【2023年】ベビーワセリンのおすすめ人気ランキング15選!使い方や選び方のポイントを紹介! | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【2022年】ベビーワセリンのおすすめ人気ランキング15選!使い方や選び方のポイントを紹介!

【2023年】ベビーワセリンのおすすめ人気ランキング15選!使い方や選び方のポイントを紹介!

赤ちゃんの肌はデリケートで、乾燥しやすいもの。ベビーオイルやローションを使って保湿しても乾燥してしまうときは、ベビーワセリンも使ってみましょう。この記事では、ベビーワセリンの上手な選び方と編集部おすすめ商品を紹介します。商品選びの参考にしてくださいね。
赤ちゃんの肌はデリケートで、乾燥しやすいもの。ベビーオイルやローションを使って保湿しても乾燥してしまうときは、ベビーワセリンも使ってみましょう。この記事では、ベビーワセリンの上手な選び方と編集部おすすめ商品を紹介します。商品選びの参考にしてくださいね。

ベビーワセリンとは?どんな効果があるの?

まずベビーワセリンの特徴について説明します。

ベビーワセリンは新生児にも使える刺激が少ない保湿剤

ベビーワセリンは、新生児にも使える刺激の少ない保湿剤です。肌に薄い膜を作ることで乾燥や刺激から肌を守ってくれます。

ワセリンは石油を精製して作られており、精製の度合いによっていくつかの種類に分けられているんです。

純度が低いものは不純物が多く黄色っぽい色をしているのが特徴。精製して不純物を取り除くと、白い色に近づいていきます。

ベビーワセリンと大人用のワセリンの大きな違いは、ベースとなるワセリンの種類です。

ベビーワセリンは肌へのやさしさを重視しているので、精製度が高く、不純物が少ない白色ワセリンを原料にしています。

赤ちゃんから大人まで、家族みんなで使える保湿剤といえるでしょう。

ベビーワセリンとベビーオイル・ベビーローションの違いは?

ベビーワセリンとベビーオイル・ローションの違いは、べたつきやすさと役割です。

ベビーワセリン

  • べたつきやすさ

    粘度が高い

  • 役割

    薄く肌に伸ばすだけで肌表面の水分が蒸発するのを防ぐ

ベビーオイル

  • べたつきやすさ

    ワセリンよりもべたつきにくく伸びがよいため、衣服が汚れにくい

  • 役割

    肌表面の水分が蒸発するのを防ぐが、ワセリンよりもその作用は弱め

ベビーローション

  • べたつきやすさ

    軽い使い心地で肌なじみのよいものが多く使い勝手がよい

  • 役割

    肌に水分を補うためのもの

    肌に水分を留めておくワセリンやオイルとの併用がおすすめ

ベビーローションについては次の記事で詳しく紹介していますので、合わせてチェックしてください。

赤ちゃんの肌の保湿やお掃除だけでなく、大人のヘアケアやスキンケアにも使えるベビーオイルは、1本あると何かと便利なアイテムです。この記事でベビーオイルのポイントと15のおすすめ商品を紹介しますので、ベビーオイルを購入しようと考えている人はぜひ参考にしてくださいね。

ベビーワセリンの効果

ベビーワセリンには、次のような効果があります。

  • 肌の保湿
  • 摩擦予防

ワセリンは、あくまでも肌の表面に膜を作って、水分の蒸発を防いだり摩擦から肌を保護したりするものです。

肌に水分を与えたり、炎症を抑えたりする効果はありませんが、敏感な肌を摩擦や刺激から保護したいとき、ローションやクリームで補った水分を長時間キープしたいときに役立ちます。

赤ちゃんにおすすめのベビーワセリンの使い方

続いて、赤ちゃんにおすすめのベビーワセリンの使い方も紹介します。

全身の保湿に使う

赤ちゃんの肌は乾燥しやすいので、ローションなどで水分・油分を補ったら、ワセリンを全身に薄く塗って、水分の蒸発を防いであげましょう。

ワセリンは少量でもべたつきやすいので、塗る量に注意してくださいね

また、温度が低いと固くなってしまうので、手のひらに少し取って体温で温めてから塗ると、スムーズに伸ばせますよ。

塗った後のべたつきが気になるときは、ベビーパウダーを使いましょう。

ベビーパウダーについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

赤ちゃんのスキンケアに欠かせないベビーパウダー。いろいろな種類があって、どれを買えばいいのか迷っているママ・パパも多いのではないでしょうか?この記事では、ベビーパウダーの選び方やおすすめ商品のほか、大人にもおすすめしたい使い方を紹介します。

