新生児がかかりやすい病気 | MAMADAYS(ママデイズ)
赤ちゃんの病気

新生児がかかりやすい病気

新生児は、ママのおなかから外界に出ることで、大きな変化を経験します。肺呼吸が始まり、へその緒から栄養を吸収していたのがおっぱいを吸って栄養を消化吸収するように。このためにいろいろなからだの不調があらわれることもあります。
新生児は、ママのおなかから外界に出ることで、大きな変化を経験します。肺呼吸が始まり、へその緒から栄養を吸収していたのがおっぱいを吸って栄養を消化吸収するように。このためにいろいろなからだの不調があらわれることもあります。

新生児黄疸

 血液中の赤血球が壊れてできたビリルビンが血液中に残り、皮膚や目が黄色くなる黄疸は、新生児には生理的なものですが、母乳性黄疸、血液不適合による黄疸、病気によって起こるものも。

母乳性黄疸

 母乳中の脂肪が分解され、ビリルビンを分解する酵素のはたらきを邪魔するため起こります。生理的な黄疸のあとも続くことはありますが、治療の必要はほぼないでしょう。

血液型不適合のための黄疸

 ママと赤ちゃんの血液型が合わない時に起こり、Rh型不適合とABO型不適合があります。強い黄疸の出ることが多いので、必要に応じて治療を行います。

病気による黄疸

 頭血腫や新生児メレナ(後述)などで出血があったことや、ビリルビンを分解する酵素が少ないことが原因で、黄疸が長引くことも。ビリルビンが高い状態が続くと脳に障害を残すこともあるので、治療が必要です。

新生児仮死

 胎内でストレスがかかり、一時的に酸素が不足したなどの原因が考えられます。軽い場合は、鼻や口の中の粘液をカテーテルという管で吸いとったり、皮膚を刺激して啼泣を促します。重い場合は、人工呼吸や酸素吸入をすることもあります。

出産骨折

 巨大児出産などで無理な力がかかり、赤ちゃんが骨折することです。出産の時に肩が引っかかって鎖骨が折れたりすることも。

 ただ、新生児は骨がくっつきやすいので、折れた部分を動かさないようにすれば自然に治ります。

新生児メレナ

 血液を凝固させる物質の不足で、胃や腸などから出血する病気。生後1~3日後に、赤や茶色の液体を吐いたり、真っ黒な便や赤い血が混じった便が出たりします。ビタミンK²の不足が原因なので、ビタミンK²シロップを投与して治療します。

 最近では、誕生後に病院でビタミンK²シロップを与えて予防しています。

産瘤

 赤ちゃんは狭い産道を通るときに頭が圧迫され、多少頭が変形するのがふつうで、これが産瘤です。生後数日で吸収されて消えるので、治療の必要はありません。

頭血腫

 産道で頭が圧迫され、頭蓋骨とその外側にある骨膜の間に出血が起こり、それがたまってこぶになることがあります。

 消失するまでに数か月かかります。出血が広がらなければ、自然に吸収されて治るのを待つことになります。

頭蓋内出血

 硬膜下あるいは脳室内で出血することをいいます。

 呼吸障害やチアノーゼ(唇やつめの色が紫色になる)、けいれんする、かん高く泣く、元気がないなどの症状が、見られることがあります。

臍肉芽腫

 へその緒がとれたあと、感染やおむつのこすれで肉芽腫ができ、時には出血することがあります。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

  • 出典

    最新版 はじめての妊娠・出産安心百科
    杉本充弘・木戸道子監修、主婦と生活社 ※情報は掲載時のものです
    http://www.shufu.co.jp

関連する記事

関連する記事