【妊娠と病気が重なったら】腎臓病 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【妊娠と病気が重なったら】腎臓病

【妊娠と病気が重なったら】腎臓病

主治医と相談してから妊娠を。減塩、エネルギー制限の食事療法をします。
主治医と相談してから妊娠を。減塩、エネルギー制限の食事療法をします。

赤ちゃんへの影響

 腎臓は尿を作る臓器。血液は体を循環して腎臓で老廃物が不要な水分と共にろ過され、濃縮されて尿が作られるのです。

 妊娠すると、新陳代謝が活発になり、胎児や胎盤、子宮を支えるために血液量も増します。さらに胎盤や胎児の代謝物もふえ老廃物もふえます。この処理をする腎臓はフル回転しなければなりません。

 そのため、ネフローゼ、慢性腎炎などの腎臓病のある人は腎臓に負担がかかり、妊娠や出産がむずかしいといわれてきましたが、最近では慢性腎炎でも、医師の厳密な指導のもとに体調を整えてから妊娠・出産にのぞむ人がふえています。

対処法

 妊娠中は、尿たんぱく、むくみ、高血圧といった症状がないか健診を受け、医師の指導に従い、減塩、エネルギー制限の食事療法を行います。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当