摩擦予防に使う

鼻水やよだれをふき取るときも、ベビーワセリンを使いましょう。1日に何度もふくと、摩擦によって赤ちゃんの肌が荒れやすくなります。

やさしくふき取ってきれいにした後に少量のワセリンを塗、摩擦や刺激から赤ちゃんの肌を守ってあげてくださいね。

ベビーワセリン選びの4つのポイント

ベビーワセリン選びの4つのポイント

ここからはベビーワセリンを選ぶポイントを紹介します。赤ちゃんの肌にやさしく使いやすいベビーワセリンを選ぶ参考にしてくださいね。

ワセリンの種類をチェックする

ベビーワセリンを選ぶときは、まず原料のワセリンの種類をチェックしましょう。ワセリンとひとくちに言っても、主に4つのタイプに分けられます。

広く市販されている白色ワセリン

ベビーワセリンは一般的に、精製度が高く不純物をほとんど含まない、純度の高い白色ワセリンを使用して作られています。

価格は高めですが、肌への刺激が少なく、赤ちゃんはもちろん肌が敏感な大人も使えるワセリンです。

ドラッグストアなどでも広く市販されているので、手軽に購入できます。

純度が高く刺激が少ないプロペト

プロペトは、白色ワセリンからさらに不純物を取り除いたもので、目の周りなどデリケートな部分にも塗れるのが特徴です。

医療用医薬品なので、病院で処方してもらうこともできます。安全性が高いので長期間使い続けても問題はないとされています。

大人のスキンケアにも使えるサンホワイト

サンホワイトも一般的なワセリンから水素を使って不純物を取り除いたもので、「サンホワイトP-1」と「サンホワイトシルキーY-1」の2種類があります。

サンホワイトの種類

  • サンホワイトP-1

    しっかりとした厚めの使用感で、摩擦などから肌を守るほか、乾燥がひどいときにもおすすめです。大人の化粧下地としても使えます。

  • サンホワイトシルキーY-1

    伸びがよくべたつきにくいのが特徴です。さらっとした使用感ですが、他のワセリンと同様の保湿作用があります。

安価な黄色ワセリン

黄色ワセリンは、精製度が低く不純物が含まれているワセリンです。

精製度が低いため価格は安価ですが、含まれている不純物が赤ちゃんの肌に刺激となる恐れがあります

ベビーワセリンに使われていることはあまりありませんが、赤ちゃんの肌へのやさしさを考えると避けたほうがよいタイプのワセリンです。

テクスチャーをチェックする

ベビーワセリンを選ぶときは、テクスチャーもチェックしましょう。

かぶれにくいべたつかないタイプがおすすめ

よだれやミルク、食べこぼしなどからお口まわりを保護したいなら、べたつかないサラッとしたベビーワセリンがおすすめ。

サラッとしたベビーワセリンなら、かぶれにくいだけでなく、塗った後の違和感・不快感も少ないですよ。

デリケートな部分には伸びがよいタイプを

デリケートな目の周りなどに塗るなら、軽い力で塗れるやわらかいタイプ・伸びがよいタイプを選びましょう。

使う前に、目の周りなどに塗っても問題ないかどうかを必ずチェックしてくださいね。

ワセリンが硬くて伸ばしにくいときは、少し温めるとやわらかくなるので、軽い力でも伸ばしやすくなりますよ。

日焼け後のケアにはしっとりタイプがおすすめ

日焼け後の肌は、乾燥して水分がどんどん失われている状態です。日焼け後のケアに使う場合は、しっとりタイプのベビーワセリンを選びましょう。

また、肌が敏感になっているので、できる限り低刺激のものを選ぶことも重要です。

摩擦予防にはサラッとしたテクスチャーのものを

摩擦予防には、サラッとしたテクスチャーのベビーワセリンを選びましょう。べたつきが強いものだと、服が貼り付いてしまいます。

どうしても服の貼り付きが気になるときは、ベビーパウダーとの併用も検討してみてくださいね。

成分をチェックする

