赤ちゃんがかかりやすい熱が主症状の病気 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
赤ちゃんがかかりやすい熱が主症状の病気

赤ちゃんがかかりやすい熱が主症状の病気

赤ちゃんはよく熱を出すものです。熱の高さだけでなく、きげんや食欲など全身症状を見くみてケアのしかたや受診のタイミングを判断しましょう。
赤ちゃんはよく熱を出すものです。熱の高さだけでなく、きげんや食欲など全身症状を見くみてケアのしかたや受診のタイミングを判断しましょう。
冬の始めから春先にかけて流行するので、流行性感冒とも呼ばれます。
6か月~1歳の赤ちゃんがよくかかる病気。赤ちゃんがはじめて高熱を出す病気としても知られます。
かぜのような症状で始まり、 3~4日後に赤い発疹が全身に広がります。予防接種で免疫を。
耳の下がおたふくのようにはれる病気です。はれたところが痛みます。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

お気に入り

関連する記事