【2023年】キッズテントのおすすめ人気ランキング29選!組み立て方や折りたたみ方法も解説 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【2022年】キッズテントのおすすめ人気ランキング29選!組み立て方や折りたたみ方法も解説

【2023年】キッズテントのおすすめ人気ランキング29選!組み立て方や折りたたみ方法も解説

「キッズテントが気になっているけど、どんなメリット・デメリットがあるのかな?」‌‌‌‌

「たくさん商品があるけど、どうやって選んだらいいんだろう?」

‌‌‌‌「市販品の中でおすすめのキッズテントを知りたい」

‌‌‌‌おしゃれな‌‌‌‌キッズテントについて、気になっている人も多いのではないでしょうか?‌‌‌‌

この記事では、キッズテントのメリット・デメリット・選び方のポイントを解説し、おすすめの市販品をランキング形式で紹介します!‌‌‌‌‌‌‌‌

記事を読めば、きっとぴったりのキッズテントを見つけられますよ!ぜひ最後まで目を通してくださいね。

キッズテントとは?

キッズテントとは?

キッズテントとは、主に室内での遊び場として使用する「子ども用簡易テント」のこと。「部屋の中に秘密基地ができたみたい!」と子どもが喜ぶアイテムです。まずは、メリット・デメリットを解説していきます。

キッズテントのメリット

キッズテントには「子どもだけのパーソナル空間を作れる」メリットがあります。1人になれる空間を作ってあげると、集中力も身に付き、自分で想像力を膨らませて遊び方を工夫する「知育」にもつながりますよ。

また、スペースが限られるので、自然と片付ける力も身に付けられるでしょう。自分の好きなように飾り付けしたり、お気に入りのおもちゃを持ち込んだりすれば、自宅でのひとり遊びも楽しくなりそうですね。

キッズテントのデメリット

キッズテントを出すには、ある程度のスペースが必要です。決して小さいわけではないので、出しっぱなしにしていると掃除の邪魔になることも。

また置くことで圧迫感が出たり、部屋が狭く感じたりする可能性もあるでしょう。さらに商品によっては、子どもの様子が見えにくいデメリットもあります。

キッズテントの選び方

キッズテントは、テントのタイプ・サイズ・重さ・機能性に注目して選びましょう。‌‌‌‌組み立てや折りたたみが楽かどうかもチェックしたいポイントです。‌‌‌‌これから詳しく解説していきます。

タイプで選ぶ

キッズテントには、大きく分けて「ティピーテント」と「ハウステント」の2タイプがあります。ここでは、それぞれのデザインや特徴を解説します。

ティピーテント

ティピーテントは、とんがり屋根が特徴の、インテリア性が高いキッズテントです。‌‌‌‌シンプルでおしゃれなデザインのものが多いので、どのようなインテリアの部屋にもマッチします。

‌‌‌‌布に棒を刺すだけで簡単に組み立てられ、使わないときはコンパクトに折りたたみができるのもうれしいポイント。‌‌‌‌丸洗いできるタイプもあるので、「子どもが使うものは清潔に保ちたい」という人にもおすすめです。

ハウステント

ハウステントとは、その名前のとおり「家の形」をしたキッズテントのこと。‌‌‌‌お城・お店屋さん・乗り物の形をしたものなど、子どもが喜ぶデザインのものが多いのが魅力です。

‌‌‌‌十分な高さとスペースがあるので、子どもが立ったり座ったりしやすい利点もあります。‌‌‌‌きょうだいや友達など、複数人で遊ぶことが多い人におすすめです。

サイズ・重さで選ぶ

設置する場所や遊ぶ人数にあわせたサイズ感・重さ・折りたたみ時のコンパクトさもチェックしましょう。これから詳しく解説します。

場所や遊ぶ人数にあわせたサイズ感に

キッズテントの大きさは、設置する場所と使う人数にあわせて選びましょう。‌‌‌‌子ども1人なら幅100cm程度あれば十分ですが、2人~3人なら120cm程度、3人~4人なら幅130cm以上のサイズがおすすめです。‌‌‌‌

移動するなら軽量タイプ、据え置きならがっしりタイプ

キッズテントの重さは、移動させて使うかどうかで選びましょう。‌‌‌‌子ども部屋やリビングなど場所を移動して使いたいなら、持ち運びが簡単な2kg以下の軽量タイプが最適です。据え置きで使いたいなら、子どもが寄りかかったりおもちゃが当たったりしても倒れない5kg以上の重いものタイプがおすすめです。