ベビーワセリンを選ぶときは、肌へのやさしさと安全性を考えて、無香料・無着色・パラベンフリーのものを選びましょう。

着色料や香料、パラベンなどの防腐剤は、赤ちゃんのデリケートな肌に刺激となることがあります。

そのうえで、目的に合わせて肌荒れ予防や保湿に役立つ成分が入っているかどうかをチェックして選ぶとよいでしょう。

代表的な肌荒れ予防・保湿成分には次のようなものがあります。

代表的な肌荒れ予防・保湿成分

  • グリチルリチン酸ジカリウム

  • アラントイン

  • グリチルレチン酸ステアリル

  • セラミド

  • ヒアルロン酸

容器のタイプをチェックする

容器のタイプもベビーワセリンを選ぶ際の重要なポイントです。自分が使いやすい容器のものを選んでくださいね。

少量ずつ出せて持ち運びにも便利なチューブタイプ

チューブタイプは、少量ずつ出せるので、塗り過ぎが防げるのが魅力です。

ワセリンは塗り過ぎるとべたついてしまうので、量の調節がしやすい容器なら初めてワセリンを使うママ・パパも適量を取り出しやすいですよ。

ボトルタイプに比べてコンパクトなので、持ち運びにも便利です。

ボトルタイプは自宅で使うのにおすすめ

ボトルに入ったワセリンは、一度にたっぷり取りやすいので、全身に塗るときなどに便利です。

内容量もチューブタイプより多いので、コスパがよいのもポイント。

ただし持ち運ぶには大きく重たいこともあるので、持ち運ぶときは小分け容器などに移し替えるとよいでしょう。

内容量をチェックする

ベビーワセリンを選ぶときは、内容量にも気を配りましょう。毎日使うのであれば大容量タイプ、使う頻度が少ないのであれば少量タイプを選ぶのがおすすめ。

少量タイプは持ち運びにも便利ですよ。いずれの場合も、使いきれる量のものを選びましょう。

迷ったときは少ない容量のものを選ぶと、使いきる前に劣化してしまうことが防げます。

ベビーワセリンのおすすめ人気ランキング15選

ベビーワセリンのおすすめ人気ランキング15選

ここからは、ベビーワセリンのおすすめ人気ランキングをご紹介しましょう。

大洋製薬 ワセリン

刺激が少なく肌にやさしい

  • 酸処理を伴わない精製方法により不純物を除去。刺激が少なく、肌にやさしい
  • 小さなボトルタイプなので、バッグに入れてもかさばらず、持ち運びにも便利
  • 100gの小容量で、使い切りやすい

cest beauty ワセリンバリアクリーム

天然の保湿成分をぜいたくに配合

  • ココナッツオイルやホホバオイルなど、6つの天然保湿成分を配合。肌をしっとり保湿してくれる
  • 伸びがよくべたつきにくいので、ワセリンの被膜感が苦手な赤ちゃんも不快感を覚えにくい
  • 合成香料や合成着色料、石油系界面活性剤、アルコール、シリコン、パラベンなどは不使用。デリケートな赤ちゃんの肌にもやさしい

メンターム ワセリン

やわらかいから塗りやすい!

  • やわらかいテクスチャーで伸びがよく、塗りやすい
  • 香料・着色料・パラベン不使用で肌にやさしく、刺激が起きにくい
  • 60gの小容量・チューブタイプで持ち運びにもぴったり!

健栄製薬 ベビーワセリン

片手でキャップが開けられる!

  • 従来の白色ワセリンよりさらに純度が高く、不純物が少ない
  • やわらかくて伸びがよいので、少量でも塗りやすい
  • 無香料・無着色・パラベンフリーで敏感な肌にも使いやすい処方
  • 片手でキャップが開けられるので、外出先に持っていくのにも便利

プロペト ピュアベール

不純物を極力取り除いた医薬品のワセリン

  • 皮膚の荒れや皮膚の保護に使える第三類医薬品
  • 香料・着色料・防腐剤・酸化防止剤不使用のピュアな白色ワセリン
  • 不純物を極力カットしているから、敏感な肌にも刺激になりにくい
  • 人肌でサッと溶けるから塗りやすくべたつきにくい

