【小児科医監修】悪性リンパ腫 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
入院中の子ども

【小児科医監修】悪性リンパ腫

リンパ節やリンパ組織から発生する悪性腫瘍。
【主な症状】しこり・便秘・腹痛
リンパ節やリンパ組織から発生する悪性腫瘍。
【主な症状】しこり・便秘・腹痛

【症状】リンパ節やリンパ組織に悪性腫瘍ができる

体を感染から守る役割をしている全身のリンパ節やリンパ組織に悪性腫瘍ができます。ホジキン病と非ホジキンリンパ腫に分けられ、多くは非ホジキンリンパ腫です。3歳以下で発病することは、あまり多くありません。

症状は、腫瘍の発生した部位で異なります。首やわきの下、足の付け根などのリンパ節にできると、痛みのないしこりができます。おなかの中にできると、大きいしこりができ、場合によっては腹痛を伴うこともあります。胸の中にできると、せき込んだり呼吸困難を起こします。中枢神経にできると、顔面のまひなどの症状が見られます。

【治療】抗がん剤による化学療法や放射線療法で治療

白血球を増やす薬も併用しながら、抗がん剤を組み合わせた化学療法や、放射線療法で治療します。リンパ腫の種類や症状によっては、摘出手術を行ってから化学療法を行う場合もあります。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当