【小児科医監修】生後2か月になったら 家の近くからおでかけをしてみよう | MAMADAYS(ママデイズ)
お出かけ

Yagi-Studio / E+ / ゲッティイメージズ

子育ての豆知識

【小児科医監修】生後2か月になったら 家の近くからおでかけをしてみよう

2か月になり、そろそろ健診以外でもおでかけをしてみたいと思うころ。最初は、家の近所をゆっくり散歩したり、スーパーに買い物に行ったりしてみましょう。近場に慣れてきたら、ちょっと遠出したり、ゆくゆくは旅行なども楽しむことができます。

また、おでかけを重ねることで、「何が必要か」「事前に調べておくこと」「抱っこひもはどのくらいの時間で腰や肩が痛くなるか」などがわかってきます。無理のない範囲でチャレンジしましょう。そうしているうちに、おでかけの準備にも慣れてきます。

おでかけの前には?#

赤ちゃんとのおでかけには、事前の準備がとても大切。

いろいろと下調べや、シミュレーションをしておくと、安心です。

時間帯は?

赤ちゃん連れの外出は荷物も多く、重装備になりがちです。また混み合った車内では、赤ちゃんの機嫌が悪くなってしまうことも。通勤・通学のラッシュ時間帯は、公共交通機関の移動はできれば、避けましょう。おすすめの時間帯は、お昼前や午後の2~4時くらい。混雑が落ち着いた時間がいいでしょう。

雨の日は傘やレインコ ートなど荷物が増えてさらに大変。できれば予定を変更して、のんびり過ごすことも考えてみましょう。

タクシーを利用しよう

無理をせずタクシーを使いまし ょう。「子育てタクシー」というものもあります。荷物が多くなりがちな乳幼児の外出のサポートなどをしてくれます。

事前の下調べが大切

出かける先に、おむつ替えスペースはあるか、授乳室、エレベーターがあるか、子連れOKのレストランか、紙おむつが買えるところがあるか、ベビーカーを置けるスペースがあるか……などを調べておきましょう。

ママのためのおでかけサイトをのぞいてみると便利。おでかけ先におむつ交換シートや授乳室があるか、実際に行った人の体験談があるところも。

おむつが売っていない!?

薬局には必ずおむつが売っているものと思いがちですが、小さな薬局にはないこともあります。多めに持っていくようにしましょう。

公共空間でのマナーは?

電車やバスなどに乗っているときに、ぐずったり、泣きだしたりすると周りの目が気になるもの。ぐずったときは、立って窓の外の景色を見せたり、おもちゃで遊ばせたりして気を紛らわせましょう。

また、レストランや新幹線の座席などで、授乳室がないからと授乳ケープをして授乳をするときも、周りに気配りを。子育て経験のない人からすると目のやり場に困るということも。授乳ケープを使うとしても、人目につかない場所を探しましょう。

おもちゃは取り出しやすいところに入れておきましょう。抱っこひもにつなげておくのもおすすめ。

先輩ママに聞いた 役立ったアイテム#

大判ストール


赤ちゃんとのおでかけでは、少しでも荷物を少なくしたいものです。何役もこなす大判ストールがあれば便利です。日よけにしたり、寒いときにかけたり、授乳ケープにもなります。また、お昼寝した赤ちゃんにサッと掛けたり、おむつ替えマットにもなります。夏は薄手、冬は厚手のものと2種類用意しておくと重宝します。

密閉できるポリ袋

密閉できる袋は、とっても便利。濡れた着替えを入れたり、おしぼりタオルを入れたりと使えます。また、透明なので中身が見えて、小物の整理がしやすいのも便利。

水筒

ミルクの熱湯を入れていくのに使います。ミルクの量に合わせたサイズにしましょう。ミルクを作るときの70~80度を保てる保温性の効くタイプにしましょう。

おもちゃ

1個だけではなく、2~3個持っていきましょう。いくつかあったほうが、ぐずったときにあきずに使えて効果的です。

持ち物リスト

【お世話】

□ 着替え(1~2セット)

□ 大判ストール

□ ポケットティッシュ

□ ウエットティッシュ

□ ハンドタオル

□ 密閉できるポリ袋

【おむつ替え】

□ 紙おむつ(5枚程度)

□ お尻ふき

□ ビニール袋

□ おむつ替えシート

【ミルク、離乳食】

□ ミルク(1回分ごとに小分けする)

□ 哺乳びん

□ 水筒

※離乳食が始まったら

□ ベビーフード

□ おやつ

□ 飲み物、マグ

□ 離乳食用スプーン

□ お食事エプロン

【外で過ごすとき】

□ 帽子

□ 日焼け止め

□ 虫よけ、虫さされ薬(赤ちゃん用のもの)

【その他】

※外出中に体調が悪くなったりけがなどしたときに必要です。常に持ち歩くようにしましょう。母子手帳ケースなどに入れてひとまとめにしておくと便利。

□おもちゃ

□母子健康手帳

□健康保険証

□乳幼児医療証

□お薬手帳

どっちが便利? 抱っこひも?orベビーカー?#

おでかけ必須アイテムの抱っこひもとベビーカー。使い分けるポイントを紹介します。

抱っこひも

【良い点】

  • 両手があいて身軽
  • ママと赤ちゃんが密着するので、赤ちゃんが安心する
  • 階段やエスカレーターもそのまま使える

【悪い点】

  • 長時間の移動は、ママやパパが大変
  • 夏は密着しているので熱気がこもる
  • 着脱に時間がかかる

ベビーカー

【良い点】

  • 重さが気にならない
  • 荷物がかけられる
  • 長距離移動のときにらく

【悪い点】

  • 階段での移動が大変
  • エスカレーターが利用できない
  • 狭いところや、人混みで歩きにくい
  • スペースをとるので、お出かけ先で置く場所に困る
  • 出典

    最新版 らくらく あんしん 育児
    土屋恵司監修、学研プラス ※情報は掲載時のものです
    https://hon.gakken.jp

関連する記事

関連する記事