【専門家監修】児童手当とは|金額や期間などまとめ | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)

#児童手当

児童を養育している人に支給される手当のことです。

児童手当の画像

児童手当とは

児童手当は、中学校卒業前の児童(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)を養育している人に国から支給される手当のことです。

「児童」といえば学校教育法では小学生(6歳〜12歳)を指しますが、児童手当制度では0歳から15歳まで児童と呼んでいます。

いくらもらえるの?

  • 子どもの年齢と人数によって異なります。

    児童手当制度の支給対象、支給額、支給時期は以下のとおりです。
    支給対象:中学校を卒業するまで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を「養育」している人
    支給額(1人あたりの月額)
    ・3歳未満:15,000円
    ・3歳以上、小学校修了前:10,000円
    (ただし、第3子以降(※1)は15,000円)
    ・中学生:10,000円
    ・特例給付:児童を養育している人の所得が「所得制限限度額以上」の場合は、月額5,000円

いつもらえるの?

  • 市区町村によって異なります。

    支給時期は、毎年、6月、10月、2月に、それぞれの前月分までの手当が支給されます。
    支給日は市区町村によって異なります。
    申請先の市区町村で調べておきましょう。

特例給付とは

児童手当は、家庭生活の安定のために支給するので、高額所得者には「原則」支給しません。
ただし「例外」として、1人あたり月5,000円支給することにしています。
これを特例給付といいます。
こちらについては以下の読み進め順の特例給付についてで詳しく説明しています。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当