【先輩ママに聞いた】いつ引っ越した?どう探した?子育て家族の住まい探し体験談 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【先輩ママに聞いた】いつ引っ越した?どう探した?子育て家族の住まい探し体験談

2015 every, Inc.

PR: アットホーム

【先輩ママに聞いた】いつ引っ越した?どう探した?子育て家族の住まい探し体験談

子育て中のご家庭にとって、大きなイベントとなるのが「引越し」。家庭によってさまざまな引越しの理由、お悩みポイントがある中、実際に現在引越しを検討しているママさん、そして子育て中に引越しを経験したママさんに対談していただきました。
子育て中のご家庭にとって、大きなイベントとなるのが「引越し」。家庭によってさまざまな引越しの理由、お悩みポイントがある中、実際に現在引越しを検討しているママさん、そして子育て中に引越しを経験したママさんに対談していただきました。

アットホーム

今回お話を伺ったのはこちらのMAMADAYSユーザーさんです!

A7302006-Edit

2015 every, Inc.

<プロフィール>

■写真左:これから引っ越しを検討している後輩ママ

麻耶さん、麻里南ちゃん(5歳)・実里南ちゃん(5歳)

■写真右:すでに引っ越しをした先輩ママ

彩花さん、才知くん(3歳)

※政府や自治体のガイドラインに基づき感染症対策を徹底して収録を行っています

先輩ママに聞きたい!子育て家族の住まい探し

―― 今回、引越しを検討されている麻耶さん、子育て中の引越しを経験した“先輩”ママの彩花さんに来ていただきました。お二方に対談していただきながら、『子育て家族の引越し』のポイントや実際の経験まで、リアルな住まい探し事情を語っていただきます。

麻耶さん:私は専業主婦で、夫と双子の娘2人の4人家族で、今は分譲マンションで暮らしています。娘の小学校受験を機に、希望する学校の近隣エリアに引っ越したいと思っているんです。

A7301901

2015 every, Inc.

彩花さん: 小学校受験を控えての引越し検討、大変そうですね……。私は、3歳になる息子の子育てをしながら、フリーランスでコンサルタントの仕事をしています。2022年8月に賃貸マンションに引越しをしたので、その体験からお話しできればと思っています。

A7301896

2015 every, Inc.

麻耶さん: 受験から入学までのわずかな期間で引越し先を決めなければいけないので、どのタイミングで動き出したらいいのか、どんな点を重視して物件を選べばいいのかなど、悩みは尽きません。今日はいろいろとお聞きしたいこともあるので、よろしくお願いします。

彩花さん: こちらこそよろしくお願いします!

子育て家族はいつ引っ越すのがおすすめ?

―― 彩花さんが引越しを考えたのは、どんなタイミングだったんですか?

彩花さん: 今回の引越しは、息子の保育園入園を控えたタイミングで決めました。妊娠中の安定期にも引越しを経験していて、そのときは内見に出かける際の大変さなどありましたが、今回は保育園に通うことをイメージしながら物件を選べたのはよかったと思っています。

麻耶さん: 確かに、私も子どもが幼稚園に入園するタイミングでの引越しを考えたこともありましたが、まだ2歳だった娘たちの育児をしながらの準備は大変そうで、あきらめたという経験があります。

彩花さん: 双子のお子さんだと、やっぱり大変ですよね。

麻耶さん: その点、今は5歳になっていますし、意思疎通できる年齢に成長しているので、物件探しも内見も自由にできていると思います。ちなみに、妊娠中の引越しはとても大変だったと思うのですが、どの時期に物件探しや転居をしたんですか?

彩花さん: 妊娠4~5ヶ月ぐらいで物件探しを始めて、引越し自体は安定期に入った7ヶ月ぐらいのタイミングでしたね。その引越しを決めたのも、なるべく保育園に通いやすいようにという“子ども優先”の理由でしたが、それと同じぐらい“健康優先”という考えも大事だと思います。できれば妊娠中の活動は避けて、安定期や産後の落ち着いた時期など、健康状態の良い時期に始めるのがベストなのではないかと、私は思っています。

スクリーンショット 2022-09-14 13.41.10

2015 every, Inc.

