【小児科医監修】水ぼうそう(水痘) | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
熱が出た子ども

【小児科医監修】水ぼうそう(水痘)

かゆみのある水疱ができる。【主な症状】発熱・発疹
かゆみのある水疱ができる。【主な症状】発熱・発疹

【症状】強いかゆみを伴う水疱が全身にできる

かゆみを伴う水疱が全身にできる病気です。水疱帯状疱疹ウイルスによる感染が原因です。患者のくしゃみやせきを吸い込む飛沫感染や、発疹に触れる接触感染でうつります。非常に感染力が強いため、きょうだいがかかるとほとんどうつりますし、保育園や幼稚園での集団感染もよく見られます。

発疹

潜伏期間は2〜3週間。かかり始めは直径2〜3㎜くらいの赤い発疹が頭皮や顔、おしりやおなかなどに現れ、半日ほどで全身に広がります。そして、数時間から半日の間に、次々と透明な水疱へ変わっていきます。

水疱の出る程度には個人差があり、頭皮、外陰部、口の中、まぶたの裏側などにできることもあります。水疱は3〜4日で乾き、黒っぽいかさぶたになります。

病気のピーク時には、赤い発疹、水疱、かさぶたが入り混じった状態になりますが、1〜2週間の間にはすべての水疱がかさぶたに変わっていきます。

発熱

発疹と同時に熱が出る場合もありますが、出ても37〜38度程度で、2〜3日で下がります。

合併症

まれに水痘脳炎やライ症候群などの合併症が起こることがあります。

帯状疱疹

水ぼうそうが治った後も、原因である水痘帯状疱疹ウイルスは体の中に潜伏し続けます。そして、大人になって体調をくずし免疫力が低下したとき、神経に沿って激しい痛みを生じる帯状疱疹になって現れることがあります。

【治療】発疹をかきこわさないように対策を

発疹ができていたら、その症状を連絡したうえで小児科を受診しましょう。感染のごく初期(発症後2日以内)や症状が重いときは、抗ウイルス剤で発疹を抑えることもあります。それ以外は、家庭でかゆみ対策を行いながら、自然に治るのを待ちます。

かゆみ対策

かゆみが強いときは抗ヒスタミン剤入りの軟膏や飲み薬が、すでにかきこわして化膿する心配があるときは抗生物質入りの軟膏や飲み薬が処方されます。軟膏は一つひとつの水疱にていねいにぬってください。また、つめが伸びていないかチェックし、短く切っておきます。

食事とおふろ

口の中に水疱ができているとしみるので、熱いもの、酸味や塩味のあるものは避け、やわらかくて飲み込みやすいものを与えるようにしてください。

熱いお湯はかゆみが増すので、ぬるま湯かシャワー程度にします。

1歳を過ぎたら予防接種を

水ぼうそうにはワクチン(水痘ワクチン)があり、1歳から3歳の間に定期接種として公費で受けることができます。接種回数は2回。予防接種を受けていても3割程度の赤ちゃんは水ぼうそうに自然感染することがありますが、予防接種を受けておけば、もしかかったとしても軽い症状ですみます。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

お気に入り

関連する記事