感染を広げないために!ノロウィルス嘔吐処理 | MAMADAYS(ママデイズ)

感染を広げないために!ノロウィルス嘔吐処理

子どもや旦那が吐いてしまって片付けなければいけない…でもノロウィルスだったら感染が心配、なんてことありませんか?
正しい手順を知って備えておけば、いざという時に冷静に対処できますよ。
冬は特に注意して感染を広げないように心がけましょう!
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

感染を広げないために!ノロウィルス嘔吐処理

子どもや旦那が吐いてしまって片付けなければいけない…でもノロウィルスだったら感染が心配、なんてことありませんか?
正しい手順を知って備えておけば、いざという時に冷静に対処できますよ。
冬は特に注意して感染を広げないように心がけましょう!
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

ノロウイルスの嘔吐処理

用意するもの

  • 使い捨て手袋 2セット
  • マスク
  • 使い捨てエプロン
  • 拭き取るための布やペーパータオル、新聞紙
  • ビニール袋 2枚
  • 消毒液(1000〜5000ppm次亜塩素酸ナトリウム)
  • バケツ
  • その他必要なもの

消毒液の作り方

用意するもの

  • 塩素系漂白剤(6%の塩素含む)
  • ペットボトル(500ml)

作り方

  1. ペットボトルのキャップ2杯分の塩素系漂白剤をペットボトル(500ml)に入れる。(濃度が大切)
  2. 水をいっぱいに入れる。

 →1200ppmの次亜塩素酸ナトリウム希釈液ができます。

汚物処理の手順

  1. 汚染物から人を遠ざける。
  2. 使い捨て手袋(※二重に着用する。)とエプロン、マスクを着用する。
  3. 最初に使い捨ての布やペーパータオル、新聞紙等の紙を敷いて、そこに消毒薬をかけて嘔吐物それ自体を消毒し、数分くらい置く。
  4. 外側から内側に向けて、拭き取り面を折り込みながら静かに拭い取る。
    ※同一面でこすると汚染を拡げるので注意
  5. もう一回敷いて、再度消毒薬をかけて、数分置いて取る。
    ※漂白剤を10分以上放置すると、床が変色してしまう可能性があるので注意
    ※カーペット等は色が変色する場合があるので注意
    ※次亜塩素酸ナトリウムは鉄などの金属を腐食するので注意
  6. 繰り返して取ったら素早く処理。
  7. 使用した布や紙等はすぐにビニール袋に入れる。
    ※袋に入れた後、少し消毒液を染み込む程度に入れ消毒する。
  8. もう一つの袋を用意して、吐物の袋を入れたうえで(嘔吐物は袋が二重になって安全)拭いたペーパーやエプロンマスクを一緒に袋に入れて静かに縛る。
  9. 洗剤・流水による手洗いをする。

※嘔吐物の処理時とその後は、大きく窓を開けるなどして換気し、換気設備がある場合には必ず運転してください。

参考資料:東京福祉保健局 「社会福祉施設等におけるノロウィルス対応標準マニュアル ダイジェスト版」 

関連する記事

関連する記事