【小児科医監修】新生児にきび (新生児痤瘡) | MAMADAYS(ママデイズ)
新生児にきび

【小児科医監修】新生児にきび (新生児痤瘡)

ホルモンの影響でにきびができる。
【主な症状】ただれ・湿疹
ホルモンの影響でにきびができる。
【主な症状】ただれ・湿疹

【症状】皮脂の分泌にかかわる新生児期特有の湿疹

生後1週間ごろから、ほおや額、あごなど、皮脂の分泌が多い部分にできるにきびのような湿疹です。正しくは新生児痤瘡(しんせいじざそう)と呼ばれています。

一時的に肌が脂っぽく

生まれたばかりの赤ちゃんの体には、ママからもらった性ホルモンが残っています。その影響で、生まれてから1か月間ほどは皮脂の分泌がさかんです。そのため一時的に肌が脂っぽくなり、余分な皮脂が毛穴に詰まりやすい状態になります。皮脂が詰まった毛穴に細菌が感染して炎症を起こすと、にきびのような発疹ができてしまうのです。

男の子に比較的多く見られるといわれることがありますが、限定ではありません。女の子にも見られる湿疹です。

成長によって状態が変化

新生児にきびは、病気というよりも、赤ちゃんの生理現象のひとつです。成長して、赤ちゃんの体内に残っていた性ホルモンが減っていくのに伴って、皮膚の脂っぽさがなくなり、にきびができなくなっていきます。脂が抜けた後は、乾燥ぎみの肌になります。

顔全体に湿疹

ほおや額を中心に湿疹ができ、そのままにしておくと顔全体に広がります。皮脂が詰まってしまったことで、毛穴が黒く見えることもあります。

新生児にきびは思春期にできるにきびと同じようなもので、かゆみや痛みはありません。ただし、清潔にしておかないと、細菌が感染して炎症を起こし、赤くなったりうみを持ったりすることもあるので注意が必要です。

【治療】石けんで洗って清潔を心がける

余分な皮脂を取り除き、いつも清潔にしておくことがケアのポイントになります。入浴のときには石けんをよく泡立てて赤ちゃんの顔につけましょう。それからママの指でなでるようにして、やさしくていねいに洗います。その後、お湯で石けん成分をよく洗い流すか、お湯で絞ったガーゼで2〜3回ぬぐいながら洗い流しましょう。

スキンケアで症状が改善

新生児にきびは、ほとんどの場合、特に医療機関を受診して治療をしなくても、家庭でスキンケアをしていればよくなります。また、成長するにしたがって皮脂の分泌が少なくなっていくために自然とにきびもできなくなってきます。赤ちゃんによって個人差はありますが、生後1〜2か月ごろまでには、症状が治まってくるでしょう。

炎症がひどくなったら受診

しかし、ひどくうんでジクジクしてきたり、炎症が広がってきたりするようなときは、すみやかに小児科か皮膚科を受診してください。症状によっては、非ステロイド外用薬や抗生物質の入った軟膏などが処方されることがあります。ぬり薬が処方されたら、医師の指示どおりに使って治療しましょう。

赤ちゃんの肌も石けんをつけて洗って

「赤ちゃんのデリケートな肌を石けんで洗っていいの?」と迷うママがいるかもしれません。けれども、肌の汚れは、石けんを使わないときれいに落とすことができません。

特に低月齢の時期は皮脂の分泌がさかんなので、石けんで肌の汚れをきちんと落とさないと、さまざまな肌トラブルの原因になります。

使用する石けんは、ふつうの大人用の浴用石けんでもかまいませんが、気になるならベビー用の石けんを使うといいでしょう。低刺激性で、肌にやさしいので安心です。

石けんで汚れを落とした後のすすぎも大事です。肌に石けんの成分が残らないように、よくすすぎましょう。石けん成分が残っていると、それも肌を刺激する原因になり、新たな炎症を起こしてしまうからです。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

  • 出典

    最新決定版 0~6才 赤ちゃんと子どもの病気とホームケア
    加部一彦監修、学研プラス ※情報は掲載時のものです
    https://hon.gakken.jp

関連する記事

関連する記事