【医師監修】早産とは|原因や赤ちゃんへの影響などまとめ | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)

#早産

妊娠22週0日から妊娠36週6日までの出産のことをいいます。

早産の画像

photo by getty images

早産とは

早産は、妊娠22週0日から37週未満(36週6日まで)に出産することをいいます。早産であれば、赤ちゃんの力次第では生きていける可能性があります。ただし、早産の時期によっては脳や肺などさまざまな器官が未熟なうちに生まれてしまう可能性があります。

早産で生まれたらどうなるの?

  • NICUで人工呼吸器や保育器などを使用しケアをします。

    生まれる週数が早いほど、亡くなる確率も後遺症が残る確率も高くなるため、1日でも長くおなかの中で育てたいところですが、赤ちゃんやママの状態によってはそれが叶わないことがあります。
    出産を早めることが、ママや赤ちゃんの命を助けるのに必要な場合もあるのです。
    赤ちゃんがおなかの外の世界でも生きられるようにサポートするのが「NICU」(新生児のための集中治療室)です。
    NICUでは、赤ちゃんが体の機能を保てるように人工呼吸器や保育器などを使用し、医師や看護師が24時間体制で経過を見守り、ケアをします。

早産と切迫早産の違いとは?

  • 切迫早産は、早産のリスクが高い状態でまだ生まれていません。

    切迫早産とは、早産のリスクが高い状態のことをいいます。つまり、生まれそうではあるが、実際はまだ生まれていないのが切迫早産ということになります。