赤ちゃんのおむつ、男の子用と女の子用の違いはある?性別ごとのケア方法も! | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
赤ちゃんのおむつ、男の子用と女の子用の違いはある?性別ごとのケア方法も!

赤ちゃんのおむつ、男の子用と女の子用の違いはある?性別ごとのケア方法も!

普段何気なく使っているおむつですが、メーカーによっては男の子用と女の子用で分けて販売されていることがあります。
それぞれの違いと、おむつをつけているときの男女別の赤ちゃんのおしりのケアについて紹介します。
普段何気なく使っているおむつですが、メーカーによっては男の子用と女の子用で分けて販売されていることがあります。
それぞれの違いと、おむつをつけているときの男女別の赤ちゃんのおしりのケアについて紹介します。

男の子用と女の子用のおむつの違いは?

赤ちゃんが生まれてすぐにお世話になるおむつですが、多くのメーカーからさまざまな種類のものが販売されています。中には、男の子用と女の子用に分けられているものもあります。

男の子用と女の子用ではどのような違いが見られるのでしょうか。

色やデザインの違い

おむつで男の子用と女の子用に分けられているものは、色やデザインが異なるだけの商品が多数を占めます。

男の子向けのデザインだったり女の子向けの色だったり、機能には違いのないものも多いようですね。

たとえば、パンパース®の「肌へのいちばん おにいさん・おねえさん気分パンツ」や、ユニ・チャームが販売する「ムーニーマンエアフィット」はLサイズ以上で男女別になりますが、違いはデザインのみとなっています。

中には構造が違うものも

男の子用と女の子用で構造が違うものもあります。たとえば、エリエールのブランド「グ〜ン パンツ まっさらさら通気」のシリーズ。

この商品では、男の子用は前側に吸収体が、女の子用は中央側に吸収体が多めにあり、男女の体の構造に配慮して作られています。

男の子・女の子別の付け方・お手入れのポイントは?

おむつの構造には男女で違いのない場合も多い一方、おむつのつけ方やおむつを外した後のおしりの拭き方は、男の子と女の子で注意するポイントが異なります。体の構造の違いの観点から、性別ごとにお手入れポイントを説明していきます。

男の子・女の子別の付け方・お手入れのポイント

男の子のおむつの付け外しとポイント

男の子の場合、性器が体の前側についています。そのため、おむつを付けるときは性器を上に向けてしまうとおむつの吸収体よりも上側に尿が出ることになり、漏れやすくなります。性器を下に向けることで吸収体に向かって尿が出るので、漏れにくくなります。

また、おむつを外すときも性器にタオル等をかけると、尿飛びが防げます。

便やおしっこが性器についたままだと炎症を起こしやすくなるので、拭くときは性器の先を優しく、しっかり汚れが落ちるように拭きましょう。

女の子のおむつの付け外しとポイント

女の子の場合は、性器が体の下側についています。雑菌が性器に付くのを防ぐため、おむつ替えのときには必ず性器側からお尻に向かって拭きます。

割れ目の粘膜の部分もデリケートなので、注意してやさしく拭いてあげてくださいね。

お尻拭きは水分を含んだ柔らかい素材のものを

赤ちゃんのお肌は大人に比べて敏感で傷つきやすいものです。

ごわごわしたタオルや乾燥したティッシュを使うと荒れてしまうことがあるので、市販のおしり拭きなどの柔らかくて水分を含んだものを使ってください。

男の子・女の子用のあるおむつ4選

エリエール グ~ンまっさらさら通気パンツタイプ(大王製紙)

グ〜ンまっさらさら通気パンツシリーズは、Lサイズ以上で男女別に分かれています。

男の子用は前側に吸収体が、女の子用は中央部分に吸収体が多くあります。

また、おむつの外側に「全面通気性シート」を採用しており、おむつの中の湿気を外に出す構造になっています。

ムーニーマン エアフィット(ユニ・チャーム)

ムーニーマンのエアフィットシリーズもLサイズ以上は男女別ですが、構造に違いはなく、デザインのみの違いとなっています。

こちらは交換のタイミングになると外側部分にサインが出るので、見落としにくいといえます。

また、ハイウエストタイプでしっかりキープし、隙間から漏れるのも防止できます。

朝まで安心♪ オヤスミマン(ユニ・チャーム)

こちらはユニ・チャームが展開する夜専用おむつです。赤ちゃんの動きに対応するように作られており、夜間のおしっこの漏れを防ぎます。

こちらもLサイズ以上で、デザインが男女別に販売されていますが、違いは柄のみで構造は同じです。

エリエール グ~ン スイミングパンツ(大王製紙)

グ~ンスイミングパンツは、Mサイズから男女別になっています。構造は男女で共通、違いはデザインのみです。

こちらは吸水ポリマーが使われていないため通常のおむつとして使用することはできませんが、急なうんちなどはしっかりガードしてくれますので、水遊びに便利です。

_______

おむつを履きたがらずにぐずったりしたとき、男の子向け・女の子向けのデザインであれば楽しく履いてくれることもあります。

男女別のものを使用しなければいけないということもありませんので、子どもの様子に合わせて必要なときは使い分けてみましょう。

お気に入り

関連する記事