折りたたみ時のコンパクトさもチェック

キッズテントを持ち運ぶときや、子どもが使わなくなって収納するときなど、キッズテントを折りたたみたいこともありますよね。‌‌‌‌そんなときに場所を取らないよう、折りたたみ時のコンパクトさもチェックしておくといいでしょう。

組み立て時・折りたたみが楽かどうか

キッズテントを移動させて使うのであれば、組み立てや折りたたみが楽かどうかもチェックしましょう。ワンタッチで設置できるタイプやポップアップタイプなら、誰でも簡単に設置・片付けができるのでおすすめです。

機能性で選ぶ

かわいいデザインのキッズテントも素敵ですが、機能性も忘れずにチェックしたいですね。ここからは、キッズテントを選ぶときにチェックしたい機能性のポイントについて解説します。

窓付き・メッシュ素材

子どもの安全を確保するため、キッズテントは外から中の様子が見える仕様のものを選びましょう。‌‌‌‌子ども同士の喧嘩やトラブルにもすぐに気付けるように、窓付きのものやメッシュ素材で作られたものがおすすめです。

ボールプール付き・トンネル付き

ボールプールやトンネルがついたキッズテントは、子どもに人気です。‌‌‌‌年齢が上がるにつれてできることが増えるので、長く楽しめますよ。‌‌‌‌キッズテントは屋根やネットに囲まれているので、ボールが飛び出しにくく、片付けが簡単なのもうれしいポイントです。

ベッドへの取り付け機能

ベッドへの取り付け機能があるものを選べば、ベッドも秘密基地のように遊び場にすることができます。通気性のいいメッシュ素材のテントなら、夏は虫除け、冬は防寒になるので、楽しいだけではなく機能面もバッチリですよ。

屋外でも遊ぶなら撥水加工・UVカット機能

キッズテントを屋外で使うなら、撥水加工やUVカット機能があるものを選びましょう。‌‌‌‌素材は軽くて持ち運びやすいポリエステルで、通気性のよいものがおすすめです。‌‌‌‌公園・庭・ベランダなどに設置して遊ぶことができますよ。

キッズテントのおすすめ人気ランキング30選

ここからは、通販で購入できるおすすめのキッズテントをランキング形式でご紹介します。‌‌‌‌購入を考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

Wilwolfer プリンセステント

プリンセス好きの女の子にぴったり

  • プリンセス気分が味わえるピンクのキャッスルテント
  • ‌‌‌‌カーテンが開閉するので、子どもの様子が見えやすい
  • ‌‌‌‌ポールを差し込むだけの簡単組み立て
  • ‌‌‌‌直径140cm・高さ135cmと大きめなので、複数人でも広々遊べる

ArtCWK キッズテント キャンプテント

25点のキャンプグッズのおもちゃ付き!

  • 1秒で組み立てが完了するポップアップテント
  • ‌‌‌‌電池式ランタン・コンロ・お皿・ナイフ・フォーク・野菜など、25点のキャンプグッズおもちゃ付き
  • ‌‌‌‌コンパクトに収納できるので、キャンプや外遊びにもおすすめ

iKing キッズテント ボールプール

トンネル・ボールプール付きで飽きずに遊べる

  • ボールハウステント・トンネル・ボールプールのセット
  • ‌‌‌‌1つに繋げても別々に使用してもOKで長く遊べる
  • ‌‌‌‌収納バッグ付きで、使わないときはコンパクトに収納できる
  • ‌‌‌‌ボールは付属していないので注意!

マイウェイ キッズテント

ピンクとブルーの2種類から選べる

  • 骨組みを取り付けるだけで簡単に組み立てられる
  • 軽い素材でできているので、移動もラクラク
  • メッシュの小窓付きで、外から子どもの様子を確認できる
  • 室内はもちろん、公園などの屋外でも使える‌‌‌‌‌‌‌‌‌‌‌‌

CIRKUSTÄLT スィルクステルト 子供用テント|IKEA

サーカスのような色合いがかわいい

  • ぬいぐるみを入れて遊ぶとサーカスごっこが楽しめる‌‌‌‌
  • 組み立て・分解・掃除機をかけるときの移動も簡単‌‌‌‌
  • サイズは高さ120cm×直径100cmなので、2人〜3人の子どもで遊ぶ家庭におすすめ