考えることの多い住まい探し!何を重視して決めた?

―― 実際の物件探しについては、どんな点を重視していますか?

麻耶さん: まず考えたのは、マンションにするか戸建てにするかということでした。マンションだと、どうしても子どもの足音や大きな声など、上下階の居住者に迷惑をかけてしまうんじゃないかという悩みがあるんですよね。

A7301891

2015 every, Inc.

彩花さん: 生活音の問題は私も考えますし、引越す際は近所の家の生活スタイルを確認するようにしています。今住んでいるところは、隣が会社の事務所として使われている物件なので、比較的安心して生活していますね。そのほかは、やはり立地を重視しました。保育園に行くまでの徒歩時間、バス停からの距離など、自分だけではなく子どもと一緒に行動すること、またベビーシッターさんが移動するケースなども考えて、物件を選びました。

A7301945

2015 every, Inc.

麻耶さん: 子育て中ということで彩花さんも同じだと思いますけど、設備に関しても重視しますよね? うちは子どもの洗濯物が多いということもあって、夜でも雨の日でも洗濯しなければならず、浴室乾燥機が必須条件になっています。あとは、生ゴミの処理が楽になるディスポーザーも欲しいですね。

―― ここに、アットホームさんの『あったら幸せだと思う設備』というアンケート結果があるのですが、ディスポーザーは約26%の方が、浴室乾燥機は約半数の方が「欲しい」と答えています。

スクリーンショット 2022-09-14 13.42.35

2015 every, Inc.

アットホーム“4 人家族が幸せに暮らすために必要な住まいの条件”調査 2021

彩花さん: 浴室乾燥機は私も必須条件でした。うちは子どもがお風呂に入る回数が多く、浴室自体を乾燥させるためにも必要なんです。あと、このアンケートでも46%の方が答えているように、料理の効率を上げるためにコンロの口数などにもこだわりたいところですよね。

麻耶さん: 追い焚き機能がある浴室というのも、子どものいる家庭には必須かもしれませんね。うちの場合は、子ども、大人の順番でお風呂に入るので、追い焚き機能は外せません。食器洗浄機は、家事の時短にもなる便利さのほか、頻繁に使う食器を置くスペースにもなると思うので、次に引越す際の条件に入れたいと思っているんです。

スクリーンショット 2022-09-14 13.41.20

2015 every, Inc.

一筋縄ではいかない!?子育て家族の住まい探し

―― 立地条件のほか、物件の設備にもやはり“子育て家族ならでは”の条件があるんですね。その意味では、一般的な家庭に比べ、物件探しに苦労することも多いと思いますが、彩花さんは引っ越しの際に「こうしておけばよかった」ということはありましたか?

彩花さん: 一言で言うと、実際の子どもとの生活シーンをよりイメージしながら、現地で動線や共有スペース、機能などをチェックすればよかったと思うことはありますね。たとえば、ベビーカーを置く玄関内のスペースがもっと欲しいと思うことがあるのですが、そういう視点での内見をするとより良い物件選びができるのではないでしょうか。

A7301906

2015 every, Inc.

麻耶さん: それと、子連れでの内見は、1日に回れる物件数も限られるということもありますよね。

彩花さん: 条件も多いので、理想の物件にはなかなか出会えませんでしたし、おっしゃるように多くの物件数を回ることも難しかったですね。だからこそ、子育て家族の引越しは、事前にしっかり吟味して、その中で気に入った物件をじっくり調べることが大切になると思います。

子育て家族の住まい探しを『アットホーム』がお助け!

