妊娠中に大活躍!アジャスターバンドの使い方は?おすすめ商品も紹介 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
妊娠している女性

妊娠中に大活躍!アジャスターバンドの使い方は?おすすめ商品も紹介

マタニティウェアはお腹の大きいほんの一時期しか必要がないため、買うのはもったいないと考える人もいるのではないでしょうか。そこでおすすめなのが、手持ちのズボンを妊娠中も使えるようにできるアジャスターバンドです。どんなアイテムなのか詳しく説明していきます。
マタニティウェアはお腹の大きいほんの一時期しか必要がないため、買うのはもったいないと考える人もいるのではないでしょうか。そこでおすすめなのが、手持ちのズボンを妊娠中も使えるようにできるアジャスターバンドです。どんなアイテムなのか詳しく説明していきます。

アジャスターバンドとは?

Gパン

妊娠してお腹が大きくなってくると普段はいている洋服が入らなくなり、マタニティ用のズボンなどの購入を考える人は多いかと思います。しかしアジャスターバンドがあれば、手持ちのジーンズやスカートにつけることで、お腹が大きくなっても履くことができます。妊娠期も手持ちの服で過ごせるようにする便利なアイテムです。

アジャスターバンドは、別名アジャスターベルトとも呼ばれています。

ここでは、妊娠中にアジャスターバンドをどのように使うのかを詳しく説明していきます。

どうやって使うの?

手持ちのズボンやスカートにアジャスターを取りつけます。ボタンもしくはホックで留め、アジャスターの長さをお腹の大きさに合わせて調整して使用します。

使い方の手順

ボタン式のアジャスターバンドの使い方の例を説明していきます。

アジャスターバンドのボタンをズボンのボタンホールにはめる

アジャスターバンドのボタンをズボンのボタンホールにはめます。

次に、ズボンのボタンをアジャスターバンドのボタンホールにはめる

次に、ズボンのボタンをアジャスターバンドのボタンホールにはめます。

アジャスターをお腹の大きさに合わせて調整する

アジャスターをお腹の大きさに合わせて調整します。

アジャスターベルトやズボンのチャック部分が見えないように、チュニックなど丈の長い服を上から被せる

アジャスターベルトやズボンのチャック部分が見えないように、チュニックなど丈の長い服を上から被せたら完成です。

いつからいつまで使うの?

アジャスターバンドはお腹の大きさに応じてベルトの長さを調整して使用するものなので、お腹が少し大きくなりはじめる妊娠初期から、お腹が大きくなった妊娠後期まで使用できます。

また、妊娠中だけでなく、産後にお腹が戻るまで使用することも可能です。

アジャスターバンドの選び方

アジャスターバンドをどのように選べばよいのかを詳しく説明していきます。

サイズ

妊娠中のお腹の大きさに合わせて自在にサイズ調整ができるので、基本的にはフリーサイズとなっています。30cm前後まで伸ばすことのできる商品も多いようです。

タイプ

アジャスターバンドには、ジーンズなどのズボンに使用できるボタン式のほか、いくつかタイプがあります。スカートに使用できるホック式、インナーが見えないようにできてさらにお腹の冷えを防ぐ腹巻型などがあります。

アジャスターバンド

腹巻型の中には、ズボンの上からすっぽりと腹巻をかぶせてズボンのチャック部分が見えないようにできるタイプもあります。手持ちの服やライフスタイルに合わせて、ぴったなタイプのアジャスターバンドを選ぶようにしましょう。

おすすめアジャスターバンド3選

りぼんアジャスター(カネソン)

リボンの形をしたかわいいアジャスターバンドです。1本でボタンとホックの両方に対応できる2wayタイプ。

黒のシンプルなバンドで、ホックにも対応しているので制服やスーツでの使用にもおすすめです。

リラックスアジャスターEX(犬印本舗)

ズボンのベルト通しにアジャスターを通し、スナップボタンで留めて使用するタイプ。アジャスターのスライダーを調整して好みのサイズに合わせます。

肌のことを考えた素材を使用した付属のサッシュで、ズボンのチャック部分をすっぽり隠すことができます。

マタニティー アジャスターバンド(ズーティー)

アジャスターバンドと腹巻が一体になったタイプの商品です。お腹の大きさに合わせてアジャスターのボタンホールを選び変えるだけで、お腹がふくらみ始める妊娠初期から体型が戻りきらない産後まで使用できるのがポイント。

腹巻を折り返してズボンに被せれば、タンクトップなどを重ね着しているように見えます。

_______

赤ちゃんを授かると新しく揃えるものが多く、なにかとお金がかかるもの。アジャスターバンドがあれば新たにマタニティウェアを買わなくても、手持ちのズボンやスカートを妊娠中も活用することができるかもしれません。ボタンタイプやホック式、腹巻型などさまざまなタイプのアジャスターバンドが販売されています。ライフスタイルに合ったアジャスターバンドを選び、妊娠中ならではのおしゃれを楽しんでくださいね。

お気に入り

関連する記事