子宮筋腫がある場合、出産にどんな影響があるの? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
子宮を抑える女性

子宮筋腫がある場合、出産にどんな影響があるの?

筋腫の場所や大きさによって、治療や分娩の方針を決めていきます

30代以上の女性に多い良性の腫瘍

 子宮筋腫は、子宮の筋肉にできる良性の腫瘍で、成人女性の30%に子宮筋腫があるといわれるほど、もっとも多い婦人科系疾患です。30〜40代に多く、35歳を過ぎると発症率が高くなります。筋腫が小さいうちは自覚症状がないため、妊娠の検査ではじめて発見されることも多い病気です。

 妊娠・出産への影響は、筋腫の場所と大きさによって違います。筋腫が大きくて胎児の発育が阻害されたり、周囲の臓器を圧迫すると腹痛などの原因になります。また筋腫が痛むと子宮収縮を促すことになり、流産や早産の原因になります。現在では妊娠中に手術を行うことは少なく、感染予防に注意しながら経過を観察します。

 出産は、筋腫が産道をふさいでいなければ、経腟分娩が可能です。しかし微弱陣痛や分娩が長引くことが多くなり、帝王切開になる場合もあります。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当