【管理栄養士監修】離乳食のたけのこ|いつからはじめる? | MAMADAYS(ママデイズ)
【管理栄養士監修】離乳食のたけのこ|いつからはじめる?

【管理栄養士監修】離乳食のたけのこ|いつからはじめる?

たけのこは、竹の若い芽の部分を食べる食材です。
パック詰めされた水煮は一年中手に入りますが、春に出回る旬のものは、食感と香りのよさが格別です。
今回は、赤ちゃんにたけのこを与えられる時期や、下ごしらえのコツなどをご紹介します。
たけのこは、竹の若い芽の部分を食べる食材です。
パック詰めされた水煮は一年中手に入りますが、春に出回る旬のものは、食感と香りのよさが格別です。
今回は、赤ちゃんにたけのこを与えられる時期や、下ごしらえのコツなどをご紹介します。

たけのこはいつから食べられる?

離乳完了期からOK! 食感と香りを楽しめる旬の味覚

たけのこは食物繊維や、カリウムやうま味成分であるアミノ酸を含んでいます。

たけのこは離乳完了期の1歳~1歳6ヶ月頃から与えることができます。

食物繊維が多く、加熱しても固い食材なので、離乳食に取り入れるのは、歯ぐきで噛めるようになる完了期からにしましょう。

たけのこは、食べすぎるとアレルギーに似た症状や、消化不良を起こすこともあります。
下ごしらえをしっかりして体調のよいときに少しずつ始めましょう。

また、はじめは穂先のやわらかい部分を与えるようにします。

アクが強いので、しっかりと下ゆでをしましょう。

たけのこは、収穫してから時間が経つにつれて、アクが増していきます。

なるべく新鮮なものを選び、すぐに下ごしらえするのがおすすめです。

水煮の商品を使用すると、下ごしらえが不要で便利です。

穂先が黄色く皮にツヤがあり、太くてずっしりしたものを選びましょう。

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

たけのこの水煮に見られる白い粒々は、アミノ酸の一種ですので、食べても問題ありません。

たけのこは、煮物や炒め物、炊き込みご飯などにしても美味しくいただけますよ。

たけのこの目安量

子どもの成長に合わせて、食材の量を変えます。

下の表の1回の目安量は、野菜と果物を合わせた全体の量として考えましょう。

たけのこの時期別の1回あたりの目安量

たけのこの時期別の1回あたりの目安量/表

下ごしらえのコツは?

  • 根元の固い部分を切り落とす

  • 皮つきのまま先端(約5〜6cm)を大きく斜めに切り、皮の部分に縦に切り込みを入れる

  • ひとにぎりのぬかと赤唐辛子1本と一緒に、高さのある鍋に入れる。たけのこが被るくらいの水を入れ、ゆでる

  • 沸騰したらアクを取り除き、弱火にして、たけのこが浮いてこないように、落とし蓋をする
    ゆでている時に水分が少なくなるので、たけのこが被るくらいの水量に常になるように、水を足す

  • 根元の固い部分に竹串がすっと入ったら、火を止める
    ※たけのこ1本で、大体1時間位がゆで時間の目安

  • 鍋に入れたまま冷ます
    ※こうすることで、アクをしっかりとることができる

  • 冷めたら、水で洗い流し、皮をむき、もう一度よく洗ってから、使用する

  • 冷蔵庫で保存するときは、たけのこを水に完全に浸したまま、保存する
    水は毎日替えて、2~3日は冷蔵保存が可能。使用する場合は、再加熱する

食物アレルギーについて

たけのこには、じんましんなどの食物アレルギーのような症状を引き起こす物質が含まれており、まれに症状が一時的にでることもあります。この場合、食物アレルギーとは違いますので、除去する必要はありませんが、一度にたくさん与えすぎないようにしましょう。

一方で、まれに食物アレルギーを発症する危険性があります。

そのため、初めて与える際は少量から始めましょう。

万が一食物アレルギーを起こした場合すぐに病院へ行けるよう、平日の午前中など医療機関を受診できる時間に与えるようにしましょう。

注意事項

食材は、特定のアレルギー体質を持つ場合に、アレルギー反応を引き起こすおそれがあります。

初めての食材を食べる子どもには十分注意が必要です。様子を見ながら少量から与えてください。

[特定原材料]

卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生

[特定原材料に準ずるもの]

アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、 ごま、カシューナッツ

離乳食を調理する前に、「料理を楽しむにあたって」の「乳幼児への食事提供について」を事前にご確認の上ご利用をお願いいたします。

※料理を楽しむにあたって 

誤飲や誤嚥による事故を予防するポイント

  • 離乳食は月齢の目安のサイズを参考に、食べやすい大きさにして与えましょう。

  • 一口の量は子どもの口に合った無理なく食べられる量にし、自分で手づかみ食べや、スプーンで食べる場合は、量が多くないか、咀嚼して飲みこんでいるのか、様子をみましょう。

  • ミニトマト、豆類はそのままの大きさだと喉に詰まる危険があります。カットして安全な大きさにしましょう。のどに張り付く餅、噛むことが難しいこんにゃくや野菜、固い食材も飲み込むことが難しくなります。

  • 誤って気管支に入りやすいピーナッツなどの固い豆・ナッツ類は、3歳頃までは与えないようにしましょう。

  • 年長の子どもが、乳幼児にとって危険な食品を与えないよう注意しましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

関連する記事

関連する記事