ヴァセリン オリジナル ピュアスキンジェリー

家族みんなで使えるワセリン

  • 肌にやさしい低刺激処方
  • 唇・顔・手・足など全身に使える
  • 肌をやさしく守ってうるおいを逃さない

健栄製薬 白色ワセリンP

たっぷり使いたい・頻繁に使いたい人に

  • 500g入りで毎日たっぷり使える!
  • 価格が手頃でコスパがよい
  • 大容量タイプのベビーワセリンを探している人におすすめ

ポルカ ワセリン ピュア

手のひらサイズの万能ワセリン

  • 北欧の厳しい環境から肌を守るために長年愛されてきたワセリン
  • 無着色、無香料、防腐剤無添加で肌にやさしい
  • ハンドクリームやリップクリームとして使うのもおすすめ!
  • 手のひらサイズとおしゃれなパッケージで、おでかけに持っていくのにぴったり

日興リカ サンホワイト P-1 チューブ

目の周りにも塗れる低刺激ワセリン

  • アレルギーテスト済で、肌が敏感な赤ちゃんにも使いやすい
  • 低刺激で、唇や目の周りにも使える
  • しっかりとした厚めの使用感が特徴
  • 乾燥がひどい場所をピンポイントでケアしたいときに

犬印本舗 ベビークリーム はじめてベビー ワセリンクリーム

保湿成分配合で肌に適度な油分を与えてくれる

  • クリームタイプでべたつきにくい
  • ラベンダー花エキスやセージ葉エキスなど4種類の天然保湿成分のほか、3種類の植物由来セラミドを配合。適度な油分でうるおいを与えてしっとりとした肌に導く
  • 石油系乳化剤や香料、着色料、防腐剤、エタノールは無添加。パッチテスト済で肌が敏感な大人にもおすすめ

ポルカ ワセリン ハーブエキス入り

トウキンセンカ花エキス入りのワセリン

  • 北欧で長く愛されているメーカーのワセリン
  • やさしいカモミールの香り付きで、使うたびに癒される
  • 伸びがよいので少量で広い範囲に塗れる

アトピッグ

塗りやすくべたつかない泡タイプ

  • 一度のプッシュで適量が出る泡タイプのワセリン
  • 肌をしっかり保護してくれるのにべたつかずサラッとした仕上がり
  • 3種類のセラミドが、乾燥してかさつきがちな赤ちゃんの肌をなめらかな状態に導く
  • 亜鉛やプロテオグリカンなど健やかな肌に必要な成分も配合

コスメテックスローランド ロッシ ベビー ワセリンピュア N

純度が高く敏感肌にもおすすめ

  • 純度100%の生ワセリン。不純物が少ないから、刺激になりにくい
  • チューブタイプで適量が出しやすく、指やスパチュラを入れないので衛生的に使い続けられる
  • シンプルな処方で敏感肌にも使いやすい

ピジョン ワセリン

伸びがよくサラッとした仕上がり

  • 伸びがよくべたつきにくいので、季節を問わず使いやすい
  • 小さめのチューブタイプで、持ち運びにも便利
  • 添加物不使用の100%ワセリンだから、新生児から大人まで家族みんなで使える

佐藤製薬 つるこう

配合されたビタミンが健やかな肌に導く

  • 白色ワセリンをベースに、肌を乾燥から守って健やかな状態に整えるビタミンE・Aを配合
  • ほっぺや口まわりの保護。肌荒れ予防にぴったり
  • 乾燥や摩擦によるひりつきなど、マスク下の肌トラブルにもおすすめ

