睡眠時に注意 寝室の隙間や吐き戻し | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)

睡眠時に注意 寝室の隙間や吐き戻し

睡眠時、身体の小さい赤ちゃんは大人では考えられないようなことが起きるので注意が必要です。
今回は0〜1歳の赤ちゃんに起こりうる睡眠時の事故についてまとめました。
寝室の環境を作る際の参考にしてみてくださいね。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

睡眠時に注意 寝室の隙間や吐き戻し

睡眠時、身体の小さい赤ちゃんは大人では考えられないようなことが起きるので注意が必要です。
今回は0〜1歳の赤ちゃんに起こりうる睡眠時の事故についてまとめました。
寝室の環境を作る際の参考にしてみてくださいね。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

大人用ベッドで起こる事故

  • 寝ている間に動き回り壁とベッドの隙間に頭や顔が挟まることがあり、窒息事故に繋がる。
  • 寝かしつける時に添い寝をして意図せず寝込んでしまい、身体の一部で圧迫してしまう。

吐き戻しによる窒息

  • 授乳後はげっぷをしてから寝かせるようにしましょう。
  • げっぷが十分に出ない場合は寝かせてから10〜15分はミルクを吐かないか様子をみましょう。

事故を予防するために

  • 寝室の隙間はなくしましょう。
  • 2歳までは大人用のベッドではなく、できるだけベビーベッドで寝かせるようにしましょう。
  • ベビーベッドを使用する際は常に柵を上げて使用しましょう。

参考

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当