Wilwolfer キッズテント 子供用ティピーテント 100%コットン製

ぬいぐるみやガーランドでアレンジしてもかわいい

  • ‌‌‌‌‌‌‌‌シンプルなデザインのティピーテントは、性別問わずおすすめ
  • 側面に窓が付いているので通気性がよく、子どもの様子も確認できる
  • 傘のようにパッと閉じられるので、掃除のときも邪魔にならない

Seavish キッズテント 車 折り畳み式 収納バッグ付き

車好きの男の子におすすめ

  • 車のデザインがおしゃれなキッズテント
  • メッシュ素材の大きな窓があるので、安心して子どもを遊ばせられる
  • 大きめサイズで、子どもが3人入ってもゆったり遊べる
  • ボールを足せばボールプールとしても楽しめる

キッズテント 収納バッグ付き(ホワイト)|IREENUO

ガーランド付きでインテリア性も高い

  • 木が描かれたナチュラルなデザイン
  • テント本体は100%天然・柱は塗料なしの天然松の木など、高品質素材で作られている
  • 下敷きとガーランドがセットになっているので、ほかに買い足さなくてもOK!

総合食品ストアー テントハウス ボールプール

子どもにとっての遊園地!

  • ハウステント・トンネル・バスケットボール付きボールプールの3点セット
  • 組み合わせても別々でも楽しめる
  • ビッグサイズなので、きょうだいが多い家庭や友達と一緒に遊ぶ家庭におすすめ

キッズテント カモフラージュゲームテント|NARMAY

野外での使用もOKの本格テント

  • 迷彩柄のかっこいいキッズテント
  • サイズは大きめの152cm×152cm×111cm
  • テント上部はメッシュ生地になっているので、通気性抜群
  • 撥水生地でUVカット機能付きなので、屋外での使用もおすすめ

NINEHILLS キッズテント

部屋のインテリアを邪魔しないナチュラルなデザイン

  • シンプルな白無地と、部屋のアクセントになる太目ストライプ模様の2種類
  • 星形のLEDライト付きで、昼はもちろん夜も楽しく使える
  • 小窓が付いているので、外から子どもの様子をチェックできる

Sifflus(シフラス)『リトル ティピー(SFF-09)』

おしゃれな北欧デザイン

  • テント生地は100%コットン製・柱は天然の松の木など安心素材を使用している
  • 窓付きなので通気性がよく、外から子どもの様子も確認できる
  • 80cmサイズなので、子どもが1人で遊ぶ家庭におすすめ

FRMARCH キッズテント

カラフルな色合いがかわいいキッズテント

  • ホワイト・ピンク・ブルーから選べるティピーテント
  • 小窓がついているので通気性が抜群で、子どもの様子も確認できる
  • 付属の三角旗とLEDライトを飾り付ければ、よりかわいくコーディネートできる

xinxin-home キッズテント

お姫様になったような気分が味わえるキャッスルテント

  • 優しい色合いがかわいいキャッスルテント
  • 入口にはレースカーテン付きで、本物のプリンセスになったような気分が味わえる
  • 幅120cm×奥行105cm×高さ140cmと大きめなので、大人が一緒に入ってもOK

LINXAS ティピーテント

北欧風デザインがおしゃれなティピーテント

  • シンプルな北欧風デザインのティピーテントでどのようなインテリアにも馴染む
  • 生地はコットン100%、柱は天然の松の木で作られている
  • 側面についた窓から空気が入れ替わり、子どもの様子も確認できる

Besrey キッズテント

バイカラーのおしゃれなデザイン

  • 下敷きとLEDスターライトがセットになったおしゃれなデザインのティピーテント
  • 棒の脚にゴム製のスリーブが付いているので、安定感・耐久性がある
  • 120cmサイズなので、子ども2人〜3人で遊ぶ家庭におすすめ

Beeways キッズテント ボールハウス

複数人でのごっこ遊びが楽しめる

  • 星空をデザインした、子どもの好奇心をくすぐるキッズテント
  • 支柱をテントの穴に通して固定するだけで組み立て完了
  • 空間が広く窓がメッシュになっているので、子どもが2人〜4人入っても快適に遊べる

UF YOUFANG キッズテント

子ども心をくすぐるかわいいデザインが魅力

  • コンパクトになり持ち運びも簡単なので、室内外を問わず遊べる
  • 幅130cm×奥行き100cm×高さ130cmの広々サイズで、大人も一緒に入れる
  • ピンク×お花のキュートなデザインで、女の子へのプレゼントにおすすめ

F Fityle キッズテント

なりきり職業ごっこに最適!

