【小児科医監修】とびひ(伝染性膿痂疹) | MAMADAYS(ママデイズ)

MAMADAYS(ママデイズ)

泣く赤ちゃん

【小児科医監修】とびひ(伝染性膿痂疹)

細菌が感染してかゆみのある水疱ができる。【主な症状】水ぶくれ・かゆみ
細菌が感染してかゆみのある水疱ができる。【主な症状】水ぶくれ・かゆみ

【症状】強いかゆみを伴う水疱が全身にできる感染症

皮膚にできた傷に細菌が感染し、かゆみのある水疱ができます。主な病原菌は黄色ブドウ球菌です。また、連鎖球菌が原因の場合もあります。連鎖球菌が原因の場合は、水疱がうみを持つために、黄色い膿疱になります。

とびひは、夏に多く見られる、赤ちゃんや子どもの代表的な皮膚の病気のひとつです。水疱が飛び火のようにどんどん全身に広がるため、「とびひ」と呼ばれています。感染力が強く、本人だけでなく、きょうだいやまわりの人にも感染することがあります。

とびひの経過

あせもや湿疹、虫刺され、アトピー性皮膚炎などをかきこわした傷口やすり傷に、原因菌が感染して強いかゆみのある小さな水疱ができます。

水疱の大きさはさまざまで、鶏卵ぐらいの大きさになることもあります。 水疱の中の滲出液には、感染力が強い菌が含まれています。水疱にはかゆみがあるため、水疱をかきこわして水疱の膜がやぶれ、その手で体のほかの部分を触ると、滲出液がその部分について、水疱が広がっていきます。

かきこわして破れた水疱はただれてジクジクし、乾くとかさぶたになります。

黄色ブドウ球菌

とびひの主な原因菌である黄色ブドウ球菌は、鼻の穴などにいつも存在する常在菌。だれでも持っている菌の一種です。健康な皮膚についても害はありません。ただし、傷ついた皮膚に感染すると、とびひの原因になります。

赤ちゃんや小さな子どもの場合、鼻の中を触った手で虫刺されなどをひっかくことによって、黄色ブドウ球菌に感染するケースが多いようです。

【治療】早めに受診し、抗生物質で治療

とびひは感染力が強いので、水疱が少ないうちに治すことが大切です。水疱を見つけたら、ほかの場所に広がらないように患部をガーゼか包帯で覆い、早めに小児科か皮膚科を受診しましょう。

病院では抗生物質入りの外用薬と飲み薬が処方されます。きちんと治療すれば1週間ほどでよくなりますが、よくなってきたからといって薬を途中でやめると再発することもあります。抗生物質は医師の指示に従って、最後まできちんと飲みきるようにしましょう。

シャワー

肌を汚れたままにしておくと菌が増えるので、こまめにシャワーを浴びさせたりして肌を清潔に保ちましょう。1日に1回は殺菌力のある石けんをよく泡立て、ママの手でやさしくなでるように洗います。かさぶたや水疱のある部分も石けんで洗ってかまいません。

かきこわして症状がさらに悪化するのを防ぐため、つめを短く切り、手もこまめにふくか洗ってあげてください。

まわりにうつさない工夫

感染力が強いので、家族への感染予防として、おふろでは湯ぶねにつからないようにします。タオルなどを共用するのも避けましょう。

完治するまではお友だちと遊ぶのも控えます。患部をガーゼや包帯などで覆えば、うつる心配はほとんどないものの、気にする親もいるからです。プールも、かさぶたが取れるまでは入れないほうがいいでしょう。

肌トラブルを悪化させないように

あせもや虫刺されなどの肌トラブルをかきこわすことがきっかけで、とびひになります。ですから、まずはそうした肌トラブルを起こさないようにしたいもの。皮膚を清潔に保ち、肌トラブルを起こしたときは早めに受診して治療しましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当