ち運べて便利なだけでなく、忘れ物も防げますよ。

おむつ替えシートのおすすめ人気ランキング20選

おむつ替えシートのおすすめ人気ランキング20選

ここからは、おむつ替えシートのおすすめ人気ランキングをご紹介しましょう。商品選びで悩んだときは、こちらのおすすめ商品も参考にしてみてくださいね。

はぐまむ おむつ替えシート

完全防水で汚れない!

  • 表地はふんわりとした肌触りのパイル、裏面はウレタン樹脂ラミネート加工で完全防水なのでまわりが汚れにくい
  • 小さいうちは縦で、少し大きくなったら横で使える45×70cmサイズ
  • くるくる丸めて持ち運べるから、バッグに入れてもかさばらない
  • おむつ替えシートとしてはもちろん、お食事マットなどさまざまな使い方ができる

ケラッタ 吸水 おむつ替えシート

薄手・コンパクトでおでかけに持っていくのにぴったり

  • 吸水量150mL。高吸水性ポリマーがおしっこなどもたっぷり吸収!防水フィルムが漏れを防ぐ
  • 薄手の使い捨てタイプでおでかけに持っていきやすい
  • 車に積んでおけば、車内でのおむつ替えもスムーズ
  • 赤ちゃんのおしりがすっぽり入る45×33cmで、狭い場所でも使いやすい

プッパプーポ おむつ替えシート

ふんわりパイル生地で肌触りがよい

  • 赤ちゃんの肌に触れる面はコットン100%のパイル生地。ふんわり、ぬくもりのある肌触りで快適
  • ウレタンコーティングを施した裏面で、汚れが台やベッドに染みる心配がない
  • 半分に折ってくるくる巻いたらスナップボタンで留めるだけ。コンパクトに収納できるおむつ替えシートが欲しい人に

使い捨てオムツ替えシート(50枚入り)

大きめサイズの使い捨ておむつ替えシート

  • 45×66cmの赤ちゃんがすっぽり入るサイズだから使い勝手がよい
  • おむつ替えシートとしてはもちろん、お食事シートやおねしょパッドとしても使える
  • 使い捨てタイプで衛生的
  • 裏面が防水フィルムになっているから、汚れが染みてしまう心配がない

おむつ替えシート(2枚組)

2枚組で洗い替えに便利!

  • 肌に触れる面がパイル地とニット地の2枚組でお得。洗い替え用のおむつ替えシートも一度に揃えたい人に
  • 裏面はラミネート加工が施されているから水や汚れに強い。外出先でのおむつ替えも安心
  • 使わないときはくるくる丸めてコンパクトに収納できる

はらぺこあおむし 防水 おむつ替えシート

両面使えるおむつ替えシート

  • 表はダブルガーゼ、裏はシンカーパイル生地になっているので、気候や赤ちゃんの好みに合わせて使い分けられる
  • 表地と裏地の中間は防水加工がされているから、汚れが裏に染みにくい
  • 赤ちゃんが好きな「はらぺこあおむし」のデザインで、出産祝いのプレゼントにもおすすめ

NAOMI ITO ナオミイトウ POCHO おむつ替えマット / トイ

コンパクト・薄型で持ち歩きに便利

  • 表面は汚れに強いPVC加工生地、裏面は肌触りのよいパイル地で使いやすさ抜群
  • 約36×60cmとコンパクトなサイズで薄手だから、おでかけにも持っていきやすい
  • 性別を問わずに使えるシンプルなデザインはプレゼントにもぴったり!

メディコム ドクターガード ベビーシート イエロー

1箱100枚入りで高コスパ!

  • 表面は吸水仕様、裏面は防水仕様で、水分が下まで浸透しない
  • おむつ替えだけでなく、ミルクの吐き戻し対策やお食事マットにもおすすめ
  • 約45×33cmとコンパクトなサイズで折りたためばおむつポーチにも難なく入る
  • 1箱100枚入りでコスパを気にするママ・パパにもおすすめ

SmartAngel 使い捨ておむつ替えシートミニサイズ20枚入り

パックごと持ち運べるミニサイズ

  • 45×33cmのミニサイズ。パックごとバッグに入れてもかさばりにくい
  • 外出先で使いやすい、使い捨ておむつ替えシートを探している人におすすめ
  • 表面は吸水仕様、裏面は防水仕様で、しっかり水分を吸収するのに下まで染みないから安心

防水キルトパッド おむつ替えマット 70×40cm

厚みがあるふんわりとした肌触りがポイント

  • 少し厚みのある綿キルトのふんわりとした肌触りが魅力
  • 防水加工されているから、水分や汚れが下に染みにくい
  • ネットに入れれば洗濯機で洗えるから、お手入れも簡単!
  • 70×40cmとコンパクトだから、おでかけに持っていってもかさばりにくい

D BY DADWAY (ディーバイ ダッドウェイ) おむつ替えシート トワイライト ノバナ

サッと広げられる折りたたみタイプ

  • コンパクトにたたんで収納しやすいおむつ替えシート。小さな面ファスナーで留めているだけなので、サッと広げられる
  • 折り目がしっかり縫われているから、あっというまにたためる
  • EVA加工生地はマットな質感で汚れに強い。サッと拭くだけで簡単にお手入れできる

プリエール オーガニックコットン「コパン」おむつ替えシート

リバーシブルで使えるおむつ替えシート

  • オーガニックコットンのダブルガーゼを使っているから、通気性がよくふんわりとした肌触り
  • 裏面はタオルのようなパイル地。赤ちゃんの好みや気候に応じてリバーシブルで使える
  • 表地と裏地の間に防水加工を施しているから、汚れが裏まで染みにくい
  • たたんだときの厚さが約3cmと薄手なので、バッグの中でかさばらない