  • アイスクリームカー・パトカー・消防車・スクールバスから選べるポップアップテント
  • パッと開くだけですぐに遊べる
  • 折りたたんで持ち運べば、ピクニック・キャンプ・公園でも大活躍!

Mnagant キッズテント

リアルな宇宙柄に子どもも大喜び間違いなし!

  • テントにテントポールを通すだけなので、女性でも簡単に組み立てられる
  • 丈夫なポリエステル製で簡単には破れないので、元気な男の子にぴったり
  • 850gと軽量なので、掃除のときも簡単に移動できる

TOYMYTOY キッズテント

まるで自分のお家のようなキュートなデザイン

  • 飾り付けしなくてもかわいい青い屋根に星付きのデザインが魅力
  • お家のようなデザインで、おままごと遊びにぴったり
  • 入口以外にも窓が付いているので、子どもの様子を安全に見守れる

RiZKiZ プレイテント サブマリン

リアルな潜水艦のようなポップアップテント

  • 潜水艦のようなリアルなデザインで子どものテンションが上がる
  • 365度見渡せる潜望鏡が楽しい
  • 元気なイエローカラーで部屋の中が明るくなるキッズテント

ぼん家具 キッズテント

部屋のインテリアに馴染むおしゃれなデザインが魅力

  • バニラホワイト・ミルキーピンク・シェブロン柄・ガーランド柄の4種類から選べる
  • 扉部分は面ファスナーと紐付きで、閉じたり開いたりして使える
  • カバーは手洗いできるので、汚れが気になる人にもおすすめ

JNL RETAIL STORE ロケットキッズテント

気分はまるで宇宙飛行士!

  • ロケット型がかわいいハウステント
  • 大きく開く扉とメッシュ素材の窓から、子どもの様子をチェックできる
  • 防水性と耐久性を兼ね備えたポリエステル製
  • 軽いので、掃除のときも簡単に移動できる

ポップアップテント 2人用 ショルダーバック付|モダンデコ

家族での公園遊びにぴったり!‌‌‌‌‌‌‌‌

  • ポップな柄がかわいいポップアップテントで、一瞬で組み立てが完了する
  • UVカット加工されているので、公園遊びにもおすすめ
  • 前後を両方開けてフルオープンにすれば、風は通しつつ日差しを遮れる

PITHECUS キッズテント (お菓子の家ver) ボールハウス

子どもが大喜びするかわいいデザイン♪

  • お菓子の家・アイスクリーム屋さん・消防車・機関車の4種類から選べる
  • ‌‌‌‌役になりきって遊ぶことで、子どもの想像力を育てられる
  • ‌‌‌‌ボールを組み合わせて、ボールプールとして遊ぶのもおすすめ

Aoakua ボールハウス ボールテント 折りたたみ 収納袋付き

お家の中がパッと明るくなるカラフルなデザイン

  • 組み立てと折りたたみが簡単なポップアップテント
  • ‌‌‌‌側面がメッシュ生地になっているので、遠くからでも子どもの様子が確認できる
  • ‌‌‌‌横88cm×幅90cm×高さ90cmと小さめで、1人で遊ぶのにぴったり

キッズテント 北欧 [ DJECO ジェコ カラフル テント|DJECO(ジェコ)

デザイン性を求める人におすすめ

  • フランス知育玩具ブランド「DJECO」が手がけるおしゃれなデザインのキッズテント
  • ‌‌‌‌両サイドに覗き穴がついているので、中の様子が伺えて安心
  • ‌‌‌‌ポリエステル製でわずか200gなので、簡単に移動できる

Kidodo お城風キッズテント 折り畳み式 プレイハウス

お姫様が好きな女の子におすすめ

  • プリンセスが大好きな女の子にぴったりなお城デザインのキッズテント
  • ‌‌‌‌大きなドアと窓があるので、通気性がよく子どもの様子が見える
  • ‌‌‌‌入口の布を開けておけるので、子どもが出入りしやすい

キッズテントの収納方法

キッズテントは、風通しがよく直射日光が当たらない場所に収納しましょう。‌‌‌‌生地やパーツが劣化してしまうので、野外や日光が当たる場所に出しっぱなしにするのはNGです。‌‌‌‌また、長い間使わないなどで押し入れに収納する場合には、カビが発生する可能性があるので、除湿剤を一緒に入れておくのがおすすめです。

キッズテントに関するよくある質問

ここからは「どこで買えるの?」「何歳から何歳まで遊べる?」など、キッズテントに関してよくある質問に回答します。

キッズテントはどこで購入できる?

