授乳クッションが欲しいママに!選ぶときのポイントとおすすめ5選 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
授乳クッションが欲しいママに!選ぶときのポイントとおすすめ5選

授乳クッションが欲しいママに!選ぶときのポイントとおすすめ5選

毎日何度も授乳するたびに、赤ちゃんを抱っこする腕が疲れてくる、肩がつらいとお悩みのママも少なくないのでは?
そんなママに便利なのが授乳クッションです。
今回は授乳クッションの選び方や、おすすめの授乳クッションをご紹介します。
毎日何度も授乳するたびに、赤ちゃんを抱っこする腕が疲れてくる、肩がつらいとお悩みのママも少なくないのでは?
そんなママに便利なのが授乳クッションです。
今回は授乳クッションの選び方や、おすすめの授乳クッションをご紹介します。

授乳クッションってどんなもの?

授乳クッションとは、授乳するママのお腹の周りに装着して使うクッションのことです。
赤ちゃんを横抱きにし、クッションで支えながら授乳をします。

授乳クッションの形はU字型や抱き枕型などがあります。
素材、硬さ、デザインもメーカーによってさまざまで、バリエーション豊かです。

授乳クッションのメリット

授乳する人の負担が軽減される

1日に何度も行う授乳。
腕で赤ちゃんの頭を支え飲みやすい角度に体を固定するのは、ママの腕や肩に負担がかかります。
授乳クッションを使えば赤ちゃんの体重を吸収してくれるので、腕や肩にかかる重さが軽減されます。

赤ちゃんが楽な姿勢がとれる

授乳クッションは、赤ちゃんにとってもメリットがあります。
授乳クッションを使えばママだけでなく赤ちゃんも安定した姿勢を保つことができ、落ち着いて母乳やミルクを飲むことができます。

授乳クッションってどんなタイプがあるの?

授乳クッションにはさまざまなタイプのものがありますが、ここでは一般的な「U字型」と普段使いもできる「抱き枕型」を紹介します。

U字型

どのタイプの授乳クッションを購入するか迷ったらU字型がおすすめです。
授乳クッションとしての性能に特化している、オーソドックスな形です。
安定感に優れ、赤ちゃんをしっかりと支えます。

抱き枕型

「授乳期だけでなく、妊娠中や普段寝るとき用に抱き枕として使いたい」という人は、抱き枕型がおすすめです。
商品によっては、抱き枕の端と端を留めると授乳しやすい形に変わるので便利です。

授乳クッションを選ぶときのポイント

授乳クッションは、赤ちゃん用品店やインターネットでバリエーション豊かに販売されています。
値段も種類もさまざまですが、選ぶポイントを押さえたうえで購入しましょう。

すぐにへたらないものを選ぶ

授乳クッションが柔らかすぎると、授乳のときに赤ちゃんがクッションに沈んでしまい、ママが前かがみになってしまいます。
そうなるとママの肩や背中に負担がかかってしまうので、できるだけクッションがしっかりしたものを選びましょう。

自宅で洗濯できるものを選ぶ

授乳クッションの上に赤ちゃんがミルクを吐いたり、おもらしをしたり、よだれを垂らすことも考えられます。
汚れたらその都度自宅で丸洗いできるものなら、いつも清潔な状態を保てます。

素材にこだわって選ぶ

大人と比べて肌がデリケートな赤ちゃんには、できれば肌触りがよい綿100%ものを選んであげるとよいでしょう。
綿は吸水性に優れていて、赤ちゃんの汗を吸い取ってくれます。
また、静電気が起こりにくいため、乾燥して静電気が発生しやすい時期にもおすすめです。

おすすめの授乳クッション5選

はぐまむ 洗える授乳クッション(三敬)

カバーは綿100%なので赤ちゃんに安心して使えます。
日本の専用工場で製作しています。デザインもインテリアにも調和しやすいナチュラルなものが多いのもうれしいですね。

ママ マルチウエスト(モグ)

「パウダービーズ® 」が入っており、体型や力の加え方に合わせて形が変化します。
フィット感が気持ちよく、柔らかで安定感のある授乳クッションです。
カバーはファスナー式で、家庭で手洗いできます。

おやこクッション コッコ(マーナ)

ニワトリの形をした授乳クッションで、インテリアとして置いてもかわいいデザイン。
適度な硬さと弾力も魅力です。
授乳クッションとしてはもちろん、赤ちゃんのお座りをサポートするクッションとしても活躍します。
丸洗いできるので、お手入れ楽ちんなのもうれしいですね。

くぼみがフィットするクラウド抱き枕(サンデシカ)

雲の形をしたかわいい抱き枕です。独特のくぼみが体にフィットします。
クッションのボタンを締めれば、簡単に授乳クッションに変身。
カバーは取り外し式で便利なうえ、中身も洗濯機で丸洗いできます。

ママ&ベビークッション (ディモワ)

しっとりとして、滑らかな感触の生地の授乳クッション。
クッションカバーは、取り外して洗濯が可能なので、清潔に使用できます。
落ち着いた色合いの3色展開。柔らかな色合いが、授乳中も優しい気持ちにさせてくれそうです。

_______

授乳をするときにとても便利な授乳クッション。
オーソドックスで安定性のある「U字型」や妊娠中から産後まで長く使える「抱き枕型」まで、さまざまな授乳クッションを紹介しました。

購入するときは「すぐにへたらない」「自宅で洗濯できる」「気に入った素材や柄」などのポイントを考えながら選ぶのがおすすめです。
授乳中の負担を軽くしたいママは、ぜひ試してみてくださいね。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当