グッズや予防方法も! 赤ちゃんのあせも対策 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)

グッズや予防方法も! 赤ちゃんのあせも対策

汗っかきな赤ちゃん。夏場はあせもが心配ではありませんか?
汗取りパッドを使えば、汗でぬれてしまっても簡単に取り替えられて便利ですよ!
デザインも可愛いものが多いのでおすすめです。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

グッズや予防方法も! 赤ちゃんのあせも対策

汗っかきな赤ちゃん。夏場はあせもが心配ではありませんか?
汗取りパッドを使えば、汗でぬれてしまっても簡単に取り替えられて便利ですよ!
デザインも可愛いものが多いのでおすすめです。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

あせも(汗疹)とは

暑いときは汗をかきますが、汗をかきやすい部分は脇や股、おなかや背中、首回りなどです。

あせもの症状は、汗が詰まって発汗できなくなることで汗が皮膚の中にたまり、多くは皮膚が赤くなりかゆみを伴います。

あせもに関しての詳しい解説はこちらの記事を参考にしてください。

暖かい季節に多い肌トラブル。今回は、暖かくなる季節の変わり目に増える子どものあせもと虫さされについて、パパ小児科医(ぱぱしょー)こと加納友環先生が解説します。

赤ちゃんは体がふっくらしており、首回りや脇がお肉ではさまれ、熱がこもりがちです。さらに汗をかくことで湿疹ができやすくなります。そのため、あせも対策を事前にしておくといいでしょう。

01

© 2015 every, Inc.

あせもの予防法

汗を拭き取る

汗をかきやすい脇や股、おなかや背中、首回りなどをこまめに拭くようにしましょう。シャワーで汗を流すこともいいでしょう。

クーラーを使用

熱中症予防にもつながります。赤ちゃんは外気温に影響を受けやすいため温度を下げすぎないように注意しましょう。

汗取りパッドなどを使用

汗を吸収する「汗取りパッド」などを使って汗をとりましょう。

外出からの帰宅時や暑い日の寝汗など、お子さまの脱水症状が不安と思ったことはありませんか?
お家にある材料で作れる経口補水液の作り方をご紹介します。
お家に市販の経口補水液がない時に、知っておくと良いかもしれません。

汗取りパッドとは?

肌着と素肌の間にはさみ、赤ちゃんの汗を吸収してくれる布のことです。

赤ちゃんの首の後ろの襟の部分から、汗取りパッドの布を少し出し、その布をスッと引っ張れば服を着替えることなく抜き取ることができるため、簡単に布を交換できます

02

© 2015 every, Inc.

汗取りパッドの選び方

汗取りパッドは赤ちゃんの肌に直接触れるものなので、素材や肌触り、吸水性、通気性などを考慮して選ぶようにしましょう。ガーゼやパイル地がおすすめです。

ガーゼ

肌触りが柔らかくて通気性があり、重なった生地によって吸水性が高く、敏感肌の赤ちゃんにもやさしく安心です。

03

© 2015 every, Inc.

パイル地

タオルと同じ生地で吸水性が抜群なので、汗っかきの赤ちゃんに最適です。

04

© 2015 every, Inc.

汗取りパッドだけでは拭きとれない部分も

赤ちゃんは、ベビーカーで寝ていたり、抱っこひもで密着して汗をかきがちです。寝たままの姿勢のため背中に汗をかきがちで、背中の汗が目立ちますが、その部分以外にも大人と同じように汗をかきます。

汗をたくさんかいていたらそのままにせず、こまめに着替えさせるようにしましょう。着替えに決まった回数や目安はありません。

起床後すぐ、お昼寝後、遊びのあと、入浴後など、様子を見て汗をかいていたら着替えさせましょう。

汗をこまめにとることであせもの予防につながります。