おむつ替えシート ハンナフラ ブラック(無地)

マルチに使える万能シート

  • 54×40cmのコンパクトなおむつ替えシート。狭い場所でも広げられるからおでかけ先でのおむつ替えに便利
  • 撥水加工済みだから水や汚れに強い。サッと拭くだけでお手入れできる
  • ワンタッチテープでサッと広げたり折りたたんだりできる
  • レジャーシートやお散歩シートとして使うのもおすすめ

おむつ替えシート トリコロール

トリコロールのデザインはプレゼントにもおすすめ

  • 折りたたんでコンパクトに収納できるおむつ替えシート
  • 性別を問わずに使えるトリコロールデザインがおしゃれ!
  • 70×43cmの使いやすいサイズ
  • 赤ちゃんの肌に当たる面はコットン100%。やわらかく、心地よい肌触り

mushie Portable changing mat

クッション性があるおむつ替えシート

  • 100%コットンのキルティング素材で作られており、クッション性がある
  • 撥水加工が施されているから、汚れてもサッと拭くだけ。お手入れに手間をかけたくないママ・パパにおすすめ
  • ハンドル付きのコンパクトなデザインで、どこへでも簡単に持っていける
  • ポケットの付いたインナーフラップにおむつやおしりふきを入れれば、さらに便利!

プッパプーポ 使い捨てどこでも便利シート 50枚入り

ゆったりサイズの使い捨てタイプ

  • 裏面防水加工の使い捨てタイプ。食べこぼし防止などにも使えるゆったりとしたサイズが魅力
  • 薄くて軽いから、折りたたんでポーチに入れてもかさばらない
  • お昼寝時のおねしょシーツとしても使いやすい

渡嘉毛織 おむつ替えシート

防水ポーチに入れれば持ち帰りも安心

  • 50×70cmの大きめサイズで、赤ちゃんの全身をゆったり乗せられる
  • 肌に当たる面は綿混のパイル生地。裏面には防水布使用で、おしっこやウンチで汚れても安心
  • 防水ポーチ付きで、汚れたあとの持ち帰りも安心

monpoke(モンポケ) おむつ替えシート ピカチュウ

ポケモンデザインのかわいいおむつ替えシート

  • 綿100%ニット生地を使ったおむつ替えシート。裏面は防水加工が施されているから、おしっこや汗もしっかり受け止めてくれる
  • 本体を留めるテープ部分には、かわいらしいマスコットがついているので、おむつ替えが嫌いな赤ちゃんもごきげんに
  • 折りたたんでテープで留められるから、バッグやポーチにも入れやすい

Combimini(コンビミニ)チェンジングマット(サーカス)

コンパクトに折りたためてお手入れもしやすい!

  • 片手サイズにたためて持ち運びに便利なおむつ替えシート
  • 動物の柄面はEVA素材で撥水効果があるため、汚れてもサッと拭くだけでお手入れできて便利
  • 外出先でのおむつ替えはもちろん、公園で座るときのシートなどマルチに使える

SOULEIADO(ソレイアード) 大きなおむつ替えマット エトワールブルー

フランス語で「星」を意味するデザインがエレガント

  • 約53×70cmの大きめおむつ替えシート。コンパクトに折りたためるので、おでかけにも持っていきやすい
  • 柄地の面はPVCラミネート加工がされているから、汚れに強くお手入れも簡単
  • 無地の面は吸水性があり肌触りもよいパイル生地

おむつ替えシートの使い方

ここからは、おむつ替えシートの使い方を解説します。おむつ替えのとき、赤ちゃんを交換台やベッドに寝かせる前におむつ替えシートを敷きましょう

赤ちゃんを寝かせるときは、下半身がおむつ替えシートからはみ出ないように寝かせてください。

赤ちゃんの下半身がはみ出ないように寝かせると、おむつ交換中におしっこやウンチをしても、交換台やベッドが汚れにくいですよ。使い終わったら、汚れた面を内側にしてたたんで捨てる、あるいは持ち帰ってください。

おむつ替えシートは他のもので代用できる?

おむつ替えシートは、次の物でも代用できます。もしおむつ替えシートが手元にないときは、試してみてくださいね。

  • ペットシーツ吸水ポリマーが水分や汚れを吸い取ってくれるので、まわりが汚れにくい。大容量の物も売られていてコスパがよく、気兼ねなく使い捨てられる。
  • 大判のゴミ袋使用済みのおむつなどを包んで捨てられる。肌に触れるとひんやりするが、水分や汚れに強い。
  • 新聞紙数枚重ねて使用するのがおすすめ。ひんやり感がなく、吸水性に優れているので、使い勝手がよい。
  • バスタオル肌触りがよい。大判で吸水性に優れているため、汚れや水分もしっかり吸い取ってまわりを汚さない。

おむつ替えシートはタイプや大きさ・素材で選ぼう

おむつ替えシートがあると、おむつを替える際に周囲が汚れるのを防げます。赤ちゃんが生まれてすぐに使えるように、出産前に準備しておきましょう。

おむつ替えシートを選ぶときは、タイプや大きさ、素材などをチェックすることが大切です。商品選びに迷ったときは、記事中で紹介した商品のおすすめ人気ランキングも参考にしてみてくださいね。

  • おむつ替えシートは出産前に準備しておこう
  • 洗えるタイプは繰り返し使えるからコスパがよい
  • おでかけに持っていくなら使い捨てタイプが便利
  • 使う場所やシーンに合わせた大きさのものを選んで
  • おむつ替えシートはタオルなどで代用することも可能