妊娠したとき気をつけたい性感染症 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
妊娠したとき気をつけたい性感染症

妊娠したとき気をつけたい性感染症

自由なセックスの風潮もあり、性感染症は広がっています。感染したらパートナーといっしょに治療を。
自由なセックスの風潮もあり、性感染症は広がっています。感染したらパートナーといっしょに治療を。
産道などで母子感染する確率が高い病気です。医師とよく相談して出産を。
産道感染して赤ちゃんに重大な影響があります。帝王切開出産になることも。
産道感染で赤ちゃんが結膜炎になることもあります。治療しておきましょう。
不妊や異所性妊娠の原因になることも。性行為感染症では最も多いものです。
妊娠・出産に影響はありませんが、おりものがふえます。赤ちゃんへの影響はありません。
法定性病のひとつ。胎盤を通じて感染して流産、早産、先天性梅毒の原因になります。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当