―― 子育て家族の引越しに関する悩みや苦労をお聞きしましたが、そこでご紹介したいのが、不動産情報サイトを運営している『アットホーム』のサービスです。『アットホーム』なら、すき間時間でも充実の物件探しができるウェブサイトやスマートフォンアプリで、子育て家族にあった設備・環境の住まい探しができます。 今日はおふたりにも実際に使っていただきましたが、いかがですか?

A7301951

2015 every, Inc.

麻耶さん: エリアや設備はもちろん、駐輪場の有無などの細かい設定ができるんですね。あと、同様のサービスを利用していて思っていたのが、部屋数や間取りだけではなく、物件の平米数で条件設定したいということだったのですが、その機能があるのがうれしいですね。それから、物件に対する感想をメモとして残せる「athome」アプリの機能も便利。家族の誰がどういう印象を持ったかということが残せるのがいいですね。

▼家族の感想メモも残せるathomeアプリはこちら▼

A7301993-Edit

2015 every, Inc.

―― ウェブサイトでは「タウンライブラリー 」というコンテンツもあって、自治体データや教育・医療・商業施設に関する情報、そして実際に住んでいる人たちの声を口コミとして掲載しているので、住みたい街のリアルな情報を見ることができるんです。

麻耶さん: 実際に街を回らなくても様子がわかりますし、口コミ情報があるのはいいですね。その街の魅力だけではなく不便な部分も知れるので、優先順位をもとにした取捨選択ができると思います。

A7301971-Edit

2015 every, Inc.

彩花さん: この中で「ライフスタイル」別の“子どもと暮らす”を選ぶ と、子育てに関連する情報が出てきますね。保育園情報など、その街にある学校や保育園が一覧で表示されるのはとても便利だと思います。

―― 「小学校・中学校から住まいを探す 」という、学校周辺の物件を探 すためのコンテンツもあります。

彩花さん: 私も、息子が小学校進学のタイミングで、賃貸マンションからの引越しを考えているので、このコンテンツはぜひ活用したいですね。次は、分譲物件も視野に入れて探したいと思っているんですよ。

斜め

2015 every, Inc.

―― 分譲物件を探す上では、『アットホーム』の「ローンシミュレーター 」機能も便利です。現在の月額家賃と同等の出費でローンを組める物件が探せますし、また購入希望物件に対する支払い年数と月額費用をシミュレーションすることもできます。

麻耶さん: ローンの総額はもちろん、月々の費用計算によって「これぐらいの金額なら出せる」という基準がわかるのは、家計をやり繰りする専業主婦の私にとってはうれしい機能ですね。

A7301986

2015 every, Inc.

彩花さん: 『アットホーム』のサービスは、“子どもがいる家庭目線”でつくられているという印象です。子育て中の引越しをサポートしてくれる機能を活用すれば、理想の物件に出会うことができると思います。今日はいろいろなお話ができて楽しかったです。ありがとうございました。

麻耶さん: 参考になるお話がたくさんあって、とてもありがたい時間になりました。ありがとうございました。

A7302038

2015 every, Inc.

『アットホーム』で家族が笑顔になれるお家を見つけませんか?

子育て家族にとって、物件探しは先々を見据えた大変な作業になるはずです。

時間も限られる中での重要な決断だからこそ失敗したくない、そしてすき間時間でも簡単に、効率的に、しっかりと考えながら理想の住まいを見つけたい――。

そんな思いを持つママたちが欲しい情報は、『アットホーム』に詰まっています。子どもの将来に安心を、住環境に快適さを実現する情報が見つかる『アットホーム』で、家族が笑顔になれる素敵なお家を見つけせんか?

抽選で5,000円分のAmazonギフト券が当たる!読者アンケート

この記事を読んで、アンケートに回答いただいた方の中から抽選で【2名様】に、【Amazonギフト券5,000円分】」をプレゼント!

ぜひ以下のリンクからご応募ください♪

提供 : アットホーム