きほんの離乳食 ほうれん草(生後5〜6か月頃から) | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)

きほんの離乳食 ほうれん草(生後5〜6か月頃から)

ほうれん草、離乳食にはどうやって調理したらいいのかご存知ですか?
ゴックン期のほうれん草の調理の方法をご紹介します!
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

きほんの離乳食 ほうれん草(生後5〜6か月頃から)

ほうれん草、離乳食にはどうやって調理したらいいのかご存知ですか?
ゴックン期のほうれん草の調理の方法をご紹介します!
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

材料

  • ほうれん草  1束(約200g)
  • お湯またはだし汁  適量

※とろみをつける場合

  • 片栗粉:水=1:2

作り方

  1. よく洗ったほうれん草のやわらかい葉の部分のみ切り分ける。
  2. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、ほうれん草を入れ柔らかくなるまで約2分茹でる。
    (電子レンジの場合は、耐熱容器に入れ、水を少量加えてふんわりラップをして600wで約3分加熱する。ほうれん草の量に応じて水の量や加熱時間は調節してください)
  3. 冷水にとりあくを抜き、絞る。
  4. お子さまの月齢に応じて、ハンドブレンダーやフードプロセッサーでペースト状にし、だし汁またはお湯で食べやすいように伸ばす。(すり鉢や裏ごし器を使って手動でつぶしてもOK)
  • とろみをつける場合
    お湯またはだしで伸ばしたほうれん草を煮立てて、煮立った中に水溶き片栗粉を少量づつ加えてお子さまの月齢に合わせたとろみをつける。

※ほうれん草の他に、小松菜やかぶの葉などの葉物野菜にも応用できます。

離乳食ゴックン期のかぶの調理の方法をご紹介します!
かぶには甘みがありトロトロの食感なので離乳食初期にぴったりの食材です。

対象

ゴックン期(生後5〜6か月頃)ころのお子さまから召し上がっていただけます。

保存する場合

  • 冷蔵保存:当日中に食べきる。食べる前に電子レンジまたは小鍋などで再加熱する。
  • 冷凍保存:1週間以内を目安に食べきる。食べる前に電子レンジまたは小鍋などで再加熱する。

(期間の記載は目安となっております。環境によって保存期間に差が出る場合があります。 匂い、味、色、食感が少しでもおかしいと感じたら廃棄してください。)

注意事項

  • 作ったほうれん草は常温のまま長時間放置しないでください。雑菌が増える原因になります。
  • 清潔な保存容器を使用してください。
  • 解凍した離乳食の再冷凍はしないでください。雑菌が増える原因になります。

アレルギーについての注意点

レシピには、特定のアレルギー体質を持つ場合にアレルギー反応を引き起こすおそれのある食品を含みます。初めて召し上がるお子様には注意が必要ですので、様子を見ながら少量から食べさせてください。

[特定原材料] 卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生

[特定原材料に準ずるもの] あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、 ごま、カシューナッツ

料理を楽しむにあたって下記もご確認ください。(※料理を楽しむにあたって