ベビーワセリンの大人におすすめの使い方

続いて、大人におすすめのベビーワセリンの使い方を紹介します。

かさつきがちな部分の保湿に使う

ベビーワセリンは、ひじやひざ、かかとなど、かさつきやすい部分を保湿するのにぴったりです。

特にかかとのひび割れに悩んでいる人は、お風呂上がりにしっかりワセリンを塗りこんで靴下を履いて寝ると、寝ている間にかかとのケアができますよ。

リップクリーム代わりに唇に塗る

ベビーワセリンをリップクリーム代わりに使うのもおすすめです。少量を薄く唇に伸ばすと、唇が乾燥しにくくなります。

唇の乾燥がひどいときは、ラップを当ててしばらく置く「ワセリンパック」を試してみましょう。

ワセリンは口紅の色落ち防止にも使えます。口紅の上から薄く伸ばすだけで色落ちが防げるので、ぜひ試してみてくださいね。

花粉症対策に使う

花粉症に悩んでいる人は、ベビーワセリンを鼻の入り口に少量塗ってみましょう

マスクではガードしきれない小さな花粉をワセリンがキャッチしてくれるといわれています。帰宅したらワセリンをしっかり落としてから塗り直してくださいね。

乾燥肌の毛穴ケアに使う

毛穴の詰まりが気になったら、ワセリンパックを試してみましょう。この方法は、特に乾燥肌の人に適しています。

詰まりが気になる部分にワセリンを塗ったら、ラップで覆って5〜10分程度放置します。ワセリンでパックすることで毛穴に詰まった皮脂が柔らかくなり、取り除きやすくなりますよ。

パック後は、洗顔料を使ってしっかり洗い流しましょう。ワセリンが肌に残っていると、ニキビなど肌トラブルの原因になることがあります。

ヘアスタイリング剤として使う

シャンプー後、タオルドライした髪全体にワセリンを少量もみこんでから乾かすと、摩擦やドライヤーの熱によるダメージを減らせます

ヘアオイルやワックス代わりに使うこともでき、束感のあるウェットなスタイルを作りたいときに便利です。

ただし、使い過ぎると髪がべたつく原因になるので、使うときは少量を薄くつけるようにしてくださいね。

ワセリンを使う際の注意点

注意点を守らずに使い続けると、思わぬ肌トラブルの原因になることがあります。

  • 清潔な手で使う、またはスパチュラを使う
  • パッチテストをしてから使う
  • クリームやローションと併用する
  • 乳児湿疹などのトラブルがある際は医師に相談してから使う

少しでも「おかしいな」と思うことがあれば、早めに医師の診察を受けてくださいね

ワセリンのよくある質問

ワセリンのよくある質問

最後にワセリンのよくある質問にお答えします。

ワセリンは赤ちゃんの口に入っても安全?

  • 少量なら問題ありませんが、注意してください

    口まわりなどに塗ると、ワセリンが赤ちゃんの口の中に入ることがあります。少量なら問題ありませんが、注意するに越したことはありません。
    少量であっても、吐いたりおなかを下したりしている場合は、医師の診察を受けて指示を仰ぎましょう。
    また、赤ちゃんが誤って大量に口にしないように、ベビーワセリンは赤ちゃんの手の届かないところにしまう、また、使ったらすぐ片付けることが大切です。

ベビーワセリンに副作用はある?

  • 肌に合わないことがあるかもしれません

    肌の弱い人が純度の低いワセリンを使うと、かぶれやかゆみなどの肌トラブルが起こる可能性があります。
    肌が弱い人は、使う前に二の腕の内側などに少量塗って、肌トラブルが起きないか確認してから使うようにしましょう。
    口に入れてしまうと嘔吐や下痢などを引き起こす恐れがありますが、少量であれば口に入っても特に問題ありません。

ワセリンに保湿効果や日焼け止め効果はある?

  • 保湿や日焼け止めの効果はありません

    ワセリンはあくまでも肌の表面に膜を作って、水分の蒸発を防ぐためのものです。
    保湿成分や紫外線吸収剤などの日焼け止め成分が含まれている商品でなければ、ワセリンそのものに保湿や日焼け止めの効果はありません。
    紫外線が強い夏などは、ワセリンが日焼けの原因になることもあるので、必ず紫外線対策も合わせて行いましょう。

ベビーワセリンはタイプや容器の形をチェックして選ぼう!

デリケートな赤ちゃんの肌を守るのに役立つベビーワセリンは、ワセリンの種類や容器のタイプをチェックして選びましょう。

白色ワセリンやプロペト、サンホワイトなどをベースにした商品であれば、荒れがちな赤ちゃんの肌をやさしく守ってくれますよ。

商品選びに迷ったときは、記事中で紹介した選び方のポイントや編集部おすすめ商品を参考にしてくださいね。

  • ベビーワセリンとして使うなら白色ワセリンを使ったものを選んで
  • 量が調整しやすいチューブタイプはおでかけに持っていくのにもぴったり!
  • 使う前にローションなどでうるおいを補って
  • 誤飲を防ぐためにも赤ちゃんの手の届かないところに保管しよう
  • ベビーワセリンは大人のスキンケアにも使える