  • インテリアショップ・おもちゃ屋・子ども用品店・ネット通販などで購入できます。‌‌‌‌

    実店舗は商品の取り扱いが少ないこともあるので、さまざまな商品の中から選びたい人にはネット通販がおすすめです。‌‌‌‌もし実物を見て購入したいのなら、実際に商品を見られる実店舗を訪れてみてはいかがでしょうか。

キッズテントは何歳から何歳まで遊べる?

  • 2歳〜5歳くらいまでの子どもを対象とした商品が一般的です。‌‌‌‌

    小さい子どもを遊ばせるときは、安全な素材で小さい部品がないものを選び、大人が付き添って目を離さないようにしてくださいね。‌‌‌‌シンプルで飽きのこないデザインのものや、ボールプールやトンネルなどが付いたものを選べば、長く遊べるのでおすすめです。

キッズテントは必要?すぐ飽きる?

  • 1,000円以下で買える商品を試しに買ってみるのも一つの手です。

    高いキッズテントを買って、子どもがすぐ飽きたらショックですよね。‌‌‌‌「キッズテントって必要?」「買って後悔したくない」と購入を迷っている人は、1,000円以下で買える商品を試しに買ってみるのも一つの手です。‌‌‌‌子どもの様子を見てから、いる・いらないを判断してみてはいかがでしょうか。

キッズテントは手作りできる?

  • 構造が簡単な「ティピーテント」なら、自作することも可能です。‌‌‌‌

    手作りすれば、部屋に合うサイズで好みのデザインのテントが作れますよ。‌‌‌‌材料は100均や3coinsなどでも揃えられるので、気軽にDIYにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ティピーテントの簡単な作り方

  • 材料

    ・布(1.2m〜1.5m×2m程度)

    ‌‌‌‌・ポール(直径2cm、長さ1.6m〜1.8m)×4本‌‌‌‌

    ・綿ロープ(4m程度)‌‌‌‌

    ・滑り止めシート‌‌‌‌・クリップ‌‌‌‌‌‌‌‌

  • 作り方

    1. 4本のポールをまとめ、上から15cmのところを綿ロープで縛って固定する

    2. 等間隔になるようにポールを開き、ポールの上・下・底に滑り止めシートを貼る

    ‌‌‌‌3. 上から布をかぶせ、入り口上部の布を内側からクリップで固定する

    ‌‌‌4. 入り口部分の布を丸棒にかけ、形を整えて完成‌‌‌‌‌‌‌‌

キッズテントを楽しむためにあわせて購入したいグッズ

マット・タオル・おもちゃなどをキッズテントに組み合わせると、遊び方のバリエーションが増えるのでおすすめです。あわせて購入したいグッズについて、詳しく解説していきます。

マット・タオル

テント内にクッション性の高いマットを敷くと、子どもが座ったり寝転がったりしても快適に過ごせます。またシンプルなデザインのキッズテントには、カラフルなタオルをあわせて華やかにコーディネートするのもおすすめです。

おもちゃ

キッズテントには、おもちゃを組み合わせるのもおすすめです。お店やお家のキッズテントにはおままごとグッズ、庭でキャンプ気分を味わうならキャンプグッズのおもちゃもいいですね。おもちゃがあることで、より本格的なごっこ遊びを楽しめますよ。

キッズテントでお家時間を充実させよう

キッズテントは、子どもにとって「秘密基地」のようなアイテムです。パーソナル空間を作ることで、子どもの集中力と想像力を高められます。購入の際は、サイズ・重さ・機能性をチェックして選びましょう。

今回の記事を参考に子どもが楽しく遊べるキッズテントを見つけて、お家時間をより楽しんでくださいね。

  • キッズテントは子どもにとって秘密基地のようなアイテム‌‌‌‌
  • パーソナル空間ができるので集中力と想像力が身に付く
  • ‌‌‌‌設置する場所や遊ぶ人数に合わせてサイズを選ぼう
  • ‌‌‌‌ボールプールやトンネル付きは長く楽しめる
  • 使う場所や用途にあわせて、組み立てや折りたたみが簡単なものを選ぼう