【小児科医監修】備えておけば安心! 救急箱の中身 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
備えておけば安心! 救急箱の中身

【小児科医監修】備えておけば安心! 救急箱の中身

いざというときのために備えておきたい薬品と用品です。中身をチェックしておきましょう。
いざというときのために備えておきたい薬品と用品です。中身をチェックしておきましょう。

薬品

□ 消毒液
患部を洗ってから使用。

□ ワセリン
お肌のトラブルに備えて。

□ 薬用ゼリー
薬を飲ませるときに。

□ オブラート
薬を包んで飲みやすくします。

□ かゆみ止めのぬり薬
虫刺されに備えて。赤ちゃん用のものを。

□ 虫刺されの薬
虫刺されに備えて。赤ちゃんにも使えるものを。

□ 虫除けスプレー
虫刺され予防に。赤ちゃん用のものを。

□ 解熱剤(処方薬)
つらい発熱に備えて。

□ 整腸剤(処方薬)
おなかの調子が悪いときに。

□ 乳児用浣腸
つらい便秘があるときに。

□ オリーブオイル
おしりのケアなどに使えます。

薬品

浅羽ピピ

用品

□ 赤ちゃん用体温計
短時間で測れるものを。

□ 救急ばんそうこう
小さい傷の保護に。

□ 紙ばんそうこう
ガーゼなどを留めるときに。

□ 冷却シート
急な発熱などに。

□ 綿棒
耳や鼻のケアのほかに、ぬり薬をぬるなどにも活躍。

□ 脱脂綿
患部の消毒などに、消毒薬を含ませて使用。

□ ガーゼ
発熱や痛み、かゆみなど、患部を冷やしたいときに。

□ 包帯
伸縮性のある包帯なら関節にも巻けて便利。

□ スポイト
薬を飲ませたり、水分をとらせたりするときに。

□ はさみ
ガーゼなどを切るときのために、あると便利。

□ 毛抜き
とげを抜くときなどに使用。

□ ピンセット
つまんだり、取り除いたりするときに使用。

用品

浅羽ピピ

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

お気に入り

関連する記事